« 「英国王のスピーチ」 | トップページ | 「トゥルー・グリット」 »

2011年3月17日 (木)

被災地の方々に、お見舞い申し上げます

今回の東北・太平洋沖地震で被災された方たちには、心からお見舞い申し上げます。

地震から1週間が経ちましたが、まだまだ行方不明の方も数多く、加えて福島原発事故の問題が、重く心にのしかかっております。

私の住む関西は、今回はまったくといっていいほど影響を受けず、街を歩いていても、普段と変わらない光景が広がっています。
同じ日本の国内で、あのような恐ろしい惨事があったとは、信じられないくらいです。

でも、現実に、多くの人々が、電気も通じない、暗く、寒い避難所で、耐乏生活を送っています。胸が痛みます。

私たちにも、何か出来る事はないか、考えて、とりあえず、ヤフーの緊急災害募金を利用して、いくらかの募金を行いました。

被害に遭った人たちに、一日でも早く、笑顔が戻りますよう、祈りたいと思います。

 

ただ、一つだけ、言いたい事があります。

一部のマスコミにも見られますが、政府の対応や、東京電力の処置のまずさを非難する声が上がっています。

確かに、対応は万全とは言えないとは思います。

でも、今回の地震はマグニチュード9.0、阪神・淡路大震災の1000倍という、とてつもない規模です。500年に1度来るか来ないかと言われるほどの、誰も経験した事のない未曾有の大災害です。

人間とは、不完全な生き物です。いつの時代も、失敗や過ちを繰り返して来ました。誰がやっても、完璧で文句のつけようのない対応なんてありません。不可能です。

文句を言い、非難している方たち、だったら、あなたなら、完璧にやりこなせる自身がありますか。
安全な場所にいて、結果論で後からああだこうだというのは、卑怯です。

東電の人たちも、政府首脳の人たちも、一生懸命、不眠不休で努力しています。原発の現場にいる人たちは、生命の危険にさらされながら、必死で対応に当っています。私には、とても非難出来ません。

今、我々がすべき事は、一所懸命に頑張っている人たちを、温かく見守り、応援し、絶望に打ちひしがれている人たちを励まし、日本人みんなが心を一つにして、この苦難を乗り越えて行く事だと思います。

 
それでも救いは、今回の災害に対して、世界中から支援の手が差し伸べられている事で、特に、領土問題でギクシャクしているはずのロシア、中国、韓国からも全面的な支援が届いているのには心打たれました。
国と国との関係が冷え切っていても、困っている時には助けの手を差し伸べるだけの温かい心が、まだ人間には残っている事に、少しほっとしました。

大災害の中で、略奪も暴動もなく、秩序が保たれている事に、世界中の人たちが賞賛しています。日本人でいて、良かったと心から思います。誇りにしていいと思います。

苦難の日々は続くとは思いますが、被災地の方々、くじけないで、負けないで、元気を出して、頑張ってください。
祈りをこめて…

|

« 「英国王のスピーチ」 | トップページ | 「トゥルー・グリット」 »

コメント

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

阪神淡路大震災で被災された方を除いては、此れ程迄の大惨事を経験するのは初と言っても良いのが大多数。小さからずの余震が続き、輪番停電に原発の事故と、皆が大きな不安を抱え、其れによってイライラ感が高まっているのは理解出来ます。でも、だからと言って政府や東電に当たり散らしても仕方無い。政府だって東電だって、決して好い加減な対応をしている訳では無い。野党の中には鬼の首を取ったかの様に「此れは人災だ!」とか「事業仕訳で防災費を軽んじたからだ!」等と騒いでいる人が居るけれど、「原発は絶対に安全だ。」と国策として長年推進し、天災への備えをして来たのが何処の党だったのかを考えたら、非難するのは天に唾を吐く行為に思えます。

今は与野党関係無く一致団結し、未曾有の国難を乗り越える策を考える時の筈。国民不在も甚だしい政治家には、もう辞めて貰いたいです。

投稿: giants-55 | 2011年3月21日 (月) 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51148548

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地の方々に、お見舞い申し上げます:

« 「英国王のスピーチ」 | トップページ | 「トゥルー・グリット」 »