« 「オーケストラ!」 | トップページ | 「春との旅」 »

2010年5月16日 (日)

「アリス・イン・ワンダーランド」

Aliceinwonderland 2010年・米:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
原題:ALICE IN WONDERLAND
監督:ティム・バートン
原作:ルイス・キャロル
脚本:リンダ・ウールヴァートン

ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」をベースに、19歳になったアリスの新たな冒険を描いた作品。監督は「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン。ジョニー・デップが、バートンと7度目のコンビを組んでいる。

 
原題は原作と同じだが、年齢は原作の6歳から19歳に変わっており、原作、並びにディズニーによる原作に忠実なアニメ映画化「不思議の国のアリス」(1951)のお話から13年後に、アリスが再びワンダーランドを訪れる…という、映画オリジナル・ストーリーである。

原作は、ワンダーランドに迷い込んだアリスが、いろんなクリーチャーや、トランプをイメージしたキャラクターと出会い右往左往するだけの、ほとんど筋らしい筋もない、ナンセンスの極みとでも言うべきマカ不思議な作品である。

子供にも判り易いのが基本のディズニー・アニメの中でも本作は異色で、そのシュールかつナンセンスな展開に、子供たちにはあまり評判は良くなかったはずである。

原作は有名な童話なので、ここでバラしてしまうけれど、アリスが体験した不思議なお話は、実は“すべてアリスが見た夢だった”というのがオチ。アニメの方でも、[空想好きなアリスが花畑でまどろんでいるうちに夢の世界に入ってしまい、ラストでは女王たちに追いかけられ、最初に入って来たドアにたどり着き鍵穴から覗くと、眠っている自分を発見し、やがて姉の呼ぶ声で目が覚める]という展開になっている。

ところが本作では、気に入らないヘタレ男との結婚話に嫌気がさした時に、時計を持ったウサギを見つけ、それを追いかけてワンダーランドに迷い込む。
つまり本作におけるアリスの冒険は、夢ではなく、ワンダーランドは実在している、というのが基本ラインとなっている。

そして、オリジナルでのキャラクター、マッドハッター、芋虫のアブソレム、チェシャ猫、トランプの女王(本作では赤の女王)などはそのまま登場し、マッドハッターたちは“救世主であるアリスが戻って来るのを待ちわびていた”ことになっている。

原作や、アニメ版を知っている観客はここで混乱する事になる。
いったい、このお話は“アリスの夢”なのか、現実なのか…。

夢であるなら、アリスはいったい何時眠ったのか(そんな描写も、伏線もなかったと思う)。ラストでも、アリスは穴から這い出て、そのまま家族の元に戻って来る。…夢から醒める描写はない

現実であるなら、原作やアニメで明示されていた、“すべてはアリスの夢だった”という前提が崩れてしまう事になる。おまけに、アリスは6歳の時にワンダーランドに言った事を覚えていない。…確かアニメ版では、夢から醒めた後、姉に、夢の中で見た冒険を興奮して喋っていた筈なのだが…。

そして物語も、予言の書に示された救世主と名指しされたアリスが、悩んだ末に救世主となる事を引き受け、鎧に身を包んで勇ましく赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)や、その手先であるジャバウォッキーに戦いを挑み、見事勝利する…という、よくあるヒロイック・ファンタジー通りの展開となる。

こういうパターンって、'80年代に我が国で、OAV(オリジナル・アニメーション・ビデオ)が全盛だった頃にさんざん作られた魔界ファンタジーものと同工異曲で、ほとんど新味はない。…今どきこんな使い古されたストーリーを、シュールさとナンセンスが持ち味の「不思議の国のアリス」に持ち込むとはねぇ。

こういうお話にするのなら、ティム・バートンよりは、テリー・ギリアムに監督させた方がまだマシだったかも知れない。
…ちなみに、テリー・ギリアムは知る人ぞ知る「アリス」おタクである。'77年にはそのものズバリ、ルイス・キャロル原作とクレジットされた「ジャバウォッキー」という作品を監督している。

 
そんなわけで、ルイス・キャロルの原作、及びディズニー・アニメ「不思議の国のアリス」が大好きな方にはなんとも不満の残る作品になっている。

かと言って、ティム・バートンらしさも出ていない。なんせ製作はディズニー・ピクチャーズである。バートンは雇われ監督に徹したのかも知れない。おかげで、ティム・バートン監督作品としては過去最大のヒットになってるのは皮肉である。

ただ、バートン・ファンならニヤリとする箇所はいくつかある。
ウサギを追いかけて木の根っこにある穴に落ちるシーンで、背後にそそり立つ巨木が、バートン作品「スリーピー・ホロウ」に登場する朽木と、不気味な捻じ曲がり方がそっくり同じであったり、マッドハッターのお茶会のシーンで、背後にこれまた「フランケンウィニー」に登場したような風車の残骸があったりする。…ただ、3Dメガネをかけていると画面が暗すぎて、この風車がほとんど判別出来ないのは困りものだが…。    (採点=★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(さて、お楽しみはココからだ)
そんなわけで、作品としてはイマイチの出来であったが、あちこちに仕込まれた小ネタで私は結構楽しむ事が出来た。

その小ネタとは、“宮崎アニメ・オマージュ”である。そもそもディズニーには宮崎アニメ・フリークがいるのは有名な話である。

まず、“予言の書に書かれた、救世主としての戦う少女”は、「風の谷のナウシカ」だろう。アリスの甲冑姿はトルメキアの女王クシャナに似てるし、そう思えば赤の女王の忠実な部下、ハートのジャック(クリスピン・グローヴァー)はクシャナの忠実な部下、クロトワとキャラがかぶっている。

その頭の異様にデカい赤の女王は、「千と千尋の神隠し」における、湯婆婆を思わせる。ちなみにアニメ版「不思議の国のアリス」の方では女王の頭は普通の大きさである。

その赤の女王の宮殿には、直立するカエルの一団がいるが、これも「千と千尋-」の、油屋で働くカエル男を嫌でも連想させる。

また、アリスが途中でモンスターに傷つけられ、右腕に醜い傷跡が残っているのは、「もののけ姫」のアシタカの、タタリ神によってつけられた右腕の傷を思わせる。ジャバウォッキーは「もののけ姫」のシシ神を連想させるし、そしてシシ神と同じく、首を切り落とされる

 
だが、「アリス」と宮崎アニメとの関連はもっと溯る。アニメ版「不思議の国のアリス」を見直して思ったのは、
宮崎駿監督のアニメ作品自体が、「不思議の国のアリス」からかなりヒントを得ている”のではないかという点である。

Totoro1_2 「となりのトトロ」で、妹のメイが、庭で不思議な生き物(小トトロ)を見つけ、後を追いかけて森の中に迷い込み、ヘンな穴にころがり落ちてトトロに出会う。ご丁寧にその後、メイは姉に揺り動かされて眠りから目を覚ますのである。

そう思えば、大きな顔と口に、自由に姿を消す事が出来、空も飛ぶ事が出来、普段は木の上にいる猫バスは、チェシャ猫のキャラクターとほとんどそっくりである。

また「千と千尋の神隠し」では、千尋は奇妙なトンネルを通って(トンネルも“穴”である)、不思議の国に迷い込む。

Senntochihiro 舟に乗ってやって来る神様のうち、春日さまの一団は平たい長方形で(右参照)、「アリス」のトランプ兵を思わせる。その他、頭(カシラ)だとか巨大な坊だとかのマカ不思議なキャラクターも、いかにも「アリス」的キャラである。

…とまあ、「アリス」からヒントを得たと思しきキャラクターやストーリー展開がいくつも見つけられる。宮崎作品には、「クラバート」とか「ゲド戦記」などの海外ファンタジーからの影響が見られるので、「アリス」からも影響を受けている可能性は大いにあるだろう。

その宮崎アニメから、今度は「アリス・イン・ワンダーランド」が影響を受けているとするなら誠に興味深い。ことによったら、宮崎アニメが「アリス」からヒントを得ているだろう事を、ディズニー・スタッフ(あるいはティム・バートン)も感じていて、意識的に逆輸入したのかも知れない。

…とまあ、こうやって、いろいろ想像を巡らせれば、映画はもっと楽しめるし、本編が期待外れであっても、料金分は楽しんだ気になれるのである。

|

« 「オーケストラ!」 | トップページ | 「春との旅」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/48379663

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリス・イン・ワンダーランド」:

» アリス・イン・ワンダーランド (3D) [活動写真放浪家人生]
 <シネプレックス小倉>  偉そうに言うわけではないけれど、レオ様、ジョニー様と観にいったことは一度 [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 02:34

» アリス・イン・ワンダーランド(2010)3D字幕版 [銅版画制作の日々]
チェシャ猫アンダーランドにやって来たアリスをマッドハッターのところへ案内する。 「不思議の国のアリス」+続編「鏡の国のアリス」の作品を基にして製作されたティム・バートン監督のオリジナルストーリーの「アリス・イン・ワンダーランド」鑑賞して来ました。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。平日ですが、かなり席は埋まっておりました。話によると、集客数が「アバター」を抜いて一位だとか、、、、、もちろん興行収益も。公開前から凄い宣伝でもありましたが、やはり何といってもジョニー・デップが出演しているからでしょうね。 ... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 06:40

» 『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ティム・バートンは日本のコントが好きで、密かに志村けんのバカ殿がきっと好きなんだと思う(笑) それは、ジョニー・デップの白... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 08:24

» アリス・イン・ワンダーランド [Akira's VOICE]
「見た目」だけは,かなり面白い!!   [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 10:46

» 「アリス・イン・ワンダーランド」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 1865年の出版以来、全世界で愛され続けるルイス・キャロル原作のベストセラー児童文学「不思議の国のアリス」。その後日談を、「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 18:30

» アリス・イン・ワンダーランド [だらだら無気力ブログ]
ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に ヒロインのアリスが19歳に成長し、再びワンダーランドに迷い込んで冒険 する様を描いた冒険ファンタジー。 監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督。 ヒロインのアリス..... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 20:57

» 映画レビュー「アリス・イン・ワンダーランド」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
ALiCE IN WONDERLaND◆プチレビュー◆鬼才ティム・バートンにしてはあまりに凡作。それでもこってりと濃厚な映像美は楽しめる。 【60点】 19歳のアリスは退屈な園遊会を抜け出し白うさぎの後を追って穴に落ちる。そこは不思議なアンダーランドで、住民たちは皆アリスのこ....... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 23:58

» 「アリス・イン・ワンダーランド」ああ、こりゃ楽しい~! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード  “ジョニー・デップ&ティム・バ-トン 7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画化ではなく、正確にはその後日談をオリジナル・ストーリーで映画化。相変わらずの“ティム・バートン ワールド”全開の映像世界に、吾輩もうクルンクル~ンでございましたわ。  19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、亡父の会社を引き継いだ貴族... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 00:04

» アリス・イン・ワンダーランド [5125年映画の旅]
少女時代に不思議の国を冒険したアリス。それから13年。破天荒なアリスは、周りのしきたりや名家の御曹司からの求婚に戸惑っていた。そんな中アリスは、赤の女王に支配された不思議の国を再び訪れる。住人達から「国を救って欲しい」と頼まれるが、アリスはこれが自分の...... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 07:19

» アリス・イン・ワンダーランド [象のロケット]
求婚者から逃げ出した19歳のアリスは、うさぎ穴から地下世界に迷いこんでしまった! この世界の奇妙な住人たちは、なぜか皆アリスを知っていて、彼女が伝説の救世主だという。 少女の頃に自分がこの世界で冒険を繰り広げたことを忘れているアリスは、ワンダーランドの運命を賭けた戦いに巻き込まれていく…。 「不思議の国のアリス」のその後を描く、冒険ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 10:25

» 「アリス・イン・ワンダーランド」:豊洲二丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}映画のポスターの向こうに見えるのは? {/kaeru_en4/}キッザニア。 {/hiyo_en2/}どちらも子どもたちにとっては、夢のワンダーランドってことね。 {/kaeru_en4/}でも、ティム・バートン監督の「アリス・イン・ワンダーランド」に登場するのは、19歳になったアリス。もう十分おとなだ。 {/hiyo_en2/}好きでもない男から求婚されかかっている。そこから逃れようと、幼いころ飛び込んだ穴の中へまた飛び込んでいくっていう物語。 {/kaeru_en4/}... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 21:59

» アリス・イン・ワンダーランド3D [ケントのたそがれ劇場]
★★★  『不思議の国のアリス』のアリスが成長して、もう一度ワンダーランドに戻り、新しい冒険をするというストーリー展開である。さすがウォルトディズニーだけあって、CGをふんだんに使った美しい映像と、3Dの技術に関しては文句のつけようがない。  ただ通り一辺... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 16:24

» アリス・イン・ワンダーランド 予習しとけばよかった〜 [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=18 -6-】 予習が必要だった。 「ふしぎの国のアリス」は、自分自身が子どもの頃に映画を見た覚えはあるし、娘が小さい時にディズニーの絵本を何度も何度も読み聞かせたことがあるが、正直、もう内容はほとんど覚えていない。(その娘とは昨夜大喧嘩(怒)←上の娘) 梅田の東宝シネマズでは、3Dしか選択肢がなかった(・_・、)  『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニー・デップが、映画史上最も摩訶不思議な世界への扉を開く。ルイス・キャロルのあまりにも有名な小説「... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 10:31

» アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版... [kaoritalyたる所以]
4/18に観た2本目の映画を、19日の枠でアップします。もう1ヶ月以上経ってますが、現在も興行的にはとても好調のようで、嬉しい反面、新しい映画が揮ってない・・というのは... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 08:37

» 【映画】アリス・イン・ワンダーランド [DOMANGOLIAN Blog]
おすすめ度 [続きを読む]

受信: 2010年5月28日 (金) 05:16

» 映画:アリス・イン・ワンダーランド [よしなしごと]
 好きな人はもう何度も観たというアリス・イン・ワンダーランド。ようやく観てきました。今回は3Dじゃなくてもいいかなぁと、2D字幕版です。 [続きを読む]

受信: 2010年5月28日 (金) 10:18

» アリス・イン・ワンダーランド [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:好きな童話、絵本は? 参加中 「アバター 」で予告を観た時から観たいと思ってました。 「アバター 」よりも3Dが面白かったんですよね。(爆) 原作本の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」とも 子供の頃、家にありました。 絵本ではなくて、児... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 02:50

» アリス・イン・ワンダーランド(感想161作目) [別館ヒガシ日記]
アリス・イン・ワンダーランドは劇場で鑑賞し [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11:50

» ■映画『アリス・イン・ワンダーランド』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
良くも悪くも予想どおりなティム・バートン×ジョニー・デップの最新映画『アリス・イン・ワンダーランド』。 カラフルで不思議なワンダーランドに迷い込んだ19歳のアリスが、“自分のやるべきこと、自分でやらなくてはいけないこと”に気付くまでの物語です。 何がすごいっ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 01:45

» 『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? [映画のブログ]
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 08:22

» アリス・イン・ワンダーランド [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配さ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 17:51

» アリス・イン・ワンダーランド−映画感想− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ティム・バートン 出演:ミア・ミシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ 評価:70点 DMMレンタル第2弾。 レンタルなので2D。 うーん、こんなものか。 もっとエキセントリックできらびやかで夢の中のがっつり異常な世界を想像....... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 22:42

» 【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 23:57

» アリス・イン・ワンダーランド [RISING STEEL]
映画の日、千円での鑑賞で見ました。 「アリス・イン・ワンダーランド」。今年のGW最大の話題作だ。 ちゃんと読んだこと無いけど(オイ)不思議な国に迷い込んで トランプの兵隊とかに追われたりするん...... [続きを読む]

受信: 2010年11月12日 (金) 23:55

» 『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010)監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 15:45

« 「オーケストラ!」 | トップページ | 「春との旅」 »