« 2010年を振り返る/映画界総括 | トップページ | 2010年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »

2011年1月 2日 (日)

2010年度・ベスト20 ワースト10発表

 
あけまして おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

Akunin1位 悪人
 文句なしのベストワン。殺人犯の妻夫木だけでなく、さまざまな周辺の人物やマスコミ等の行動を通して、現代に蔓延する悪意を多面的に炙り出した脚本・演出が見事。まさに時代を照射した傑作です。李相日監督の次回作も目が離せません。

2位 息もできない
 韓国映画界から、また新しい才能が輩出しました。粗暴で荒れまくるが、実は内面に人間的な弱さと優しさを秘めた主人公の造型が出色。まさに息もできないほどの感銘を受けました。

3位 オーケストラ!
 ダメチームが、最後に大逆転勝利を収めるという、娯楽映画の王道を行くエンタティンメント作品でありつつ、さまざまな社会的、政治的テーマをも自在に網羅した、なんとも盛りだくさんな内容の傑作。ラストの12分間の感動は今も忘れられません。観終わって、本年一番号泣した作品です。

4位 インビクタス/負けざる者たち
 国をどうまとめて行くのか。いがみ合う人たちをどう融和し、力を合わせて行くべきか…。重いテーマを、爽快なスポーツ・エンタティンメントとして仕上げ、深い感動を呼ぶという離れ業をやってのけたイーストウッドは、いつもながら凄い。迷走を続ける我が国の政治家諸氏(特にトップリーダー)に、是非観ていただきたい作品でもあります。

5位 トイ・ストーリー3
 人間は、大人になればどうしても捨てて行かざるを得ないものがある。その捨てられる側の悲しみをきちんと描いた点でも、これは奥深いテーマを持った秀作です。3部作を通して、1本も駄作がない稀有なシリーズと言えましょう。

6位 最後の忠臣蔵
 年末ギリギリに飛び込んだ、本年屈指の力作。武士の使命と、生きざま、その狭間で揺れ動く人間模様を描いて出色の感動ドラマとなりました。期待していなかった分、意外な拾い物…と言っては失礼でしょうか。ベテラン脚本家・田中陽造は今年もいい仕事をしてくれました。杉田成道監督、今まであまり評価していなかったのですが、楷書のような丁寧な演出ぶりに唸りました。お見事です。

7位 ハート・ロッカー
 爆発物処理に取り付かれた主人公の造型が出色。サスペンスフルな展開の中に、戦争の狂気、矛盾を描き切ったキャスリン・ビグローの絶妙な演出が光ります。

8位 キャタピラー
 単なる反戦映画ではなく、国家や権威を笑い飛ばすブラック・ユーモア作品として楽しめました。若松監督の一貫してブレない製作姿勢にも敬意を表します。

9位 今度は愛妻家
 行定勲監督の、久々の復活に乾杯。夫婦とは何なのか、妻とは、夫とはどういう存在なのか…。側にいなくなって、初めてその存在の有難さが分かる、その事をしみじみ噛みしめたくなる、素敵な映画でした。

10位 ヘヴンズ・ストーリー
 4時間半もある長い映画ですが、身じろぎもせず画面を眺めていました。家族を殺され、残された人たちの地獄の苦しみはどうすれば癒されるのか。復讐はその苦しみを解決する答になりうるのか。魂の彷徨の末に、人はどこに到達しようとしているのか…。重い問いかけを、映画は我々観客に投げかけて来ます。本年一番、考えさせられた映画でした。

11位 冬の小鳥
 悲しい運命を背負った小さな少女の、それでも必死に新しい人生を生きて行く姿に泣かされます。9歳のジニを演じたキム・セロンちゃんの名演技にも1票。

12位 第9地区
 難民エイリアンという着想が秀逸。随所に仕込まれた現代文明批判も鋭い。大型新人、ニール・ブロムカンプの次回作が楽しみです。

13位 カラフル
 「クレしん」を卒業しても、原恵一監督、相変わらずクオリティの高い作品を次々生み出してくれます。毎回、作る度に違うタイプの作品にチャレンジする姿勢にも頭が下がります。まさに“カラフル”な原恵一ワールドにどっぷり浸らせていただきました。

14位 十三人の刺客
 オリジナルは時代劇史上に残る傑作ですが、果敢にチャレンジし、オリジナルとはまた違った味わいの秀作に仕上げた点は大いに評価に値します。時代劇史上かつてない強烈な悪・松平斉韶を造形した脚本・演出のアイデアにも唸りましたが、その期待に応えた稲垣吾郎もお見事です。

15位 孤高のメス
 医療制度への批判や、命の尊さを描きつつも、全体としてウエルメイドなエンタティンメントに仕上げた脚本・演出のプロの仕事ぶりに堪能しました。

16位 告白
 これまでの極彩色に塗りたくられた作風から一転、自然光を使ったドキュメンタルな映像の中に、現代の底知れぬ悪意、人間のエゴを鮮烈に切り取った中島哲也監督の演出に唸りました。やや難があるのは、森口悠子がどうやって犯人を割り出したのかがあいまいな点。そこがちょっとだけ減点です。

17位 春との旅
 脚本が周到に練られています。仲代達矢が、「約150本の出演作品の中で、5本の指に入る脚本」と言ったのも納得です。いろんな謎が随所に配置され、見終わった時に、その謎の正体が浮かび上がって来て、改めて感銘を受けます(詳細は私の作品評参照)。意外とあなどれない力作だと思います。

18位 川の底からこんにちは
 満島ひかりは相変わらずうまい。“中の下”から開き直って、ポジティブに変身して行くプロセスが爽快。元気になれる映画であると言えましょう。あの“社歌”には爆笑しました。

19位 武士の家計簿
 学術書から着想を得て、心温まる家族の物語に再構成した脚本(柏田道夫)が見事。ほとんど脚本の勝利と言えます。森田芳光は、余計なギミックを入れずにそのまま演出したのが良かった(笑)のでしょうね。

20位 カティンの森
 アンジェイ・ワイダ監督の50年にもわたる執念に心打たれます。心して見るべき秀作でしょう。

 
…さて、以上がベスト20ですが、例によってまだまだ入れたい作品が目白押しですので、もう10本、ベスト30まで紹介しておきます(タイトルのみ)。

21位 おとうと
22位 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
23位 
インセプション
24位 
パーマネント野ばら
25位
 ヒックとドラゴン
26位 リトル・ランボーズ
27位 
オカンの嫁入り
28位 
必死剣 鳥刺し
29位 
借りぐらしのアリエッティ
30位 
モンガに散る
 

・・・・・・・・・・・・・・

さて、今年も恒例、楽しいおバカB級映画を集めた、「愛すべきB級映画大賞」を発表いたします。1位は本当はベスト20に入れたかったくらいの傑作なのですが。

1位 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
2位 キック・アス
3位 ゾンビランド
4位 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 
5位 マチェーテ

・・・・・・・・・・・・・

最後に、こちらは腹が立つ駄作群「ワーストテン」の発表です。

1位 座頭市 THE LAST   地下の勝新太郎が泣いていると思う。
2位 
シュアリー・サムデイ   小栗旬さん、もう一度助監督業からやり直すべきです。
3位 
誰かが私にキスをした  見た時は腹が立ったが、時間が立てばほとんど中味の記憶がない(笑)。
4位 
食堂かたつむり      家族同様のペットを食べてしまう発想について行けない。
5位 
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!  「相棒」を見習えと言いたい。
6位 
死刑台のエレベーター  いろんな意味で時代遅れ。
7位 
マザーウォーター     退屈、の一言。いつ物語が動くのか、と思ってるうちに終わった。
8位 
運命のボタン       「フォーガットン」の悪夢再来(笑)。
9位 
華麗なるアリバイ     アリバイってどこに?
10位
コップアウト 刑事(デカ)した奴ら  映画もだが、題名にも脱力。

今年も、上位に日本映画が集中しました。まあ昨年ほど、飛び抜けてヒドい作品はありませんでしたが。

 
てことで、今年もよろしくお願いいたします。

(劇場総鑑賞本数 161本、うち邦画67本、洋画94本) 

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

  

|

« 2010年を振り返る/映画界総括 | トップページ | 2010年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年も、ブロガーのベスト10を調べました~。
よろしく、ご覧下さいませ~。

投稿: aq99 | 2011年1月10日 (月) 22:37

こんなことやるらしいっすよ。

「日本映画アカデミー賞を斬る!」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv40803099

2008年日本映画アカデミー賞受賞作品『おくりびと』をワースト1位に選出し、賛否両論を巻き起こした老舗映画評論雑誌『映画芸術』。

いま本当におもしろい日本映画は何なのか?
さまざまな映画賞やベストテンはどれぐらいアテになるものなのか?

2月18日に発表される日本アカデミー賞を俎上に上げて、2010年の日本映画を徹底討論。
映画評論の名手が選ぶ真のアカデミー賞が今夜決定!?

投稿: タニプロ | 2011年2月19日 (土) 00:18

というか、「賛否両論を巻き起こした」って何だよと(笑)。

投稿: タニプロ | 2011年2月19日 (土) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/50474884

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度・ベスト20 ワースト10発表:

» 2010年辛口邦画ベスト10 [masalaの辛口映画館]
 第一位  告白完全版【Blu-rayDiscVideo】 衝撃的物語を中島哲也監督独特の映像美で描ききった凄い作品である。 第二位 【送料無料】十三人の刺客オリジナル・サウンドトラック ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:05

» 「フォーンと無人島に行くならこの10、いや20本」(2010年、劇場公開映画を振り返って…) [ラムの大通り]
----7年目を迎えた「フォーンとの映画おしゃべり」。 ニャんだか、今年は数が減っているような…。 『無人島に行くなら〜』やれるの? 「う〜ん。 よく、『忙しくってパソコン... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:15

» [映画][2010年][映画総括][日本インターネット映画大賞]2010年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 [タニプロダクション タニプロアカデミー賞日本映画部門発表!]
[作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1作品に投票できる最大は10点まで ----------------------------------------------------------------- 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:15

» 2010年日本映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
今年も日本インターネット映画大賞の2010年度日本映画投票に応募を兼ねて劇場公99作品から。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:22

» 2010年外国映画ベスト10 [佐藤秀の徒然幻視録]
今年も日本インターネット映画大賞の2010年度外国映画投票に応募を兼ねて今年見た劇場公開94作品から。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:23

» 2010年 マイ・シネマ・ランキング! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 さあ、今年も残りあと数分!年末恒例のランキングをやっておきたいと思います。これやっておかないと吾輩、年を越せませんので…(^^;。    今年は105本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。しかし、せっかく100本超えを達成できたのに、なかなかブログにUPすることが出来ませんでした(実質半分以下…(>_<)。ホントこれが反省点です。ですので、これから発表するランキングでも、記事をUPしていない物もございますので、そこには一言コメントを添えておきたいと思います。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00:46

» THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 外国映画編 [LOVE Cinemas 調布]
続いては外国映画部門。本来外国と一括りで考えられるものではないけれど、細かく分けていったらキリが無い。従ってかなり苦渋の選択。昨年の1月1日から12月31日までに劇場公開された作品というのを条件にしたため、若干古い感じがする…... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 01:30

» THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 日本編 [LOVE Cinemas 調布]
2011年最初の記事はどうしようか…。多くの映画ブロガーの方々はベスト10を発表していますが、私はどうしても個人的に順位付けが好きじゃない。そこで!昨年1年間に劇場で観た作品の中から当ブログとして選んだ「THE BEST」を発表したいと思います。名付けて『THE BEST CINEMAS 調布』先ずは日本編。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 01:30

» 2010年シネマ・ベスト10 [シネマ・ワンダーランド]
2010年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。昨年は「クリント・イーストウッド・イヤー」と呼んでもよかったが、本年はイラク戦争を題材にしたものや、少女の真情をつづったもの、監督の映画愛およびフランス映画の胎動を感じさせる作品が目立ったことが特徴となった。来年はどのような作品にめぐり合うことができるのか楽しみだ。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 02:24

» [映画][2010年][映画総括][日本インターネット映画大賞]2010年度・日本インターネット映画大賞外国映画部門 投票 [タニプロダクション 外国映画部門も発表!]
先日の日本映画に続いて、外国映画部門に投票します。投票等に興味ある方はこちらへ→http://www.movieawards.jp/ [作品賞投票ルール(抄)]  ・選出作品は5本以上10本まで  ・持ち点合計は30点  ・1作品に投票できる最大は10点まで -----------------------------... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 02:43

» 2010☆ベスト&ワースト映画 /2010 BESTWORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
今年で13年目となりました☆独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 映画の出来の良さではなく、面白かったもの、好きというのを重視  対象となるのは 2010年に公開また...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 09:24

» 2010年の映画ベストテン and more. [Akira's VOICE]
ベスト&ワースト,他いろいろ!  [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 10:46

» 2010年映画ベストテン発表 [soramove]
2010年映画ベストテン発表 A Happy New Year! 新年を迎えて、今年はどんな映画に 出会えるか楽しみです。                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← さて2010年を振り返って 2010年映画ベストテン発表です。 劇場で見た映画は150本 ①「アバター」 「アバター AVATAR」素晴らしい映像、すでに名作、何度も見たい!← ②「息もできない」 「息もできない」圧... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 14:59

» 2010年日本映画ベストテン [みんなシネマいいのに!]
 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。  2010年は [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 16:11

» 悠雅的映画生活2010劇場公開編 [悠雅的生活]
2010年に映画館で観た映画から。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 18:15

» 2010年マイベスト10♪シネコン編 [銅版画制作の日々]
今年も後残すところ後数時間となりました。皆さんにとってはどんな年だったでしょうか?さて鑑賞した作品は、何と昨年を上回る数になりました。我ながら驚きです。大晦日の京都は例年にない大雪です。実は今年最後の映画鑑賞に出かけるつもりでしたが...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 19:51

» 2010年を振り返って<映画> [はらやんの映画徒然草]
恒例ですので、今年劇場で観た映画の振り返りをしたいと思います。 今年は劇場で観た [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 21:23

» 賀正 [映画的・絵画的・音楽的]
 明けましておめでとうございます  今年もよろしくお願いいたします。 (1)昨年末から年初にかけて、東京以外の地域では大寒波のせいで大変な事態のようです。心からお見舞い申し上げます。  こちらでは、例年の如く、杉並の「大宮八幡宮」と渋谷の「氷...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 07:58

» 2010年度 年間ベスト&ワースト [Subterranean サブタレイニアン]
なんでしょうねぇ、この一年の経つ早さは。この間モチを食ってたと思いきや、またモチを食う時期ですよ。毎年こんなことを書いてますよ。この調子だと、体感時間5年くらいで赤いチャンチャンコを着る羽目になるんじゃないでしょうか。 それはさて置き、年間ランキング。“2…... [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 16:37

» 私的2010年映画ベスト10 [TRUTH?ブログエリア]
つーことで毎年恒例の企画2010年度映画ベストテンの発表です(2009年分はこち [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 17:19

» 2010 映画年間ベスト10 [5125年映画の旅]
2010年の観賞本数は137本。この中から、特に面白かった10本を紹介していきたいと思います。それでは第10位から。第10位『超強台風』1位でも良かったような気もする ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 11:02

» 2010年の劇場鑑賞映画マイベストテン [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
2010年に私が映画館で初鑑賞した映画のマイベストテンを発表・・・といっても劇場鑑賞した長編は22作しかなく、それくらいなら無理矢理全部に順位をつけてしまおうと思った。 なので下位の作品も必ずしも嫌いとかつまらないとかいう訳ではない 点数は100点満点中...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 18:26

» 2010年ブロガーが選んだ映画ベスト10 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
一年に一度のお楽しみ、ldquo;ブロガーが選んだ映画ベスト10rdquo;も今回で7回目。私自身、ブログの記事はほとんど書いてないものの、これだけは続けていこうと今回もしっかり調べましたよ、過去最多の78ブロガー様分。2010年は、私自身劇場鑑賞最低...... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 22:38

» 2010年ミスターシネマ的満足度ランキング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[映画興行ランキング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ ブログをご覧の皆さん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます! 元日でおかげ様でブログの開設2周年を迎えることが出来ました~!! 昨年の半ば以降は、映画を見てもなか…... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 04:48

» 映画:2010年のまとめです [よしなしごと]
 今年の新作映画鑑賞実績は75本。約5日に1本の計算です。  今年2010年に見た映画のタイトルと評価、トラックバック(TB)を頂いた数と、アクセス数(PV)を一覧にしてみました。 [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 03:49

» [映画][2010年][映画総括]2010年映画”裏”ベストテン [タニプロダクション]
裏というより、ベストテンに入れるか考えた末、入れなかった映画。 つまり好きな映画。2010年は僕にとって良い映画が多かったので、今になって書くことに。 「カラフル」原恵一監督作品 「告白」 中島哲也監督作品 「必死剣 鳥刺し」 平山秀幸監督作品 「ヌードの夜/愛は惜... [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 00:18

» 2010年ベストシネマ15(邦画編) [京の昼寝〜♪]
2010年ベストシネマ15(邦画編)   またまた今年もまとめるのが遅くなってしまいました・・・。 昨年は年間95本(洋画40本、邦画55本)の映画を劇場で鑑賞しました〜 一昨年が87本でしたから、少し伸びましたが100本達成とまではいきませんでした もっとも2010年は無理して観ないようにしてたのも事実で、でもあちこちで歩いていた割には観れた方です。 邦画を観る本数が増えてしまいましたが、逆に興味をそそる洋画が少なかったように感じました。 今年の邦画は時代劇調が多かったように思います。 ここには... [続きを読む]

受信: 2011年1月18日 (火) 12:21

» [映画][2010年][映画総括]いまさらなんですけど・・・ [タニプロダクション]
日本映画、外国映画を一緒にしたベストテンを書き残しておきます。 1.息もできない 2.エリックを探して  上記2作品は、「人生のベスト」に入る素晴らしさ。 3.ヘヴンズ ストーリー  4時間38分だぜ、おい。 4.パーマネント野ばら  見事な脚本、映画館空いて... [続きを読む]

受信: 2011年1月18日 (火) 16:25

» 2010年ベストシネマ15(洋画編) [京の昼寝〜♪]
2010年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ年々洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、これは邦画の力が上がってきた成果なのでしょうねぇ(笑) 群を抜いて良かったと感じた洋画は残念ながら少なかったですが、 今年は惹き付けられるような洋画が上映されるのでしょうか? 楽しみにしています〜   ベスト15   ? 『ショーシャンクの空に』   ? 『インビクタス』   ?『しあわせの隠れ場所』   ? 『バーレスク』   ? 『アバター(3D吹替版)   ? 『ベスト・キッド』   ... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 14:08

» 2010年のまとめ・日本インターネット映画大賞 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2010年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2009年はココ 2008年は ... [続きを読む]

受信: 2011年1月22日 (土) 12:32

« 2010年を振り返る/映画界総括 | トップページ | 2010年度・日本インターネット映画大賞日本映画部門 投票 »