« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »

2011年1月23日 (日)

「キック・アス」

Kickass2010年・米=英/配給:カルチュア・パブリッシャーズ
原題:Kick-Ass
監督:マシュー・ボーン
脚本:マシュー・ボーン、ジェーン・ゴールドマン
原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.

マーク・ミラー原作の同名コミックを、「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディの快作。

アメコミ・ヒローものはこれまで無数に作られて来たが、いずれもスーパー・パワーを持っているか、強力な武器(又はスーツ)を持っており、それらを利用して悪と闘う…。カッコいいし、勧善懲悪、というパターン通りで多くのアメコミ・ファンの支持を得て来た。

だが、それらはコミックの世界における、荒唐無稽とでも言うべきフィクションであって、現実世界では、我々はスーパー・パワーを持たないし、巨額の費用がかかる武器やパワード・スーツを用意する事も出来ない。
現実世界では、ヒーローにあこがれ、ヒーローになりたいと思っても、実現は不可能なのだ。

この物語の主人公であるディヴ(アーロン・ジョンソン)は、ヒーロー・オタクで、ヒーローになりたいと思い続け、とうとう自分でヒーローになろうとする。
だがスーパー・パワーも金もないディヴが用意出来るのは、通販で買った(!)ヒーローのコスチュームだけである。

当然ながら、コスチュームをまとっただけではパワーは得られない。街に出て悪(といってもチンピラ程度だが)に立ち向かうものの、ボコボコにされ、車にはねられ、散々な目に会う。

夢と現実とはまったく違うものである。夢を見続けたディヴは、夢を実現しようとして、手痛いしっぺ返しをくらってしまうのである。

これは、ディブが抱く疑問「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたがらないのか」に対する、残酷な回答である。
普通の人間は、空想と現実とは異なるものだと知っているからである。映画を見たり、コミックを読んでいる間は空想世界に浸り切っているが、終われば人は元の現実世界に戻って行くのである。
“虚”と“実”は表裏一体なれど、境界は越えられない。

コメディに見えて、この映画はかなり哲学的なテーマを持っているのである。

だが、それでもディヴはあきらめない。再びコスチューム姿で街に出たディヴは、曲がりなりにもチンピラと戦い、その姿がユーチューブにアップされて、少しづつヒーローの世界に近付いて行く。

ここで登場するのが、ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)とヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)である。
元警官で、悪の総元締めであるフランコによって罠に嵌められた過去があるビッグ・ダディは、11歳の娘ミンディを幼い時から徹底して、殺人マシンとして育て上げる。
ご丁寧に、本人はバットマンのコスチュームを身に付け、娘には相棒のロビンによく似たコスチュームを着させている。…尤も、パープルヘアーにスカートと、少女らしさを取入れてはいるが。

この展開が、本作のユニークな所である。実は、この映画自体が“虚”の、空想の世界である事に観客はやっと気付く。
ディヴのキャラクターは、我々と同じ現実世界に近い存在であったはずである。そして当初は現実世界の中だけで活動していたのが、やがていつの間にか不思議の国のアリスよろしく、空想との境界に入り込んでしまうのである。

ヒット・ガールの活躍ぶりは、11歳の少女とは思えない、あり得ないムチャクチャさで、荒唐無稽と言っていい。

この世界で、自身はまだ何の能力もパワーも身に着けてはいないけれど、ディヴはヒーローとは何か、ヒーローになる為には、どれだけの血の滲む努力をしなければいけないかを学んで行き、男として成長して行くのである。

ラストでヒット・ガールは、父の仇を取るべく、「キル・ビル」のブライドよろしく敵のアジトに殴り込んで行く。
この戦いのシークェンスは、ジョン・ウーの香港ノワールから西部劇に至るまで、いろんなアクション映画のエッセンスが詰め込まれている。ここらも見どころである。

そして、ヒット・ガールがピンチになった時、ディヴは颯爽と現れ、ガトリング砲で敵をなぎ倒して行く。

戦い終わり、傷ついたヒット・ガールを抱え、ディヴはまさにヒーローとして(スーパーマンのように空を飛んで)去って行くのである。

これは、ヒーローにあこがれ、ヒーローを夢見た男が、さまざまな試行錯誤や苦闘の末に、現実の壁を乗り越え、本物のヒーローに成長して行く物語なのである。

三池崇史監督の「ゼブラーマン」とも、テーマは共通している。見比べるのも面白いだろう。

ヒット・ガールに扮したクロエ・グレース・モレッツが最高にキュートでカッコいい。女で、子供という、本来は二重に庇護されるべき、か弱い存在が大の男をバッタバッタなぎ倒すから、余計カッコいい。ディブに扮するアーロン・ジョンソンは「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」でジョン・レノンを演じた人。見事な変わりようである。アメコミ大好きのニコラス・ケイジも楽しそうにビッグ・ダディを演じている。その他悪役もみんな役に嵌ってお見事。

スカッとするアクション映画の快作であるが、ヒーロー論映画としても考えさせられる問題作である。お奨め。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)

ヒット・ガールの敵陣殴り込みシーンで、クリント・イーストウッド主演「夕陽のガンマン」のテーマ曲が流れる。
そこから思い起こせば、この殴り込みシークェンスには、イーストウッド映画、並びにさまざまな西部劇からの引用が見て取れる。

例えば、少女が危地に陥った時、颯爽とヒーローが助けに駆けつける、というパターンでは、イーストウッド監督・主演の「アウトロー」がある。少女を演じたのはソンドラ・ロック。
イーストウッドの極めつけ「ダーティ・ハリー」の3作目では、チビだけど負けん気の強い女性刑事(タイン・デイリー)を助け、そしてラストでは、犯人に向かって、バズーカ砲をぶっ放すのである。

ディヴが後から駆けつける時に乱射するガトリング・ガンも古い兵器で、西部劇でよく使われるものである。特にマカロニ・ウエスタンに多い。

少女を助ける西部劇と言えば、近々コーエン兄弟がリメイクする「トゥルー・グリット」のオリジナル、「勇気ある追跡」では、御大ジョン・ウェインが少女キム・ダービーを助けて活躍する。

ジョン・ウェインつながりでは、ジョン・フォードの西部劇の傑作「捜索者」では、9歳の時に誘拐された娘をウェインが執念で追いかける。そしてこれは山田宏一さんの指摘だが、ラストでウェインは数年ぶりにやっと見つけた少女を抱き上げ「家へ帰ろう」というのだが、このセリフ、ディブが最後にヒット・ガールを抱いて帰る時につぶやくセリフと同じなのである。

|

« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »

コメント

もう見ました、とても好きです

投稿: 空の境界同人誌 | 2011年1月27日 (木) 11:00

これは面白かったですね。
続編の製作も決定したそうで、楽しみです。

投稿: きさ | 2011年5月22日 (日) 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/50670410

この記事へのトラックバック一覧です: 「キック・アス」:

» [映画][2011年]キック・アス(監督マシュー・ヴォーン) [タニプロダクション]
T-JOY 大泉 座席位置前方左側 出演:アーロン・ジョンソン クロエ・グレース・モレッツ他 評点=☆☆☆★★★(75点) オラが街にキック・アスがやってきた 厳密に言うと僕の街ではないけど シネコンが普及した時代に、できることならわざわざ出かけたのに満席で観れませ... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 00:11

» キック・アス [だらだら無気力ブログ]
『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの 執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。 スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が 思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードなア…... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 00:39

» キック・アス [LOVE Cinemas 調布]
ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監督はマシュー・ヴォーンが務める。ブラッド・ピットのプロデュース作品としても注目だ。... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 01:35

» キック・アス / Kick-Ass [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click スティーヴン・キングが選ぶ、今年の映画ベスト10で見事6位! ブラピが製作に参加、ニコラス・ケイジ、地味においしく出演 アメリカで大ヒットした話題のB級ヒーローアメコミ、遂に日本上陸 日本では、夏の終りに下町コメデ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 02:39

» 「キック・アス」  KICK-ASS [俺の明日はどっちだ]
・ この年末年始は何かと忙しくて全く映画が観れなかったのだけど、ようやく時間が取れた昨日『香林坊109 シネモンド』へと出かけ、「キック・アス」と「マチェーテ」という支配人の上野くんならではチョイスの2本を立て続けに鑑賞し、めちゃめちゃ満足。 ということで...... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 16:05

» 「キック・アス」最強ヒロイン、悪を切り裂く! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[キック・アス] ブログ村キーワード  “なりきりヒーロー・青春ムービー”「キック・アス」(カルチュア・パブリッシャーズ)。『オタクが狂喜する、カル~イ映画かいな?』と、思っておったのですが、これが何ともなかなかハードな出来でございました。  デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、どこにでもいる普通の高校生。モテることもなく、アメコミが好きで、放課後は友達とオタク話に花を咲かせ、憧れのクラスメートからは“ゲイ”と勘違いされる始末。或る日『どうして誰もスーパーヒーローになろうとしないのだ... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 16:58

» 「キック・アス」 スーパーヒーローの条件 [はらやんの映画徒然草]
2011年の最初の観賞作品は・・・「キック・アス」! 実は年末に観に行こうと渋谷 [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 21:05

» 『キック・アス』 [ラムの大通り]
(原題:Kick-Ass) ----この映画、ニャんだかスゴク話題になっているみたいだよね。 「うん。 最初は 第3回したまちコメディ映画祭in台東の『映画秘宝まつり』内で限定公開。 しかも、アメリカでは配給されないかもしれないという話さえあったしね。 日本人って、ぼく...... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 23:22

» [遅ればせながら、映画『キック・アス』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆いやはや、素晴らしいですね。  何が良いって、<ヒットガール>ですよね!  私、今年の<ナカデミー賞>は、この娘以外には考えられないほど夢中になりました。  まだまだチンクシャ顔の11歳の女の子ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)です。      ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月25日 (火) 09:06

» 映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコメディーだった..... ア...... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 23:03

» 「キック・アス」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
おっと、意外なところから問題作が出てきたわね。 問題作?ヒーローになりたかった軟弱少年と、ヒットガールになった強烈少女が暴れまわる痛快娯楽活劇だぜ。シンプルな構造とスピーディーな展開は賞賛こそされ、問題作なんて言われる筋合いのものじゃない。 その彼女の...... [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 11:29

» キック・アス [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  渋谷シネセゾンのエレべーター前の混雑をみて、一瞬嫌な予感がした。6階でエレべーターを降りると、やはりチケット売場前は大行列だった。 なんとか三列目に座ることが出来たが、次々に観客が入場し続け、とうとう最前列まで埋まる超満員になってしまった。2... [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 11:38

» 映画 ■■キック・アス■■ [Playing the Piano is ME.]
これは面白かった! 私が大嫌いな、バイオレントな映画でしたが 「どうだった?」 と、聞かれたら 「面白かった」と答えるしかない映画でした。 [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 23:25

» キック・アス/Kick-Ass(映画/DVD Blu-ray) [映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評]
[キック・アス] ブログ村キーワード正義の心で悪をKILL特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救うキック・アス(原題:Kick-Ass)満足度:★★★★★ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 05:25

» キック・アス (Kick-Ass) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 15:44

» キック・アス(KICK-ASS) [映画感想 * FRAGILE]
2010年8月1日、海外版ブルーレイで鑑賞。 ビデオマーケットで海外版DVDとブルーレイを購入できます。ネット通販もあるよ。日本公開を待ちきれない方、お住いの地域で公開のめどが立っていない方はぜひ! 英語がわからなくても、だいたい問題ありません。VIDEOMARKET ONLINE Kick-Ass(キック・アス) KICK-ASS/2010年/アメリカ・イギリスやっていることは「ミステリー・メン」のしょぼヒーローたちとなんらかわりはない。「ミステリー・メン」にはしょぼい特殊能力があった... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 09:30

» キック・アス [RISING STEEL]
キック・アス / KICK-ASS 2010年 アメリカ/イギリス合作映画 監督・製作・脚本:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット  クリス・サイキエル  アダム・ボーリング 原作:マーク・ミラー...... [続きを読む]

受信: 2011年3月31日 (木) 22:53

» ■映画『キック・アス』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴーストライダー』よりずっとハマってるよ…。 アメリカ人のヒーロ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 01:37

» キック・アス [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
キック・アス'10:イギリス+アメリカ◆原題:KICK-ASS◆監督:マシュー・ボーン「スターダスト」◆出演:アーロン・ジョンソン、ニコラス・ケイジ、クロエ・グレース・モレッツ、マーク・ ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 15:20

» No.249 キック・アス [気ままな映画生活]
【ストーリー】 同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きな ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 22:14

» 『キック・アス』このヒーロー物はタダものでない [映画をもっと楽しく![シネマポスト]]
映画の評価(5点満点) ★★★★☆ 各方面から激賞の嵐の本作『キック・アス』。それほど興味なかったのだが、あまりの評判の良さに思わず重い腰上げて見に行っちゃいましたよ。 ヒーロー物というジャンルは世界各地にあるが、それぞれのお国柄が出やすいものだと思う。本作はアメリカのヒーロー物の中のいちジャンルとして定着している「自警団」ものだ。日本では馴染みのない分野だが、資産家あるいは篤志家が自分自身がヒーローになって悪を懲らしめる、というアメリカでは「バットマン」や「アイアンマン」など、歴史ある由緒正しい分... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 10:43

» マシュー・ボーン監督 「キック・アス」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
今、公開されている「X−MEN:ファースト・ジェネレーション」の監督が昨年撮った映画 雑誌・映画秘宝でベスト1として紹介されていました。 全然知りませんでした。 いったいとんな映画なんだろうか? 「X−MEN」も気になるところですが、まずは先にこの映画を...... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 17:44

» 映画「キック・アス」立ち上がらなければヒーローにはなれない [soramove]
「キック・アス」★★★☆DVD鑑賞 アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、 クリストファー・ミンツ=プラッセ、 ニコラス・ケイジ出演 マシュー・ヴォーン 監督、 117分 、2010年12月18日, 2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ (原作:原題:KICK-ASS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「公開時気になっていた映画を DVD... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 00:08

» 『キック・アス』'10・英・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ平凡な高校生デイヴは、インターネットで買ったスーツとマスクでヒーロー“キック・アス”として活動を開始するが・・・。解説放送映画批評家協会賞若手俳優賞アクション映... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 20:38

» 『キック・アス』'10・英・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ平凡な高校生デイヴは、インターネットで買ったスーツとマスクでヒーロー“キ [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 20:40

» 『キックアス』(映画)(2010)ー新たな普通のヒーローの誕生、そしてもちろん僕らはヒットガール [マンガデシネ]
 この『キックアス』シリーズ、原作のコミックで存在を知って読んで、ずいぶん面白かったのだが、その後で映画を観た記憶が曖昧だった。さいきん続編である『キックアス・ジャ ... [続きを読む]

受信: 2014年2月20日 (木) 03:20

« 「海炭市叙景」 | トップページ | 「ソーシャル・ネットワーク」 »