« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「キャタピラー」 »

2010年8月15日 (日)

「ヒックとドラゴン」

Hickdragon2010年・米・ドリームワークス/配給:パラマウント
原題:How to Train Your Dragon
監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
原作:クレシッダ・コーウェル
脚本:ディーン・デュボア、クリス・サンダース、ウィリアム・デイヴィス

クレシッダ・コーウェルによる同名児童小説を、3Dアニメとして映画化したアドベンチャー・ファンタジー。監督は「リロ&スティッチ」のコンビ、ディーン・デュボア&クリス・サンダース。

 
印象としては、子供向けの気がしたので、あまり観る気が起きなかったのだが、別の観る予定だった作品(題名を言うと「告白」)が満員で入れなかったので(今だに凄い人気だ)、仕方なく他の作品の上映時間を見たら、丁度時間が空いてたのがこの作品。

「リロ&スティッチ」が平凡な出来だったので、全然期待していなかったのだが、観てびっくり、面白い!本年度公開のアニメとしては「トイ・ストーリー3」に次ぐ傑作であった。これは予想外の掘り出し物。…にしても、客が入ってない

お話としては、目新しいものではない。宿敵・ドラゴンと永年戦ってきたバイキングの村。ある日気の弱い少年が、傷を負ったドラゴンと出会い、親に隠れてコッソリそれをかくまい、仲良くなるが、やがてその事が知られてしまい…

…と、古くは「仔鹿物語」(1947)、わが「ドラえもん のび太の恐竜」(1980)、「E.T.」(1982)、最近では「ウォーター・ホース」(2007)と続く、“少年と、森で見つけた動物(-もしくは怪物)との交流と友情”ものの流れを汲む作品であり、特に“大人たちが捕獲しようとする怪物と、少年との友情”というパターンは、「E.T.」とよく似た構成である。
製作したのも、スピルバーグが設立したドリームワークスである点が興味深い。

しかし、本作で特筆すべきは、アクションのスケールの大きさである。

冒頭の、バイキング対ドラゴンの戦闘シーンからしてダイナミックで壮絶だし、特に炎の描写は実写並みの迫力。

(以下、ややネタバレあり)
少年ヒックが、やがて仲良くなったドラゴン、トゥースの背中に跨り、空中を飛翔するシーンのスピード感とダイナミズムは、J・キャメロン監督の「アバター」の飛翔シーンと比べても遜色ない。アニメである事を忘れるくらいである。

そして後半のクライマックス、巨大ドラゴンとの戦闘シーンは、小ドラゴンに跨った少年たちが空中を自在に飛び回り、遂に敵を倒すまでのアクション・シークェンスは、まさに「アバター」並みのスケール、スピード、アクション満載でワクワクさせてくれる。

それだけではない。物語としても奥行きは深い。

芯となるのは、気弱で、父親バイキングの期待を裏切り続けてきた少年が、トゥースとの交流を通じて、次第に勇気と行動力を持った逞しい若者へと成長して行く物語である。

その物語を縦軸として、横軸にあるのは、“敵対し、憎しみ合う、果てし無き不毛の戦いは止めて、理解と寛容の道を歩むべきではないか”という重要なテーマである。

ある意味では、世界各地で絶え間なく続く、民族間紛争、テロ・戦争への異議申立てと深読み出来なくもない。

アメリカ映画で、こうしたテーマを打ち出した作品が作られるのは珍しい。そもそも、イラク、アフガンと、世界の紛争に武力介入して来たのが他ならぬアメリカなのだから。
―だが昨年、同様のテーマを有したクリント・イーストウッド監督作品「グラン・トリノ」が作られたように、少しづつアメリカは変わっている気配を感じる。
あるいは、核廃絶方針を打ち出したオバマ大統領の登場と、どこかでリンクしているのかも知れない。

 
本作が、ディズニーやピクサー・アニメと一線を画しているのは、ラストのヒックの身体に起きる悲劇である。
子供向きアニメとしては、やや刺激が強過ぎる描写である。ここは多分製作会社内でも異論が起きた部分に違いない。

だが、あえて異論を撥ね退け、取り入れたであろうこの描写は、やはり正解だったと思う。

ヒックは、小ドラゴンたちとは融和出来たが、そのドラゴンたちもひれ伏す、強大な悪玉とは結局熾烈な戦闘を行い、遂に倒す事となる。
いくら、融和と寛容の精神を持とうとも、それが理想である事は分かっていても、それでも争いはなくならない。…これはシニカルであり、人間が永遠に抱えざるを得ない矛盾なのである。

敵を倒して万歳、で終わってしまっては、せっかく打ち出したテーマがぼやけてしまう事となる。

勇ましい戦いを肯定するのではなく、戦いの空しさを訴える、しかしそれでもヒックは戦わざるを得ない…、その相反する矛盾に向き合う為には、ヒックにも辛い代償を払って貰わなくてはならないのである。

考えれば、凄くテーマは奥が深いのである。

なぜ戦いはなくならないのか、なぜ人は憎み合うのか、寛容と調和は成立し得るのか、人間とは何と矛盾に満ちた生き物なのか…
そうした重いテーマを周到に配しつつも、映画としてはダイナミックなアクションを縦横に網羅し、かつ勇気、友情、男としての成長を存分に描いた、爽快なエンタティンメント作品に仕上がっている。

そういう点では、「アバター」や「トイ・ストーリー3」にも匹敵する力作と言っていいだろう。見事である。

テーマの奥深さを考えれば、むしろ大人にこそ観てもらいたい秀作であった。

私は3Dで観たのだが、3D効果も見事である。「アバター」といい、空中飛翔アクションは3D向きなのかも知れない。

 
残念なことに、興行的には大苦戦を強いられている。初登場8位とは寂しい。…もっとも、この夏は「トイ・ストーリー3」にジブリ・アニメと、2強がダントツの争いを展開しているので分が悪過ぎる。別の時期に公開すべきだったと思う。多くの人たちに観てもらいたいだけに、残念である(と言う私も危うく見逃す所だったが(苦笑))。

折しも今日は8月15日―終戦記念日である。あの戦争を思いながら、本作について考えるのも悪くはない。お奨め。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

|

« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「キャタピラー」 »

コメント

ヴェネチア映画祭で3D関連の賞をとったそうで、凱旋上映ってことでまた上映延長するみたいです。

ブログやTwitterで話題が広がったのが良かったんだとか。

投稿: タニプロ | 2010年9月18日 (土) 02:15

面白かった。
リロステコンビだから、ドラゴンも愛嬌がある。本当に映画館で見たかった!

投稿: ゆうき | 2014年1月15日 (水) 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/49151070

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒックとドラゴン」:

» ヒックとドラゴン [Akira's VOICE]
ケガの光明。奇跡の友情。   [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 15:41

» ヒックとドラゴン 3D日本語吹き替え版 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ドラゴンは人間と敵対する存在で、交流不可能な生物だ。3D映像を見ると、主人公の少年ヒックがドラゴンに乗って自由自在に空を飛ぶ迫力を味わえる。その醍醐味は映画館のスクリーンだけでしか味わえない。言葉が通じなくても共存する可能性の物語が感動を呼ぶ。... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 17:18

» 『ヒックとドラゴン』 [ラムの大通り]
(原題:How to Train Your Dragon) ----- 「今夜はワールドカップを見てるからフォーンが喋るように」だって。 う〜ん。どこから話しちゃおうかな。 まずは、この映画にフォーンがついていくことになった理由から。 それは監督が 『リロ&スティッチ』のクリス・サンダースだから。 えいが『リロ&スティッチ』を観たのは、 フォーンがまだこの家に来て間もないころ。 狂暴なスティッチがある夜、本を読んでしんみりしちゃう。 その姿がスティッチにダブったんだって。 で、これはフォーンはまっ... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 18:38

» ヒックとドラゴン [LOVE Cinemas 調布]
ドリームワークスが贈る3Dアニメ最新作。バイキングの少年とドラゴンの出会いと友情を描いたファンタジーアドベンチャーだ。監督は『リロ&ステッチ』のコンビ、ディーン・デュボアとクリス・サンダース。主人公ヒックの声に『魔法使いの弟子』のジェイ・バルシェルを起用したほか、その父親ストイックの声をジェラルド・バトラーが演じる。迫力あるドラゴンの飛行シーンに注目。... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 18:47

» ヒックとドラゴン (How to Train Your Dragon) [yanajun]
映画『ヒックとドラゴン』は、イギリスの作家、クレシッダ・コーウェルによる児童文学を基にして、ドリームワークスが製作した3Dアニメーションです。監督は『リロスティッチ』のディーン・デュボアとクリス・サンダースが務めています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 22:13

» ヒックとドラゴン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
敵同士が歩み寄って互いのことを理解する。言うは易し行うは難しのこの行動を、弱虫の主人公がやってのける、見事なファンタジー・アニメだ。現状に風穴をあけるのは、いつの時代も意外性である。遠い昔、バイキングとドラゴンは長きに渡って戦いを繰り返していた。バイキン....... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 23:36

» ヒックとドラゴン [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ヒックとドラゴン 制作:2010年・アメリカ 監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 出演:ジェイ・バルチェル(田谷隼)、ジェラルド・バトラー( 田中正彦)、アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)、クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし) あらすじ:以前より、バイキングとドラゴンとの戦いが続いているバーク島。ある日、平凡な少年、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースと偶然に出会う。本来なら敵同士であるヒックとトゥース。しかし、二人の距離は少しずつ縮まり、やがて誰にも知られないように友情... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 01:31

» ヒックとドラゴン [象のロケット]
遠い遠い昔。 バーク島のバイキングは長い間、天敵のドラゴンたちと戦いを繰り広げている。 戦士には不向きだと言われ鍛冶屋で修業させられている少年ヒックは、それでもいつか一人前のバイキングになることを夢見ていた。 ある日、ヒックはケガをしたドラゴンのトゥースを助け、村のみんなには内緒で友だちになるのだが…。 ファンタジー・アドベンチャー。 3Dアニメ(一部2D)。 ... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 20:47

» 「ヒックとドラゴン」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 クレシッダ・コーウェル原作の児童文学を、「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督・脚本で映画化。 ひ弱だが賢く、人一倍優しいバイキングの少年・... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 21:29

» ヒックとドラゴン [5125年映画の旅]
バイキングが暮らすバーク島では、島を荒らすドラゴンとバイキングが対立していた。バイキングの首領の息子ヒックはある日、尾羽を失って飛べなくなったドラゴンを見つける。そのドラゴンを殺さずにトゥースと名付けたヒックは、彼に新しい翼を与える。それは、人間とドラゴ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 09:53

» ヒックとドラゴン [だらだら無気力ブログ]
バイキングの血を引いていながらも非常になれない弱気な少年と怪我をして 飛べなくなったドラゴンの間に芽生えた友情と少年の成長を描いたドリーム ワークス制作のファンタジーアドベンチャー映画。 監督は『リロ&スティッチ』のクリス・サンダース&ディーン・デュボア…... [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 17:26

» 『ヒックとドラゴン』 トゥースが守る7番目の戒律とは? [映画のブログ]
 ドラゴン・ライダー、すなわちドラゴンに乗ることを描いた作品は多い。  子供向けの作品なら『エルマーのぼうけん』シリーズが有名どころ... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 02:15

» ヒックとドラゴン [映画、言いたい放題!]
この映画、おすぎさんが褒めていたのですが、 ちょっと観る気にならなくて。。。( ^ _ ^; でも「時をかける少女 」の細田守監督 まで twitterで褒めていたので、 観ることにしました。 本物かはわからないんですけれどね。(爆) 遠い遠いバイキングが活躍してた時代... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 00:08

» ヒックとドラゴン [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ヒックとドラゴン10:米◆原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON◆監督:クリス・サンダースディーン・デュボア「リロスティッチ」◆声の出演: ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、ジェイ・バルチェル◆STORY◆ 遠い遠い昔、はるか彼方の海の向こうのバーク島で...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 17:06

» [映画][2010年][名場面]ヒックとドラゴン(クリス・サンダース/ディーン・デュボア) [タニプロダクション]
3D吹き替え 新宿ピカデリー HOW TO TRAIN YOUR DRAGON アメリカ映画 監督・脚本:クリス・サンダース ディーン・デュボア 製作総指揮:クリスティン・ベルソン ティム・ジョンソン 音楽:ジョン・パウエル http://www.hick-dragon.jp/ 配給:... [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 04:01

» 【アニメ】ヒックとドラゴン [★紅茶屋ロンド★]
<ヒックとドラゴン を観て来ました> 原題:How to Train Your Dragon 製作:2010年アメリカ 「リロ&スティッチ」の製作スタッフが手がけた、児童小説の3Dアニメ映画。 気弱なバイキングの少年と、村の敵であるドラゴンとの友情を描いた作品。 …と、一言で片付けてしまえちゃいますが、これぞ、大人も子供の楽しめる、エンターテイメントであり、ファンタジーであり、夢と冒険であり、親子の絆や仲間との信頼関係の大切さがぎっしり詰まった、心温まり勇気がもらえる、感動作品なのです! い... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 19:06

» ヒックとドラゴン [映画的・絵画的・音楽的]
 アニメ『トイ・ストーリー3』が大人の鑑賞に十分耐えられる作品であることがわかったことから、もう一つの評判の高いアニメ『ヒックとドラゴン』も見てみようと思って、吉祥寺バウスシアターに行ってきました。  ここはやや小ぶりの映画館ながらも、「3D」(吹替え版)で上映しているのには驚きました。また、映画館の前の方の席には、子供に混じって、一人で見に来ている大人が何人もいて、この映画に対する一般の関心の高さをうかがわせました。 (1)この作品の物語は、バイキングのリーダーの息子ヒックが、トゥースと名づけら... [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 21:49

» 映画:ヒックとドラゴン ドリームワークスのアニメが一皮むけた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アメリカでの評価が高かったので、さっそくチェック。 観たのは、2D版かつ日本語版と、残念ながら当ブログ的には、あまりお好きな環境ではない(ベストは英語版) その感想は。。。 まずバイキングの一族のストーリーというのが新鮮、でつかみはok! で自然に物語に惹き込まれる。 サプライズもある程度用意されており、飽きさせない(まあ展開は読めるのだが) 主人公の、バイキング一族の「ミッション」とのズレの幅が、加速度的に拡大する過程がポイントとなって面白い。 そうしているうちにクライマックスへなだれ込ん... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 01:01

» 映画「ヒックとドラゴン」をみてきました [ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画]
[続きを読む]

受信: 2010年9月11日 (土) 05:35

» 【映画】ヒックとドラゴン…2010年の残務整理(13)2010年観賞映画はここまで [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日の行動は毎月通っている内科に通院モスバーガーで昼食を調達コンビニでデザートも調達帰宅⇒昼食(デザートは保留) で、家で少しまったりした後、 娘の上履きを買いに近所の文具店久しぶりにトイザらス(何も買わず)書店(何も買わず)帰宅。 で、嫁さんの仕事が終わ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月22日 (土) 23:47

» ヒックとドラゴン [RISING STEEL]
ヒックとドラゴン / HOW TO TRAIN YOUR DRAGON あまり期待しないで見たところ思いのほか良かったという感想も多いですが 自分は結構期待して見にいきました。 2010年 アメリカ ドリームワークス製作...... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 00:28

» 映画レビュー 「ヒックとドラゴン」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
ヒックとドラゴン  原題:How To Train Your Dragon 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボア監督による、少年とドラゴンの...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 8日 (土) 19:43

« 「ザ・コーヴ」 | トップページ | 「キャタピラー」 »