« 「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 »

2010年2月27日 (土)

「パレード」

Parade 2010年:日本/ショウゲート配給
監督:行定 勲
原作:吉田 修一
脚本:行定 勲

第15回山本周五郎賞を受賞した、吉田修一の同名小説を、「GO」や、先ごろ公開の「今度は愛妻家」等で知られる行定勲監督が映画化。

映画配給会社に勤める直樹(藤原竜也)、売れないイラストレーターの未来(香里奈)、大学生の良介(小出恵介)、無職の琴美(貫地谷しほり)ら4人は、直樹のマンションでルームシェア生活を送っていた。どこか上っ面だけのように見えながらも、バランスの取れた人間関係を保っていた彼らの前に、あるとき男娼を自称する正体不明の男、サトル(林遣都)が現れる。その頃、町では女性連続暴行事件が多発していた…。

「今度は愛妻家」という秀作を発表したばかりの行定勲監督が、立て続けに快作を連打した。ファンとしては喜ばしい事である。

都会でルームシェアをしている…という設定がまず面白い。若い男女ばかりであるのに、彼らの間にセックスや愛情の交歓は不在である(他所ではセックスしてるのだが)。まるで寮生活を送っているかのような、そのくったくの無さは、同じ小出恵介、林遣都が主演した、駅伝を目指す青春ドラマ「風が強く吹いている」を思い起こさせる。

5人の登場人物の、年齢と職業、キャラクターもうまく分散配置されている。
年齢の順に紹介すると、直輝は28歳で、一番まともな職業に就いている(それが映画配給会社というのが微妙だが)し、健康にも異常に気を使い、夜のジョギングを欠かさない。
24歳の未来は“自称イラストレーター”。収入は不安定のようであり、酒癖が悪い。サトルを連れ込んだのも彼女だが、酔っていて全然覚えがない(サトルがどうやって未来と意気投合したのか、実は不明であり、少し不気味ではある)。
23歳の琴美はフリーターで、さらに生活は不安定。テレビに出ている俳優に恋している。
21歳の良介は大学生で、バイトで食っているが、よくサボるし、年上のOLと寝たり、フワフワとしたモラトリアム生活を送っている。

つまりは、同じ部屋で共同生活を送りながらもこの4人は、固いサラリーマンから、定職を持たない根無し草的若者まで、まるで生活基盤も性格も異なり、そうしたいつ崩れるかも知れない不安定さの上に、危ういバランスを保っているのである。

そうした環境の中に、4人の誰とも異なる、異分子としてのサトルが闖入することにより、共同生活に微妙な化学反応が起きる。

サトルは、一番年下であるが、実は社会のダークな部分を一番巧妙に世渡りして来た人物で、一番謎を秘めている。近隣で多発している女性連続暴行事件の犯人ではないかと、4人の同居人たちも、我々観客も疑ってしまう。彼の参入で、平穏で変化のない青春モラトリアム・ドラマが、次第に異様なサスペンス・ドラマの容貌を帯びて来る。

先が読めない、徐々に緊迫感が高まって行く展開の中で、反面、政治家も出入りする、胡散臭い謎の隣人が、緊張の中の息抜きの役割も果たす。まさに緩急自在の行定演出は快調である。

サトルを演じた林遣都がいい。これまでの、健全で明るいスポーツマンのイメージを覆す、翳りのある複雑な人間像を見事に表現している。その他の役者もみんな上手い。
香里奈や貫地谷しほりは、個人的にはこれまで上手いとは思っていなかったが、本作では自然体で作品に溶け込み、見事な存在感を見せる。見直した。

サトルが彼らの生活を評して、「上辺だけの付き合いなんだね」と語るが、映画は、その上辺からは見えない、それぞれの心の闇を次第にあぶりだして行く。未来が、レイプシーンばかりを集めたビデオを所有している事が、サトルの探索によって判明する辺り、まさにその闇の顕在化である。コワい。

(ここから完全ネタバレにつき隠します)
ラスト間際になって、近隣における女性連続暴行事件の犯人が明らかになる。多分彼らの中に犯人がいるだろうとは予測がつくのでそれほどショックは受けないが、一番常識人だと思っていた直輝だったとは意外である。

だが、考えようによっては、ある程度自由気儘で、束縛をあまり受けないフリーターや学生に比べて、会社の歯車として組み込まれているサラリーマンが、実は一番窮屈でストレスが溜まり易い人種である事は高度成長時代から言われていた事である(手垢の付いた言葉だが、“管理社会”というキーワードを思い出す)。

そう考えれば、未来がレイプ・ビデオを所有している理由も納得出来る。彼女も直輝らに次いでストレスが溜まり易い人種なのである。正体をなくす程泥酔するのもその為なのだ。

だが、もっと意外なのは、暴行を目撃したサトルが直輝に、「大丈夫ですよ。どうせみんな知っているでしょうから」と言うくだりだ。

考えれば、直輝は毎晩のようにジョギングと称して夜中に部屋を離れている。女性暴行事件があった日時に、アリバイがないのは誰か、と推理を働かせれば、薄々感づく事なのかも知れない。

未来たちが直輝を見つめながら「直輝も行くんでしょう」と尋ねるのは、“私たちはみんな共犯者なのよ”という意思表明なのだろう。
そして、キャメラがゆっくり引いて行って、映画は終わる。

本来はマンションの主で、彼らのリーダーだったはずの直輝と、サトルも含めたその他の住人との立場がまるで逆転してしまうラストはシニカルだ。見事な幕切れである。 

ネタバレここまで)

人間関係とは何か、人の繋がりとは、そして、人間の心の内に隠された闇を、人はどうコントロールしながら生きて行くのだろうか…。さまざまな事を考えさせてくれる、これは問題作である。

怖いと評判の原作では、5人の登場人物ごとに章を立て、それぞれが1人称で心の内面を語るのだが、映画は同じように章立てながら、客観的に若者たちを観察するかのように描く。
小説と違って、心の中が見えないだけに余計怖い。原作の意図を的確に掌握し、それを映画的に巧みに再構成した脚本(も行定勲)、演出が見事。

今年に入っての、行定勲監督の復活はファンとして嬉しい。この好調を今後も持続してくれる事を望みたい。      (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 »

コメント

ずっと行定監督を追ってますが、今回久方ぶりに復活近いかなと思わせてくれました。巧い!と思いました。

でも比較しては悪いけど、「息もできない」を観た後では、もうまったく印象に残ってないです。

抽象的な言い方ですけど、映画に宿ってる「力」と「ハート」が全く違うと思わされるんですよ。韓国映画の凄さは一体なんなんだろうと、また驚かされました。

「パレード」好きなんですけどね。


投稿: タニプロ | 2010年3月24日 (水) 18:40

◆タニプロさん
沢尻の「別に」だけが有名になってしまって、作品はまったく話題にならなかった(笑)「クローズド・ノート」以来さっぱり音沙汰なしだった行定監督。
心配してたのですが、ここに来て見事復活してくれましたね。ファンとしては嬉しい限りです。
 
「息もできない」凄く評判がいいようですね。大阪では4月10日からの公開が予定されていますが、どうもかなりの小規模公開のようです。
http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/movie-info.php
劇場がちょっと遠いのが難ですが、なんとか見たいと思っております。楽しみですね。

投稿: Kei(管理人) | 2010年3月25日 (木) 01:58

沢尻エリカ氏は叩かれ過ぎたと思います。今でもエールを送り続ける井筒監督に男気を感じます。

それはさておき、行定監督は「GO」の後に回り道し過ぎたと思います。それに我々はずっと付き合い続けてたわけですけど(笑)。

西川美和監督が「母なる証明」を観て、「韓国映画は覚悟が違う」というような「敗北宣言」をしていたのが思い出されました。

僕のような日本映画好きにとって、最近の韓国映画を観ることは試練だとすら思いました(苦笑)

「巧い」じゃダメなんですよ。

管理人さんのレビュー楽しみにしております。

投稿: タニプロ | 2010年3月26日 (金) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47678798

この記事へのトラックバック一覧です: 「パレード」:

» 『パレード』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「パレード」□監督・脚本 行定 勲 □原作 吉田修一□キャスト 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林 遣都、小出恵介、竹財輝之助、野波麻帆、中村ゆり ■鑑賞日 2月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 不思議な感覚がこの映画にはあった。 それはおそらく原作にもあったのだろう。 犯人像は明確でないものの、カラーは違えどもあの『キサラギ』の謎解きにニュアンスが似ている。 都内某所の2LDKマンション。 映画... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 21:28

» パレード [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。吉田修一原作、行定勲監督、藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介。ヘリの音がする冒頭は明らかに「地獄の黙示録」の故意の引用だろう。ただし行先はジャングルの闇の奥ではなく伊豆高原。ヒューマン・ホラーとも言うべき作品。... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 21:54

» 映画レビュー「パレード」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆都市生活に巣食うモラトリアムという透明の闇。若手実力派俳優5人のキャスティングが絶妙だ。 【70点】 都内のマンションでルームシェアする、直輝、未来、琴美、良介。彼らは色恋抜きの関係を保ち、怠惰で平...... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 23:54

» パレード [だらだら無気力ブログ]
第15回山本周五郎賞を受賞した吉田修一の同名小説を行定勲監督が藤原竜也を 主演に迎えて映像化。 表面的な付き合いの人間関係で共同生活を送る若者たちの日常を描く。 共演に香里奈、貫地谷しほり、小出恵介、林遣都ら。都内の2LDKのマンションで健康オタクで映画会社..... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 00:02

» [映画][2010年]パレード [タニプロダクション]
映画誌を読んだ限り、今年はどうやら2作品公開する監督が多いようですナ。 その中の一人が「今度は愛妻家」「パレード」の行定勲監督。 「今度は愛妻家」の感想の際も書いたと思いますが、僕にとって行定勲監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」でも「今度は愛妻家」でもなく... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 00:09

» パレード [to Heart]
歪みはじめる、僕らの日常 製作年度 2010年 上映時間 118分 原作 吉田修一 『パレード』(幻冬舎刊) 脚本・監督 行定勲 音楽 朝本浩文 出演 藤原竜也/香里奈/貫地谷しほり/林遣都/小出恵介/竹財輝之助/野波麻帆/正名僕蔵/石橋蓮司 表面的な人間関係で満足しながら、都内のマンションで共同生活を送る若者たちの日々を描く青春群像ドラマ。 {/book_mov/}映画会社勤務の直輝(藤原竜也)、イラストレーター志望の未来(香里奈)、フリーターの琴美(貫地谷しほり)、大学生の良介(小出恵... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 00:42

» パレード [LOVE Cinemas 調布]
吉田修一の同名小説を映画化。監督・脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』、『クローズド・ノート』の行定勲。出演は『カイジ 人生逆転ゲーム』の藤原竜也、ドラマ『リアル・クローズ』の香里奈、『スウィングガールズ』の貫地谷しほり、『風が強く吹いている』の小出恵介と林遣都という、超豪華な若手俳優が揃う。都内のマンションで共同生活を送るこの5人の若者たちを描いた青春群像劇だ。... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 03:24

» パレード [象のロケット]
映画会社勤務の直樹と大学3年の良介は男部屋、イラストレーター兼雑貨店店員の未来とフリーターの琴美は女部屋。 都内の2LDLマンションで共同生活を送る4人の部屋に、男娼をしているという正体不明の少年サトルが居座り始める。 近隣では女性を狙った連続暴行事件が起こっており、未来はサトルが関係しているのではと疑うが…。 青春サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 16:50

» パレード [銅版画制作の日々]
ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞受賞を受賞! 先日鑑賞した「今度は愛妻家」の行定勲監督の最新作です。賞をゲットしたということで、ちょっと気になり観に行って参りました。 原作は吉田修一の同名小説。この作品で吉田は第15回山本周五郎賞を受賞しているそうです。本当に本を読まないので、まったく何も知らず(汗) あまり邦画は観ないので、ここに登場するキャストの方たちで知っている・観たことあるのは、香里奈と小出恵介だけです。あ!藤原竜也は知っていますが、彼の作品はまったく未見です。 いまどきの若者... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 00:27

» 「パレード」小説と同じタイトルの映画的な意味が見えない [soramove]
「パレード」★★★☆ 藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、林遣都、小出恵介 主演 行定勲 監督、103分、 2010年2月20日公開、2009,日本,ショウゲート (原題:パレード )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「本を読むことが好きなので、 この原作も読んでいて この作品の持つ小説としての雰囲気を 映画はどう見せてくれるのか とても楽しみにして劇場へ、 見た感じは、こんなものかと... [続きを読む]

受信: 2010年3月 1日 (月) 07:53

» 『パレード』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラックサントラコロムビアミュージックエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『パレード』 2010年(日)監督:行定勲  間違いなく、本年度のベストに入る作品であろう。    奥ゆかしくも恐ろしい。ルームシェアをする五人の若者が抱く孤独と闇がタランティーノの『レザボア・ドッグス』のように、または内田けんじの『運命じゃない人』のように、それぞれの主観によって暴かれていくから巧妙で、それぞれの人物の視点を通して、彼らの空しき孤独を感じさせられる。  小出... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 11:26

» 『パレード』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
劇場版 パレード オリジナルサウンドトラックサントラコロムビアミュージックエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『パレード』 2010年(日)監督:行定勲  間違いなく、本年度のベストに入る作品であろう。    奥ゆかしくも恐ろしい。ルームシェアをする五人の若者が抱く孤独と闇がタランティーノの『レザボア・ドッグス』のように、または内田けんじの『運命じゃない人』のように、それぞれの主観によって暴かれていくから巧妙で、それぞれの人物の視点を通して、彼らの空しき孤独を感じさせられる。  小出... [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 20:58

» 小出恵介の誕生日と重なって舞台挨拶へは行けなかったので、香里奈の誕生日に見てきた『パレード』 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする超アナログ式そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート&r...... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 22:41

» 「パレード」:新橋バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}あれ、ここ、また新橋じゃない。 {/kaeru_en4/}いいんだ。俺たちの時間は直線に進んでいるんじゃない。ループを描いてまたもとのところに戻っているんだ。 {/hiyo_en2/}それってなんだか、「パレード」の中のセリフみたいね。 {/kaeru_en4/}藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、小出恵介の四人がルームシェアして暮らしている。 {/hiyo_en2/}みんながみんな、恋人同士でも友人同士でも何でもない赤の他人なんだけどね。 {/kaeru_en4/}そういう四... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 22:21

» パレード [映画的・絵画的・音楽的]
 『パレード』を渋谷シネクイントで見てきました。  予告編を見て興味をおぼえ、また監督の行定勲氏による前作『今度は愛妻家』が素晴らしかったこともあり、こちらもぜひ見てみようという気になりました。 (1)一見したところでは、今度の映画も、監督の前作と同じように、戯曲を映画化したものではないかと受け止められる恐れがあります。なにしろ、マンションの一室(2LDK)が主な舞台であって、リビングに接する2つの部屋への人の出入りを見ていると、そんな感じにもなってしまいます。  ただ、主たる登場人物が、前作の場... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 07:30

» 『パレード』 [シネマな時間に考察を。]
現代を生きる都会の若者たちに巣くう “透明” すぎる闇。 一見ありふれた日常、楽しい時間、気楽な関係が引き起こす、 得体の知れない “モンスター” がそこに居る。 『パレード』 2010年/日本/115min 監督・脚本:行定勲 原作:吉田修一 出演:藤原竜也、香里奈、... [続きを読む]

受信: 2010年3月19日 (金) 13:14

» 『パレード』 [シネマな時間に考察を。]
現代を生きる都会の若者たちに巣くう “透明” すぎる闇。 一見ありふれた日常、楽しい時間、気楽な関係が引き起こす、 得体の知れない “モンスター” がそこに居る。 『パレード』 2010年/日本/115min 監督・脚本:行定勲 原作:吉田修一 出演:藤原竜也、香里奈、... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 15:15

» 『パレード』 『悪人』 ラストの秘密 [映画のブログ]
 『悪人』の記事に関連して、質問をいただいた。  コメント欄で回答するにはあまりにも長くなったので別の記事としたが、回答に当たっては... [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 00:05

» パレード [映画、言いたい放題!]
ちょっと面白そうなので観てみました。 都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。 映画会社勤務ので健康オタクの直輝、自称イラストレーターの未来、 フリーターで恋愛依存症の琴美、大学生の良介。 それぞれに悩みを抱えながらも、優しく怠惰に続く共同生活。 ひょ... [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 02:39

» パレード [のほほん便り]
かなり賛否両論で、評価する方は、とても褒めてたので興味を覚え、観てみました。今をときめくキャスティングが魅力的。金髪の林遣都もインパクトありました。それぞれのキャラがたっていて、ルームシェアする若者達という設定。その距離感が「チャットのような場」と言ってた、今を感じる空気も現代性です。それにしても… ある時期まで、とても勢いあった、香里奈。今どうしてるのでしょうね。それにしても、ゾクリとするラストでした。藤原竜也、貫地谷しほりが好きなので、私は、観られてヨカッタです。納得   (解説)第15回山本周... [続きを読む]

受信: 2014年11月18日 (火) 15:34

« 「新しい人生のはじめかた」 | トップページ | 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 »