« 「冷たい熱帯魚」 | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

2011年2月27日 (日)

「ヒア アフター」

Hereafter2010年・米/配給:ワーナー
原題:HEREAFTER

監督:クリント・イーストウッド
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア
製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ
脚本:ピーター・モーガン

80歳を超えた今もコンスタントに新作を発表している名匠クリント・イーストウッドが、それぞれに“死後の世界”にかかわった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。脚本は「クイーン」「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン。

津波に呑まれたが九死に一生を得た、パリ在住の女性ニュースキャスター、マリー(セシル・ドゥ・フランス)、不慮の事故で兄を亡くしたロンドン在住の少年マーカス(ジョージ・マクラレン)、そしてサンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働者のジョージ(マット・デイモン)…。この3人が互いの問いかけに導かれるようにめぐり会い、生きる喜びを見出して行く。

これまで、リアリスティックな人間ドラマを描いて来たイーストウッド監督が、“死後の世界”という、何となくオカルトっぽいテーマの作品を手掛けた事に違和感を感じる人もいるだろう。実際私も観る前は、こりゃイーストウッドらしくないな、トシとってそっちの方に関心が行ってるのかな、とちょっと心配になった。

だが、映画を観て杞憂は吹き飛んだ。素晴らしい心に沁みる秀作に仕上がっていた。毎回、新しいジャンルに挑戦して、いとも軽々とクリアしてしまうイーストウッド監督には、心の底から畏敬の念を抱かざるを得ない。

 
冒頭の津波シーンの迫力にまず驚かされる。全体が淡々と、静かな内容であるので、最初のツカミで観客を引っ張り込んでおこうという戦略は悪くはない。が、どちらかと言うと製作総指揮のS・スピルバーグの意向も入っているのかも知れない。そう言えばイーストウッドとスピルバーグのコラボでは、「父親たちの星条旗」でも壮大なCGシーンがうまく配置されていた。

イーストウッドらしくない作品と思う人も多いだろうが、よく見ればやはりイーストウッドらしい要素が巧妙に配置されている。

マーカス少年は、自分の代りにお使いに出た兄が死んだ事で、兄の死は自分のせいだ、と悩んでおり、もう一度兄に会って、謝りたいと思っている。
つまりは、ここ数年のイーストウッド作品の一貫したテーマである“贖罪”が、ここでもちゃんと描かれているのである。

イーストウッド自身作曲の、ギターを中心とした静かだが心に響く音楽、抑えた色調の撮影、そして、苦悩を抱えながらも、生きる事の大切さを、丁寧かつしみじみと描く、まさにイーストウッド・タッチと呼べる演出は本作でも健在である。

“死後の世界”と書いたが、実は本作には、あからさまなそんなシーンは登場していない。マリーが臨死体験の中で見る不思議な光景も、ぼんやりとしていて、かつ一瞬であり、どちらかと言えば彼女ののようにも思える描き方である。
ピーター・ジャクソン監督の「ラブリー・ボーン」とか、ロビン・ウィリアムズ主演の「奇蹟の輝き」(1998)などが、霊界を極彩色で豪華絢爛に描いたのとは大違いである。

(ここからネタバレがあります。一部隠してありますので、映画を観た方のみドラッグ反転させてください)

そして、マット・ディモン扮するジョージの特殊能力…死者を呼び出すというふれ込みで、これまでビジネスをやって来たが、ジョージはそれに嫌気がさして辞めたがっている。
が、映画をじっくり見ると、実は死者の霊も、死者の言葉も画面には一切登場してはいないのだ。

ジョージは、相手に触る事で、その心の中を見る能力は持っている。それで、相手の過去の体験や、亡くなった誰に会いたいのかは知る事が出来る。

その得た情報を元に、ジョージはあたかも死者から話を聞いたごとくに装い、依頼者が望む通りの、死者の言葉を伝えるのである。
つまりは、一種の詐欺である。が、依頼者は自分しか知らない秘密をジョージが知っているので、本当に死者を呼び出したものと錯覚してしまい、ジョージに感謝するのである。

ジョージがこの商売を辞めたがっているのは、霊能師である事にうんざりしたと言うよりは、兄にそそのかされて、他人を騙す事に強い罪の意識を感じているからではないだろうか(つまり、ここにも“贖罪”というテーマが見え隠れする)。

料理教室で知り合ったメラニー(ブライス・ダラス・ハワード)に頼まれ、彼女の触れられたくない過去を知って、結局彼女の心を傷つけてしまう。自分の能力は人を欺くだけでなく、時には他人を傷つける事だってある、という点にもジョージは思い至るのである。

ここでも、よかれと思ってした己の行動が、却って悲惨な結果を招いてしまったことで、激しく己を責めたてる、「グラン・トリノ」の主人公の姿がダブる。

イギリスで出会ったマーカスから、兄の霊を呼び出して欲しいと頼まれても、頑なに拒否するのも、もう他人を騙すような事はしたくない、という思いがあるからだろう。

結局マーカスの熱意に根負けして、マーカスの願いを聞き入れるシーンでも、やはりマーカスの兄の霊が登場するシーンはない。マーカスの心の中を読み、相手に合わせてあたかも兄が喋っているかのように見せかけているだけである。
それで、マーカスの心が解放されるなら、嘘も方便、という事なのである。

そしてマリーの出版サイン会で、ジョージがマリーの手に触れた時見るのは、マリーの過去=津波で溺れた光景-だけである。

その後、ラストでそのジョージが、マリーと会う約束をした場所で幻視するのは、二人の未来である。

つまりは、これまで(他人の)過去とばかり向き合って来たジョージが、ここで初めて、未来(=希望)と向き合う事となるのである。

生きる事はせつない。人は絶望や苦悩を抱え、悩み苦しむ時だってある。

それでも人は生きて行かねばならない。未来がある限り…。

“ヒア アフター”とは、“来世”と訳されているが、直訳すれば、“ここから後”―即ち、“未来”を示しているとも言える。

スピリチュアルな作品と誤解されそうだが、実は全くそんな作品ではないのである。よく見れば、まさにイーストウッドらしい、生きる事と人生の意義を見つめ直す、素敵な心温まる人間ドラマなのであった。

 
インタビューによれば、イーストウッド監督は、現役最高齢監督のマノエル・デ・オリベイラ監督(最新作「ブロンド少女は過激に美しく」が公開されたばかり)にならって、少なくとも100歳まで監督業を続けるつもりだという。素晴らしい事である。歳を取ったって、まだまだ人間、何だってやれる、と勇気づけられる。

そう、生きている限り、人生のお楽しみは、まだまだこれからなのである。

どうでもいいが、私のブログ名「お楽しみはココからだ」の“ココからだ”って、英訳すれば“ヒア アフター”になるんじゃないか、と気がついて、ニンマリしている私なのであった(笑)。      (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「冷たい熱帯魚」 | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »

コメント

傑作と太鼓判を押すには物語の展開が緩めで気がひけますが、僕もこれは秀作でさすがイーストウッド監督と思い、思わず最後は涙しました。

金子修介監督がTwitterで「演出の教科書」と仰ってたのですがまさにその通りで、何と言うか映画全体に「意志をある演出」を観たなあ。と感じました。

それに品があって上品ですね。私的には前作より好感を持ってます。

投稿: タニプロ | 2011年3月 4日 (金) 01:27

◆タニプロさん
そう、まさに本作には、風格というか“品の良さ”が感じられますね。
これが他の凡庸な監督が撮ると、退屈でスカスカの出来になってしまうでしょうね。

そういう意味では、“庶民の平凡な日常”を描いても、独特の品の良い演出の力で傑作にしてしまう、小津安二郎監督との共通性も感じました。

100歳になったら、どんな映画を撮るのか今から楽しみです。
でもその頃には、私の方が先にあの世に行ってるかも(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2011年3月 7日 (月) 01:40

知らないでおいた方がよい過去や人の全てを知ってしまうことで辛い思いをしてきたという経歴はこの映画の霊能者によらず、厳しい時代に生きている人を少しでも癒したり支えになったりしているカウンセラーやボランティアと同じだと思います。 大切な人を亡くして、その悲しみや絶望を乗り越える力は必ず、人間は皆自分の中にある。 

投稿: マヌケ | 2011年10月11日 (火) 12:58

実は過去を見ているだけとは面白い見方ですね。
ただそう仮定した場合、以下の二つの説明が付きません。
①メラニーとまじめにお付き合いしたいのに、わざわざ余計に敬遠されやすい霊能者だと告白した
②マリーに手紙で自分の素性を正直に書いているのでしょう。その世界が見える霊能者と書いていないとわざわざ会いに来ないでしょう。仮に霊能者だと嘘を書いていて、あんな晴れやかな顔にはなる人間はいない。

よって、本当に霊能者だとしたほうが全て説明が付くのではないでしょうか。霊能者も神ではないので、交信しても常に正解を答えられると限らないでしょう。

投稿: ノリ | 2011年10月14日 (金) 10:42

ジョージがマリに書いた手紙の内容は何だったのでしょうか。野暮な質問すみません。

投稿: まさ | 2011年11月16日 (水) 01:12

◆ノリさん

えらく返事が遅くなってしまって御免なさい。(もう忘れられてる?)

さて、ご指摘の件についての私の回答です。
①霊能者という職業は、わりと広く認知されており、商売にもなっているくらいで、職業を聞いて尻込みする人はそんなに多くないでしょう。
しかし、実は人の心が読めるのです…と本当の事を言えば、まず「嘘でしょ?からかってるの?」と軽蔑されるか、もし信用してもらったとしても、今度は自分の知られたくない秘密や過去まで全部ジョージに知られてしまうと思うと、怖くて近寄れないと思われ、彼の元から逃げて行ってしまうのがオチでしょう。
そういうマイナス要素を考えたら、既に世間に知られている、霊能者だと言うのが自然ではないでしょうか。
②ジョージがマリーに書いた手紙の内容は映画では明かされていません。
これは観客が自分で想像するしかないでしょう。
ご指摘のように、
>霊能者だと嘘を書いていて、あんな晴れやかな顔にはならない…
という点から、私は恐らくジョージは、「自分は人の心が読めるのです」と本当の事を書いたのではないかと思います。
しかし、それでこれまで苦しんできた事、マリーの過去を知ったうえで、あなたの苦しみを分かち合いたい、と正直に打ち明け、それでも愛してくれるか、と思いを真摯に伝え、そんなジョージの真意を受け止め、マリーは彼を愛する事に決めたのではないでしょうか。

いかがでしょうか。
まあ、映画の受け止め方、解釈の仕方は人それぞれ、謎の多い映画ほど、いろんな解釈、楽しみ方が出来るのではないか、というのが私の持論です。
ノリさんのように、ジョージはやはり本当の霊能者だ、と思う方がいても当然だし、もしかしたらそれが正しいのかも知れません。でも私は上のように解釈し、それで映画を楽しみました。それでいいのではないでしょうか。


◆まささん
…というわけで、手紙の内容は、私の意見では上に書いたノリさんへのお返事の通りです。
まあ、あえて手紙の文面を見せず、観客にいろいろと想像させたイーストウッド監督はやはり一枚上手だな、と思いますね。

投稿: Kei(管理人) | 2011年12月16日 (金) 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/50982594

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒア アフター」:

» ヒアアフター    まさに芸術だ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後、生き... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 14:29

» 「ヒア アフター」 HEREAFTER [俺の明日はどっちだ]
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 16:42

» ヒア アフター / Hereafter [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click イーストウッドにハズレなし!だったんだケド… 「硫黄島からの手紙」に続き、スピルバーグ製作総指揮で3度目タッグ。 原題「Hereafter」=来世。 死後に人はどうなる? マット・デイモンが霊...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 17:34

» 「ヒアアフター」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
「臨死体験」とか「来世」とか、スピリチュアルな世界って、どんな巨匠が撮っても珍品になっちゃうことが多いんだけど。 最近でいえば、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が撮った「ラブリーボーン」みたいにな。 「ヒアアフター」も、死者との交...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19:20

» ヒア アフター [SUPER BLOG.JP]
「クリント・イーストウッドにハズレなし」 この言葉に?偽りなし。 今回も間違いなし、でした。 感服しました。 マイルス・デイヴィスが「俺は音楽を喰って生きているんだ」と言ったように。 クリント・イーストウッドも「映画を喰って生きているんだ」ろうと思う。 スティーヴン・スピルバーグが名を連ねてますけど何やったんだろう?と思って観たんですが。 作品が始まってすぐわかりました。 (ああ、、、、この津波... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 20:01

» ヒアアフター(2010)☆Hereafter [銅版画制作の日々]
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス〜」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通して...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 22:47

» 映画「ヒアアフター」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポットを当てたストーリーが展開されます。 1.インドネ... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 01:37

» 「ヒア アフター」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ヒア アフター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック…... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 02:26

» ヒア アフター [佐藤秀の徒然幻視録]
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 08:05

» ヒア アフター [象のロケット]
死後の世界との交信に疲れ果てたアメリカの霊能力者ジョージ、死後の世界を見てしまったフランスのジャーナリスト、マリー、交通事故で亡くなった双子の兄との再会を願うイギリスの少年マーカス。 “死”に直面したことにより人生が変わってしまった3人がイギリスで出会う。 「人は死んでしまったら、いったいどこへ行くのだろうか?」 彼らが導き出した答えとは…? ヒューマン・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 20:02

» 「ヒアアフター」のラストは「ローマの休日... [映画と出会う・世界が変わる]
ともすれば、変な映画、オバカ映画の類になりがちな題材であるが、最後まで格調高いドラマ展開で観客をひっぱっていくその力量、そして、冒頭の迫力とリアル感に満ちたスペクタクル... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 01:24

» ヒア アフター [Akira's VOICE]
静かで前向きな物語。    [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 10:19

» 「ヒアアフター」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 19:52

» ヒア アフター [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 06:32

» 映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 02:47

» No.244 ヒア アフター [気ままな映画生活]
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 23:23

» 『ヒア アフター』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ヒア アフター 』 (2010) 監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月11日 (金) 12:38

» 映画「ヒア アフター」何より今が一番大切だということ [soramove]
「ヒア アフター」★★★☆ マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、 フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、 ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード出演 クリント・イーストウッド監督、129分、2011年2月19日公開 2010,アメリカ,ワーナー (原作:原題:HEREAFTER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 今日の午後、名古屋でも激しい揺れを伴う ... [続きを読む]

受信: 2011年3月12日 (土) 17:52

» ヒア アフター [だらだら無気力ブログ]
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ…... [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 02:13

» 『ヒア アフター』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッドnbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp;nbsp; □脚本 ピーター・モーガンnbsp;nbsp; □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フラ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月18日 (金) 20:14

» ヒア アフター [いやいやえん]
クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。 でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。 サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大津波を体験したフランスの女性テレビ記者の3人のストーリー。それは偶然のようでいて必然的な出会いだったと思います。 もっとスピリチュアルで感動的な話なのかと思っていた分少々肩透かしを食らいましたが、しっかりとまとまったジワジワと浸透してくるよう... [続きを読む]

受信: 2011年10月12日 (水) 11:27

» 「ヒアアフター」(HEREAFTER) [シネマ・ワンダーランド]
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、ワーナー映画配給)。この映画は、死と向き合ったそれぞれ3人の人生が、運命にいざなわれるように絡み合っていくさまを感動的に綴っていく。主演は「グリーン・ゾーン」のマット・デイモン、共演は「スパニッシュ・アパートメント」のセシル・ドゥ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 03:37

» ヒア アフター (Hereafter) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た…... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 12:40

» ヒアアフター [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:東日本大震災について今思うこと 参加中 この映画は今年の3月11日の前に 試写会に招待して頂いて観ました。 レビューを書いて、UPしようとした矢先に あの震災が起きました。 この映画は上映中止になりました。 他にも観たい作品が、 震災の被害にあっ... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 00:56

» ヒアアフター (2011/3/6) [黄昏のシネマハウス]
クリント・イーストウッド監督の新作です。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 旅先で津波にのまれ臨死体験をしたパリのジャーナリスト、マリー。 垣間見た死後の世界が忘れられず、約束を反故にしてまで自らの体験を本にしようとして、それまでの人脈も恋人も失ってしまいます。 それでもその本「ヒアアフター(来世)」は、高名な心理学者などに後押しされ何とか出版されることとなります。 サンフランシスコでかつて霊能者として活躍していたものの、死者と対話できるその能力が逆に人とのつながりを困... [続きを読む]

受信: 2014年9月21日 (日) 15:32

« 「冷たい熱帯魚」 | トップページ | 「英国王のスピーチ」 »