« 被災地の方々に、お見舞い申し上げます | トップページ | 「漫才ギャング」 »

2011年3月21日 (月)

「トゥルー・グリット」

Truegrit2010年・米/配給:パラマウント
原題:True Grit
監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作:スコット・ルーディン、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、ロバート・グラフ、デビッド・エリソン、ミーガン・エリソン
原作:チャールズ・ポーティス

1969年に作られた、ジョン・ウェイン主演の西部劇「勇気ある追跡」を、「ノーカントリー」等のジョエル&イーサンのコーエン兄弟がリメイク。製作総指揮には、スティーブン・スピルバーグも名を連ねている。

父親を殺された14歳の少女マティ(ヘイリー・スタインフェルド)は犯人を追跡するため、隻眼で元は凄腕だが、今は大酒のみで自堕落な連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)を雇う。気の強いマティはコグバーンに無理やり同行し、別件で同じ悪党を追うテキサス・レンジャー、ラビーフ(マット・ディモン)も加わり、3人の危険な追跡劇が始まった…。

コーエン兄弟の監督という事で、どんな毛色の変わった西部劇になるかと思ったが、意外や実に本格的・正統西部劇に仕上がっていたので感心した。ジョン・ウェイン主演のオリジナルにもオマージュを捧げたシーン(口に手綱を咥え、両手に銃を持って対決する)もあり、オリジナルが大好きな私にはそれだけでも感動ものである。

マティに扮したヘイリー・スタインフェルドが素晴らしい熱演。あどけない顔なのに、葬儀屋と駆け引きしてコグバーンを雇う費用を捻出する辺り、大人も顔負けである。

このシークェンスが、最初はマティを子供扱いしていたコグバーンが、次第に彼女を対等に扱うようになり、二人が心を通わせて行く伏線にもなっている辺りもうまい展開である。

マット・ディモンも、「ヒア アフター」とは一転、西部の風景に見事に溶け込んでいる。

そしてジェフ・ブリッジス。「クレイジー・ハート」で素晴らしい復活を見せたばかりか、今度は風格あるウエスタン・ヒーローを豪快に演じ、またまた男を上げている。ジョン・ウェインが演じた前作のコグバーンとも全くひけを取っていない。秀作「ラスト・ショー」(71)で、遅れて来たアメリカン・ニューシネマの残像を引きずっていたブリッジスが、こんな渋い老年ヒーローを演じるまでになった事に感慨深いものがある。
ちなみに、「ラスト・ショー」の中で、文字通りラスト・ピクチャー・ショーを飾っていたのが、ジョン・ウェイン主演「赤い河」であったのも、何かの因縁であろうか。共演者の中に、ジョン・ウェインとの共演作も多い西部劇の名優、ベン・ジョンソンの名前があるのもまた興味深い。

クライマックスの、悪党一味との決闘シーンも、まさにこれぞ西部劇。久しぶりに興奮した。やるじゃないかコーエン兄弟。

そして終盤、ガラガラヘビに噛まれたマティを、医者に連れて行く為にコグバーンが必死で馬を駆けるくだりも印象的だ。
美しい星空の下、少女の命を助ける為に走り続ける老ヒーローの姿に、西部男の心意気を見る。

ラストの後日譚も印象深い。あれから25年を経て、その後のマティとコグバーンの顛末が語られる。ウェインのオリジナル作品にはないエピソードであるが、ここは実は原作通りであり、コーエン兄弟も言っているが、これは“原作に忠実な映画化”なのである。

これを描く事によって、西部のヒーローの悲しい末路、並びに“復讐には代償が伴う”本作のテーマをくっきりと印象付けている。

カッコいい西部劇であったウェイン主演の前作とは明らかに異なる、人間の運命、憎悪の連鎖の空しさ、といった、9.11以降のアメリカの空気、をも敏感に反映していると言えよう。今世紀に、コーエン兄弟があえてリメイクにチャレンジした意味も十分納得出来る。

爽快な正統西部劇として楽しむも良し、コーエン兄弟映画の新たな展開として見るも良し、本年を代表する見事な秀作としてお奨めしたい。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(で、お楽しみはココからだ)

既に一部の評論家も指摘しているが、本作には、チャールズ・ロートン監督のカルト的秀作「狩人の夜」(1955)へのオマージュも巧みに盛り込まれている。

Nightofthehunter_2ご存じない方の為に解説すると、これはビリー・ワイルダー監督「情婦」等の名演でも知られる俳優、チャールズ・ロートンが初監督を担当し、ロバート・ミッチャムが不気味な殺人犯を演じたサスペンス映画である。共演にはリリアン・ギッシュ、シェリー・ウィンタース等の名優が並ぶ。

だが、公開当時は興行的にも当らず、批評家からも黙殺され、我が国でも劇場未公開に終わった不幸な作品である。ロートンも監督作はこれ1作に終わった。

が、後年、F・トリュフォー等一部の映画人が激賞し、やがてカルト的な人気を得て再評価の機運が高まり、我が国でも1990年に至ってようやく劇場公開される事になった、いわく付きの作品である。

後年の映画にも多大な影響を与えており、ミッチャムの両手の指に彫られた刺青、“LOVE”と“HATE”は、スパイク・リー監督の「ドゥ・ザ・ライト・シング」の中で、巨大ラジカセを肩にかついだレディオ・ラヒームが両手に着けているリングに、そのまま引用されている。
また、マーティン・スコセッシ監督「ケープ・フィアー」で、ロバート・デ・ニーロの身体に彫られた「TRUTH」と「JUSTICE」の刺青もこれの引用と言われている。

 
で、本作へのオマージュの件だが、本作で随所に流れる、「永遠(とわ)なる腕(かいな)に身をゆだね」という歌詞の賛美歌(聖歌503番「主の御手に頼る日は」という題名の曲)は、「狩人の夜」の中で印象的に使われており、「狩人の夜」を気に入った映画ファンならすぐにピンと来るだろう。

Nightofthehunter1_2そして映像的にも、この作品には、地平線を行く馬に乗った男のシルエット(写真1)とか、星空の下、河を流れて行く兄妹の船(写真2)とかの印象的な名シーンがあるのだが、これらに似たシーンが「トゥNightofthehunter2_2ルー・グリット」でもちゃんと登場しているのは、映画を見れば自明である。

思えば、ミッチャムが演じた、どこまでも執拗に追って来る不気味な殺人鬼のイメージは、コーエン兄弟の「ノーカントリー」の殺人者、ハビエル・バルデム演じるアントン・シガーに、巧妙に投影されているのかも知れない。

なお「狩人の夜」は、2007年に「カイエ・デュ・シネマ」誌が発表した「世界で最も美しい100本の映画」では、第2位に選ばれている。
ちなみに、1位はオーソン・ウェルズ監督「市民ケーン」である。
人気の高さを窺い知る事が出来るだろう。

どうでもいいが、この1位、2位の作品、どちらもでっぷり太った性格俳優(笑)の初監督作品で、どちらも公開当時は批評・興行共に惨敗、後年再評価される、といった共通点があるのが面白い。

映画ファンなら、見ておいて損はない秀作である。興味があれば是非。

「狩人の夜」トレーラー

DVD「狩人の夜」

原作本

|

« 被災地の方々に、お見舞い申し上げます | トップページ | 「漫才ギャング」 »

コメント

読みごたえあり、
なおかつ嬉しくなる映画の記憶に満ちたレビューでした。
私のツイッターでご紹介させていただきました。
事後報告、すみません。

投稿: えい | 2011年3月21日 (月) 21:35

おお、「狩人の夜」かあ。
全く気付きませんでした。なるほど言われてみれば・・・と言いたいところですが、見たのが昔過ぎてあんまり覚えていない・・・(苦
しかし旧作には使われてなかった、「主の御手に頼る日は」のアイディアはどこから来たのだろうと思っていたのですが、ようやくすっきりしました。

投稿: ノラネコ | 2011年3月21日 (月) 21:59

◆えいさん
ツイッターでの紹介ありがとうございました。光栄の至りです。
コーエン兄弟、いろいろ遊んでくれますねぇ(笑)。


◆ノラネコさん
TB出来なかったのに、わざわざTBいただいてすみません。
「狩人の夜」は最近ツボに嵌った作品です。
チャールズ・ロートン、監督としても見事な腕前ですね。たった1作しか撮らなかった(撮れなかった?)のが惜しまれてなりません。

投稿: Kei(管理人) | 2011年3月22日 (火) 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51181712

この記事へのトラックバック一覧です: 「トゥルー・グリット」:

» トゥルー・グリット [LOVE Cinemas 調布]
『ノーカントリー』のコーエン兄弟が監督し、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた西部劇。今年のアカデミー賞で作品賞、主演男女優賞、監督賞など10部門にノミネートされた。主演は昨年のオスカー俳優ジェフ・ブリッジス、共演にマット・デイモン、ジョシュ・ブローリン。弱冠14歳で助演女優賞にノミネートされたヘイリー・スタインフェルドの好演に驚かされる。... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 20:35

» トゥルー・グリット [象のロケット]
1878年、アメリカ西部。 雇い人チェイニーに牧場主の父親を撃ち殺された14歳の少女マティは、自力での復讐を決意する。 彼女が犯人追跡を依頼したのは、凄腕だが大酒飲みの、アイパッチをした連邦保安官ルースター。 別の容疑でチェイニーを追っていたテキサス・レンジャー(無法者を捕まえる西部劇のヒーロー的な法執行官)のラビーフも加わり、3人の旅が始まった…。 西部開拓時代の少女の冒険物語。... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 21:15

» 『トゥルー・グリット』(アカデミー賞特集第二夜) [ラムの大通り]
※少し見どころにも触れてます。 ネタバレにもなりますので、先に映画をご覧になった方がいいかも。 (英題:True Grit) ----やっと、この映画のお話だね。 観たときは、気に入っていたようだけど、 喋るまで、ずいぶんとかかっていない? 『ウォール・ストリート』『...... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 21:26

» トゥルー・グリット [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
本作はジョン・ウェイン版のリメイクではなく、原作の同名小説の再映画化となっている。監督その他は、コーエン兄弟だ。主演のジェフ・ブリッジスの存在感が抜群で、父の仇を取る14歳の少女を演じたヘイリー・スタインフェルドも頑張っている。25年後の後日談がマティの真骨... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 21:38

» トゥルー・グリット・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
いや、これは驚いた! コーエン兄弟による「勇気ある追跡」のリメイク企画が進行中で、しかも主演がジェフ・ブリッジスと聞いた時には意外な感じがした。 1969年に作られたオリジナルは、オールドハリウッド...... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 22:00

» トゥルー・グリット/ TRUE GRIT [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリッnbsp;クしてねlarr;please click nbsp; ジョエル、イーサン・コーエン、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ nbsp; 試写にて鑑賞。 アカデミー賞、作品賞ほか10...... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 14:30

» 「トゥルー・グリット」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「トゥルー・グリット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、ヘイリー・スタインフェルド、ブルース・グリーン、マイク・ワトソン、他 *監督:ジョエル・コ…... [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 16:35

» 映画「トゥルー・グリット」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「トゥルー・グリット」観に行ってきました。アメリカ西部開拓時代を舞台に、14歳の少女が2人の男と共に父親の仇を追う復讐劇を描いた、1969年公開の西部劇映画「勇気あ... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 01:39

» トゥルー・グリット がらがらへ〜びがやってきた〜! [労組書記長社労士のブログ]
【=17 -3-】 木曜日、仕事の一貫で大阪府池田市内をママチャリ乗って一日中爆走、さっきマピオンキョリ測でポチポチと走行距離を大雑把に計ってみたら、なんと30?くらいを走っていた。 途中雨は降るし、ポータルナビゲーションのバッテリーは切れるし、せっかく登り切っ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 10:35

» 正当派なコーエン作品 [笑う学生の生活]
[続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 20:57

» トゥルー・グリット [映画的・絵画的・音楽的]
 『トゥルー・グリット』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)ことさらな西部劇ファンでもなく、またコーエン兄弟の作品に通じているわけでもないため、本作品についての事前の情報など何もなしに、ただ『ヒア アフター』のマット・デイモンが出演しているというの...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 08:19

» 「トゥルー・グリット」:21世紀のベスト西部劇 [大江戸時夫の東京温度]
映画『トゥルー・グリット』は、コーエン兄弟監督作品らしからぬ正統派西部劇。衒いの [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 00:32

» 『トゥルー・グリット』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; nbsp; □作品オフィシャルサイト 「トゥルー・グリット」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 チャールズ・ポーティス □キャスト ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド■...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 08:29

» 映画「トゥルー・グリット 」ハッピーエンドは期待しない [soramove]
「トゥルー・グリット 」★★★★ ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、 ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド出演 イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、 110分、2011年3月18日公開 2010,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原作:原題:TRUE GRIT)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ジェフ・ブリッジスがアカデミー賞主演男優... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 12:20

» トゥルー・グリット [だらだら無気力ブログ]
69年のジョン・ウェイン主演西部劇「勇気ある追跡」の原作ともなった チャールズ・ポーティスの同名小説を、「ファーゴ」「ノーカントリー」の コーエン兄弟が「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスを主演に 迎えて再映画化。 父を殺した犯人への復讐を誓い、2人…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 01:37

» 『トゥルー・グリット』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 トゥルー・グリット 』 (2010) 監  督 :ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンキャスト :ジェフ・ブリッジズ、マット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、ヘイリー・スタインフェルド、バリ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 01:24

» ■映画『トゥルー・グリット』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
でっぷりと膨らんだお腹をさらけ出し、いぎたなく眠りこけたりしてしまうジェフ・ブリッジスの演技がなんとも素晴らしい、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の最新作『トゥルー・グリット』。 ジェフ・ブリッジス演じる酔いどれ保安官、コグバーンだけじゃなく、頑なで小生意気... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 02:25

» 映画:トゥルー・グリット [よしなしごと]
 親は西部劇が好きなのですが、親父が見る西部劇はどうも古くさくて好きになれなかったんです。と言うわけでまともに西部劇を見た事もなかったのですが、うちの親父の好きだった作品の1つ勇気ある追跡がコーエン兄弟によってリメイクされるという事で観に行こうと思っていました。そんな時、試写会に当たったので楽しみにしていたんです。ところが震災で試写会会場が打撃を受け中止に。試写会時に配ろうと思っていた招待券を希望者には郵送するという連絡があり、ありがたくいただく事にして、観に行ってきました。と...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 00:03

» 映画『トゥルー・グリット』を観て [kintyres Diary 新館]
11-27.トゥルー・グリット■原題:True Grit■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:4月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色・製作:ジョエル・コーエン、イーサン...... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 14:24

» トゥルー・グリット [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:GW中に見た映画、読んだ小説や漫画 参加中 月一回行っている脚本ゼミのメンバーで行く 映画を観る会。 この回は私が作品を選ぶことになっているのだけれど、 何かピンとくる作品がない。 「ザ・ファイター」と悩んだのですがこちらにしました。 コーエン... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 08:26

» [映画『トゥルー・グリット』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すっかり、王道の物語を撮れるようになったコーエン兄弟監督作である。  かつての、ジョン・ウェイン主演西部劇のオリジナル原作を映画化したとのこと。  ・・・父親を殺された娘が、保安官を雇い、インディアン居留地に逃亡した犯人を追う。  犯人には多くの前科...... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 20:27

» 「トゥルー・グリット」真の勇気 [ノルウェー暮らし・イン・London]
アカデミー賞作品賞、主演男優賞ほか10部門でノミネート、監督にコーエン兄弟、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグという豪華布陣の話題作。 コーエン兄弟とスピルバーグという組み合わせ自体に違和感を感じないでもないけど、大物が足を引っ張り合わずにきちんと仕事が出来たのは、大きく評価しなくては☆... [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 00:21

» 『トゥルー・グリット』 | 少女の不幸は復讐の旅からはじまった。 [23:30の雑記帳]
この物語は一見すると「大人たちの手を借りながらも、 最後には立派に父親の敵を討つ、けなげな14歳の少女の物語」 のように見えるし、事実、表面上はそうなんですけれど、 内 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 21:50

» トゥルー・グリット [as soon as]
劇中にも何度か出てくる真の勇気 正しいと信じるものを貫き行動する 死の谷を歩こうともわたしは恐れない この少女、マティの鉄の意志 これは、掲げる正義が正しいかどうかということよりも 正し...... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 01:04

» 【映画】トゥルー・グリット [【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog]
『トゥルー・グリット』(2010年・監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン) ジョン・ウェイン主演の『勇気ある追跡』(1969)をジェフ・ブリッジス主演で、コーエン兄弟がリ [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 23:37

» トゥルー・グリット [いやいやえん]
父親を殺された少女の復讐とロードムービーな感じでウエスタン。 頭を使った巧みな交渉術からこの主人公の少女マティが賢い少女だとわかる。飲んだくれの連邦保安官コグバーン、テキサス・レンジャーのラビーフを加えたこの3人が主人公ですね。 西部劇特有の悠然と構えたような自然と人との距離感が凄く良かったです。 コグバーンを演じるジェフ・ブリッジスさんが格好いい。銃を構える仕草が様になってます。 でも、根本的にどちらかといえば地味な作品で淡々としてますね。やっと見つけたチェイニーとの邂逅も、なんだ... [続きを読む]

受信: 2011年9月29日 (木) 11:14

» 「トゥルー・グリット」(TRUE GRIT) [シネマ・ワンダーランド]
「ノー・カントリー」「バーン・アスター・リーディング」などの作品で知られる米監督ジョエル&イーサン・コ^エンがメガホンを執った西部劇「トゥルー・グリット」(原題=真の勇気、2010年、米、110分、パラマウント映画配給)。この映画は、ジョン・ウエイン及びキム・ハンター主演の「勇気ある追跡」をリメイク。父親を殺害された14歳の少女が2人の男を従えて、犯人への復讐する様を描く。主演は「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスと、14歳でハリウッド期待の新星、ヘイリー・スタインフェルド。本作は第...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22:57

» トゥルー・グリット (True Grit) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演 ジェフ・ブリッジス 2010年 アメリカ映画 110分 西部劇 採点★★★ 批評家やマニアの受けはすこぶる良いコーエン兄弟。何かしらの映画祭で話題になりますよねぇ。「映画祭向けに作ってんじゃないのか?」って思…... [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 06:22

» トゥルー・グリット 渋すぎる [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 広島市内は、雪は何とか大丈夫みたいですが、東京の方はこれから積雪あるらしいですね。子供の頃は嬉しかった雪ですが、働きだしてからは面倒にしか思えなくなりました o(-ェ-) [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 20:17

» トゥルー・グリット (2011/4/13) [黄昏のシネマハウス]
久々に大好きな西部劇映画です。 本格的なウエスタンは『3時10分、決断のとき』以来1年半ぶり。 1969年に公開された《勇気ある追跡》のリメイクです。 前作は主演がジョン・ウェインで、確かオスカーを獲ったはずと記憶しています。 当時はアメリカン・ニュー・シネマが全盛だった時代。 そんな頃でしたから、いくら西部劇が好きだといっても、ジョン・ウェインの超保守的な作品なんてわざわざ見に行く気にはなれなかったものです。 監督は現代アメリカの乾いた一面を鋭く切り開いて評価の高いコーエン... [続きを読む]

受信: 2014年9月30日 (火) 14:21

« 被災地の方々に、お見舞い申し上げます | トップページ | 「漫才ギャング」 »