« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 »

2011年5月15日 (日)

「アンノウン」

Unknown2011年・米/配給:ワーナー・ブラザース
原題:Unknown
監督:ジャウム・コレット=セラ
原作:ディディエ・ヴァン・コーヴラール
脚本:オリバー・ブッチャー、スティーブン・コーンウェル
製作:ジョエル・シルバー 、レナード・ゴールドバーグ、アンドリュー・ローナ
製作総指揮:スーザン・ダウニー、 ピーター・マカリーズ、サラ・メイヤー、スティーブ・リチャーズ

「片道切符」で'94年のゴンクール賞を受賞したフランス人作家・ディディエ・ヴァン・コーヴラールの原作を、「96時間」のリーアム・ニーソン主演により映画化したアクション・ミステリー。監督は「エスター」のジャウム・コレット=セラ。

植物学者のマーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、学会に出席するため、妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)とベルリンに降り立った。ホテルへ着いたところで忘れ物に気付いた彼は妻を残し、タクシーで空港へと引き返すが、途中で交通事故に遭い、4日間もの昏睡状態に陥ってしまう。病院で意識を取り戻したマーティンは学会が開かれるホテルへ向かうが、彼を待っていたはずの妻はマーティンを“あなたは誰?”と言い放ち、彼女の傍らにはマーティンを名乗る見ず知らずの男がいた…。

設定がまず面白い。事故で昏睡し、目が醒めたら記憶の一部が失われていて、妻からは自分を知らないと言われ、他に自分を証明してくれる人間は誰もいない…という状況は、まるで悪夢である。フランツ・カフカの小説に出て来るような、不条理劇である。
さあこれは、夢なのか、あるいは巨大な陰謀に嵌められたのか、とまず観客をワクワクさせるには十分な出だしである。

さらに状況として面白いのは、舞台が外国(ドイツ)である為、言葉が通じない=コミュニケーションが取れないというハンディである。
似た作品としては、ハリソン・フォード主演の、フランスを舞台とした「フランティック」(1988)がある。こちらも学会出席の為に異国にやって来て、荷物はなくするし、言葉が通じないし、という共通点がある。原作者は参考にしたのかも知れない(本作の原作は2003年発表)。

こうして、窮地に追い詰められた主人公が、さらに何故か殺し屋?に命を狙われる、という展開が追い討ちをかける。

何故妻は自分を知らないと言うのか、命を狙われる理由は、と謎だらけ。どうオチをつけるのか、ミステリー・ファンには興味津々の展開。派手なカー・チェイスがあるのは、プロデューサーとして「マトリックス」「インベージョン」ジョエル・シルバーが一枚噛んでいるせいである。

映画未見の方はここまでで、後は読まないように。ややオイオイと言いたくなる突っ込みどころもあるけれど、まあ十分楽しめる快作である。

(以下、ネタバレあり。読みたい方はドラッグ反転してください)
少々ご都合主義なのは、マーティンの残っている記憶が、妻と愛し合うシーンくらいで、さらにフランク・ランジェラ扮する、米国にいるコールという男についての記憶が、信頼出来る友人、という部分だけという点。

実はマーティン自身も、妻も、コールも、伝説的な暗殺組織の一員で、学会で画期的な発表をする予定の教授の研究データを盗み、暗殺するという計画に参加していた事が後に判明する。

“主人公が実は悪人グループの一味だった”というのは新趣向で、それ自体は面白いアイデアである。

が、それならなんで戻った記憶が、仮想で作り上げた、善良な学者、という部分だけなのか。コールの姿を見たら、犯罪計画の一部でも思い出しそうだが、その記憶が戻るのは、ほとんど終盤になってからである。

記憶が戻ってからは、マーティンは今度は犯罪計画を阻止しようと懸命に行動する。…って、あれれ、いつのまに正義に目覚めたのか。

記憶が戻って、残忍な犯罪者としてのアイデンティティが蘇えり、協力者となったジーナ(ダイアン・クルーガー)を殺そうとする…というサスペンスが加わったら、これも面白いのだが。

どこかで、マーティンが実は足を洗おうと心に決めていたが、組織から抜ければ殺されるので苦悩していた、という設定を入れておけば納得出来たのではないか。

…とまあ、突っ込みどころはいくつかあるが、自分の子供が突然行方不明となり、周囲の皆が「そんな子供はいなかった」と証言する、似たような不条理設定から始まる「フォーガットン」が、最後は唖然とするトンデモ展開となったのに比べたら、本作は一応サスペンスとしてきちんとまとめていた点は評価出来る。

ともかく、ダレる所なく、ハラハラさせられながら一気に最後まで突っ走る、ミステリー・ファンも満足出来るサスペンス・エンタティンメントの水準作としてお奨めしたい。 (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(で、お楽しみはココからである)
本作をゆっくり思い直して見ると、あちこちにヒッチコック映画へのオマージュらしき部分があり、ヒッチコック・ファンであれば余計楽しめる作品になっている。

Torncurtain1 まずはヒッチの代表作「引き裂かれたカーテン」(1966)。夫が学者である夫婦(ポール・ニューマンとジュリー・アンドリュース)が、当初は学会に参加するという目的で出発し、やがて(当時の)東ドイツ・ベルリンにやって来る…という出だしが、本作の設定とほぼ同じ。ご丁寧に真の目的が、高名な教授の研究データを盗み取る、という点までそっくりである。

本作には、元東ドイツ秘密警察・諜報機関(シュタージ)にいた、ユルゲン(ブルーノ・ガンツ)という男に協力を求めるシーンがあるが、「引き裂かれたカーテン」でもこの諜報機関らしき組織に所属する凄腕の諜報員が主人公を苦しめる。

本作には、アラブの王子の暗殺計画が途中で浮上する、という展開があるが、ヒッチの「知りすぎていた男」(1956)では、夫婦が、秘密組織の要人暗殺計画に巻き込まれる事となる。

時限爆弾がいつ爆発するか、というサスペンスフルな展開から思い出すのが「サボタージュ」(1936)。

「北北西に進路を取れ」(1959)では、主人公(ケーリー・グラント)が秘密組織のスパイ活動に巻き込まれ、言っている事が周囲の誰からも信用されない、という窮地に追い込まれる。

戦前の代表作「バルカン超特急」(1938)では、スパイ組織の陰謀で、列車から一人の貴婦人がいなくなり、やはりこちらも主人公がいくら言っても誰も信用してくれず途方に暮れる、という展開となる。ご丁寧にも、主人公が頭を怪我して、その後遺症で思い違いをしているのだと疑われる場面まである。

本作の監督、ジャウム・コレット=セラは、過去にも「蝋人形の館」(2005)、「エスター」(2009)と、ショッキングなホラー・サスペンスを発表しており、多分ヒッチコックの信奉者ではないかと私は思っている。

|

« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 »

コメント

はじめまして。
堀晃さんの日記からたどって参りました。
この映画は面白かったですね。
ヒッチコックっぽい映画だと思いましたが、なるほど「引き裂かれたカーテン」ですか。
確かにラストはもう一工夫欲しかったですかね。
続編は難しいでしょうが、観てみたい気もします。

投稿: きさ | 2011年5月22日 (日) 15:00

◆きささん
お越しいただき、ありがとうございます。
堀さんとは21日に初めてお会いしたのに、もう私のブログを紹介いただいたようですね。堀さんにもお礼を言っときます。
続編ねぇ。この映画は意外なトリックがツボですから、ラストで完結してしまってる気がしますしね。
でも、所属していた伝説のスパイ組織がまだ壊滅せず、どこまでも彼を亡きものにせんと追いかける…という話ならいけますかね。…ウーン、やらん方がいいような気が(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2011年5月24日 (火) 01:44

いえ、こちらこそよろしくお願いします。
堀さんとは面識はなく、もっぱらファンとして日記を読むだけの関係なんですが、こちらの「十三人の刺客」の評を絶賛されていました。
確かに「十三人の刺客」の評も素晴らしかったですが、その他の評も見事でついつい読みふけってコメントさせていただきました。

まあ、続編は半分冗談なんですが、「カムイ外伝」になるかもと思ったり。
いやあまり面白くならないかな。

投稿: きさ | 2011年5月24日 (火) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51682467

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンノウン」:

» アンノウン [LOVE Cinemas 調布]
『96時間』のリーアム・ニーソン主演最新作。交通事故から目が覚めると妻は自分の事を忘れ、誰かが自分になっていた…。失われた自分を探すと同時に謎の真相にせまる主人公の姿をスリリングに描いたアクションサスペンスだ。監督は『エスター』のジャウマ・コレット=セラ。共演に『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー、『フロスト×ニクソン』のフランク・ランジェラが出演している。... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 06:16

» アンノウン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
ジョン・オットマン /オリジナル・サウンドトラック『アンノウン』この巻き込まれ型サスペンスの敵は、自分を知らないというすべての周囲。アイデンティティーの喪失という精神的 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 08:03

» アンノウン [佐藤秀の徒然幻視録]
七面倒臭いというか、七面鳥臭いというか 公式サイト。原題:UNKNOWN。ジャウマ・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、ジャニュアリー・ジョーンズ、エイ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 08:57

» アンノウン [象のロケット]
アメリカの植物学者マーティン・ハリスは、学会出席のため妻リズと共に訪れたドイツ・ベルリンで交通事故に遭う。 4日間の昏睡から目覚めたマーティンは愕然とする。 妻は自分のことを知らないと言い、しかも見知らぬ男が自分になりすましているのだ。 マーティンは自らの正気を疑い始めるが、何者かに命を狙われ、陰謀の存在を確信する…。 サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 22:12

» アンノウン [だらだら無気力ブログ]
「96時間」のリーアム・ニーソン主演で放つ驚愕のアクション・ サスペンス。交通事故から生還後、妻は自分を忘れ見知らぬ他人に自分の 名を騙られるという不可解な状況に陥った男が、身の危険をかいくぐり ながらその謎の真相に迫るさまをスリリングに描き出す。 共演…... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 00:18

» 「アンノウン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「アンノウン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2011年、アメリカ *出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、ジャニュアリー・ジョーンズ、エイダン・クイン、ブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラ、他 *監督:ジャウマ・コレット…... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 03:59

» 「アンノウン」騙された方が、楽しめる! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[アンノウン] ブログ村キーワード  “熱血オヤジ”リーアム・ニーソン、またまた爆ぜる!「アンノウン」(ワーナー・ブラザース)。いやいや、こりゃまた面白かった!吾輩途中まで、し~っかり騙されちゃいましたわ(^^;!!  大学教授のマーティン(リーアム・ニーソン)は、学会に出席する為に愛妻・リズ(ジャニュアリー・ジョーンズ)と共にドイツ・ベルリンへ。ホテルにチェックインする直前、かばんを空港に忘れたことに気付いたマーティンは、リズには何も告げず単身タクシーで空港へ引き返そうとするが、途... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 20:38

» 『アンノウン』 [ラムの大通り]
(原題:Unknown) ----これって、かなり評判の作品だよね。 主人公が旅先で交通事故に遭って 病院で目が覚めたら、 妻は自分を「知らない」と言い、 見知らぬ男が自分を名乗っていたんでしょ? 「あらら。 ストーリーの骨子を全部喋ってくれちゃった。 でも、こういう設...... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 21:34

» アンノウン(2011)◆◇UNKNOWN [銅版画制作の日々]
                       目覚めると、妻さえもldquo;自分rdquo;を知らなかった── MOVX京都にて鑑賞。実は邦題が「身元不明」だったそうです。しかし東北地方太平洋地震が起きたため、このタイトルは具合が悪いということで2011年3...... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 21:45

» 映画「アンノウン」まさにノンストップ、でも結末はお粗末 [soramove]
「アンノウン」★★★☆ リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、 ジャニュアリー・ジョーンズ、エイダン・クイン、 ブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラ出演 ジャウマ・コレット=セラ監督、 113分、2011年5月7日公開 2011,アメリカ、ドイツ,ワーナー・ブラザース映画 (原作:原題:UNKNOWN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「リーアム・ニーソンって見た目... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 12:56

» ■映画『アンノウン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
サスペンス・アクション『96時間』で見事なアクション&演技を見せてくれたリーアム・ニーソンが、またもややってくれました! リーアム・ニーソン演じる、異国・ドイツで事故に遭い、身元を証明するものや一部の記憶を無くしてしまった男が、自分の身元を証明しようとするサス... [続きを読む]

受信: 2011年5月21日 (土) 21:15

» 映画: アンノウン unknown  異国で突然「アイデンティティ」を喪失する男の闘い。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
主演はリーアム・ニーソン(写真:左) 「96時間」で娘を救うべく大活躍だった彼。 その信頼できるイメージの彼が、今回は自分のアイデンティティを賭けての闘い。 舞台は冬のベルリン。 冒頭すぐに事件に巻き込まれる主人公、たちまち病院送り。 忘れ物を取りに行った...... [続きを読む]

受信: 2011年5月21日 (土) 22:13

» シネトーク60『アンノウン』●カッチョイイ、リーアムに再びシビれる! [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が大好きな てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「売店のチュロスは好きだけど食べたら必ず胸ヤケをおこす」 シアター60/『アンノウン』 監督:ジャウマ・コレ... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 00:25

» アンノウン [ともやの映画大好きっ!]
(原題:UNKNOWN) 【2011年・アメリカ/ドイツ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 交通事故にあって生還すると、妻は自分を忘れており、見知らぬ他人が自分の名を騙っている。 そんな不可解な状況に陥った男が、謎の真相に迫っていくアクション・サスペンス。 植物学者のマーティ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月23日 (月) 05:21

» 『アンノウン』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
UNKNOWN / アンノウン [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『アンノウン』 2011年(米)監督ジャウマ=コレット・セラ ●ミステリーよりもサスペンス  自分になすましている男が、自分の家族と楽しそうに過ごしている光景を窓越しに目撃してしまうのは、『...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 09:59

» 映画『アンノウン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-36.アンノウン■原題:Unknown■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:113分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ジャウム・コレット=セラ□脚本:オリヴァー・ブッチャー、ステイーブン・コ-ンウェル□編集:...... [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 23:40

» 映画:アンノウン [よしなしごと]
 予告編がおもしろそうですが、実は本編はつまらないような臭いがプンプンする映画、アンノウンを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 03:11

» アンノウン [いやいやえん]
「エスター」の監督さん、ダークキャッスル作品という事で期待して観ました。主演はリーアム・ニーソンさん。 事故から目覚めると記憶障害になっていて、なんとか妻の元にたどり着いたのもつかの間、妻に「知らない人」といわれる主人公マーティン。彼女の隣には夫だという見知らぬ男性が。植物学者という設定ながら、命を狙われたり序盤からありえない能力を発揮する彼。自分は一体何者なのか? 「96時間」でも渋い演技力をみせてくれたリーアム・ニーソンさんが、今回も渋格好いい。自分は何者なのか?背後の大きな組織の謀... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 10:34

» アンノウン [A Day In The Life]
アクション・サスペンス映画の「アンノウン」をレンタルしました。 「96時間」のリーアム・ニーソンのアクションも見物。 解説 『96時間』のリーアム・ニーソンを主演に迎えた、ベルリンを舞台に 繰り広げられるアクション・スリラー。 交通事故から目覚めると妻が自... [続きを読む]

受信: 2011年9月27日 (火) 19:40

» アンノウン (Unknown) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジャウマ・コレット=セラ 主演 リーアム・ニーソン 2011年 イギリス/ドイツ/フランス/カナダ/日本/アメリカ映画 113分 サスペンス 採点★★★★ 携帯電話を持つようになってから、ホント電話番号ってのを覚えなくなっちゃいましたねぇ。昔は前の前の彼…... [続きを読む]

受信: 2011年9月30日 (金) 23:54

» No.264 アンノウン [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「96時間」のリーアム・ニーソン主演によるアクションスリラー。医学博士のマーティン・ハリス(ニーソン)は若い妻とともに学会に出席するためベルリンへと赴くが ... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 04:19

» 【映画】 アンノウン レビュー [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画「アンノウン」(原題:UNKNOWN)上記作品を見に行ったときの感想です!nbsp; 鑑賞しにいったときは公開日から日にちが経過していたため、客は少なくガラガラ...。同時期にやっていたジャック・スパロウ ザ ムービーには勝てないよね ちなみにパイレーツオブカリビアンのこと(笑) ジャック・スパロウがひたすら活躍する映画だったわけだが、それはそれで面白かったな 本題の映画。 「アンノウン」主演 リアーム・ニーソン 近年だとナルニアのライオンやら、96時間、Aチームか... [続きを読む]

受信: 2011年12月 2日 (金) 15:22

« 「八日目の蝉」 | トップページ | 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 »