« 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド」 »

2010年5月 9日 (日)

「オーケストラ!」

Leconcert2009年・フランス:GAGA配給
原題:LE CONCERT
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ/アラン=ミシェル・ブラン/マシュー・ロビンス

フランス・パリでの初公開時、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を破ってオープニングNO.1を記録した、笑いと涙と感動の大傑作音楽ドラマ。

ロシアのボリショイ交響楽団で、かつては天才指揮者と持てはやされていたが、今では劇場清掃員に身をやつす中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)。そんなある日、パリのシャトレ劇場から届いた出演依頼のファックスを目にしたアンドレイは、とんでもない考えを思いつく。それは、彼と同様に落ちぶれてしまったかつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成し、ボリショイ代表として夢のパリ公演を実現させようという突拍子もない計画だった。果たして、彼の夢は実現するのだろうか…。

何の変哲も愛想もないタイトル(何とかならなかったか)に、無名の監督・出演者(せいぜい「イングロリアス・バスターズ」で注目されたメラニー・ロランと、フランスの名優ミュウ=ミュウくらいしか知った名前はない)…。も一つ観る気が起きなかったのだが、批評がわりと高評価で、かつ予告編がちょっと面白かったので連休中に観に行った(梅田ガーデンシネマ)。

そしたら、なんと超満員。13時の回は立ち見席も完売(この劇場は自由席)。次も、その次の回も満席だとかで、とうとう日を改める事にした。この劇場での立ち見は何度か経験したが、立ち見でも観れなかったのは初めて。相当人気があるようだ。

で、連休が終わった平日に観にいったのだが、やはりほぼ満員。そして、観終わって…。

面白い!!。そして笑えて、泣けて、胸が一杯になって、エンドでは映画の中の聴衆と同じく、スタンディング・オベーションでブラボー!と叫びたくなった。これは、今年最高の感動作だ。これまでは「息もできない」を本年度ベストワンにするつもりだったが、それを抜いて、本作を(今の所は)本年度ベストワンに推したい。

どこが面白いかと言えば、一杯あり過ぎて一言ではとても言えないのだが、それでも一言で言うなら、“この映画には、エンタティンメントとしての要素がすべて詰まっている”という事になる。その理由はおいおい述べて行く。

 
まずは、この映画のポイントは、“負け犬の烙印を押され、鬱屈の日々を送る人たちが、一念発起して仲間を集め、努力を重ね、さまざまな困難を乗り越えて、遂に最後に大勝利する”…という、娯楽映画の王道パターンを見事に踏襲している点にある。

例えば、「メジャー・リーグ」「シコ、ふんじゃった。」「少林サッカー」、あるいは「フラガール」…と、この手の作品には傑作が多いのだが、本作もその例に漏れない。

次に、上の梗概にあるように、この映画には“本物に成りすました偽者が、巧妙に作戦を立て、本物を出し抜き成功を目指す”という、いわゆるコン・ゲーム的な面白さも盛り込まれている。そこには当然、“いつバレるか”という、ハラハラ、ドキドキのサスペンス要素も含まれる事となる。ドイツ兵に化けて敵陣に乗り込むといった戦争サスペンス物(「イングロリアス・バスターズ」等)はその典型だが、むしろコメディ・ジャンルに傑作が多い。ジャック・ブラックが偽者の教師に扮した「スクール・オブ・ロック」はその代表的傑作。最初は笑わせて、最後のコンサート・シーンで感動させる展開は、本作ともよく似ている。いわば本作は、「スクール・オブ・ロック」クラシック・コンサート版であるとも言える。
…この2つの要素だけでも十分過ぎるほど面白い。

ハラハラドキドキはそれだけではない。寄せ集めたメンバーは30年ロクに演奏してないし、旅費も楽器も服もない。期限は2週間しかなく、パスポートもビザもそんな短期では取得出来ない…。パリに着いたら着いたで、メンバーはパリ見物に繰り出してリハーサルにも帰って来ない。アンドレイは何度も演奏会中止のピンチに立たされる。さらにはボリショイ楽団の支配人もバカンスでパリにやって来る…。
まさに、次から次に襲い来る危機また危機。まるで「インディー・ジョーンズ」である(笑)。

もう一つ、アンドレイはソリストとして、フランスで活躍するアンヌ=マリー・ジャケ(メラニー・ロラン)を強力に指名する。
アンドレイが大事に保管していた箱の中には、二つに折れた指揮棒と、アンヌ=マリーに関する資料やCDが…。
アンヌのマネージャー、ギレーヌ(ミュウ=ミュウ)もアンドレイとは旧知らしい。いったいアンドレイとアンヌとの関係は?
――といった具合に、いくつもの謎を秘めた、ミステリー的要素も含まれている。

さらには、ストーリーの背景に、1980年の旧ソ連、当時のブレジネフ政権がユダヤ人排斥の政策を強行、ユダヤ系の演奏家たちも例外なく排斥されることになり、アンドレイらは、彼らを擁護しようとした事から当局に睨まれ、仕事も音楽も失う結果となった…という、非人道的なソ連・スターリニズムへの激しい怒りがある。…この作品は、コミカルな描写を交えつつも、実は政治に翻弄された芸術家の悲しい運命、そして雌伏を経ての夢への飽くなき挑戦(リベンジ)”を主題としているのである。

 
なんとも欲張った展開である。だが素晴らしいのは、それらの要素を巧みに縒り合わせ、笑わせたり、ハラハラさせつつも、物語はアンドレイや仲間たちの夢を乗せて、クライマックスのコンサートに向けて突き進み、最後の、12分間に及ぶチャイコフスキーの協奏曲演奏シーンに、すべての謎解きとカタルシスと興奮を詰め込んで、観客を酔わせ、感動させる、見事な演出の妙にある。

言わば、監督自身がこの映画の指揮者となって、自在にタクトを振るい、出演者たちを統率して、見事なコンサート(映画)を成功させたのである。

(ここからネタバレあり、注意。一部隠します)
30年前、アンドレイはソ連共産党によって、指揮棒を折られ、ボリショイ楽団指揮者の夢を断たれ解雇されるのだが、その際、当時楽団の天才的女性ヴァイオリン奏者だったレアは、ユダヤ系であったばかりに極寒のシベリアに送られ、非業の死を遂げた事がやがて明らかになる。

アンドレイは、レアと組む事が夢だった。彼女と組めば、最高の音が出せる。…だが、その夢は叶わなかった。

アンヌ=マリーは、実はレアの娘だった。だから、アンヌと組む事は、アンドレイの30年越しの夢の実現なのである。

なかなか戻って来なかった楽団員が、「レアのために」という携帯メールを受け取った途端に、一斉に戻って来る。
レアは、アンドレイのみならず、楽団員のミューズであり、また夢の象徴でもあったのだろう。

自分を、レアの単なる代用だと誤解したアンヌが、一時は中止を申し出るが、ギレーヌの置手紙を呼んだアンヌが、ギリギリで戻って来る辺りもハラハラさせる。…そしてようやく演奏会が始まる。

このラスト12分の演奏会シーンが素晴らしい。最初はさすがに30年のブランクとリハーサルなしのぶっつけ本番のせいか、何ともよれよれの音でまたまたハラハラさせるが、アンヌのソロが始まった途端に、ビシッと1本芯が通ると言うか、見事なアンサンブルを発揮する辺りが感動を呼ぶ。

その演奏中にカットバックで、レアの悲痛な運命、赤ん坊だったアンヌの国外移送とその後という過去、さらには、楽団の未来までもが描かれるのが鮮やかで、かつ心ときめく。うまい演出だ。

12分の演奏シーンの中に、アンドレイ、楽団員の夢、希望を乗せ、そして叶わなかったレアの夢が乗り移ったかのようなアンヌの素晴らしい演奏が渾然一体となって、観客の感動をいやが上にも盛り上げる。もう涙、涙の洪水となる。2ヶ月特訓したという、メラニー・ロランの演奏ぶりも迫真の演技。
演奏が終わった瞬間の、興奮と感動と、爽やかな涙は、一生忘れられないだろう。

 
監督のラデュ・ミヘイレアニュは、1958年生まれのユダヤ系のルーマニア人で、80年(この物語の発端!)に、当時のチャウシェスク独裁政権から逃れて亡命、フランスで映画の仕事に就いたという。

この映画のテーマである、“人間の自由と尊厳を奪う独裁政治体制への怒り”は、まさにミヘイレアニュ監督自身の体験に裏打ちされているのである。その事を知れば、余計感動的である。

登場人物も、脇に至るまでうまくキャラクターが振り分けられていてそれぞれに魅力的。アンドレイの相棒を務める、ちょっと太目のサーシャを演じたドミトリー・ナザロフが、陰に陽にアンドレイを助ける、いい役回りを好演しているし、ギレーヌ役のミュウ=ミュウがいつもながらうまい。アンドレイの指揮棒をへし折った、コチコチの共産党員、イワン・ガヴリーロフ(ヴァレリー・バリノフ)にも、最後の最後においしい役を与えているのも見事なバランス配置である。彼が「神よ、いるなら助けてください」と祈るシーンは、笑わせつつもジーンと来る。

 
夢を実現するのは、とても難しい。いくつもの困難が立ちはだかる。そして挫折し、夢を諦めてしまう人もいるだろう。

だけど、この映画では、とても実現出来そうもないような夢を、何年間もずっと忘れずに追い求め、どんな困難にも諦めず、夢に向かって突き進み、とうとう夢を実現してしまう、奇跡の物語が描かれる。

そう、歳を重ねて老いようとも、苦難の生活に喘いでいようとも、絶望の淵に居ようとも、それでも、夢を忘れずに、小さな努力を日々積み重ねていれば、いつの日か、夢が叶う日がやってくるかも知れない…。

この映画は、そんな、夢を忘れかけていた人々に、夢を見る事の大切さをもう一度教えて、勇気を与えてくれるきっかけになるかも知れない。…そんな事さえ考えさせてくれる、これは素敵な秀作である。必見!     (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(付記)
脚本チームの一人、マシュー・ロビンスは、S・スピルバーグの実質監督デビュー作「続・激突!カージャック」(74)、の原案・脚本を担当し、スピルバーグ製作総指揮の「ニューヨーク東8番街の奇跡」(87)では監督を勤めている。

スピルバーグと縁浅からぬマシュー・ロビンスが加わっているというのも面白い。そう言えば「ニューヨーク東8番街の奇跡」は、老人夫婦の家にある夜奇跡が訪れる、楽しいSFファンタジーの快作でしたな。

|

« 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド」 »

コメント

この映画の魅力、そして醍醐味を
すべてまとめていただき、
Keiさんにはもう感謝です。
あの感動が再び脳裏に蘇ってきました。
そう、
>“この映画には、エンタティンメントとしての要素がすべて詰まっている”

投稿: えい | 2010年5月 9日 (日) 23:06

◆えいさん
コメントありがとうございます。
今年最高に興奮・感動した作品です。
書いている途中でも、思い出して涙が…。

私も、もう一度見たくなりました。

投稿: Kei(管理人) | 2010年5月11日 (火) 01:10

2回観ちゃいました。
ラスト12分の演奏をもう一回聴きたくて。。
意外にも、2回目感動倍増!でした。
思わず、拍手してしまいました。

投稿: omiko | 2010年5月11日 (火) 12:34

実は、初日に行って、
翌週「プレシャス」観ようと思って来たのに、
ふらふら~と、2度目の「オーケストラ!」を観賞してしまいました♪

私も、本年度ベスト1決定?!でございます。

ロードショー終了間際に、3回目行っちゃうかも??

投稿: omiko | 2010年5月11日 (火) 20:03

◆omikoさん お久しぶりです。
そうですか。2回目の方が感動倍増でしたか。
確かに、ストーリー分かってても、
あのラストの12分間は、何度見ても泣けるでしょうね。
全員が力を合わせて、1つの事を成し遂げる…
それ自体が、素晴らしい事なのですから。
言わば、指揮者のタクトに合わせて、メンバーが一糸乱れず、シンフォニーを演奏し、それに聴衆が感動する事の素晴らしさと、二重の意味を持たせていると言えるのかも知れませんね。
見る度に、また新しい発見があり、その度に、より感動を倍加する…
これはそんなタイプの映画であると言えるでしょう。

投稿: Kei(管理人) | 2010年5月13日 (木) 00:59

何回観ているかわかりません・・・。﹏°`);
それほど感動した、それくらい価値のある映画だと思います。
この映画を淀川長治さんが観ていらしたら、なんと解説しただろうか?そんなこと思ってしまいました。

投稿: appe | 2014年11月25日 (火) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/48317004

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーケストラ!」:

» 【フランス映画祭2010】『オーケストラ!』(20... [NiceOne!!]
原題:LECONCERT監督:ラデュ・ミヘイレアニュ出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン鑑賞劇場 : TOHOシネマズ六本木ヒルズ映画『オーケストラ!... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 22:51

» オーケストラ! [象のロケット]
かつてロシア・ボリショイ交響楽団で天才指揮者と呼ばれたアンドレは、その座を追われ今や劇場清掃員。 清掃中に、パリ・シャトレ劇場からの出演依頼FAXを目にしたアンドレは、とんでもないことを思いつく。 それは、彼と同じく落ちぶれてしまった昔の仲間たちを集め偽の楽団を結成し、ボリショイ交響楽団になりすまして出演するというものだった…。 音楽ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 23:35

» オーケストラ!/ Le Concert [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click パリでオープニングNo1を記録し大ヒットした話題作{/onpu/} 日本でも先月のフランス映画祭で高評を得た。 タラの「イングロリアス・バスターズ」に主演していたメラニー・ロラン出演。 音楽もの(クラッシックも)好きなので、たまたま劇場で観た予告編で知って気になってた作品。 数日前に観たんだけど、既に日本でも観た方達が... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 23:59

» オーケストラ! [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
落ちぶれた元楽団員のリベンジの物語は、笑いと涙の感動作だ。かつて一流オーケストラ・ボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレイは、ある事件が原因でキャリアの絶頂期に職を追われ、今はやむなく清掃員として劇場で働いていた。ある日、出演できなくなったオーケス....... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 00:01

» オーケストラ! [LOVE Cinemas 調布]
30年前、天才指揮者としてオーケストラの指揮を執っていた男がいた。彼はかつての仲間を集めパリで公演を開催しようと奮闘する。一体彼の目的は何なのか?かつての栄光を取り戻すため?それとも…。主演はアレクセイ・グシュコフ、共演に『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『トランスポーター』シリーズのフランソワ・ベルレアンらが出演している。監督は『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 01:34

» オーケストラ!(2009)LE CONCERT [銅版画制作の日々]
 さあ、人生を奏でよう。 5月1日、最終上映での鑑賞となりました。この手の作品なら、ミニシアター系なのですが、シネコン上映なんですね。キャストで知っているのは、メラニー・ロラン、フランソア・ベルレアンくらいかしら、、、、。ミュウ=ミュウは知っていましたが、彼女の出演作品は初めてです。 いやあ何が凄いって、やはりラストの演奏シーンですね。クラッシックに馴染みがない私でもこのシーンは圧倒されました。実はピアノをやっていた時期があるのですが、、、、。あまり上達することもなく辞めちゃいました。クラッシッ... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 09:48

» オーケストラ! [だらだら無気力ブログ]
かつて名門オーケストラの天才指揮者だった劇場清掃員が、ひょんなことから 名門楽団に代わって自分が昔の楽団員をかき集めてコンサートを行おうとして 奮闘する様をユーモアたっぷりに描いた音楽ドラマ。 監督は『約束の旅路』のラデュ・ミヘイレアニュで、主演はロシアの..... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 21:43

» [映画][2010年]オーケストラ!(ラデュ・ミヘイレアニュ) [タニプロダクション]
渋谷 BUNKAMURA ル・シネマ LE CONCERT フランス映画 監督・脚本:ラデュ・ミヘイレアニュ 出演:アレイクセイ・グシュコヴ メラニー・ロラン ミュウ=ミュウ他 撮影監督:ローラン・ダイアン 音楽:アルマン・アマール 製作:アラン・アタル http://orchestra.gaga.ne.j... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 00:26

» 『オーケストラ!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「オーケストラ!」□監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ □キャスト アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 突然の巡り合いと奇跡の演奏は偶然と必然が関わり合うものだ。 この映画の感動は当たり前だがラストシーンに集約される。 そのこと自体が決して良いことではないけれど、誰一人として傷つけるわけではない... [続きを読む]

受信: 2010年5月17日 (月) 08:25

» 「オーケストラ!」 LE CONCERT [俺の明日はどっちだ]
・ すべては最後の12分22秒のラストシーンへ 何にも予備知識なしで出かけていったこともあって観る前はもう少し格調高い映画なのではと勝手に思い込んでいたけれど、ところがどっこい良くも悪しくもいろんな意味でカラフルな映画で、正直言って前半のコメディ的な展開にはかなり戸惑ってしまったものの、終盤に向けて俄然盛り上がり、終わってみれば思っていた以上の感動が押し寄せ思わずウルウル。 ストーリーそのものは、ユダヤ人の排斥が強行されたブレジネフ政権下、それに反旗を翻したことで楽団を解雇された指揮者がひょ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 17:48

» オーケストラ! [映画的・絵画的・音楽的]
 『オーケストラ!』を渋谷のル・シネマで見てきました。  この映画は連日大入りで、ル・シネマで別の映画を見た時でも、ロビーはこちらを見ようとする人で溢れ返っていました。我々が行った時も、公開されてからかなりの日が経過していますが、ほぼ満席でした。たぶん、PRというよりも口コミなどで、この映画の良さが浸透しているからでしょう!  さて、この映画は決してミステリー作品ではなく、どこまでもファンタジックなお話なのですが、映画の最後に至ってはじめて重要な真相が明らかとなります。ですから、その評価に当たっ... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 05:49

» 映画「オーケストラ!」ラストまでちょっと我慢、素晴らしい瞬間を待て。 [soramove]
「オーケストラ!」★★★★ アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演 ラデュ・ミヘイレアニュ監督、124分、2010年4月17日、2009,フランス,ギャガ (原題:LE CONCERT )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「かつて天才指揮者と呼ばれたアンドレは、 今は劇場清掃員をしている、 当局に抵抗したため、指揮棒を折られ没落したのだ、 そんな彼が... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 07:51

» [映画『オーケストラ!』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆素晴らしい映画だった。  クライマックスでは、悲しみでなく、その、個々の人生が経た映像の密度の濃さで泣けてしまった。  30年前、ソ連はブレジネフ政権下の民族・文化弾圧で、名門楽団の指揮者の地位を追われた主人公アンドレ・・・、今は楽団の用務員をしているが、音楽への渇望は強い。  支配人の部屋を掃除していると、パリの有名な劇場からのオファーのFAXが届く。  アンドレは、そのFAXを懐にしのばせ、30年前に解散の憂き目にあったオーケストラチームを再結集し、パリに乗り込むのだった・・・。  ... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 20:12

» ■映画『オーケストラ!』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ストーリーは荒いし、描写は大味だし、演技はフランス映画っぽく大げさだし…、でも、ラストには何故か感動して涙してしまう映画『オーケストラ!』。 なんというか、“音楽の力”というものを実感しました。 クラシックにはまったく明るくない私ですが、最後のコンサートでの... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 02:51

» 映画:オーケストラ! [よしなしごと]
 相変わらず仕事が忙しく残業、残業。そして人事と管理課に目をつけられ・・・。そんなわけで映画も見る時間もなく、見ても記事にする時間もなく・・・。もう3週間くらい前に観た映画ですが、今回の記事はオーケストラ!です。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 07:35

» オーケストラ! [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
オーケストラ!'09:フランス◆原題:LE CONCERT◆監督:ラデュ・ミヘイレアニュ◆出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン◆STORY◆かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 13:04

» mini review 10503「オーケストラ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
かつては一流オーケストラの天才指揮者だった中年清掃員が、急きょ出演できなくなった楽団の代わりに、昔の楽団仲間を集めてコンサートに出場しようと奮闘する感動作。寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡を、『...... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 15:42

» 【映画】オーケストラ! [★紅茶屋ロンド★]
<オーケストラ! を観ました> 原題:Le Concert 製作:2009年フランス ←クリックしてね♪ランキング参加中 音楽は素晴らしい。 音楽は人の心を動かす力がある。 当たり前の事なんだけど、改めてこの作品でそれを認識したような気がします。 1980年、ロシアのボリジョイ交響楽団からユダヤ人が連行され、それに反対した天才指揮者のアンドレイも劇団を解雇。 いつしか復職することを願い、30年間も劇場の清掃員として働いていた、そんなある日。 パリのシャトレ座からボリジョイに出演依頼のフ... [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 22:00

» 『オーケストラ!』'09・仏 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
大いなる嘘を楽しむか?否か? もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 08:23

» オーケストラ! [のほほん便り]
コメディのツボや、お国事情もあいまって、分かりにくい部分も少なからずありましたが(あるいは、知ってると、もっと笑えたり感動できる?)ラストは本当に圧巻で、ブラボー!でした。 コミカル・音楽・痛快劇かな? さすがに、寄せ集めの、すちゃらか団員達。「んなアホな!」要素や、お茶目さがツーマッチだったり、突っ込みどころは満載ですが、 映画的・引力は抜群で、パリでヒットした、という噂に、なるほど!と思いました。 バイオリン・ソリストの彼女も美しくてヨカッタです。 最後に解明される諸々... [続きを読む]

受信: 2016年6月 1日 (水) 13:51

« 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 | トップページ | 「アリス・イン・ワンダーランド」 »