« 「マイ・バック・ページ」 | トップページ | 「あぜ道のダンディ」 »

2011年6月27日 (月)

「奇跡」 (2011)

Kiseki2011年・日本/配給:ギャガ
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
プロデューサー:小池賢太郎、田口聖
エグゼクティブプロデューサー:弓矢政法  

2011年3月に全線開業した九州新幹線をモチーフに、「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が自らのオリジナル脚本を映画化。

小学6年生の航一(前田航基)と小学4年生の龍之介(前田旺志郎)は仲の良い兄弟。しかし両親が離婚してしまい、それぞれの親に引き取られた2人は鹿児島と福岡で離ればなれに暮らしていた。ある日、九州新幹線の一番列車がすれ違う瞬間を目撃すれば願いが叶うという噂を耳にした航一は、家族4人が再び一緒に暮らせる事を願い、仲間たちを誘って冒険の旅に出発するが…。

主演の小学生二人は、実の兄弟の漫才コンビだという。バラエティやお笑い番組をほとんど見ない私は、そんな事は全然知らなかったのだが、結構達者な演技を披露している。明るく振舞いながらも、内心では家族一緒の生活を願い、心を痛めている長男航一。無邪気で、屈託のない笑顔を見せる龍之介。彼らから自然な演技を引き出した是枝監督の演出が光る。

噴煙を上げる桜島の風景をうまく配置したロケ効果もいい。

(以下ネタバレあり)
彼らの冒険旅行は、子供の知恵の限界か、行き当たりばったり。朝早く新幹線のすれ違いを見る為には一泊が必要だが、泊まる所も決めていないし、夜、子供たちだけで歩いていたら、パトロールのお巡りさんに咎められ、交番で油を絞られ、親が迎えに来てこっぴどく叱られたあげくに、奇跡を見る事も出来なくなるのがオチである。

地図で見当をつけた現地に着いて見れば、線路は高架ばかりで場所探しにウロウロしたあげく、案の定一人はパトロール警官に捕まってしまう。

これで冒険旅行も終わりか、と思われた時、龍之介のクラスメートの恵美(内田伽羅)が、たまたま目にした老女を、自分のおばあちゃんと偽って窮地を切り抜ける。そのうえ彼らは、子供好きと思われる老夫婦の家に泊めてもらう事となる。

これで、宿泊と、警官との遭遇という2つの難問を同時にクリア。おまけに翌朝には、老夫婦の車で見晴らしのいい場所まで送ってもらえる事となる。なんとまあ幸運なこと。これこそが“奇跡”である。

目的の、一番列車がすれ違う瞬間は、子供たちが一生懸命、願いを叫びはするが、映像的にはごくあっさりしている。感動を盛り上げるような、あざとい演出もないが、それによって、この物語は“奇跡が実現するファンタジー”ではなく、子供たちの自然な日常生活を描いた、セミドキュメンタルな作品である事が強調されるのである。

子供たちだけの、ささやかな冒険旅行、という点では、スティーヴン・キング原作の傑作映画「スタンド・バイ・ミー」(ロブ・ライナー監督)を思わせる。ちなみに、どちらの作品も“列車”が重要なキー・アイテムになっている。

 
この映画が素敵なのは、子供たちが冒険旅行を通じて、人との触れ合い、大人たちの善意、思いやる心、というものに出会い、それらの大切さを学び、ちょっぴり成長した事が爽やかに描かれている点である。

そうした、さまざまな、貴重な体験を経て、やがて彼らは大人になって行くのである。

航一は、家族一緒に暮らせるより世界平和を取った、なんてキザな事を言っているが、これは航一が老夫婦の善意に触れて、奇跡とは、他力本願で与えられるものではなく、自分たちで行動し、努力して掴み取るものである事、を学んだ証しでもあるのだろう。

老夫婦だけでなく、航一たちの冒険の成功は、優しい祖父(橋爪功)や、学校の先生(長澤まさみ)等の助力にも支えられていた事も重要だ。

子供たちを守り、育てるのは、そうした周囲の大人たちの、さまざまな援助の手、優しく見守る目、こそが大切なのである。

是枝作品「誰も知らない」で描かれる悲劇は、そうした大人たちが近くにいれば、確実に防げたはずなのである。
言わばこの作品は、「誰も知らない」の悲劇を防ぐ、一つの答え、であるのかも知れない。

是枝監督作品らしい、子供たちに注ぐ優しい視線が心を揺さぶる、多くの大人にこそ観て欲しい、これは素敵な秀作である。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(お楽しみ、とまでは行かないちょっとした補足)

この作品のクライマックスとなる、九州新幹線の開業日は、今年の3月12日であった。――という事はその前日、航一たちが冒険の旅に出発した、丁度そのころ、あの東日本大震災が起きていた事になる。

航一は、桜島の大噴火を願い、画用紙に噴火の絵を描いている。一番列車のすれ違いシーンでは、その絵の桜島大噴火がアニメで動くシーンもある。

火山の噴火東日本大震災、という2つのキーワードから思い浮かぶのは、“原発事故と富士山の大噴火”が登場する、黒澤明監督の「夢」(1990)である。

そのエピソードが登場するのは、第6話「赤富士」であるが、まさか黒澤が危惧(と言うか予言)した事が、本当に起ってしまうとは。まさに天才は預言者でもある、という言葉通りである。

実は、「夢」の当初のシナリオでは、最終話(第9話)のエピソードは、『素晴らしい夢(平和がくる)』と題され、世界中の人々が一堂に会し、アナウンサーが「世界に平和が来た」と叫んでいる、という話であった。

結局は、予算がかかり過ぎるので、このエピソードは割愛されたという。(出典:『黒澤明研究会誌 N0.11』)

本作で航一は、「家族一緒に暮らせるより世界平和を取った」、と言っているのだが、この言葉は、黒澤作品「夢」の実現しなかった、上記の幻の最終話ともリンクしているように思える。

是枝監督がそれ(黒澤作品「夢」に関する件)を知っていたかどうかは分からないが、原発の大事故、火山の大噴火、そして世界平和への言及…と、ここまで共通のキーアイテムが重なるのは、人知の及ばぬ不思議な力が働いていたとしか思えない。これこそ、“奇跡”である。

ちなみに、航一が桜島の噴火で降って来る火山に悩まされるエピソードからは、黒澤作品と放射能の脅威、という共通テーマで思い浮かぶ「生きものの記録」に登場する、原爆実験で降って来る“死の”を想起してしまうのも、これまた奇妙な因縁ではある。

 
DVD 是枝裕和監督「誰も知らない」

 
DVD 黒澤明監督 「夢」

|

« 「マイ・バック・ページ」 | トップページ | 「あぜ道のダンディ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/52054223

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡」 (2011):

» 『奇跡』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「奇跡」□監督・脚本 是枝裕和□キャスト 前田航基、前田旺志郎、林凌雅、永吉星之介、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、       オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田芳雄、大塚寧々、樹木希林、橋爪功■鑑賞日 6月11...... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 08:26

» 奇跡 [佐藤秀の徒然幻視録]
かるかんの味わい 公式サイト。英題: I Wish。是枝裕和監督、前田航基、前田旺志郎、内田伽羅、橋本環奈、磯邊蓮登、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、原田 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 08:27

» 映画レビュー「奇跡」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
公式サイト◆プチレビュー◆“奇跡”を願う子供たちの成長物語の秀作。まえだまえだの2人が自然体で素晴らしい。 【85点】 両親の離婚により、母の実家の鹿児島で暮らす兄・航 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 09:06

» 奇跡 [Akira's VOICE]
「奇跡」という名の「日常」   [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 10:10

» 奇跡(2011) [銅版画制作の日々]
あなたもきっと、誰かの奇跡。 大人の私にも奇跡が起こらないかな?なんて思って・・・・。 京都シネマにて鑑賞。是枝監督の新作です。 何と主役には、関西のお笑いキッズldquo;マエダ、マエダrdquo;。是枝監督がオーディションで出会い、彼らを抜擢したそう...... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 12:42

» 奇跡 [LOVE Cinemas 調布]
2011年3月に全線開通した九州新幹線をモチーフに、家族の絆描いたハートフルなドラマです。主演は小学生漫才コンビ“まえだまえだ”の前田航基と前田旺志郎。共演に大塚寧々、オダギリジョー、橋爪功、樹木希林といった実力派が揃う。監督は『誰も知らない』、『歩いても 歩いても』の是枝裕和。合計7人の子役たちの繰り広げる1泊2日の大冒険を温かく見守る大人たちの姿に心が温まる。... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 15:19

» 『奇跡』 [こねたみっくす]
ほんのりした大人目線のビターテイストがあれば、ぼんやりした映画にはならなかったのに。何だかちょっともったいなくも感じる映画でした。 元々は男の子と女の子が再会する脚本 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月27日 (月) 20:17

» [映画]奇跡 [タニプロダクション]
監督:是枝裕和 物語の詳細には触れないけど、ちょっとネタバレになるかも。お気をつけください。 ドキュメンタリー風の味が強い家族映画。 震災後の今観ると、観覧車の中で橋爪功氏が語るセリフが胸に響く。 世界が無ければ、家族も存在しえない。 大人は常に子供にとって... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 15:34

» 「奇跡」 [俺の明日はどっちだ]
〜 いつまでも そのままで 泣いたり 笑ったり 出来るように   曇りがちなその空を 一面晴れ間に出来るように   神様、ほんの少しだけ 絵にかいたような幸せを    分けてもらうその日まで どうか涙をためておいて ♪ くるりの岸田くんが歌う主題歌に胸...... [続きを読む]

受信: 2011年6月28日 (火) 19:27

» 奇跡 [象のロケット]
両親が離婚し、大阪で暮らしていた家族はバラバラになってしまった。 母と鹿児島で暮らす小学6年生の兄・航一と、、父と福岡で暮らす4年生の弟・龍之介は、また4人一緒に暮らせるようにと、連絡を取り合っている。 航一は、鹿児島と博多をつなぐ九州新幹線の上りと下りの一番列車がすれ違う瞬間を目撃すれば、どんな願いも叶うと言う噂を耳にするのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 03:13

» 「奇跡」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
初めての九州新幹線がすれ違う時、奇跡が起きる。 そんな噂を、親が離婚して別々に暮らす小学生の兄弟が聞き、もういちど家族四人で暮らせるよう、奇跡が起こる場所へ向かう。 果たして奇跡は起こるのか。親子は一緒に暮らせるようになるのか。 ・・・なあんていうと、兄弟...... [続きを読む]

受信: 2011年6月29日 (水) 19:58

» 『奇跡』 [シネマな時間に考察を。]
子供にとっての“ぼんやり”が、 “ほんのり”な人生の味わいに変わる瞬間。 『奇跡』 2011年/日本/127min 監督・脚本・編集:是枝裕和 出演:前田航基、前田旺志郎 体いっぱい胸いっぱい、 声の限りに叫んだそれぞれの願いは、 すれ違う一番列車の上に煌々と降... [続きを読む]

受信: 2011年7月 1日 (金) 10:15

» 奇跡 [映画的・絵画的・音楽的]
 『奇跡』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)予告編を見て、子役が中心の映画だとわかったので見る気が失せてしまったのですが(子役とかペットが売りの映画は基本的には嫌いなので)、監督が、『空気人形』や『歩いても、歩いても』の是枝裕和氏であり、特に...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 05:50

» スタンドバイミー。〜「奇跡」〜 [ペパーミントの魔術師]
映画の予告といっしょにはりつけたのは、九州新幹線のCM カンヌの国際広告祭で、金賞をとったそうな。 最近、エキッシュにはまってやたら電車にのってるせいか 見たことのない1両編成の電車をみると妙に気になってしまいます。 この映画でも 新幹線よかそっちの...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 23:45

» 奇跡(2011-061) [単館系]
8/14奇跡、公開終了 最終日、シネマート六本木で見てきました。 両親の離婚で博多と福岡に別れて暮らすことになった兄弟・大迫航一(前田航基)と 木南龍之介(前田旺志郎)の兄弟は 九州新幹線が全線...... [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 22:13

» 奇跡 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
奇跡'11:日本◆監督:是枝裕和「空気人形」「歩いても 歩いても」◆出演:前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、夏川結衣◆STORY◆小学生の兄弟、航一と龍之介は、両親の ... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 13:41

» 奇跡 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:ダイエットしてる? 参加中 体重が増えて、 しかも増えたっきり落ちません。(-_-) ダイエットをしたいと思うのですが、 炭水化物大好き、甘いもの大好き。 しかも、家にいる時は、 ついいろいろ口にしてしまいます。( ^ _ ^; 映画を見ながら食べてし... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 16:36

» 『奇跡』'11・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で暮らしていたが・・・。解説サン・セバスティアン国際映画祭最優秀脚本賞TAMA映画賞最優秀... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 07:03

» 『奇跡』'11・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ両親が離婚し、小学6年生の兄は母と祖父母と鹿児島で4年生の弟は父と福岡で [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 07:05

» 『奇跡』(映画)(2011) 子供たちに魅せられるミロのような味わい、くるりの音楽を添えて [マンガデシネ]
 是枝監督週間2作目は、『奇跡』である。九州新幹線の全線開通の宣伝企画ものらしい。コンセプトありきの物語であるが、物語というのはお題があってなんぼであり、テーマがあっ ... [続きを読む]

受信: 2014年1月27日 (月) 00:01

« 「マイ・バック・ページ」 | トップページ | 「あぜ道のダンディ」 »