« 「アンノウン」 | トップページ | 「ブラック・スワン」 »

2011年5月25日 (水)

「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」

Ookike2011年・日本/配給:ギャガ
監督:本田隆一
原作・脚本:前田司郎

劇団「五反田団」の人気劇作家、前田司郎の同名小説を、原作者自身の脚本により映画化。監督は「GSワンダーランド」の本田隆一。

同棲生活4年目にして、ようやく結婚したものの、はや倦怠感漂う大木信義(竹之内豊)と咲(水川あさみ)の新婚生活。そんなある日、近所のスーパーで出会った怪しい占い師(樹木希林)に勧められ、1泊2日の温泉付き“地獄ツアー”へ出かけることに。だが2人は、旅先で次々と不思議な出来事や奇妙な人々に遭遇し……。

前田司郎という名前は知らなかったのだが、調べると、2008年、戯曲「生きてるものはいないのか」で第52回岸田國士戯曲賞受賞、2009年、小説「夏の水の半魚人」で三島由紀夫賞受賞…と、なかなかの経歴。「生きてるものはいないのか」の書評では、“とぼけた「死に方」が追究されまくる脱力系不条理劇”とあり、本作もまた、なんともトボけた脱力コメディである。あまり期待しないで観に行けば、結構楽しめるウエルメイドな拾いものの佳作である。

主演の信義・咲夫婦に、コメディアンでもお笑い芸人でもない竹之内豊と水川あさみをキャスティングしているのがまず面白い。コメディアンが、オーバーな演技をして笑わせるばかりがコメディではない、と常日頃思っている私には、これはうまくツボに嵌った。

冒頭から、新居を構えたばかりなのに、荷物は解かない、料理を作るのも面倒くさい、炊飯ジャーはどこへ行ったか行方不明、となんとなくのんびり、まったり、ユルユル感が漂う。
こういう夫婦だから、「地獄旅行?なんとなく面白そう」と、普通ならアホか、と思える案内にもホイホイ乗ってしまういいかげんさもつい納得してしまう。

以後、全編こうしたトボけた、ユルユル、脱力感が充満したまま、のんびりしたテンポで地獄めぐり旅行が進んで行く。
(以下ネタバレあり)

どうやって地獄に行くのかというと、これがスーパーの屋上に何故か置いてある、汚らしいバスタブの水の中に飛び込むだけ(笑)。

本来は死んだ人間しか行けないはずの地獄に、生きた人間が一泊旅行で簡単に行けてしまうのもヘンだ。しかもツアー客も結構多くて賑わっている。

そして、地獄の風景や登場する人間(?)も、やっぱりヘンである。
我々がイメージとして持っている地獄(例えば、閻魔大王とか血の池地獄など)とはどこか違うのだが、考えれば誰も“地獄”の風景を見た人間などいないのだから、誰がどのように想像しようと、描写しようと、まったく自由である。

この作品で描かれる地獄は、原作者の前田司郎が、自由に、奔放にイメージを膨らませた、原作者の脳内イメージと言っていい。ハマるか、ノレないかは観客の自由である。私は結構ハマった。この独特のユルユル感がなんとも心地よい。

無論、既存の地獄イメージも、多少は反映されている。赤い顔、青い顔の地獄の住人は、赤鬼青鬼のイメージだろうし、ビーフシチュー温は、色合いからしても血の池地獄を思い浮かべる事ができる。でっかい“ツノ切り”なる道具が置いてある事からして、赤い住人も青い住人も本来ツノは生えていたのだろう。

笑えるのが、赤い顔のでんでんが何人も出てきて追いかけられるくだり。「冷たい熱帯魚」を観ている人には、捕まったら透明にさせられるのでは(笑)と、思い出して笑えるやらコワいやら。頭髪の薄い、同じ顔をしたでんでんが集団で押し寄せるこのシーン、ジョン・マルコビッチが何人も登場する「マルコビッチの穴」を思い起こさせる。

地獄の甘エビ料理が出て来る夕食シーンもおかしい。ホテルの世話係、イイジマ(荒川良々)が真面目な顔をして、ゴム管を叩きつけるシーンのおかしさは抱腹絶倒。ユルいけれどもダサくはない、不思議なコメディ・センスが、ハマれば実に楽しい。

 
しかしこの作品、単なるナンセンス・コメディに留まってはいない。後半、青い顔のケイコ(橋本愛)に案内されて向かったナイトマーケットでの、ケイコの2人の弟たちも加わっての夜店めぐりシーンには、不思議な懐かしさが溢れている。
それらは、今では都会ではほとんど見られなくなった、秋祭りの縁日や露店、夜市の光景にそっくりである。思えば、昔の秋祭りにはいかがわしい見世物小屋が立てられたりしていたものだが、それらはどことなく地獄めぐりに近い妖しさがあったようにも思える。

いつしか、弟の一人と仲良くなった信義は、まるで親子のように楽しそうにジャレ合い、心を通わせる。赤い人の小屋に忍び寄り、追いかけられたりのささやかな冒険もあったりする。

ユルユル感漂う作品のムードも、実は人とのつながりも、心の触れ合いも薄れた、この今の時代に対する痛烈なアイロニーが込められているのかも知れない。だとしたら、意外とあなどれない作品だと言える。

妻を追いかけて地獄にやって来たイイジマも、寂しそうな顔を見せるケイコたち兄弟も、この現世では居場所を失い、心の拠り所を求めて地獄にやって来た、心寂しき人たちの象徴なのだろう。

生きているとは何なのか、夫婦とはどうあるべきなのか…、さまざまな事を考えさせられ、最後はほっこりとした爽やかな気分に包まれる、これは不思議な魅力を持った小品佳作である。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(で、お楽しみはココからである)
うっかり見逃しそうだが、ナイトマーケットのある店先に飾られていた写真に、故・丹波哲郎の顔があった。

丹波哲郎と言えば、「大霊界 ― 死んだらどうなる」などの映画製作で、霊界の案内人として知られており、これは監督も意識して登場させたのだろう。

Jigoku その丹波哲郎と地獄とは、もう一つ繋がりがある。石井輝男監督の、そのものズバリ、「地獄」(1999)という映画の中で、丹波哲郎は、同じ石井輝男作品「亡八武士道」で演じた凄腕の浪人、明日死能役として再登場し、赤鬼・青鬼たちをバッタバッタ斬り殺して大暴れするのである。

低予算で、地獄のセットもチープだったが、石井監督らしい熱気に溢れた、ちょっと楽しい地獄映画であった。本作と併せて観ると、より楽しめるだろう。

もう一つおマケ。同じ石井輝男監督の代表作で、超ナンセンス・コメディの快作に「直撃地獄拳・大逆転」(1974)という作品がある。題名に“地獄”が付いてるだけでなく、この作品にも丹波哲郎が重要な役で出演しており、最後は美味しい役どころで場面をかっさらって行く。何かと丹波哲郎は、地獄に縁があるようだ。

DVD 石井輝男監督「地獄」

|

« 「アンノウン」 | トップページ | 「ブラック・スワン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51770310

この記事へのトラックバック一覧です: 「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」:

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [LOVE Cinemas 調布]
人気劇作家・前田司郎の小説を映画化。新婚早々の倦怠期を迎えた夫婦が何と地獄への旅行を通じて愛情を取り戻すコメディー映画だ。主人公の夫には『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の竹野内豊がコメディ初挑戦。その妻に「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの水川あさみ。共演に樹木希林、片桐はいり、でんでんら超個性的なメンバーが揃う。監督は本田隆一。... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 02:01

» [映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 06:03

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [佐藤秀の徒然幻視録]
空気に流される日本人は地獄も平気で旅する 公式サイト。前田司郎原作、本田隆一監督、竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、橋本愛、でんでん、山里亮太(南 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 10:43

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [シネマDVD・映画情報館]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督:本田隆一 出演:竹野内豊/水川あさみ/樹木希林/片桐はいり/荒川良々/橋本愛/でんでん/山里亮太/柄本明 原作:前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 内容:大木信義と咲は、新婚なのに、もう倦怠期。新居に引越しをしてみたものの、特に気持ちが盛り上がることも無く、些細なことでの痴話喧嘩が絶えない。そんな中、近所のスーパーの怪しげな占い師に勧められ、2人は1泊2日の新婚地獄旅行に行く羽目に。...... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 14:42

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(竹野内豊&水川あさみ) [ラムの大通り]
※追補でネタバレに触れているかも。ご注意を! ----この映画、キャスティングがオモシロいよね。 「うん。つい最近、 小出恵介 との熱愛が報道された水川あさみ (『彼岸島』『今度は愛妻家』)と、 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の熱演も記憶に新しい竹野...... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 21:51

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイトシュールな展開と濃い脇キャラが、愛を探す天然カップルの旅を彩る。いまひとつ笑えなかったのは私だけか??!!大木信義と妻の咲は、長い同棲生活の末に、なし崩し的 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 08:55

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [象のロケット]
長い同棲生活の末、なし崩し的に結婚した大木信義と咲は、新居に引越したものの既に倦怠期。 近所のスーパーで、胡散臭い占い師の女から「探し物なら地獄にあるわよ。」と勧められたのを機に、信義と咲は新婚旅行のつもりで、1泊2日の“地獄”旅行(温泉付き・甘エビ食べ放題)に行くことになったのだが…。 摩訶不思議コメディ。... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 21:59

» 映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」次は天国編もあるのかな [soramove]
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」★★★ 竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、 片桐はいり、荒川良々、柄本明 出演 本田隆一監督、 121分、2011年5月14日公開 日本,ギャガ (原作:原題:大木家のたのしい旅行)                      →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「傑作『ブラック・スワン』の余韻を引きずりながら そんな時は軽めのこんな映画が良いだろうと劇場へ、 長く付き合った末に結婚... [続きを読む]

受信: 2011年5月29日 (日) 23:05

» ■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンション低めの脱力系演技が、妙にこの映画の世界観にハマっています。... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 04:24

» 大木家のたのしい旅行 [映画的・絵画的・音楽的]
 『大木家のたのしい旅行』を新宿バルト8で見てきました。 (1)『太平洋の奇跡』では随分とシリアスな演技をしていた竹野内豊と水川あさみが、本格コメディに初めて出演するというので、新婚早々倦怠期に陥っている二人が「地獄」に行くとしても、そこは従来のものとは大...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 06:34

» 『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう [映画のブログ]
 「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。  天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 07:42

» 大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030) [単館系]
大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 23:06

» 映画:大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [よしなしごと]
 暗い話題が多いので、楽しい作品を観たいということで、大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇を見てきました。まぁ、本音は水川あさみの入浴シーンなんですけどね(^^;; [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 06:58

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [いやいやえん]
すでに倦怠期のような新婚さんの大木信義と妻の咲。竹野内豊さんとか久々に見た気がする。妻は氷川あさみさん。 彼らが赴くことに成る「地獄」は、入り口がデパートの屋上のバスタブだったり血の池がビーフシチューだったりと、はちゃめちゃでゆる〜い作品になってました。荒唐無稽な展開とノリなのですが、なんだかまったりとしてしまう。ただ、(かなり濃い)脇役方は豪華ですよね〜。登場だけで笑ってしまう人も多々。 このカップル2人の会話だけでも結構面白い。慣れてしまったカップルってこんなものかもしれませんね。 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 09:06

» 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 [食はすべての源なり。]
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男って「適当にそうだね、とか言っておけばいいのにいちいち突っ掛るじゃーん」て。...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 7日 (水) 11:36

» DVD「大木家のたのしい旅行 新婚地獄編」探していたもの [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
パパンが大絶賛して、300回くらい面白いから見ようよ~というので、ようやくDVDをレンタル。 ダルダルでゆるゆる加減が絶妙なハートウォーミング・コメディーは、ねえねも大気に入り♪... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 15:40

« 「アンノウン」 | トップページ | 「ブラック・スワン」 »