« 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 | トップページ | テレビ「相棒 -シーズン8-」最終回 »

2010年3月10日 (水)

「ハート・ロッカー」

Hurtlocker 2008年:米/ブロードメディア配給
原題:THE HURT LOCKER
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール

イラク戦争下で、爆発物処理にあたる兵士たちの姿をリアルに描いて、本年度のアカデミー賞において、ライバル「アバター」を破って作品・脚本・監督賞等6つのオスカーを獲得した、本年屈指の力作。監督は「ハートブルー」「K-19」等の骨太サスペンスで知られる女性監督のキャスリン・ビグロー。

2004年夏、所はイラクのバグダッド郊外。現地で活動を続ける米陸軍ブラボー中隊爆発物処理班(EOD)に、ウィリアム・ジェームズ(ジェレミー・レナー)二等軍曹が、爆死した前任リーダーの後釜として赴任して来る。処理班員のJ・T・サンポーン(アンソニー・マッキー)軍曹とオーウェン・エルドリッジ(ブライアン・ジェラティ)技術兵は、巧妙に仕掛けられた爆発物を大胆に処理するジェームズ軍曹の恐れ知らずの行動に畏敬の念を抱くが、それによって彼らの任務はますます危険にさらされることになる…。

 
女性監督による作品だが、ほとんど女性が出て来ない、男臭さがプンプン匂うハードなサスペンスだ(同じイラクの戦場を舞台とした「勇者たちの戦場」には、ジェシカ・ビール扮する女性兵士が重要な役で登場していたが)。

イラク戦争がテーマになっている事もあって、前述の「勇者たちの戦場」「告発のとき」「リダクテッド 真実の価値」等のイラク戦争物と同様に、なんだか重苦しい作品であるように思われがちだが、“爆発物処理”という題材を持って来た着想が素晴らしい。これによって、映画は、いつ爆弾が爆発するかも分からないという緊迫した空気を孕み、観客は固唾を飲んで見守る事となる。

そういう意味でこの作品は、イラク戦争を題材にしているという共通項はあるが、前記の作品群とはやや趣を異にして、スリリングなサスペンス映画的要素も併せ持った、より幅広い観客層にアピールしうる作品にもなっている。

なお、本作でアカデミー脚本賞を受賞したマーク・ボールは、前述の「告発のとき」の原案も書いており、この作品も、戦場で謎の死を遂げた息子の死の真相を追う、犯人探しミステリー的味わいを持っていた事も付記しておきたい。

中盤では、砂漠の真ん中で、ジェームズたち一行がテロリストたちと遭遇し、超遠距離での狙撃合戦が行われるが、これもまるで「ザ・シューター/極大射程」等のスナイパー・アクション映画を思わせるスリリングな展開となる。

加えて、前線の兵士が、戦闘(=つまり殺戮)を任務としている故に、イラク市民や平和愛好家たちにとっては好ましい存在ではないのに対し、ジェームズ軍曹らEODの活動は、消防士や救急医療士と同じく、“人の命を救う”人道的側面を持っているが故に、多くの人に支持され易いとも言える。

本作がイラク戦争という重い題材を扱っているにも係らず、アカデミー賞で9部門にノミネートされ、6部門で受賞出来たのは、これら2つのプラス要素があったおかげだとも言えるだろう。

ビグロー監督が、アカデミー賞受賞スピーチで、「世界中でユニフォームに身を包む、爆発物処理班、消防士、救命士」の人々にエールを送ったのも、まさにこの作品の本質がそこにある事を示している。

 
(以下、ややネタバレあり)
さて、映画は冒頭からいきなり、爆発物処理班の活動が描かれるのだが、始終揺れる手持ちカメラ、短くて歯切れのいいカッティングに、16ミリフィルムをブローアップしたザラついた映像が、まるでドキュメンタリーを見ているような迫真性があって一気に作品世界に没入させられる。
爆弾が破裂する際、衝撃で砂や車の錆が舞い上がる超スローモーション映像も効果的。

主人公のキャラクター設定が秀逸。これまでの爆弾処理回数が873回だというジェームズ軍曹は、豪胆で命知らず、どんどん危険に飛び込んで行く。冒頭に引用される「戦争は麻薬である」の言葉通り、彼はほとんど爆発物処理ジャンキーである。ただし合間にDVDを売るイラクの少年との、つかの間の交流も差し挟んで、普段は心優しい男である点も抜かりなく描く。
任務が終了し、故郷に戻っても平和な生活になじめず、再び志願し戦地に戻って行くラストも効いている。その他のサンボーン、エルドリッジらのキャラクターの描き分けもうまい。

緊迫感あふれる演出も見事だが、彼らの活動を冷ややかに眺めるイラク人民の姿も随所に配置し、アメリカ兵は所詮余所者である事を印象づけている。またジェームズらが爆弾を見事に解除して行くにつれ、テロリストたちの爆弾工作もますます巧妙になって行き、死体の内臓に爆弾を仕掛けたり、強固な鍵をいくつもセットして、遂にジェームズをもってしても解除出来ずに犠牲者を出したりと、いくら彼らが献身的な活動をしても、戦いは終わらず、果てしがない。それが戦争の現実である。

 
さまざまなエピソードを通して、戦争というものの底知れぬ奥の深さ、空しさ、悲しさを痛烈に描いた、これは見事な力作である。

ただ、やや引っかかるのは、前述した中盤の遠距離狙撃戦のシークェンスで、戦場とは言え、ここではジェームズらも容赦なく敵を殺して行くのだ。見事に敵を撃ち殺したエルドリッジにジェームズは「GOOD JOB!」と言い放つ。“人の命を救う”彼らの職務を描く作品テーマの中では、やや浮いているように思えるのだが。特に消防士、救命士と並べた、ビグローのスピーチがあっただけに…。

そんなわけで私の評価としては満点には出来なかったが、本年屈指の秀作であり、必見の問題作である事に変わりはない。お奨め。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(さて、固い話はひと休みで、お楽しみはココからだ)

爆弾がいつ爆発するかも分からない、という話は、サスペンス映画の常道としてこれまでに多くの作品が作られている。

本作と同じく、特殊部隊による爆発物処理を描いた作品としては、有名な所では、リチャード・レスター監督の「ジャガーノート」(1974)がある。豪華客船に仕掛けられた無数の時限爆弾を、特殊部隊爆弾処理班が解除して行く、行き詰るサスペンスの佳作である。
赤か青か、どちらの電線を切断すればよいのか、という、いわゆる電線切断サスペンスもののハシリでもある。

同様に爆発物処理班が主人公の作品としては、キアヌ・リーブス主演「スピード」、トミー・リー・ジョーンズが珍しく爆弾魔を演じた「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」等があるし、ビグロー監督の元ダンナ、ジェームズ・キャメロン監督の「アビス」にも、ラスト間際に核弾頭の起爆装置を解除するサスペンス・シーンがある。

ヒッチコックは、すでに戦前に「サボタージュ」という、時限爆弾が仕掛けられた荷物を持ったまま少年が電車に乗り、いつ爆発するかハラハラさせられるサスペンス映画を撮っている。さすがはスリラーの神様である。

で、面白いのは、今年のアカデミー主演賞を受賞した2人、サンドラ・ブロック「スピード」に、ジェフ・ブリッジス「ブローン・アウェイ/復讐の序曲」に、それぞれ主演しているのである。

作品賞を受賞した本作を含め、アカデミー賞の主要部門で最優秀賞を受賞した、キャスリン・ビクロー、サンドラ・ブロック、ジェフ・ブリッジス、(ついでに作品賞を争い、結局3冠に留まったジェームズ・キャメロンも)…この人たちが、ことごとく“爆発物処理”サスペンス映画に係わっている…というのも、不思議な縁と言うか、奇妙な偶然ではある。

|

« 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 | トップページ | テレビ「相棒 -シーズン8-」最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/47773350

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハート・ロッカー」:

» 映画レビュー「ハート・ロッカー」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
The Hurt Locker◆プチレビュー◆爆発物処理班の兵士を通して戦争の真実と虚無感を描く秀作。スクリーンから片時も目が離せない。 【85点】 2004年イラク・バグダッド。ジェームズ二等軍曹は、駐留米軍の爆発物処理班ブラボー中隊の新リーダーとして赴任する。爆弾処理の....... [続きを読む]

受信: 2010年3月10日 (水) 23:53

» ハート・ロッカー [象のロケット]
2004年、夏。 イラク・バグダッド郊外。 爆発物処理を行う米軍ブラボー中隊の班長が爆死し、後任のウィリアム・ジェームズ二等軍曹が到着した。 彼は一切のルールを無視し怖いもの知らずで作業を進めていく。 爆弾の処理能力は見事なものだが、補佐する立場のJ.T.サンボーン軍曹とオーウェン・エルドリッジ技術兵は、死への恐怖を募らせる。 任務明けまで38日…。 戦場ドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00:07

» [映画][2010年]ハート・ロッカー [タニプロダクション]
先ごろアカデミー賞作品賞等を受賞した、イラクで爆弾処理に就く男たちを描いた映画。 イラク戦争に関連する映画って少ないなあ、と思ってたんですが、僕はよく知らなかったのですが実はそんなに少ないわけでもないみたい。 話題にならず日本にもあまりやってこないというこ... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00:17

» 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています。  2004年、夏。イラク、バグダッドで爆発物処理の任務に就く“ブラボー中隊”。或る日、市街地で爆弾処理を遂行中に、予期せぬトラ... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00:22

» ハート・ロッカー [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズが出演している。次の瞬間に何が起こるか解らない極限の緊張感で手に汗握る展開に引き込まれる。... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00:36

» 映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール [masalaの辛口映画館]
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 00:40

» ハート・ロッカー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Hurt Locker。キャスリン・ビグロー監督、ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース。冒頭、文字のメッセージで「戦争は強力で致命的な中毒だ。なぜなら麻薬だから...... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 08:02

» ハート・ロッカー [Akira's VOICE]
処理できないものは人間の心。   [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 11:09

» 映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」 [わかりやすさとストーリー ]
『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚感覚で観る作品ともいえる。... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 18:21

» 『ハート・ロッカー』 [ラムの大通り]
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ〜あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞するべきでした。」と、 監督賞受賞スピーチにてコメント!』というヤツだね。 ぼくは、その昔、 ダスティン・ホフマンが『クレイマー、クレイマー』で ゴールデングローブ賞の男優賞を受賞したときを思い出した。 本来ならばジャック・レモ... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 23:43

» ハート・ロッカー [だらだら無気力ブログ]
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3人が..... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 00:45

» 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 [はらやんの映画徒然草]
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 20:54

» ハート・ロッカー [小部屋日記]
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けてー。 久しぶりに試写会にいってきました。 今年のアカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門にノミネート。 監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。業界内ではアカデミー史上初となる監督同士(『アバター』のジェーム... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 21:34

» ハート・ロッカー [Lovely Cinema]
nbsp;彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。 [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 16:42

» [映画『ハート・ロッカー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われた。  キューブリックの作品の如く、客観的かつ硬質な作風であった。  監督のキャスリン・ビグローには、20年ほど前に、『ブルースチール』や『ハートブルー』を「一風変わった」アクション映画として楽しませてもらったものだ。  その「一風変わった作風... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 16:39

» 北野武とハリウッド。 [プールサイドの人魚姫]
映画の楽しみ方を大別すると二通りになると思う。 娯楽性と芸術性。この両方を兼ね備えている作品が所謂「名作」と呼ぶかは別としても、見る側の感受性によって受け取り方は異なって来る。 先日、ロサンゼルスで行われた「第82回アカデミー賞授賞式」で、6部門を制... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 20:21

» No.208 ハート・ロッカー [気ままな映画生活]
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 01:19

» 『ハート・ロッカー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々物議を醸し出した今回のアカデミー賞。  “元夫婦対決”なんてマスコミのオイシがる素材。 興行数字は文句なしに元夫に軍配が上がっている... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 08:56

» 「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER [俺の明日はどっちだ]
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の爆発シーンからまるでその場にいるような錯覚を起こさせる見事なまでに続く緊迫感溢れる映像の数々はとにかく圧倒的。 まさに死と隣りあわせとなる爆弾処理、緊迫感溢れるゲリラとの銃撃戦、誰もが起爆装置を持っているように思える恐怖、あるいは体に爆弾を埋... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 19:56

» 映画「ハート・ロッカー」ヒリヒリするような恐怖を感じる [soramove]
「ハート・ロッカー」★★★★ ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース 主演 キャスリン・ビグロー 監督、131分 、 2010年3月6日公開、2008,アメリカ,ブロードメディア・スタジオ (原題:THE HURT LOCKER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アカデミーの作品賞と監督賞という 主要部門を元ダンナ... [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 09:01

» ハート・ロッカー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任。 ..... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 00:39

» 「ハート・ロッカー」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 21:56

» ハート・ロッカー■大義なき戦争を描いている [映画と出会う・世界が変わる]
この映画をどのように評価すべきか、見た感想を、どのようにまだ見ていない人にどのように伝えればいいのだろうか?冒頭から緊迫感あふれる場面である。このタッチがラストまで続くが、その緊迫感に観客として興奮したり、スリリングな感動を得るかというと、決してそうで...... [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 11:45

» ハート・ロッカー [悠雅的生活]
2004年、バグダッド。任務完了まで38日・・・ [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 00:27

» ハート・ロッカー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描かれているのだろうと興味がありました。ですが、実際には、『Hurt Locker』とのこと。『ワールド・オブ・ライズ』も、『World of Rise』ではなく『World of Lies』だったことが思い出されます! (1)映画は、イ... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 05:14

» ハート・ロッカー [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  「あ、今日が授賞式か。」劇場前のテケツでそのことを知った。『アカデミー賞 [続きを読む]

受信: 2010年3月31日 (水) 23:43

» 【映画】ハート・ロッカー [新!やさぐれ日記]
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱く。 ▼コメント 「戦争は麻薬」というテーマを打ち立てたまではよか... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 20:14

» ハート・ロッカー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース ...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 14:22

» ハート・ロッカー [映画、言いたい放題!]
第82回アカデミー賞の話題の的の作品でしたね。 「アバター 」は観たけれど、 私は、映像以外は今一つだったので 結果は、やっぱりねぇ、、、という感じでしたが、 こちらも観てみないとね。 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊の... [続きを読む]

受信: 2010年4月11日 (日) 23:35

» もっと批判されていい「ハート・ロッカー」 [映画と出会う・世界が変わる]
「彼らは数えきれない命を救う。たった一つの命をかけて」これは「ハート・ロッカー」の宣伝コピーである。随分と内向きの、まさにアメリカ人の為の言説である。このコピーがアメリカ本国で作られて、日本でもそれが翻訳されて使われたのか、または日本で作られたのかは判...... [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 02:40

» 映画:ハート・ロッカー [よしなしごと]
 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 00:29

» ■映画『ハート・ロッカー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で、日々、... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 05:32

» ハート・ロッカー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー... [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 01:39

» 「ハート・ロッカー」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 監督・製作 : キャスリン・ビグロー 脚本・製作 : マーク・ボール 出演 : ジェレミー・レナー 、 アンソニー・マッキー 、 ブライアン・ジェラティ 、 レイフ・ファインズ 、 ガイ・ピアース 、 デヴィッド・モース あらすじ 004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班の作業中に爆発が起き、班長のトンプソン軍曹が爆死してしまう。トンプソン軍曹の代わりに派遣されて... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 02:05

» 「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) [シネマ・ワンダーランド]
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3人の兵士を中心に絶えず危険にさらされながら、爆弾解除に取り組む姿を徹底したリアリズムで、生々しくスリリングに描く。本作は第82回アカデミー賞で、作品、監督賞など6部門を受賞した。... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 01:00

» 【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました あと...... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 03:48

» 『ハート・ロッカー』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ハート・ロッカー 』 (2008) 監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 02:02

« 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 | トップページ | テレビ「相棒 -シーズン8-」最終回 »