« 「ファンボーイズ」 (DVD) | トップページ | 「トイ・ストーリー3」と「借りぐらしのアリエッティ」から見えて来るもの »

2010年7月18日 (日)

「必死剣 鳥刺し」

Hisshiken2010年・日本/東映配給
監督:平山秀幸
原作:藤沢周平
脚本:伊藤秀裕、江良至

藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」「しゃべれども、しゃべれども」の平山秀幸。

天心独名流の剣の達人・兼見三左エ門(豊川悦司)は、海坂藩の藩政に口を出し、良からぬ影響を与える藩主の妾・連子(関めぐみ)を城内で殺める。しかし処分は何故か軽いもので、1年の閉門後には近習頭取として役職に復帰、藩主の傍に仕えることになった。そんなある日、三左エ門にある藩命が下った。…

いやあ、久しぶりに、大乱闘チャンバラ映画が登場した。こんな熱いチャンバラ映画を新作で観るのは何年ぶりだろうか(もっとも、今年後半には「十三人の刺客」が待機しているが)。
それだけでも、チャンバラ映画ファンの私には点数が甘くなる。

単に決闘シーンがあるだけではない。私が好きなのは、“封建的なサムライ社会の中で、本人は武士道の道を正しく歩んでいるのに、理不尽な仕打ちや行き違いから、最後はたった一人で多数を相手に斬りまくる”というパターンの作品である。

そのパターンの嚆矢は古く、1925年の阪東妻三郎主演の無声映画「雄呂血」にまで溯る。まさに上記のパターンそのままで、ラストに延々と続く大乱闘には圧倒された。

その後の、このパターンの代表的な秀作を列挙すると、市川雷蔵主演「薄桜記」(昭和34年・森一生監督)、橋本忍脚本・仲代達矢主演「切腹」(同37年・小林正樹監督)、これも橋本忍脚本・中村錦之助主演「仇討」(同39年・今井正監督)、リメイク…というよりインスパイア版、雷蔵主演「大殺陣・雄呂血」(同41年・田中徳三監督)…といった辺りが思いつくが、よく見ればほとんどが昭和30年代の作品。時代劇が全盛を誇った時代ならではと言える。

その後も時代劇は作られてはいるが、また最近になって、藤沢周平原作ものが多く作られては来たが、上記に挙げたような、1対多数のクライマックスがあり、また主人公が壮絶な死に様を見せる映画はほとんどなかったように思う。

そういう意味でも、本作は久方ぶりに登場した、前記のような本格大チャンバラ映画の系譜に連なる力作であると言えよう。

 
(以下、ネタバレあり)
主人公、三左エ門が藩主の愛妾を殺したのは、妻が病死し、子もなく、生きる意欲を失った為、言わば“死に場所”を求めての行動であったと思われる。当然、よくて切腹、悪ければ打ち首、を覚悟の上だろう。

だが、何故か死罪にならず、彼は心ならずも生かされる事となる。

長い蟄居生活の中で、三左エ門は、ただ木を削って、木彫りの鳥を作る以外に何もしない。
死ぬ、と決めていた彼は、もはや心は死んだようである。

その三左エ門が、近習頭取として役職に復帰後、中老・津田の命を受け、死ぬかも知れない闘いの覚悟を決めた時、彼の身の回りの世話をしていた里尾の、密かに思う彼への恋心を知って、心が揺らぐ。

皮肉にも、“今度こそ死ねるかも知れない”と思った時に、里尾の思いを知って、生きる意欲が湧いて来るのである。
彼がその夜、里尾を抱いた、という事は、生への希求の現れなのだろう。万一死んでも、新しい命が里尾の中に宿る。

事実、里尾はその後、三左エ門の子を産むのである。

この映画は、三左エ門という侍の“死から生、そして死”の軌跡を通して、“サムライの生き様とは、死ぬという事とは”というテーマに迫った作品、と見る事も出来る。

剣の達人である彼の取っておきの技が“必死剣”という、“半ば死んでいる状態の時しか使えない剣”であるというのが象徴的である。

ラストの立ち回りは凄い迫力。名殺陣師、久世浩の殺陣は映画全盛期を彷彿とさせる。平山監督の演出も、正攻法で風格があり、見応え十分。

ストイックに、寡黙に生きる三左エ門を演じた豊川悦司はさすがの巧演。藩主を倒す執念に取り付かれた帯屋隼人正を演じた吉川晃司、狡猾なマキャベリストを演じた岸部一徳、いずれも見事な快演。

岸部一徳の、“キレ者だが、やや危ない男を自分の懐(ふところ)刀として巧妙に利用する策略家”、という役柄、岸部のハマリ役、「相棒」の小野田官房長とキャラクターがそっくりである。そう思えば、三左エ門の与えられた仕事はまさに“特命”だ(笑)。

 
…と、映画そのものには満足しつつも、ややしっくり行かなかった点をいくつか。

別家・帯屋隼人正の作品における立ち位置がやや曖昧。百姓一揆に理解を示し、藩主に政道の誤りを直言する隼人正は、志としては一番正義感が強い。つまりは三左エ門に同志的親近感を抱いていると思えるのだが、そうした感情がいま一つ映画からは見えない。

原作では隼人正は、権力欲が強い、藩主の政敵のように扱われていて、正義感から藩主を倒そうとしているのではない。
映画のような描き方では、同じようにバカ殿を抹殺しようとする侍たちを描いた「十三人の刺客」(1963)で言うなら、隼人正の方が同作の主人公で刺客のリーダー・島田新左衛門(片岡千恵蔵)、そして三左エ門の方がバカ殿を命をかけて守る鬼頭半兵衛(内田良平)、のように見えてしまう。これでは観客は三左エ門に感情移入しにくい。

大立ち回りで、取り巻く侍たちを斬りまくるのもちょっと違和感。悪人であるなら何人殺しても爽快だが、彼らは三左エ門の同僚であり、かつ、ただ命令で動いているだけで悪人ではなく、彼らにも守るべき家族がいるはずである。殺すのは可哀相ではないか。
これも原作では、それほど殺しまくっている印象はない。

チャンバラ・エンタティンメントとしての要素は膨らんだが、その分、三左エ門に殺される側の心情が無視されてしまった気がするのはやや残念。
しかし、本年を代表する時代劇の秀作である事は間違いない。時代劇ファンは必見であろう。     (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(で、お楽しみはココからだ)

以前、藤沢作品「武士の一分」を書いた時に、市川雷蔵主演作品との類似性を考察したのだが、本作にもいくつか、雷蔵作品を思わせるシーンを見つける事が出来る。

Kiru1 まず、市川雷蔵の代表的傑作「斬る」(1962)。この作品の冒頭で、一人の女(藤村志保)が、殿の愛妾を刺殺するという、本作の冒頭とそっくりなシーンが登場する。

この女性は、主人公(雷蔵)の母であり、処刑送りから逃れている間に、彼女を助けた侍の子(主人公)を身ごもる。―なにやら三左エ門と里尾の関係を逆転したような成り行きである。

雷蔵が、必殺技の剣を会得しており、重鎮の身辺警護をまかされる、という、これまた本作も含めた一連の藤沢作品とよく似たシチュエーションとなるのは前掲批評でも述べた通り。

Kenki そして、これも雷蔵の代表的傑作「剣鬼」(65)では、主人公はやはり剣の腕を見込まれ、城代家老より対立派の侍を斬る役目を与えられる。しかもこの作品では、藩主が傍若無人に振る舞う為、反主流派の侍たちが新藩主を迎え入れようとする、というお家騒動が起き、最後に主人公は斬った侍たちの遺族の恨みを買い、多数の侍に囲まれ無残に斬られる、と、本作と似た構成を持っている。おまけに、藩の名前が“海野藩”と、藩名まで似ている(笑)。
主人公が、ストイックで寡黙で、普段は静かに花作りをしている、という性格までなんとなく似ている。

Hakuouki もう1本、上記でも紹介した雷蔵の代表的傑作「薄桜記」(59)のラストで、主人公は大勢の侍に取り巻かれ、たった一人で闘うも、遂に最後は無残に斬り刻まれ、死んで行く。闘いは雪の降りしきる中で行われるが、本作における雨の中での乱闘は、このシーンにインスパイアされたのかも知れない(原作では天候は雨とも何とも描かれていない)。

ちなみに、「斬る」も「剣鬼」も、どちらも原作は柴田錬三郎である(雷蔵の当り役「眠狂四郎」の原作者でもある)。

藤沢周平さんは、ひょっとしたら、市川雷蔵映画の密かなファンであったのかも知れない。

 
上記3作は、私が雷蔵の侍もの・ベスト3と確信している傑作である。映画ファンなら、是非ご覧になる事をお奨めしたい。

|

« 「ファンボーイズ」 (DVD) | トップページ | 「トイ・ストーリー3」と「借りぐらしのアリエッティ」から見えて来るもの »

コメント

これは言おうか言うまいか悩みましたが、たまには映画に対して厳しい発言も。

「これまで数々の傑作を生み出しておきながら、名俳優がライフワークとしていた傑作シリーズを、しょんぼりな”THE LAST”にしてしまった某監督と同製作陣は、同じ時代劇であるこの平山監督の力作を観て猛省してほしい!」

なーんてね(笑)。

なんか今年時代劇多いみたいですが、今後の時代劇にもこれぐらい気合い入れたのを作っておいていてほしいです。

投稿: タニプロ | 2010年7月20日 (火) 02:32

7/17にロケが行なわれた庄内地方を筆頭に
山形県内の映画館を豊川悦司さん、池脇千鶴さんが
舞台挨拶に巡りました。
本物はカッコ良いし、めんこいし目の保養でした。
以前から書込んだように山形県庄内地方ロケ作品が
今年は連続で公開されており、本作で3作目。
「花のあと」「座頭市THE LAST」を経て
嬉しい評価となりました。次回は庄内映画村で
大々的にロケされた「十三人の刺客」です!

投稿: ぱたた | 2010年7月21日 (水) 19:06

◆タニプロさん
同じ、庄内映画村で撮影された作品なのに、この違いはどういう事なのでしょうねぇ。
まあ、題名にアルファベットが入った時点で駄作になる予感はしましたが(笑)。
(アルファベットの付いた時代劇はことごとくワースト作品になってますね)


◆ぱたたさん
そういう点では、「十三人の刺客」には大いに期待出来るでしょうね。
ただ、ポスター見ると、真ん中に大きく数字の“13”が…(笑)
アルファベットじゃないけど、余計なもん入れない方が…
駄作にならない事を祈りましょう。

投稿: Kei(管理人) | 2010年7月22日 (木) 00:48

平山秀幸監督のもうひとつの新作「信さん 炭坑町のセレナーデ」の全国ロードショーが11月27日に決定したようです。

http://blog.shinsan-movies.com/?day=20100816

投稿: タニプロ | 2010年8月16日 (月) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/48907149

この記事へのトラックバック一覧です: 「必死剣 鳥刺し」:

» 「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる [はらやんの映画徒然草]
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説 [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 17:28

» 「必死剣鳥刺し」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 19:35

» 『必死剣鳥刺し』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「必死剣鳥刺し」とは、究極の、さらに究極の剣。 それはたった一度しか使うことの出来ない秘剣・・・。   一連の藤沢周平作品である「隠し剣」シリーズ。 今回は... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 21:59

» 『必死剣 鳥刺し』 [ラムの大通り]
----また藤沢周平? ほんと人気だね。 「うん。でも、その理由は分かる気もするな。 原作こそ読んでいないけれど、 『たそがれ清兵衛』に始まり、 最近の『花のあと』に至るまで、映画化された作品を観る限り、 そこに貫かれていているのは“ある運命”。 それもその多くは権力者によって弄ばれることが多い。 つまりは、 自分の人生を自分で決めることができない。 そのことへの静かな怒り。 我慢に我慢を重ね、 やがてそれが沸点に達し爆発を見せるんだ。 今回のこの映画にしてもそう。 『隠し剣 鬼の爪』も映画化された... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 22:59

» 必死剣 鳥刺し [LOVE Cinemas 調布]
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が揃って出演している。監督は『しゃべれども しゃべれども』の平山秀之。豊川悦司の迫力の殺陣に注目したい。... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 00:03

» 必死剣 鳥刺し [だらだら無気力ブログ]
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども しゃ..... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 00:52

» 「必死剣 鳥刺し」 [俺の明日はどっちだ]
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と通じる下級武士の悲哀を描くストーリーそのものは、まさに藤沢ワールド全開。 主人公が死を覚悟した上で義憤に駆られ起こす刃傷沙汰からはじまるオープニングシーンのあと、物語は静かにゆったりと流れていく。 そしてその後、庄内地方の美しい四季の移り変わり... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 12:12

» 必死剣 鳥刺し [シネマ大好き]
海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、能の見物のあと、藩主・右京太夫(村上淳)の側室・連子(関めぐみ)を衆目のなかで刺し殺す。斬首を覚悟していた彼に下った判決は、意外にも、役を解いた上の一年の閉門だった。妻を失くしていた彼は、妻の姪の里尾(池脇千鶴)..... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 21:42

» [映画][2010年][名場面]必死剣 鳥刺し(平山秀幸) [タニプロダクション]
ユナイテッドシネマ としまえん 必死剣 鳥刺し 日本映画 監督:平山秀幸 脚本・製作:伊藤秀裕 脚本:江良至 出演:豊川悦司 池脇千鶴 吉川晃司 村上淳 関めぐみ 戸田菜穂 小日向文世 岸辺一徳他 撮影:石井浩一 音楽:EDISON プロデューサー:江原信也 配... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 02:06

» 必死剣鳥刺し [象のロケット]
東北、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門は、三年前、死を覚悟して失政の元凶である藩主の愛妾を城中で刺殺。 が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになった。 ある日、中老・津田民部から思わぬ秘命が下る。 彼を天心独名流の剣豪だと知っての相談であり、「鳥刺し」という必勝技を「お上のために役立てろ」というものであった…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 18:14

» 「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここが百人町のアパートだ。 {/hiyo_en2/}百人町?おもしろい地名ね。 {/kaeru_en4/}このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。 {/hiyo_en2/}海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなかったかもしれないのにね。 {/kaeru_en4/}海坂藩?「緒形拳 馬刺し」の話か。 {/hiyo_en2/}違う、違う。「必死剣 鳥刺し」のこと。緒形拳なんて、死んじゃったし・・・。 {/kae... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 21:32

» 必死剣鳥刺し [映画的・絵画的・音楽的]
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出されると、もうこの映画の世界から逃れられなくなってしまいます。  といっても、そこからラスト近くまでは、実に淡々とした物静かな映像が続きます。海坂藩があるとされる山形県の四季折々の景色に囲まれながら、閉門を命じられ蔵の中で蟄居する三左エ門の様子、そ... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 07:23

» 必死剣 鳥刺し [WEBLOG:e97h0017]
「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さなければならなかったのか... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 14:30

» 必死剣 鳥刺し [to Heart]
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 08:22

» 『必死剣 鳥刺し』の作法とは? [映画のブログ]
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 21:20

» 「必死剣 鳥刺し」 (2010年 東映) [事務職員へのこの1冊]
 鶴岡まちなかキネマで鑑賞。前売り券はずいぶん前に購入済み。なにしろ羽黒支所の人 [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 20:56

» 『必死剣鳥刺し』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。寛大な処分の後、再び藩主に仕えることになり・・・。解説『隠し剣鬼の爪』と同じく藤沢周平の... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 09:49

» 『必死剣鳥刺し』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 09:51

« 「ファンボーイズ」 (DVD) | トップページ | 「トイ・ストーリー3」と「借りぐらしのアリエッティ」から見えて来るもの »