« 「インビクタス/負けざる者たち」 | トップページ | 「パレード」 »

2010年2月23日 (火)

「新しい人生のはじめかた」

Atarasiijinsei 2009年 英:パラマウント・ヴィンテージ
監督:ジョエル・ホプキンス
原題:LAST CHANCE HARVEY

NYで暮らす62歳のCM作曲家・ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後疎遠だった娘の結婚式に出席するためロンドンにやってくるが、どこか居心地が悪く、帰国しようとするが、飛行機に乗り遅れてしまう。翌日の飛行機を待つ間、ハーヴェイは婚期を逃して恋に臆病になっている女、ケイト(エマ・トンプソン)と偶然に知り合う。やがて二人は親しくなり、行動を共にするうちに熟年の恋が芽生えて…

最近よく目にする、50歳を越えた男女の恋の物語。脚本、監督は、まだこれが長編2作目だという新進ジョエル・ホプキンス。丁寧に作られた脚本に、落ち着いた演出。特に大きな事件が起きるわけではないが、60歳を越えたって、まだまだ人生はこれから始められる、というテーマが中高年世代には泣かせる、なかなか見応えある佳作。テームズ河畔など、丹念にロケしたロンドンの風物も見どころ。熟年以上の世代の観客にはお奨めである。

 
ダスティン・ホフマンは今年72歳!役柄はそれより10歳も若いが、違和感がない。62歳、と言えば我が国ではまさに団塊の世代。その世代には、特に感慨深いものがあるだろう。

そして何より、ダスティン・ホフマンと娘の結婚式…とくれば、あの名作「卒業」(67)を思い出さずにはいられない。「卒業」と言えばアメリカン・ニューシネマの代表作。この作品で一躍有名になったホフマンは、その後も「真夜中のカーボーイ」「ジョンとメリー」「小さな巨人」と、ニューシネマの傑作群に次々主演、ニューシネマ以後も、「パピヨン」「大統領の陰謀」「クレイマー、クレイマー」「レインマン」等の映画史に残る名作に立て続けに主演、現在に至るまで常に第一線で活躍して来た。

同じようにニューシネマの傑作群で頭角を現した、ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジョン・ボイトなどが、ニューシネマ衰退後は精彩を欠いて、助演に回ったり、忘れられた存在になっているのに対し、ホフマンの活躍ぶりは特筆に価する。

ましてや、ハリウッドの映画スターと言えば、背が高くハンサム、が通り相場であるのに対して、背が低く、それほど美男子でもないホフマンである。…そういう意味でも、ホフマンという役者は、ハリウッド映画史の中でも、まさに特異なスターであると言える。

 
さて、そういったホフマン出演作の流れの中に本作を置いてみると、また興味深い傾向も見る事が出来る。

「卒業」のラスト、エレイン(キャサリン・ロス)を教会からかっさらって首尾よくバスに飛び乗り…普通のハリウッド映画なら、笑顔で見つめ合う二人のアップを捉えて映画は終る…はずであるのだが、マイク・ニコルズ監督はここでちょいと意地悪な演出を施している。

バスに乗り込んだ二人を撮るキャメラは、その後もずっと二人の表情を捉えたまま。やがてホフマンの顔に、放心したような、不安な表情が現れて来る。

果たしてその後の二人は、幸福な人生を送れるのだろうか、という事をふと考えさせてくれる。…ハッピー・エンドで終れば、その後の二人の人生についてなど考える余地はなかったそれまでのハリウッド映画とは、明らかに異なるエンディングであった。

その予感は、「卒業」から12年後に現実のものとなる。「クレイマー、クレイマー」(79)では、その頃から社会問題化した、“離婚と子供の養育”というテーマに正面から向き合って、見事アカデミー作品賞を受賞する。ちなみに脚本・監督は、ニューシネマの代表傑作「俺たちに明日はない」の脚本を書いたロバート・ベントンであるという事実も興味深い。この作品もまた、時代と真摯に向き合った秀作である。

これは、言ってみれば「卒業」の、その後の二人…であるとも言える。あの時のホフマンの、先行きの不安を予感させた表情が、ここではしなくも現実のものとなっている、と考える事も出来るのである。

そして本作では、離婚し、妻とも子供とも別れた男が、初老期を迎え、新しい、第二の人生を始めようとする。まさに「クレイマー、クレイマー」の、そのまた後の人生の物語であるとも言える。そのきっかけが、娘の結婚式…映画「卒業」へと、グルッと回って戻ってきたようなものである。それらすべてに、ダスティン・ホフマンがからんでいるというのも、不思議な巡り合わせを感じる。

「卒業」…「クレイマー、クレイマー」…そして本作、を、青春時代から老年期までの、大河の如き人生の一連の大きな流れ、として見比べてみるのも面白いかも知れない。ダスティン・ホフマンの、42年間の年輪を重ねた顔の変遷も見比べながら…。そういう映画の楽しみ方も、また面白い。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「インビクタス/負けざる者たち」 | トップページ | 「パレード」 »

コメント

おはようございます。

ぼくも『卒業』『ジョンとメリー』、
それに『アガサ・愛の失踪事件』を重ねて観てました。
そうか。『クレイマー、クレイマー』との関連もあったなと、
こちらでハタと気づかされました。

投稿: えい | 2010年2月24日 (水) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47648380

この記事へのトラックバック一覧です: 「新しい人生のはじめかた」:

» 新しい人生のはじめかた [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:LAST CHANCE HARVEY。ジョエル・ホプキンス監督、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ロナー・ギャラガー。ダスティン・ホフマン+結婚....... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 08:11

» 『新しい人生のはじめかた』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「新しい人生のはじめかた」□監督・脚本 ジョエル・ホプキンス □キャスト ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、       リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リチャード・シフ、ロナー・ギャラガー■鑑賞日 2月12日(金)■劇場 TOHOシネマズシャンテ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 平日の銀座の午後なのに、客席は満員。 それも、新しい人生をはじめるキッカケにしようと考え... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 08:28

» 『新しい人生のはじめかた』 [ラムの大通り]
(原題:Last Chance Harvey) ----これって、どこかで聞いたタイトルだニャあ。 今年の春あたりに公開していなかったっけ? 「フォーン、もしかしてそれ『最高の人生の見つけ方』と勘違いしていない? それを言うなら、タイトルが似ているのはむしろ『最後の恋のはじめ方』の方。 これはね、『主人公は僕だった』』で意気投合したダスティン・ホフマン と エマ・トンプソン が共演したラブストーリー」 ----えっ、ラブストーリー? ダスティン・ホフマンにしては珍しくニャい? パッと思いつくの... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 09:09

» 新しい人生のはじめかた [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞を始め、数々の受賞歴をもつ名優ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが贈る大人のラブストーリーだ。監督・脚本は本作がデビュー2作目となるジョエル・ホプキンス。『理想の彼氏』のティム・ペレルがプロデューサーで参加している。偶然街で出会った2人が意気投合し、心の隙間をお互いの愛で満たしていく中で自分を取り戻していく様を描く。 ... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 22:52

» 新しい人生のはじめかた [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
大人の恋は、分別があるだけに最初の一歩に勇気が必要。中年男女の諦観や疲労といった心情を名優2人がしっとりと演じている。NY在住のCM作曲家ハーヴェイは娘の結婚式に出席するためロンドンにやってくる。離婚後疎遠だった娘や別れた妻と上手くいかず、仕事のことも気....... [続きを読む]

受信: 2010年2月24日 (水) 23:41

» 「新しい人生のはじめかた」 [みんなシネマいいのに!]
 隣りに住むポーランド人は殺人鬼かもしれない。 だけどいい年こいて独身の娘は携帯 [続きを読む]

受信: 2010年2月25日 (木) 00:08

» 新しい人生のはじめかた [象のロケット]
ニューヨークに住む初老のCM音楽家ハーヴェイは、一人娘の結婚式のためロンドンへ。 しかし娘からヴァージンロードは妻の再婚相手の男と歩くと言われ落ち込んでしまう。 一方、空港で働くケイトは、男性との交際がなかなか結婚へ発展しない40代女性。 偶然出会った2人は、徐々に打ち解けてゆくのだが…。 人生の折り返し地点を過ぎた男女のラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 19:41

» 新しい人生のはじめかた [映画的・絵画的・音楽的]
 『新しい人生のはじめかた』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。  予告編で、ダスティン・ホフマンの主演映画だとわかり、久し振りだから見てみようということになりました。 (1)ダスティン・ホフマンは、『卒業』とか『クレーマー、クレーマー』、『トッツィー』などで演技力のある素晴らしい俳優だなと思っていましたが、その後はあまりパッとせず(というか、私の方であまり追跡しませんでした)、3年ほど前の『パフューム』で見かける程度だったところ、今回の主演です。  この映画では、すでに72歳すぎながら、... [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 08:09

» 新しい人生のはじめかた■「卒業」を思い出... [映画と出会う・世界が変わる]
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという現代最高の演技派の顔合わせという魅力的な作品である。ダスティン・ホフマンと言えば、「卒業」が連想され、その山場は結婚式からラ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 00:16

» 「新しい人生のはじめかた」はダスティン・... [映画と出会う・世界が変わる]
「新しい人生のはじめかた」のダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンのカップルでは明らかにエマ・トンプソンが背が高い。だからラストでエマ・トンプソン演じるケイトはあんな振... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 12:08

» 新しい人生のはじめかた [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
新しい人生のはじめかた 09:イギリス◆原題:LAST CHANCE HARVEY◆監督・脚本: ジョエル・ホプキンス「Jump Tomorrow」◆出演:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン、アイリーン・アトキンス、キャシー・ベイカー、リアン・バラバン、ジェームズ・ブローリン、リ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 11:00

» 新しい人生のはじめかた [EURISKO2005]
 ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンの大人の恋愛ストーリー。人生の折り返し地 [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 06:32

» ■映画『新しい人生のはじめかた』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンという熟年カップルの恋を描いた映画『新しい人生のはじめかた』。 新しい人生を始めるには、空港で昼間っからワイン飲んでる熟年女性をナンパすればいいよ…って話じゃないのです。 履きなれたハイヒール靴を脱いで、今までとは違う目... [続きを読む]

受信: 2010年11月19日 (金) 17:09

» 『新しい人生のはじめかた』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ作曲家ハーヴェイは仕事をほされ、傷心のまま娘が結婚式を挙げるロンドンへ。そんな彼が統計局員のケイトと出会い・・・。感想『最高の人生の見つけ方』『素敵な人生のはじ... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 07:07

» 新しい人生のはじめかた [pure\s movie review]
2008年 アメリカ作品 93分 クロックワークス配給原題:LAST CHANCE HARVEYSTAFF監督・脚本:ジョエル・ホプキンスCASTダスティン・ホフマン エマ・トンプソン アイリーン・アトキンス ジェームズ・ブローリンすんご〜〜〜〜く満たされた映画でした。ここ最近で観た映画...... [続きを読む]

受信: 2012年3月30日 (金) 19:04

« 「インビクタス/負けざる者たち」 | トップページ | 「パレード」 »