« 「ランウェイ☆ビート」 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »

2011年4月10日 (日)

「塔の上のラプンツェル」

Rapentwel2010年・米/ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
原題:Tangled
監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
原作:グリム兄弟
製作総指揮:ジョン・ラセター
製作総指揮/アニメーション・スーパーバイザー:グレン・キーン
脚本:ダン・フォーゲルマン

グリム童話の「ラプンツェル(髪長姫)」を映画化した、ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作。

原作は、記念すべきディズニー長編アニメ第1作「白雪姫」グリム兄弟。50作目に至って、原点に回帰したと言えるだろう。総指揮を務めたジョン・ラセターの絶妙なチョイスに、まず拍手。
ちなみに、「シンデレラ」、「眠れる森の美女」もグリム兄弟原作と勘違いしそうだが(よく似た話はグリム童話にもあるが)、両作とも正式にはシャルル・ペロー原作である。

逃亡中の盗賊フリン・ライダーは、山奥の谷にそびえ立つ高い塔を見つける。好奇心から塔に入ったフリンは、髪が驚くほど長い不思議な少女ラプンツェルと出会う。彼女は18年間、塔の中だけで生活してきたが、フリンとともに外の世界へ冒険の旅に出ることになる。

映画では、ラプンツェルは赤ん坊の時、魔女ゴーテルによってお城からさらわれたプリンセスという設定だが、原作では普通の庶民の娘。逆に男の方は原作では王子さまなのだが、映画では泥棒に変更されている。お話も、“塔の上に、髪の長い女の子が幽閉されていた”という基本設定以外は、大幅にストーリーが改変されている(ちなみに、原作の初版ではかなりきわどいセックス描写もあるそうな。本当に怖いグリム童話だ(笑))。

この改変は、「白雪姫」を始めとして、基本的に“プリンセスもの”が多いディズニー・アニメの王道路線を継承した故だろう。サブキャラに、カメレオンとか馬とかの動物を配したのも、いかにもディズニーらしい。ミュージカル風に歌い出すシーンもあり、過去のディズニー・アニメのエッセンスが巧みにまぶされている。

ちょっと気になったのが、本作が3DCGアニメである点。せっかく前作(49作目)で「プリンセスと魔法のキス」という、久しぶりの2D手書きセル・アニメを復活させたのに、またCGアニメに戻るのかと少々不安になった。

だが、さすがラセター、CGとは言え、キャラクター・デザインはセル・アニメ時代のそれにかなり近くなっているし、動きやギャグもセル・アニメのタッチをかなり取り入れている。観ているうちに、気にならなくなっていた。ディズニーが3DCGアニメを製作するのは個人的には反対であったが、このくらいの仕上がりなら十分満足である。

むしろ本作は、手書きセル・アニメのシンプル感、手書きならではの温かみ、高揚感を継承しつつ、それを3DCGの技術で、よりクオリティ、奥行きの深さを高めたという点で、ディズニー・アニメの一つの到達点、であると言えるかも知れない。

 
(以下ネタバレあり)

ヒロインは、元気いっぱい、幽閉されていても、外界への好奇心は旺盛だし、毎年自分の誕生日になると夜空いっぱいに現れる不思議な灯りの正体をいつか確かめることを夢に見ている。フリンが塔に侵入して来るとフライパンでノックアウトしてしまう。

そのフリンを道案内に、謎の灯りの正体を求めて、ラプンツェルは初めて塔を抜け出し、冒険の旅に出る。思えば、“男と女の冒険の旅”は、前作のモチーフでもあった事を思い出す。

そして定番ではあるが、さまざまな試練、困難、危機を共に乗り越え、二人の絆が深まって行く展開はやはり楽しく、ワクワク、ハラハラさせられる。

ようやく、お城の近くの湖にたどり着き、夜空に無数の不思議な灯り=ランタンが舞うシーンは、3D効果も相まってとても幻想的でこの上なく美しい。このシーンを観るだけでも料金だけの値打ちはある。ここは是非劇場で、メガネ付3Dで観賞する事を推奨したい。

音楽担当も、前作はピクサー作品が多いランディ・ニューマンであったが、本作では「リトル・マーメイド」以降のディズニー・アニメではお馴染みのアラン・メンケンが戻って来たのも、ファンとしては嬉しい限りである。

これぞまさしく、ディズニー・アニメの本領発揮。前作に引き続き、楽しくて、夢があって、ロマンスがあって、感動のラストを迎える、見事な完成度を持ったエンタティンメントの一級品である。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(お楽しみはココからだ)

本作には、過去のディズニー・アニメからの引用もいくつか見る事が出来る。

二人が途中で出会う海賊たちは、一人は片腕がカギ爪義手になっている事からも分かるように、ディズニー・アニメの古典「ピーター・パン」に出て来る、カギ爪のフック船長をリーダーとする海賊たちへのオマージュだろう。

魔女が姫の前に立ちふさがり、ヒーローがその姫を守る、というパターンも、「眠れる森の美女」「リトル・マーメイド」等、ディズニー作品では定番とも言える。
そう言えば、「リトル-」のアリエル姫も、好奇心旺盛で、やがて外界へ冒険の旅に出るというお話であった。

ラストでは、[死んだはずのフリンの頬に、ラプンツェルの涙が落ちると生き返る]辺りも、「白雪姫」のラスト(死んだと思われた姫に王子がキスすると生き返る)の(男女を逆転させた)オマージュになっている。

つまりは、本作は子供たちを楽しませるだけでなく、永くディズニー・アニメを観て来た大人であるほど、余計楽しい作品に仕上がっている。

まさに、ディズニー長編アニメ第50作目にふさわしい、記念作品と言えるだろう。

なお、ジョン・ラセターは大の宮崎駿ファンであることが知られているが(ラセターが原案・製作総指揮を担当した「トイ・ストーリー3」トトロがゲスト出演していたのは周知の通り)、フリンのキャラ設定を原作の王子さまから泥棒に変えたのは、宮崎作品「ルパン三世/カリオストロの城」へのオマージュなのかも知れない。王女クラリスも、高い塔の上に幽閉されていたし。ラストではフリンは見事にプリンセスのハートを奪って行った(笑)。

配給会社が邦題を「塔の上のラプンツェル」としたのも、宮崎アニメの近作「崖の上のポニョ」に引っかけた可能性がある。

とまあ、いろいろと連想を膨らませてみるのも、映画をより楽しむ方法である。試してみてはいかが。

|

« 「ランウェイ☆ビート」 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »

コメント

私のこの言葉を、もし被災者の方が読んだとして、どう思われるかわかりません。

けど私は、この映画の「灯りが舞う」シーンを観て、素直にこう思いました。

いま、震災で避難生活等を送っている子供たちにも、見せてあげたい。

そう思って、こらえ切れず涙を流しました。

映画にはそれだけの力があると、信じています。

投稿: タニプロ | 2011年4月11日 (月) 22:51

フリンと馬のマキシマスは完全にルパンと銭形の置き換えだと思いますよ。
元々「カリオストロの城」のアイディア自体が、本作の原作が元ネタですから。
塔に幽閉されたお姫様を泥棒が救い出すという時点でクラリスですよね。

投稿: ノラネコ | 2011年4月15日 (金) 22:20

◆タニプロさん、お久しぶりです、お元気で何よりです。

「灯りが舞う」シーン、本当に感動的でしたね。うっすらと涙さえこぼしてしまいました。

本当に、東北の被災した子供たちに見せてあげたいですね。

 
◆ノラネコさん
あはは、確かにあれはルパンと銭形を思い起こさせますね。

>元々「カリオストロの城」のアイディア自体が、本作の原作が元ネタですから。

ん?グリムの原作では普通の女の子と王子さまだったはずですよ。
プリンセスと泥棒に改変したのは、宮崎ファンのラセターの仕業と思います。

投稿: Kei(管理人) | 2011年4月18日 (月) 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51356956

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔の上のラプンツェル」:

» 塔の上のラプンツェル [象のロケット]
深い森にある高い塔の中で、18年間、外の世界を知らずに成長した、驚くほど長い魔法の“黄金色の髪”を持つ美しい少女ラプンツェル。 彼女の夢は、毎年、誕生日になると夜空に現れる“不思議な灯り”の正体を確かめること。 お母様には内緒で、塔の中に迷い込んできたお尋ね者の大泥棒フリンを道案内に、初めて塔の外へ出る大冒険が始まったのですが…。 ファンタジー・アニメ。... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 02:29

» 塔の上のラプンツェル [LOVE Cinemas 調布]
ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版では、アイドルの中川翔子がラプンツェルの声を担当している。... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 02:50

» 塔の上のラプンツェル2D日本語吹き替え版 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ディズニー長編アニメ50作目の作品は、3Dで見るべきだった。3Dでの上映を意識したシーンが多くあって、特にお城から空に昇る風船を湖から見るシーンは絶対に3Dの方がきれいだ。ラプンツェルの髪の毛が持っている能力は、神の万能の力だ。本来人間が持つことがない能力を偶然... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 06:57

» お母さんは誘拐犯であった「塔の上のラプン... [映画と出会う・世界が変わる]
育ててくれた母親が誘拐犯であったという設定は、まるで「八日目の蝉」ではないか、というよりは「ラプンチェル」の方が先なので、「八日目の蝉」が影響を受けて作られたというべき... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 08:28

» 「塔の上のラプンツェル」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 記念すべきディズニー・クラシックス第50作目にあたる本作は、「髪長姫」の邦題でも知られるグリム童話を原作に、長い間塔の上に閉じ込められていた少女の、初めての外の世界と... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 18:35

» 塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え [銅版画制作の日々]
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 18:35

» 映画レビュー 「塔の上のラプンツェル」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
塔の上のラプンツェル  原題:Tangled 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ディズニー長編アニメの50作目となる節目的作品。グリム童話の髪長姫のラプンツェルを映像化。18年間一歩も塔...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 02:21

» 『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; nbsp; □作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 12:12

» 「塔の上のラプンツェル」 伝統と新風 [はらやんの映画徒然草]
「『ラプンツェル』って、あれか、ブッシュ(息子)元大統領が喉に詰まらせたやつ?」 [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 20:59

» 映画を観た。 [タニプロダクション]
あれから1か月が過ぎた。 3月11日、私はあるビルにいた。 ある講習を受けていたのだが中止となった。そのままビルを出たものの携帯電話も繋がらず、仕方なく駅の周囲を歩いていて、ラーメン屋に置いてあったテレビを観て我が目を疑った。 そのまま、近くのテレビの置いてあ... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 01:17

» 映画:「塔の上のラプンツェル」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年4月13日(水)。 映画:「塔の上のラプンツェル」。 【監   督】バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ 【製作総指揮】グレン・キーン、ジョン・ラセター 【製   作】ロイ・コンリ 【脚   本】ダン・フォーゲルマン 【美   術】ダグ…... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 11:32

» 映画「塔の上のラプンツェル」キレイキレイなおとぎ話 [soramove]
「塔の上のラプンツェル」★★★☆ マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ 声の出演 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督、 101分 、2011年3月12日公開 アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:RAPUNZEL)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「3Dの必要あるんだろうか、 あの重いメガネを時々持ちあげて スクリーンを見るけど メガネ無... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 23:16

» ■映画『塔の上のラプンツェル』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛する人と... [続きを読む]

受信: 2011年4月15日 (金) 01:01

» 塔の上のラプンツェル・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「塔の上のラプンツェル」は、ディズニー長編アニメーションの記念すべき第50作目にして、伝統のプリンセス物としては初の3DCG作品だ。 ベースとなっているのは、グリム童話の「髪長姫」だが、髪の長い少女が...... [続きを読む]

受信: 2011年4月15日 (金) 22:15

» 『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者? [映画のブログ]
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 21:34

» 『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010) 監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 17:29

» 映画:塔の上のラプンツェル [よしなしごと]
 近くの映画館はほとんどが吹き替え版だったので、まぁ吹き替え版でもいいかという気持ちになっていたのですが、吹き替えが声優じゃなくて中川翔子ということを知って、なんとしても字幕版で見なくては!と言うわけでブログにも書きましたが109シネマズを運営している東急レクリエーションの株主総会の帰りに、TOHOシネマズで塔の上のラプンツェルを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 01:24

» 塔の上のラプンツェル [I LOVE 韓流]
やっぱり最高 [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 21:25

» 塔の上のラプンツェル [食はすべての源なり。]
塔の上のラプンツェル ★★★★★(★満点!) さすがのディズニーワールド全開! 前評判を裏切らない完成度と感動でした ディズニーって本当に「夢をみせる」世界ですよね。こんな時だから?こそ、うるっとね。 ミュージカルはアラジンぽかった(同じミュージックディレクターなのね)。 話がどうの、展開がどうの、3Dがどうのっていうより(もちろん完成度も高いのだけれど)、世界観を楽しんでほしい!ディズニーランドに行ったときの童心にかえる感じと高揚感! 今回の主人公は悩んだり、不安になったり人間味あふれる... [続きを読む]

受信: 2011年8月 2日 (火) 17:09

» 【映画】塔の上のラプンツェル…文化的な親子(?)はポーランドの祭りに思いを馳せる [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日二度目の記事投稿(一度目はこちら) まずは近況報告から 昨日2011年10月22日(土曜日)は朝から小倉に出かけました。一緒に行った嫁さんが美容院に行く(所要予定時間2時間とのこと)というので、その間私は小倉をブラブラする事に… そういえばこの日が、HOBBYBO...... [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 16:32

» 塔の上のラプンツェル [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:最近の1番の楽しみは? 参加中 9月はあまりにもレビューが少なかったので、 10月からは増やそうと思って頑張っていたけれど、 今月も少ない感じ。(T^T) でも映画を観る時は楽しいですね。 そう! こういう時は楽しい映画を観たいですね(^^) グ... [続きを読む]

受信: 2011年11月10日 (木) 22:42

« 「ランウェイ☆ビート」 | トップページ | 「わたしを離さないで」 »