« 「ブラック・スワン」 | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »

2011年6月11日 (土)

「アジャストメント」

Ajustment2011年・米/ユニヴァーサル・ピクチャーズ
原題:The Adjustment Bureau
監督・脚本:ジョージ・ノルフィ
原案:フィリップ・K・ディック
製作:ジョージ・ノルフィ、マイケル・ハケット、ビル・カラッロ、クリス・ムーア
製作総指揮:ジョナサン・ゴードン、アイサ・ディック・ハケット  

人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を元に、これまで「オーシャンズ12」「ボーン・アルティメイタム」等の脚本を手掛けて来たジョージ・ノルフィが脚色し、自ら監督デビュー作としたサスペンス・アクション。主演はこの所好調のマット・ディモン。

将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)はある日、美しい女性、エリース(エミリー・ブラント)と出会い、心惹かれる。しかしエリースとバスの中で再会した直後に、彼は突如現われた黒ずくめの男たちに拉致されてしまい、エリースとは二度と逢うなと命令される。彼らは何者なのか。しかしエリースが忘れられないデヴィッドは、強大な組織に逆らい、自らの手で運命を切り拓いて行く…。

 
(以下、ややネタバレ注意)

デヴィッドを拉致してすぐに、黒ずくめの男たちは「我々は運命を操作する“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”だ」と自分から名乗っている。

いいのか?そんなに簡単に正体をバラして? まあ運命を調整するだなんて、とても信じられないから、ましてやデヴィドは政治家だから、かえって「こいつら、本当は敵側陣営の奴らで、それを隠す為デタラメ言ってるんだ」としか思えないだろう。そこまで裏を読ん…でるワケないだろう(笑)。

ちょっと疑問なのは、この作品をSFサスペンス、と紹介しているサイト(allcinema等)が多いのだが、違うのではないか。原作がSF作家のフィリップ・K・ディックだからそう思うのも無理はないが、映画を見る限りは、彼らは“天使”に下界を監視させ、人間をコントロールしている“神”のような存在のように思える。超能力も使えるようだし、自動車にはねられてもピンピンしてるし…。

SFだとしたら、“運命を逸脱しないよう監視する”という彼らの目的は、一種のタイム・パトロールのようなものなのか。運命が変わったら、未来の歴史が変わってしまうかも知れないし。
ちなみに、脚本・監督のジョージ・ノルフィは、過去にマイケル・クライトンのタイム・トラベルSF「タイムライン」(2003)の脚本を手掛けている。

だが、彼らのやってる事は、何も介入しなかったら普通にバスの中で出会うはずのデヴィッドとエリースを、調整局員の一人が妨害する…という手はずである。
だったら、これ、逆に運命を無理やり変えようとしているのでは? それとも、未来から来た誰かが歴史に介入して、本来出会うはずのなかった二人がうっかり出会ってしまったので、それを修正に現れたわけなのか?
(となって来ると、まるまる「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だ。あの作品のテーマも“運命は自らの手で切り拓くものである”だったし)

しかし映画を見てても、誰かが介入した為にデヴィッドとエリースが出会った、という風には進んでいない。そもそも、“運命”がメイン・テーマである。どう考えたってサイエンス(科学)とは無縁のお話だ。

だいたい、二人を出会わないようにするのなら、“バスに乗る時にコーヒーをこぼす”なんて回りくどい事をする前に、“トイレで二人が出会ってしまう”方を先に阻止しておくべきでは? とツッ込みたくなってしまう。

やはりこの作品は、SFではなく、運命調整局とは、人間界を超越した、神のような存在だ、と考える方が当っているのではないか(ちなみに公式サイトの紹介でも、“SF”とはどこにも書いていない)。

とすれば、これはフランク・キャプラの名作「素晴らしき哉、人生!」(1946)の、サスペンス・アクション版と言えるのかも知れない。あの作品の“天使”クラレンスは結構人間くさくて、まだ翼ももらえない2級天使だったはずだが、本作の、最初に居眠りしてミスしてしまうハリー(アンソニー・マッキー)もドジで人間くさい。最後はデヴィッドに同情して助けてあげる所も、「素晴らしき哉-」の天使クラレンスとキャラクターはやや重なっているようだ。

ちなみに、デヴィッドが政治家、という点を考察するに、これは同じフランク・キャプラのもう一つの名作「スミス都へ行く」(1939)へのオマージュの匂いもする。あの作品の主人公スミス(ジェームズ・スチュアート)は政治家として理想に燃え、政界の黒幕たちのさまざまの妨害にも屈せず、自ら運命を切り拓いて行く。最後は黒幕一味の一人が遂にスミスの熱意に根負けしてしまい、スミスは勝利する、という展開だが、政界の黒幕たちを本作の運命調整局員たちに置き換えれば、両者はよく似た構造だと言える。

まあ、少々強引かも知れないが(笑)、キャプラの2大名作をふと思い出させてくれただけでも、私には十分楽しめた作品ではある(ちなみに2作品とも主演はジェームズ・スチュアート)。

突っ込みどころは多々あれど、“運命だからと、あきらめてはいけない。どこまでも自分の信念に従い行動すれば、自ずと運命は切り拓けるものなのだ”というテーマは、今の時代だからこそ、心に響くものがある。その点を心して観る事をお奨めする。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ブラック・スワン」 | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »

コメント

作品で二人の運命に介入したっていってましたよ。
介入してかえた運命なのに二人がひかれあうから修正するんだと思います。

投稿: あ | 2011年9月18日 (日) 05:16

すこしネタバレです。
彼女と出会わせないためにコーヒーをこぼさせようとしたのではなく、調整しているところを見せさせないようにしたのではないでしょうか。
またトイレで会わしたのは、黒ずくめの人(天使)。彼女に会わせ演説でデヴィッドに本音を言わせるために会わせました。しかし、彼女はデヴィッドにとって理想の相手、このまま彼女と再会し愛が深まれば、デヴィッドの心は満たされ野望などが消えてしまい、大統領になれないと黒ずくめが危険を感じ彼女と再会させないように妨害した。
黒ずくめは、恋の運命は邪魔したが、デヴィッドが大統領になるための手助けはしていた。しかしデヴィッドの突発的な行動で運命が度々変わってしまった。その運命を黒ずくめが、次期大統領になるデヴィッドの運命を上手く(波紋をなるべく小さく)調整していたと思います。

だらだら書いてすいません

投稿: い | 2011年9月28日 (水) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/51918005

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジャストメント」:

» アジャストメント [LOVE Cinemas 調布]
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエミリー・ブラント。監督は『オーシャンズ12』や『ボーン・アルティメイタム』の脚本を務めたジョージ・ノルフィが初演出だ。... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 00:59

» アジャストメント [佐藤秀の徒然幻視録]
アメリカン・デモクラシー万歳! 公式サイト。フィリップ・K・ディック原作、原題:The Adjustment Bureau(運命矯正局)。原作名は「調整班」。ジョージ・ノルフィ監督、マット・デイモン、 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 01:02

» アジャストメント / THE ADJUSTMENT BUREAU [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』を映像化したSF  そのポスターとはイメージ違って、サスペンスというより実はラブストーリー!? 主演は、マット・ディモン。ターゲットはSFファンというより、「運...... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 02:27

» 「アジャストメント」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 フィリップ・K・ディック原作の短編小説「調整班」を、「ボーン」シリーズのマット・デイモン主演で映画化。  予告CMとポスターのチャッチコピーからして、またマット・デイモンお得意のアクション超大作かと思いきや、案外ゆるめのSFラブコメディだった。    ... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 10:37

» アジャストメント [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The Adjustment Bureau: Library Edition運命に抗う男女の物語は、SFアクション大作として見ると肩透かしをクラう。むしろラブ・ストーリーとして楽しみたい。若き政治家のデヴィッドは、あ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 10:54

» アジャストメント [だらだら無気力ブログ]
人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジェイソン・ボーン” シリーズのマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。 人々の運命が超自然的な存在“アジャストメント・ビューロー(運命調整局) ”によって管理されていることを知ってし…... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 15:26

» 映画「アジャストメント」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「アジャストメント」観に行ってきました。フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班(Adjustment Team)」を原作とする、マット・デイモン主演のSF恋愛サスペンス作品。201... [続きを読む]

受信: 2011年6月12日 (日) 23:17

» アジャストメント [象のロケット]
将来有望な若手政治家デヴィッドは、エリースという女性ダンサーと“運命的”に出逢い恋に落ちる。 ところが、彼の目の前に突然“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”と名乗る、謎の男たちが現れた。 ビューローの目的は、人々を既に決定している運命に正しく導くこと。 本来ならば、デヴィッドとエリースは“愛し合う運命ではなかったので、別れなければならないと言うのだが…。  SFラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 02:17

» 映画「アジャストメント 」調整班として働いてみたい [soramove]
「アジャストメント」★★★ マット・デイモン、エミリー・ブラント、 アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、 マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 出演 ジョージ・ノルフィ監督、 106分 、2011年5月27日, 2011,アメリカ,東宝東和 (原作:原題:THE ADJUSTMENT BUREAU/調整班)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「運命操作局という組織が... [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 07:15

» アジャストメント [5125年映画の旅]
政治家のデヴィッドは、マスコミにスキャンダルを暴露された事で選挙戦に敗北するが、偶然出会った女性・エリースの助言によって再起の機会を得る。しかしそれらは全て運命調整局 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 08:09

» アジャストメント 汝、何を望むとも・・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=28 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート2本目、「汝、何を望むとも、そを祈るに、既に受けたりと知れ、然らばそを得ん。」  スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 14:47

» 『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 [映画のブログ]
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 23:16

» 映画『アジャストメント』を観て [kintyres Diary 新館]
11-38.アジャストメント■原題:The Adjustment Bureau■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■鑑賞日:6月4日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ□原作:フィリップ・K・ディック□撮影監...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 20:38

» 映画:アジャストメント [よしなしごと]
 SF映画だと思って観に行ったら肩すかし食らうよ。恋愛映画だと思って観に行ってと何度も念を押された作品、アジャストメントを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 05:32

» アジャストメント (The Adjustment Bureau) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な…... [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 11:37

» アジャストメント [A Day In The Life]
DVDにての観賞 解説 『マイノリティ・リポート』などの原作者フィリップ・K・ディック の短編小説を、『ボーン』シリーズのマット・デイモン主演で映画化 したサスペンスアクション。 第三者によって運命を支配された現実を舞台に、巨大な陰謀に立ち向 かう男の奮闘を... [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 11:33

» 『アジャストメント』'11・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れするが・・・。解説サターン賞SF作品賞助演女優賞ノミネート発表は6月20日だが、絶対に受賞... [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 08:54

» 『アジャストメント』'11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れす [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 08:54

« 「ブラック・スワン」 | トップページ | 「マイ・バック・ページ」 »