« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 「ランウェイ☆ビート」 »

2011年3月27日 (日)

「漫才ギャング」

Manzaigyang2011年・日本/配給:角川映画
監督・原作・脚本:品川ヒロシ

初監督作品「ドロップ」で、興行面のみならず作品的にも大成功を収めたお笑い芸人の品川ヒロシが、再び自らの原作を脚色し、監督も務めた異色の青春コメディ。

結成10年目の売れないお笑いコンビ「ブラックストーン」のボケを担当する飛夫(佐藤隆太)は、ついに相方の保(綾部祐二)から解散を宣告されてしまう。ヤケ酒でトラブルを起こして警察に連行された飛夫は、留置場で出会った、日々ケンカに明け暮れるストリートギャングの鬼塚龍平(上地雄輔)にツッコミの才能を見出し、コンビを組もうと強引に誘い、漫才コンビ「ドラゴンフライ」を結成する。新たな目標を見つけてやる気を取り戻した飛夫は、元カノの由美子(石原さとみ)ともヨリを戻し、借金も返済して、ついに迎えた初舞台も見事成功させるのだが…。

デビュー作「ドロップ」は、青春映画の見事な秀作で、私は批評で、“第2回監督作品も是非発表して欲しい。そう思わせる、キラリと光るものが、本作には確かに感じられた”と褒めたのだが、本作の内容を聞いてちょっと不安になった。

というのは、同じお笑い芸人出身の映画監督、北野武や竹中直人らは、シリアスな題材の作品については見事な秀作をいくつも発表しているのだが、得意なはずのコメディ作品を撮ると、途端にグダグダの失敗作(北野=「みんな~やってるか」、竹中=「山形スクリーム」)を作ってしまうのである。

「山形スクリーム」のあまりの酷さに私は、“お笑い出身の監督は、コメディ映画を作るべきではない”とまで断言してしまったくらいである。

そんなジンクスがあるので、品川監督が第2作の題材に、得意分野の“お笑い”を選んだ事に、一抹の不安を抱いてしまったのである。

だが、私の心配は全くの杞憂であった。本作はまたしても、感動を呼ぶ佳作に仕上がっていた。

成功の最大要因は、お笑いを題材にしているとは言え、基本的には“夢を追い求める青春映画”に仕上げている点にある。

お笑い芸人としての成功を夢見る飛夫。だが相方のコンビ解消案に、その夢は潰え去ろうとしている。

片や龍平は、ただ喧嘩に明け暮れるだけで、明日の事も考えていなかった。

その二人が留置所で出会い、飛夫は失いかけた夢を再び取り戻そうとし、また龍平も、こんな自分でも何か夢を持つ事が出来るのではないかと思い始める。
出会いが、二人のそれぞれの人生をも変えようとしているのである。

その彼らを取り巻くさまざまな登場人物も、うまく的確に配置されていて、脇に至るまで無駄がない。
最初はエゲツナイ奴だと思っていた、借金取りの金井(宮川大輔)も、後半になるにつれ、意外にもいい奴である事が分かって来るなど、キャラクター設定がうまい。
ほんのチョイ役かと思っていた、ガンダムオタクの小淵川(秋山竜次)が、最後に意外な形で絡んで来る辺りも秀逸。

龍平が、飛夫の夢を壊さない為に、悪辣な城川(新井浩文)の苛めにもじっと耐える辺りも泣ける。そして終盤、飛夫までも巻き込もうとした城川の卑劣さに、遂に龍平の怒りが爆発し、後始末を金井らに託して城川たちに殴り込みを掛けるクライマックスに至るのだが、よく考えればこれ、昔懐かしい任侠映画の筋書きにそっくり。品川監督、かなりの映画通とみた。

飛夫の内心のモノローグを、モノクロのズームアップで処理したり、前作でもうまく取り入れていた、ハイスピードとコマ落しをミックスしたアクション・シーンなど、絶妙の編集テクニックにも唸らされる。

最後のオチも秀逸。単なるサクセス・ストーリーでなく、夢を追う事の厳しさ(それは自身の体験にも裏打ちされてるのだろう)を描きつつ、それでも夢を捨てない事の大切さもきっちりと訴えている(それにしても最後の相方は誰だ?)。
エンドロールの、ボケとツッコミのカーテンコールも楽しい。品川監督、映画のツボを実によく心得ている。

 
私は、最近のお笑いにあまり興味がないので、楽しめるか心配だったのだが、そんな私でも十分笑え、楽しめた。お笑いに興味がある人も、興味がない人でも、誰でも楽しめる、青春人情コメディの秀作としてお奨めしたい。

それにしても品川監督、北野武でも失敗したコメディ作品でも見事成功している点から見ても、将来は北野武をも上回る、日本映画を代表する一流監督になれる資格は十分である。
お笑い芸人にしておくのはもったいない。是非プロの映画監督の道を歩まれる事を、強く望みたい。   (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 「ランウェイ☆ビート」 »

コメント

これは秀作ですね。☆4つなんてケチくさいことおっしゃらずに、あと0.5くらいは加算してください(笑)

それはさておき、山根貞男氏なんかもキネ旬の評の中で書いてますが、かつての日本映画の良さを感じさせますね。まだ二作目なのに職人的な巧さを感じます。

今の日本映画に、必要な魅力を備えた映画です。

これに、強い社会性でも加わるようになれば、一般的にも名作と呼ばれるものが誕生することでしょう。

投稿: タニプロ | 2011年5月 1日 (日) 00:59

◆タニプロさん
ブログの方、ボチボチでも続けられたら良いと思いますよ。書く事、発信する事も元気の元です。頑張ってください。

>。☆4つなんてケチくさいことおっしゃらずに、あと0.5くらいは加算してください(笑)
いや、そうしたいとは思ったのですが、甘やかしちゃいけないと思い、グッと抑えました(笑)。
品川氏は、もっと凄い秀作を作れる才能を持ってると思います。次回作に大いに期待しておりますよ。☆はその時に取っておきましょう。

投稿: Kei(管理人) | 2011年5月 1日 (日) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51230509

この記事へのトラックバック一覧です: 「漫才ギャング」:

» 「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい [はらやんの映画徒然草]
品川ヒロシさん、「ドロップ」に続く監督第二作目になります。 実は「ドロップ」は未 [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 19:20

» 漫才ギャング [LOVE Cinemas 調布]
『ドロップ』が大ヒットしたお笑い芸人・品川ヒロシ監督第2作。今度は自らのホームであるお笑いの世界を舞台に、売れない漫才師が偶然留置場で出会った不良と漫才コンビを結成するというドタバタコメディだ。主演は『ROOKIES』の佐藤隆太と『クローズZERO』の上地雄輔。共演に石原さとみ他、多数のお笑い芸人が出演して盛り上げている。ロバート秋山のガンダムネタが凄まじい!... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 20:45

» 漫才ギャング [象のロケット]
結成10年になる漫才コンビ“ブラックストーン”は一向に売れず、ボケ&ネタ作り担当の飛夫(とびお)は、相方の保から借金を理由に解散を告げられる。 ちょっとしたトラブルで留置場送りになった飛夫は、そこでドレッドヘアーにタトゥーだらけの龍平と出会う。 話をするうちに龍平のツッコミの才能に気づき、新しい相方にならないかと誘うのだが…。 青春ドラマ。 ≪夢さえあれば、人は変われる。≫... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 21:15

» 漫才ギャング [だらだら無気力ブログ]
自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で映画監督デビューを果たした お笑いコンビ品川庄司のおしゃべりクソ野郎こと品川ヒロシの監督第2作。 売れない漫才師がひょんなことから留置場で出会った不良と漫才コンビを 組んで頂点を目指したり、成長していく様をコミカ…... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 00:35

» 「漫才ギャング」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「漫才ギャング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、他 *監督:品川ヒロシ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちして…... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 04:48

» 「漫才ギャング」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「おしゃべりクソ野郎」ことお笑い芸人・品川ヒロシ原作の人気小説を、著者自ら監督・脚本で映画化。 奇妙な偶然から出会ってしまった、売れない漫才師と札付きの不良が、漫才コ... [続きを読む]

受信: 2011年3月30日 (水) 21:07

» 漫才ギャング [花ごよみ]
監督、脚本はお笑いコンビ、 品川庄司の品川ヒロシ。 品川ヒロシ作の同名小説の映画化。 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、 秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史等が出演。 ボケ役の主人公、飛夫には佐藤隆太、 相方のツッコミ役の龍平には上地雄輔、...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 14:19

» 映画:「漫才ギャング」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年4月4日(月)。 映画:「漫才ギャング」。 【監督・原作・脚本】品川ヒロシ 【 キャスト 】佐藤隆太・上地雄輔・石原さとみ・綾部祐二・成宮寛貴・金子ノブアキ          大島美幸・大悟・西代洋 ・河本準一・亘健太郎・村上健志・秋山竜次 …... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 14:20

» 漫才ギャング [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  相方が借金取りに追われて、コンビを解消されてしまった黒沢飛夫。いつも喧嘩ばかりしているが、卑怯なことは絶対にしない鬼塚龍平。ひょんなことからこの二人がブタ箱で知り合い、新しい漫才コンビを組むことになる、というかなりおかしな展開である。  主なキ... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 11:11

» 漫才ギャング [映画的・絵画的・音楽的]
 『漫才ギャング』を渋谷Humaxで見てきました。 (1)コメディアンの品川ヒロシによる前作『ドロップ』の出来栄えが大層素晴らしかったことから、佐藤健太とか上地雄輔は好みではなかったにもかかわらず、公開早々に映画館に出かけてきました。  佐藤健太については、TV...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 22:13

» [映画まとめて語り 『漫才ギャング』] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆最近、あの、ロシアの娘二人組のお騒がせグループ<タトゥー>が解散しましたよね。  まだ頑張っていたんだ、の思いはある^^;  それで思い出したんだけど、私が、今週末に封切りの『エンジェル・ウォーズ』が気になる衝動ってのは、  <タトゥー>のデビュー時...... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 22:51

» 『漫才ギャング』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; nbsp; □作品オフィシャルサイト 「漫才ギャング」□監督・原作・脚本 品川ヒロシ□キャスト 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、宮川大輔、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、笹野高史■鑑賞日 4月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 08:37

» [映画]映画って、良いな。 [タニプロダクション]
あの日から50日が過ぎたけれど、相変わらず「言葉」というものの難しさを感じています。 4月30日の昼教育テレビで、辺見庸さんがこの震災に関して、言葉について、を中心に語られていました。 観ていて、少しだけ、背中を押された気がしました。 キネマ旬報最新号で川本三郎... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 10:38

» 別館の予備(漫才ギャング 感想225作目) [スポーツ瓦版]
6月10日 漫才ギャング アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 11:46

« 「トゥルー・グリット」 | トップページ | 「ランウェイ☆ビート」 »