« 「華麗なるアリバイ」 | トップページ | 「ザ・コーヴ」 »

2010年8月 4日 (水)

「ゾンビランド」

Zombieland 2009年・米/コロムビア=日活配給
原題:Zombieland
監督:ルーベン・フライシャー
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック

ウイルスが蔓延し、国民のほとんどがゾンビと化したアメリカで、引きこもっていたためにゾンビにならなくて済んだ青年を中心に、4人の男女がサバイバルを繰り広げるホラー・コメディ・ロードムービー。監督は本作が長編デビュー作となるルーベン・フライシャー。

 
ゾンビ・コメディと言えば、以前にも「ショーン・オブ・ザ・デッド」(DVDスルーのみ)という楽しい快作があったが、本作はそれに引けを取らない出来。

あっちの方は、パロディ満載のおフザケ・コメディだったが、本作は、知り合った僅かの生き残り人間たちが、ゾンビのいない土地を求めて旅するロード・ムービー、という具合に、ストーリー・ラインは割としっかりしている。

荒廃した世界に、西へ向かっての旅、と言えば、先頃公開された「ザ・ウォーカー」と設定が似ている。

つまりは、いくらでもシリアスな作品として作れる題材であるとも言える。

この作品が秀逸なのは、一応きちんとした、ゾンビ・ホラーものの定型を踏まえたストーリーの中に、ロードムービーという青春映画的パターンを取り入れ、かつ要所にブラックかつシニカルな笑いを絶妙に網羅している点である。

その為、ゾンビが襲って来るという、本来は怖いはずの状況なのに、何故か笑えてしまう。

 
(以下ネタバレあり、注意)

主人公・コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ゾンビ対策32か条のルールを作り、そのおかげで今までゾンビにならずに生き延びて来られた。…このルールがなかなか説得力があり、かつ脱力するユーモアがあって楽しい。―しかし生き延びて来られた、最大の理由が、引きこもりで他人と接触して来なかった事と、その間サバイバル・ゲームにハマっていて、そのゲームで敵をかわすテクニックを学んだ点…即ち、人間として、本来は失格であるこうした性格が幸いした、という所が実に皮肉である。

その彼が、必死でサバイバルを生き抜き、旅を続けるうちに、他人とも接触出来るように変わって行き、遂には愛する女性を見つける事にも成功する。
これはある面、引きこもりでひ弱かった青年の、人間的成長のドラマでもあるのである。

彼が旅で出会う人間も、みんなどこかヘンである。マッチョなタラハシー(ウディ・ハレルソン)は、ゾンビを徹底して殺しまくる、ほとんどその事に快感を感じているのでは、と思えるほどで、かつ甘ったるいトゥインキーというお菓子が大好物。

もう一組、あの手この手の策略でまんまとコロンバスたちをだまして車を乗り逃げする、ウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の姉妹もやはりヘンだ。本来は生き延びた正常な人間同士、助け合うべきなのに、ほとんど人を騙す事が生きがいであるかのようである。

こうした、ある意味では変人ばかりの4人組が、一緒に旅を続けるうちに、次第に心を通わせて行き、そして生きる為には、みんなで力を合わせて助け合う事がいかに大切か、という事を学んで行く。―そのプロセスが、意外と丁寧で、見せてくれる。

これが長編デビューだというフライシャー監督、なかなか確かな演出力である。

彼らが到着したハリウッドで、とある豪華な邸宅(正面に“B・M”の大きな文字があるのも微妙におかしい)に侵入するのだが、この持ち主が、かつては人気を誇っていたが、今では若い人には忘れられたスター[ビル・マーレイ]で、なんとそれを本人自身が演じている。B・Mのイニシャルを見て、「ボブ・マーリーか?」と言われてしまう辺り、何ともおかしいやら身につまされるやら。おまけに何ともしまらない死に方をしてしまう。製作者側もよくまあオファー依頼したもんだが、出演を承諾した本人もエラい!

クライマックスは、遊園地・パシフィック・ランドを舞台に、盛大なゾンビ退治アクションが展開するが、ここの演出も、ハズした笑いを巧みにブレンドして楽しい。ピエロが怖い、というトラウマを持つコロンバスの前に、ゾンビ・ピエロが登場するのだが、ピエロの扮装で口から血をしたたらせている、という絵も、シュールかつおかしい。

最後はハッピー・エンド(?)。コロンバスとウィチタもいい感じだし、頼りになるタラハシーを父親のような存在、と考えれば、この4人の間には、擬似家族のような絆が生まれたと言える。ホラーであるはずなのに、観終わって何やら清々しい気分になれたのは、出来の良さの証明でもあるのだろう。

 
とにかく、あまり予備知識がなかっただけに、これは拾い物の佳作であった。新人監督、ルーベン・フライシャー、名前を覚えておいた方がいいだろう。次作が楽しみである。
PS.エンドロール後にもおマケがあるので、最後まで席を立たないように。      (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(で、お楽しみはココからだ)

この監督の、ルーベン・フライシャー(Ruben Fleischer)という名前がちょっと気になった。

フライシャーと聞いて思い浮かぶのは、戦前、ディズニーのライバルとして、「ベティ・ブープ」「ポパイ」「スーパーマン」等の傑作アニメーションを連打した、フライシャー兄弟(マックス&デイブ・フライシャー)である(苗字のスペルも同じ)。

ホウレン草を食べると、無茶苦茶怪力を発揮して大暴れする「ポパイ」は、戦後も何度もテレビ放映され、人気を博した。

Bugsgoestotown また、長編アニメとしては「バッタ君町に行く」(41)という傑作があり、最近もリバイバル公開された。
人間が侵入して来た為に、命の危険にさらされた虫たちが、安住の地を求めて旅をする…というお話で、どことなく 本作と似たようなストーリーである。
そう言えば、トゥインキーが大好物で、無茶苦茶な大暴れをするタラハシーは、まるで「ポパイ」である(笑)。

…というのは冗談だが、ルーベン・フライシャー、ひょっとしたら案外フライシャー兄弟と血縁ではないかと思ったりしただけである。本作の冒頭近く、上からピアノが落下してゾンビが下敷になる、というギャグは、アメリカ製アニメ(カートゥーンという)から明らかにいただいてると思えるし…。
誰か調べてくれないかな。

ちなみに、マックス・フライシャーの息子は、「海底20,000哩」、「ミクロの決死圏」、「トラ!トラ!トラ!」で知られる、リチャード・フライシャー監督である。

|

« 「華麗なるアリバイ」 | トップページ | 「ザ・コーヴ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/49063572

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゾンビランド」:

» ゾンビランド [LOVE Cinemas 調布]
人間の殆どがゾンビと化した世界で、引き篭もっていたためにゾンビにならなくて済んだ青年と3人の男女がサバイバルを繰り広げるホラーコメディ・ロードムービー。『2012』のウディ・ハレルソン、『イカとクジラ』のジェシー・アイゼンバーグ、『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンらが出演している。監督は本作が長編デビュー作となるルーベン・フライシャー。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 00:44

» ゾンビランド [だらだら無気力ブログ]
人類の大半がゾンビと化したアメリカを舞台に、胃弱の青年が道中で 出会った仲間たちとともにゾンビのいない楽園目指して旅を続ける様を 描いたホラーロードアクションコメディ。 出演は『俺たちダンクシューター』のウディ・ハレルソン、『ハンティング・ パーティ』のジェ..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 01:11

» ★「ゾンビランド」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、この作品を観るために川崎チネチッタに。 ひらりんお気に入りの「ホラーコメディ」ですねーーー。 [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 01:56

» [映画『ゾンビランド』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆面白かった^^  私は、ゾンビ物は、リアルに構築された世界でのみ面白いのかと思っていたら、  こうした、コメディ風の味付けでもいけるのだなと新鮮な思いを抱かされた。  コメディ風ではあるが、予告編などで感じたヴァラエティ路線ではなく、メインの4人の人物造形が感情移入できるレベルの現実感は保たれている。  主人公は「オタク」と言う触れ込みであったが、やや引っ込み思案なだけで、一時間半ほどの上映時間の中で、その恋愛に対しての成長が感じられ、観終えて、清々しさが起こった。  物語自体も、オタク... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 06:37

» 『ゾンビランド』 [ラムの大通り]
(原題:Zombieland) ----ゾンビ映画って、 『サバイバル・オブ・ザ・デッド』とか『ザ・ホード 死霊の大群』とか 次々に日本に来ているけど、 苦手なこともあってほとんどスルー。 でも、この映画だけは行くと決めていたんだよね? 「うん。なにせ全米初登場第1位。 ゾンビ映画というだけで“観客限定”のイメージがあるだけに、 これはよほどオモシロいに違いないと…」 ----で、どうだった? 「もう大満足だね。 設定としては、監督ルーベン・フライシャーが唯一観ているゾンビ映画という 『28日... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 08:05

» ゾンビランド [象のロケット]
新型ウィルスの爆発的流行で、人類の大半が人喰いゾンビと化してしまった世界。 アメリカの臆病な青年コロンバスは、屈強な男タラハシーと行動を共にするが、助けを求めてきたウィチタとリトルロックという姉妹のしたたかさに翻弄される。 4人はゾンビのいない天国があるという噂を信じ、ロサンゼルス郊外の遊園地“パシフィックランド”を目指すのだが…。 サバイバル・ホラー。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 00:46

» 「ゾンビランド」:新大久保駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}「ゾンビランド」を観たあとは、こういう雑然とした店で食事したい気分になるわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、ここは、「ゾンビランド」の店じゃなくて、「タイランド」の店だぜ。 {/hiyo_en2/}あら、貶めてるんじゃないのよ、誉めてるのよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、どういう意味か、ちゃんと説明してくれよ。 {/hiyo_en2/}アメリカ中がゾンビの国になっちゃって、その中を数人の男女が逃げ回るっていう映画「ゾンビランド」は、一見雑然としたキワモノ映画の... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 22:36

» ゾンビランド [Movies 1-800]
Zombieland (2009年) 監督:ルーベン・フライシャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン 人類の大半がゾンビと化した世界を舞台に4人の男女の珍道中を描くホラー・コメディ。 独自のルールを守って生き抜いてきた気弱な青年が、ゾンビ狩りが生きがいの中年男と、したたかな詐欺師姉妹と出会い、道中を共にすることで、互いに新たな一歩を踏み出すというロード・ムービー形式。 そのおかげで、本来、ゾンビ映画には不要と言うか、邪魔になるキャラクター背... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 22:45

» ゾンビランド [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ルーベン・フレイシャー監督、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ。表向きはゾンビのスプラッター・ホラーなのだけれど、系統的には「ザ・ウォーカー」や「ザ・ロード」と同じポストアポカ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 07:37

» ゾンビランド [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
ゾンビものなのに妙にさわやかなところが魅力的。ホラー、コメディー、ラブストーリーと、複数のジャンルを盛り込むこの映画は、ゾンビ映画というより青春ロード・ムービーと呼びたい。人類の大半がゾンビと化したアメリカ。オタクで引きこもりの青年コロンバスは、生き残る....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 23:49

» 笑えるゾンビ映画 [笑う学生の生活]
18日のことですが、映画「ゾンビランド」を鑑賞しました。 題名からのとおり ゾンビもの とはいえ コメディー色も強くて ゾンビ化した世界での生き残りたちのロードムービー 少年の成長、青春ロマンスもあったり とにかく 登場キャラ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 16:40

» 映画:ゾンビランド [よしなしごと]
 観ようかどうしようか迷っていたんですが、やっぱりゾンビ好きとしては観に行かないと・・・。と言うわけでゾンビランドを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 00:42

» ゾンビランド(2009)★ZOMBIELAND [銅版画制作の日々]
 目指せ、奴らのいない夢の遊園地へ                32のルールを駆使して生き残れ!! いよいよ公開されました。観て来ましたよ!ゾンビランド。この日はキャタピラー、トイレット、すべて満席。そしてゾンビランドも上映開始直前、とうとう満席となりました。主人公コロンバス演じるジェシー・アイゼンバーグの軽妙なナレーションがこの作品の面白さを盛りたてていますね。最後の締めを聞いていたら、何とラジオのDJでのナレーション的だったということでそこでまた受けちゃいました! ゾンビ映画なのですが、皆... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 22:19

» 【映画】ゾンビランド [★紅茶屋ロンド★]
<ゾンビランド を観て来ました> 原題:Zombieland 製作:2009年アメリカ 公開してから暫くたってしまいましたが、やっと観てきました! 大好きなゾンビ映画だけど、そんなに興味を持って居なかったんですが、テレビ番組の「シネ通」で紹介されてて「こ、これはすごく面白そうだ!!(震)」と感じ、職場の人と一緒に見てきましたよ。 ゾンビ映画ですが、ホラー・コメディです。むしろ笑いが中心。 新型ウイルスが蔓延して、人類の大半がゾンビと化してしまった世界。その中で引きこもり青年のコロンバスは「生... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 00:12

» 映画「ゾンビランド」誰も死なないゾンビ映画・面白い! [soramove]
「ゾンビランド」★★★☆ ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、 アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ出演 ルーベン・フレイシャー監督、88分、2010年7月24日順次公開、2010年7月24日 (原題:ZOMBIELAND )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「新型ウイルスの発生で人類のほとんどが ゾンビとなった世界。 わずかに生き残った人間もおかしな... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 19:35

» ゾンビランド [映画、言いたい放題!]
映画館で予告編を見て 見たかくなった映画です。 ホラー映画は好きじゃないけれど これは面白そう。 アメリカはウィルス感染により“ゾンビランド”と化していた。 引きこもり青年のコロンバスは“生き残るための32のルール”を実践し 何とか生き延びてきた。 そんな彼が... [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 17:18

» ゾンビランド [ハクナマタタ]
先日はこれを観たいがために映画館へ 時間も調べず← そうしたらレイトしかなかったので時間調整で怪盗グルーを観たのでした ゾンビランドは以前から観たかった うちの地方では公開していなかった このたび2週間限定公開ということで 終わる前の会員デーに行くこと... [続きを読む]

受信: 2010年12月 3日 (金) 00:49

» ゾンビランド [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ゾンビランド'09:米◆原題:ZOMBIELAND ◆監督:ルーベン・フライシャー ◆出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、アンバー・ハ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 10:36

» ゾンビランド (Zombieland) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルーベン・フライシャー 主演 ウディ・ハレルソン 2009年 アメリカ映画 87分 コメディ 採点★★★★ ゾンビ映画を観ていると、生前の習慣がゾンビ後の行動に反映されてるみたいな描写がよくありますが、ということは実際に世界中がゾンビで溢れたら、市役所は…... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 14:16

» ゾンビランド [こわいものみたさ]
『ゾンビランド』  ZOMBIELAND 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ルーベン・フライシャー 【出演】ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/アビゲイル・ブレスリン/ア...... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 22:38

» 目指せ、奴らのいない夢の遊園地へ 32のルールを駆使して生き残れ!!「ゾンビランド」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014年9月 9日 (火) 23:46

« 「華麗なるアリバイ」 | トップページ | 「ザ・コーヴ」 »