« 「冬の小鳥」 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ 」 »

2010年11月14日 (日)

「ナイト&デイ」

Knightandday2010年・米/20世紀フォックス
原題:Knight and Day
監督:ジェームズ・マンゴールド
製作総指揮:ジョー・ロス、アーロン・ミルチャン、E・ベネット・ウォルシュ
脚本:パトリック・オニール

久しぶりで、少し間が開いてしまった。

なにかと公私共に忙しくて、書き込む時間が取れない。この作品も鑑賞してかなり時間が経っている。細部はもう忘れかけている。

そんなわけで、今回はぐっと簡単に。

「バニラ・スカイ」でコンビを組んだトム・クルーズとキャメロン・ディアスが再び共演するスパイ・アクション・コメディ。監督は昨年「3時10分、決断のとき」という傑作西部劇を発表し脂の乗ってるジェームズ・マンゴールド。

 
前作でも、いろんな秀作西部劇のエッセンスを巧みに網羅して映画ファンを喜ばせたマンゴールド監督、本作も、アメリカ映画の伝統的パターン、スクリューボール・コメディの要素が随所に組み込まれている。

スクリューボール・コメディとは、「常識外れで風変わりな男女が喧嘩をしながら恋に落ちるというストーリーの作品。スクリューボールとは野球における変化球の一種のひねり球で、転じて奇人・変人の意味を持つ」(wikipediaより)。

つまり、偶然出会った男と女が、最初は意見が合わず喧嘩ばかりしながらも、結局一緒に旅(あるいは冒険)を続ける事となり、最後は恋に落ちてハッピーエンド…となるパターンで、有名なのはフランク・キャプラ監督の「ある夜の出来事」(1934)である。

本作品はさらに、ヒッチコック作品でお馴染みの、“巻き込まれ型サスペンス”の要素もブレンドされている。
平凡な人間がある日突然、事件に巻き込まれてしまい、訳も分からず逃げているうちに、やがて反撃に回って真犯人を追っかける(時には異性と恋に落ちたりする場合も)パターンで、ヒッチコックの代表的作品にはこのパターンが多い。

その典型的傑作が「北北西に進路を取れ」(1959)である。実はこの作品には前述の、スクリューボール・コメディの要素も巧みに取り入れられており、そのおかげでヒッチ作品中でも、サスペンスでありながら、ロマンチックで楽しい作品に仕上がっている。

さて、そう考えながら観てみると、本作はこの「北北西に進路を取れ」がかなり下敷となっている事が見えて来る。

(以下はネタバレです。「北北西-」をご覧になっている方のみ反転してください)
“男女のうち、一方は平凡な人間(A)、他方はスパイ機関の人間(B)で、Aがひょんな事からスパイ事件に巻き込まれ、Bと行動を共にしながら逃げるが、やがてAは危地に陥ったBを助ける為に果敢な行動を開始する”…これが「北北西に進路を取れ」のストーリーである。よく似ているのが分かるだろう。但し男女の立場は逆転しているが。

「北北西-」では、男のケーリー・グラントが普通のサラリーマンで、女のエバ・マリー・セイント(ヒッチの大好きな金髪美女)が謎のスパイ、という展開で、やはり時代というか、最後には男がヒーローとなって女を救いに行く、男性優位のパターンであった。

本作では逆に、女の方が次第に逞しく成長して行き、トムを救う、という展開で、女性が強くなった時代を反映していると言えよう。

ちなみに、キャメロン・ディアスも金髪である。これも、ヒッチコックを下敷にしている、というサインなのかも知れない。

そんなわけで、これはロマンチックなスクリューボール・コメディの伝統を今に蘇えらせた作品、として楽しむのが妥当だろう。

なお、粋でダンディなスパイの男が、美女とチームを組んで組織と対決する、という展開では、007ジェームズ・ボンド・シリーズ(特に初期の「ロシアより愛をこめて」「ゴールドフィンガー」辺り)を思い出すと、余計楽しい。特に、二人でバイクに跨り、美女が向かいに座って拳銃を撃つ、というアクションはボンド・シリーズ「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」から拝借していると思えるだけに。

ちなみに、「ロシアより愛をこめて」のヒロイン(ボンドガールと呼ばれる)、ダニエラ・ビアンキ、「ゴールドフィンガー」のヒロイン、オナー・ブラックマンは、共に金髪であった事を知っておくと、また楽しい。  (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「冬の小鳥」 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/50032394

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイト&デイ」:

» ナイト&デイ、日本語吹き替え版 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
注目すべきは、007のような男性中心のアクションではなくてごく普通の女性がどんどんたくましくなっていく点だ。トム・クルーズとキャメロン・ディアスが楽しそうに演技をしている。見ているこちらも楽しくなれる。... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 06:35

» ナイト&デイ ぶっ飛び満載でかっとびおもろ〜! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=44 -13-】 海に行っていない休日、大雨だったからどこにも行きたくもなかったけど、前もって映画のチケットを買ってしまっていたから、ビショビショになりながら出掛けた。 予告編で、思いっきりがっちり心を掴まれてしまってた「ナイト&デイ」。 いや、ハリウッドのビッグスター競演の映画だとはいえ、恋だのアクションだの美貌などで観客を魅了するというのは絶対にもう揃いに揃って無理なお年頃の2人なのだが、そこの「痛さ」を見事に逆手にとっていそうな、ワクワクする感が、なんともおもしろそうだ... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 09:22

» ナイトデイ/ KNIGHT AND DAY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 10:37

» ナイト&デイ(2010) [銅版画制作の日々]
 原題:KNIGHT AND DAY   ワイルドな誘惑。スイートな衝撃。東宝シネマズ二条にて鑑賞、... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 11:00

» 「ナイト&デイ」10月6日は“トムの日”(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ナイト&デイ] ブログ村キーワード  トム・クルーズ&キャメロン・ディアス ハリウッド2大スター久々の共演!「ナイト&デイ」(20世紀フォックス映画)。これは、なかなか楽しいですよ。そういえば、この2人の前回の共演=「バニラ・スカイ」(2001年)は、何となく重くてしんどかったよな~。    理想の男性との出会いを夢見るジューン(キャメロン・ディアス)は、ごくごく平凡な女性。妹の結婚祝の準備のため、カンザス州のウィチタへ来ていたジューンは、自宅のあるボストンへ帰るため空港へ。そこでジ... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 12:36

» 『ナイト&デイ』 [ラムの大通り]
(原題:Knight and Day) ----あれっ。これって今日観てきたばかりの映画だよね。 昨日の『トラブル・イン・ハリウッド』から先に話すのかと思ったけど…。 「う... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 23:19

» ナイト&デイ [だらだら無気力ブログ]
平凡な女性がひょんなことからミステリアスな雰囲気の男性と偶然出会った が、その男性がある物を持って組織より逃げているスパイだったことにより、 行く先々で大騒動に巻き込まれ、そして二人に芽生え始めるロマンスを コミカルに描いたアクション・コメディ。 主演は…... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 00:15

» 映画:ナイト&デイ [よしなしごと]
 もう今年も残すところあと1ヶ月ちょっと。映画館での映画鑑賞もようやく60本到達です。記念すべき(?)60本目は、3週間くらい前に観たナイト&デイでした。  昨年は70本の鑑賞だったのですが、今年はそれに追いつくか微妙ですね。... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 23:34

» ナイト&デイ (Knight and Day) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・マンゴールド 主演 トム・クルーズ 2010年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★★ ハンサムって良いですよねぇ。何をやっても様になる。髪をかき上げる仕草にしたって、ハンサムがやれば「キャーッ!カッコ良いー!」ですけど、非ハンサム…... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 15:24

» ワイルドな誘惑。スイートな衝撃。「ナイト&デイ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年11月14日 (月) 22:50

« 「冬の小鳥」 | トップページ | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ 」 »