« 「ダブル・ミッション」 | トップページ | 「ファンボーイズ」 (DVD) »

2010年7月 8日 (木)

「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

Hangover 2009年・米/ワーナー・ブラザース
原題:The Hangover
監督:トッド・フィリップス
原案:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア
脚本:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア、トッド・フィリップス、ジェレミー・ガレリック

アメリカ本国では大ヒットし、第67回ゴールデングローブ賞のコメディ・ミュージカル部門作品賞を受賞した話題作でありながら、コメディがヒットしにくい我が国興行事情、加えて配役が地味である為、一時はDVDスルーになりかけた。
だが、一部の熱狂的なファンが署名活動を展開し、雑誌「映画秘宝」の2009年度ベストテンでも、未公開でありながらベスト17位にランクインするなど、徐々に人気が高まり、めでたく劇場公開にこぎ付けた。

…と聞くと、以前紹介した「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」とまったく同じケース。こういうのは好きだから、喜んで観に行った。

いやー、楽しい、面白い!大笑いしつつも、どこかシニカルで、身につまされ、考えさせられ、かついろんなジャンルともクロスオーバーする、一筋縄では行かない奥の深さも持った、アメリカン・コメディの快作だ。

お話は、サブタイトルそのまんま。結婚式を2日後に控えた花ムコの悪友たちが計画した、バチェラー・パーティー(独身サヨナラパーティー)でハメをはずし過ぎ、翌朝目覚めてみれば、酷い二日酔いで全員前夜の記憶はなく、花ムコは消え、部屋には何故か赤ん坊と、トラ!がいる、という、まるでフランツ・カフカの「変身」か、島田荘司のミステリー「眩暈」を思わせる不条理ドラマが展開する。
さらには乗って来たベンツはパトカーと入れ替わり、いきなり現れたマイク・タイソン(本人)にはぶん殴られ、おかしな中国人からは脅迫される…とお話はどんどん混乱して行く。

―といった具合に、これはただのおバカなコメディではない。島田荘司を例に挙げたが、本作は、まず、不可思議で先の予測がつかない謎がいくつも提起され、残った3人の男たちがわずかの手掛かりを元に、消えた花ムコの行方を追いつつ、謎を解明して行くサスペンス・ミステリーの要素を持っている。

さらに、翌日の結婚式までに、花ムコを探し出し、式場に駆けつけなければならない、というタイムリミット・サスペンスの要素もある。

脚本が実によく出来ている。いくつのも謎にはすべて理由があり、それらがラストに近付くにつれ、見事に解明されて行く。

これ以上はネタバレになるので書けない。とにかく観て欲しい。1つだけ注意。エンドロールもお見逃しなく。ここに、すべての解答が明示され、かつ大笑いさせられる。見事なオチである。

 
私にも、酒を飲み過ぎて、前夜の記憶がまったくないという経験がある。友人の中にも、宴会でとんでもない醜態を晒して、でも翌朝になると、まったく覚えていない、という者が実際にいる。

本作の場合は更に[ドラッグ]がからんでいるから余計さもありなん、と思わされる。

つまり、現実に我々自身の身にも起こりうるかも知れない、というリアリティがあるから、観ている間は大笑いしつつも、観終わった後も、単に「あー面白かった」だけでは終わらない、ちょっぴり考えさせられる作品でもある。そこがこの作品の奥の深さなのである。

ハチャメチャな抱腹絶倒コメディ、不条理サスペンス、謎解きミステリー、酒のコワさ、…そうした、複合的な要素を縦横に交差させ、違和感なくまとめた脚本の見事さには唸りたくなる。見事!

役者は、久方ぶりのヘザー・グラハム以外はまったく無名だが、それぞれに個性的で将来が楽しみ。特にデブっちょのザック・ガリフィアナキス(覚えにくい名前だ)はチェックしておく必要があるだろう。

よくぞ公開してくれた、と褒めたい所だが、配給会社(ワーナー・ブラザース)も、署名運動なんかなくても、面白さをいち早く見極めて、絶対当ててみせる、くらいの意気込みで売るべきではないか。熱烈ファンに尻押しされてるようでは情けない。苦言を呈したい。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ダブル・ミッション」 | トップページ | 「ファンボーイズ」 (DVD) »

コメント

Keiさん、こんにちは。
>配給会社も、署名運動なんかなくても、面白さをいち早く見極めて、絶対当ててみせる、くらいの意気込みで売るべきではないか。
あはは!おっしゃる通りです。
よくぞ言ってくれました。

>謎を解明して行くサスペンス・ミステリーの要素
最初はおバカコメデイ?と思っていたら、あらら、こりゃちょっと違うぞ、と。よく出来た作品でした。

投稿: ナンシー☆チロ | 2010年8月11日 (水) 22:50

◆ナンシー☆チロさん
>あはは!おっしゃる通りです。
て言うか、こんな面白い映画、売らなくて配給会社が勤まるか、と言いたいですね。

それにしても、署名運動を開始した方、多分輸入DVDかなんかで見つけたのか、あちらの友人から情報を得たのか、そのアンテナ嗅覚の鋭さには敬服しますね。

投稿: Kei(管理人) | 2010年8月23日 (月) 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/48830966

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」:

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [LOVE Cinemas 調布]
主演俳優の知名度が足りず日本ではDVDスルーになる予定だったが、ファンの熱心な後押しもあり劇場公開が決定したというコメディ映画だ。出演は『ニューヨーク、アイラブユー』のブラッドリー・クーパーとジャスティン・バーサ、『ナイト ミュージアム2』のエド・ヘルムズ、『ベガスの恋に勝つルール』のザック・ガリフィナーキス。他にマイク・タイソンや監督のトッド・フィリップスもカメオ出演している。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 01:07

» 映画「ハングオーバー!消えた花ムコと史上... [masalaの辛口映画館]
 客入りは満席、試写会の主権は報知新聞さんだ。    映画の話 2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガス... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 13:11

» 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 [ラムの大通り]
(原題:The Hangover) ----ニャんとも、ふざけたタイトルだニャあ。 「だよね。 でも、これでも昨年度の全米興行収入ランキング第6位。 しかもゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門で 作品賞を受賞しているんだ」 ----どんなところが受けたの? 「そうだね。 一つは、そのミステリアスな語り口かな。 この映画は、そのタイトルどおり、 “消えた花ムコ”の謎が物語を牽引していくんだ。 冒頭、結婚式場で花ムコを待つ新妻。 そこへフィル(ブラッドリー・クーパー)から電話が入る。 『... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 22:08

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [象のロケット]
結婚式を2日後に控えた新郎ダグは、悪友のフィル、スチュ、義理の弟アランと共にラスベガスへ。 目的は男だけの婚前夜祭<バチェラーパーティ>。 高級ホテルのスイートで酒を浴びてのバカ騒ぎ。 だが翌朝、ダグの姿は消え、代わりにいたのは一頭の虎と謎の赤ん坊! 昨夜の記憶が全くない男たちは、結婚式までに何とか花婿を探そうとするのだが…。 ウエディング・コメディ。 R-15... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 23:25

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [Movies 1-800]
The Hangover (2009年) 監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス ラスベガスでのバチェラー・パーティの翌日、前夜の記憶が全くない3人組が、消えた花婿を探すべく、街中を奔走するコメディ。 2009年の全米で2億7千万ドルを超える大ヒット作ながらも、日本では一旦DVDスルーが決定していたが、ゴールデン・グローブ賞受賞を受けて一転、公開の運びとなった曰く作。 とんでもない結果を先に見せ、わずかな手がかりを元に、何があったのか... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 00:47

» 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」奇跡の日本公開! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 “全米コメディ映画史上歴代興収No.1!”「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(ワーナー・ブラザース)。ハリウッド発のコメディ映画は、日本でなかなか当たりませんが、果たしてコレはどうでしょう?  結婚式を2日後に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、婚約者の父から高級なベンツを借り、親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)そして婚約者の弟・アラン(ザック・ガリフィアナキス)と共に“独身最後の夜=結婚前夜祭”の為に、一路ラスベガスへ。高級ホテル... [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 23:07

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [だらだら無気力ブログ]
製作費が約3500万ドルというメジャー系の平均製作費の半分以下で制作され、 スター俳優が出演していないのにも関わらず、公開後、北米でアメリカ歴代 コメディー映画史上最高の興収を叩き出したコメディ映画。 しかし日本での公開が未定だったが、評判を伝え聞いたファンの..... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 23:08

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [活動写真放浪家人生]
 <シネ・リーブル博多駅>  博多3日目。チェックアウトは11時。朝食バイキングも和食、洋食とも種類 [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 02:07

» ハングオーバー [映画的・絵画的・音楽的]
 予告編から大層面白そうな映画だなと思ったので、『ハングオ−バー/消えた花ムコと史上最悪の二日酔い-』をシネセゾン渋谷で見てきました。 (1)ストーリー自体は、いたって他愛ないものです。  ダグと称する男性が、ロサンジェルスでの結婚式を2日後に控えて、友人3人と独身時代の最後を過ごすべく、義理の父親のベンツに乗ってラスベガスに繰り出します。ただ、ホテルでのパーティーでクスリの混じった酒を飲んだため、3人は翌朝目が覚めると酷い二日酔い。前夜の記憶は、皆の頭から一切失われています(なんと花婿ダグは行方... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 05:54

» 【映画】ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [★紅茶屋ロンド★]
<ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い を観て来ました> 原題:The Hangover 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 公開中は忙しくて!観に行けなかったんだけど目黒シネマで公開することになって、ウキウキと観て来ました!やっぱり「観たい!!」と触覚が動いた作品は映画館で観たいもんね♪ 映画の日だったこの日は、金曜の夜最後の上映。(目黒シネマは映画の日関係ないけど)メグシネには珍しく7割弱の入りで、しかも殆どが女性!! ブラッドリー・クーパー目当てか... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 21:20

» ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (The Hangover) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 トッド・フィリップス 主演 ブラッドリー・クーパー 2009年 アメリカ映画 100分 コメディ 採点★★★★ 常に脳が酩酊状態にあるのか、感情の起伏が思ってる以上に少ないのか、お酒をいくら飲んでも基本的に何も変わらない私。多少お喋りになったり、下半身の…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 12:38

» ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(映画/DVD Blu-ray) [映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評]
[ハングオーバー!] ブログ村キーワード昨日の記憶が、全くない!?ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(原題:The Hangover)満足度:★★★★オススメ度:★★★★☆製作 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 01:06

» 『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(映画)(2009)ー笑うしかない衝撃の連続、ザ・難治性コメディ [マンガデシネ]
 トッド・フィリップス監督、『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を観ましたよ。シリーズの一作目でございますね。イケメン役のブラッドレイ・クーパーは最 ... [続きを読む]

受信: 2014年4月30日 (水) 13:25

« 「ダブル・ミッション」 | トップページ | 「ファンボーイズ」 (DVD) »