« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「この愛のために撃て」 »

2011年7月30日 (土)

「モンスターズ/地球外生命体」

Monsters2010年・イギリス/配給:クロックワークス
原題:Monsters
監督・脚本・撮影:ギャレス・エドワーズ
製作:アラン・ニブロ、ジェームズ・リチャードソン
製作総指揮:ナイジェル・ウィリアムズ、ニック・ラブ、ルパート・プレストン

英TV界でVFXの仕事に携わってきた新鋭ギャレス・エドワーズ監督が、製作費わずか1万5,000ドル(約120万円)で作り上げ、長編監督デビューを果たした事で話題となったSF怪獣映画。

地球外生命体のサンプルを採取したNASAの探査機が、大気圏突入時にメキシコ上空で大破。その直後から謎のモンスターが増殖し、メキシコの半分が危険地帯として隔離される。それから6年後、メキシコでスクープを狙うカメラマンのコールダー(スクート・マクネイリー)は、上司から現地でケガをした社長令嬢のサマンサ(ホイットニー・エイブル)を、アメリカ国境まで送り届けろとの命を受ける。2日後にはアメリカ軍が国境を閉鎖してしまうという中、コールダーとサマンサは、モンスターたちを避けながら国境を目指すのだが…。

超低予算で作られ、後に世界配給され話題となった映画では、1992年に、わずか7,000ドルで作られたというロバート・ロドリゲス監督「エル・マリアッチ」がある。あちらは本当にチープで素人っぽい出来だったが、生きのいい演出が認められ、ロドリゲス監督は後にハリウッドに進出、メジャー監督となった。
ちなみに、「エル・マリアッチ」もメキシコが舞台。エドワーズ監督も本作の成功でハリウッドに呼ばれ、新ハリウッド版「ゴジラ」の監督に大抜擢されたそうだ。“メキシコを舞台に超低予算映画を作った監督は出世する”というジンクスが生れそうだ。

あまり期待はしていなかったのだが、映画は観てみないと分からない。思ったよりもきちんとした出来で、サスペンスとラブロマンスが絶妙にブレンドされ、最後に意表をつく感動も用意されており、結構楽しめる、意外な拾い物の力作であった。

低予算をカバーする為、モンスターの姿をチラチラとしか見せず、また現地で採用した素人を登場させている事もあって、全体にセミ・ドキュメンタリーを観ているような臨場感があり、それがスリリングな効果をもたらしている。

荒れた画質に、手ぶれするカメラ。そして一瞬フレームに入ってくる怪獣の姿…と、やはりドキュメンタルな映像で話題となった「クローバーフィールド/HAKAISHA」「第9地区」などとも雰囲気は共通する。

だが本作がユニークなのは、怪獣はむしろ背景で、メインとなるのは、アメリカを目指す旅を続ける中で、最初は反目しあっていた男女が、絶望的な状況の中で力を合わせ、さまざまなトラブルを乗り越え、やがては次第に惹かれ合って行くという、ハリウッド映画の1ジャンルでもあるロードムービー・ラブストーリー(これについては後述)としても見ごたえのある作品になっている点である。

(以下ややネタバレあり)
コールダーは下っ端のフリー・カメラマン、一方のサマンサは新聞社の社長令嬢。身分の違いは歴然としている。その上彼女にはフィアンセがいる。サマンサは最初は露骨にコールダーに対して上から目線で、相手にもしたくないのだが、女でケガもしている以上、一人旅は無理なので仕方なく付き添いを認めているだけである。

だが、時にはコールダーに助けられたり、世話を受けたり、また道中で道端に倒れている死体にそっと服を被せる等、優しい一面を見せるコールダーに対し、サマンサが少しづつ心を開いて行くプロセスが丁寧に描かれているのがいい。

一度は、一人分だけの切符が手に入り、ここで二人は別れるのか、と思いきや、切符が盗難に会って、結局また二人旅になる、という展開も面白い。このくだり、困っていると見るや運賃を吹っかける(なんと一人1万ドルだ)アコギな親父が笑わせたり、男女の心理の綾や、伏線が巧みに絡んでいて秀逸。
ここで、二人の運賃の為、サマンサは婚約者からもらったダイヤの指輪を思い切りよく手放すのだが、ここでサマンサは婚約なんて半分どうでもいい、という気持ちになっているようにも見え、それが二人の結末をも暗示させる伏線になっている。うまい。

さまざまな困難を乗り越え、とうとうアメリカ国境にやって来た時、二人はもう互いに心を許す気持ちになっている。それを後押しするのが、二人が目撃する、2匹のモンスターの愛の交流、であるというのが面白い。光を放ちながら接触し合うモンスターの交愛は神秘的な神々しさに満ちており、その光景に触発されてか、二人はキスを交わすのである。

二人の間に身分の違い、という障害はあるけれども、下等生物であるモンスターだって愛し合えるのだから、同じ人間同士、愛し合っていけない、という理由はない。さて、二人はどうやってこの障害を乗り越えるのか、それは観客の想像に任せよう、という粋な終り方も楽しい。

莫大な製作費をかけたハリウッドの物量SF侵略物が次々と作られているけれど、ほとんど予算をかけない本作の方がむしろ心に沁みた。
宣伝文句では、“クエンティン・タランティーノ、ピーター・ジャクソン、リドリー・スコットらがこぞって絶賛”とあるけれど、それも納得の出来である。

ギャレス・エドワーズ監督、次は本作の数千倍(?)の製作費をかけた「ゴジラ」の監督を任されるようだけれど、初心を忘れずに丁寧な作品作りに邁進して欲しい。今後が最も期待できる監督の一人として、一押ししておこう。

 
なお、本作の製作国もイギリスである。昨年の「月に囚われた男」(ダンカン・ジョーンズ監督)といい、今年の「アリス・クリードの失踪」といい、イギリス作品は、低予算で登場人物もごく少数ながら、捻った、面白い作品が次々登場しているのはちょっと面白い傾向である。     (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

さて、お楽しみはココからである)
本作を観ていて、クラシック映画ファンならすぐに思いつく作品がある。

Ithappenedonenight フランク・キャプラ監督の1934年作品「或る夜の出来事」である。
同年のアカデミー賞、主要5部門(作品・監督・主演男優・主演女優・脚色賞)を受賞した名作である。

この映画のヒロイン(クローデット・コルベール)は、大富豪の令嬢であり、勝手に婚約されられた事に怒って船から脱走、一人旅をするのだが、ひょんな事から彼女との二人旅をする事になるのが失業中の新聞記者クラーク・ゲーブル。

ゲーブルはお高くとまったコルベールに手を焼き、時には喧嘩したり、ヒッチハイクをしたりしながら旅を続け、やがて次第に惹かれ合って行く

…と、こう書くだけでも、二人のキャラクターといい、話の展開といい、よく似ている。

それだけではない。1人分の切符が手に入った後、一晩モーテルに泊まるシーンで、コールダーはサマンサに「良かったら一つの部屋に泊まらない?何もしないし。心配なら間をカーテンで仕切るから」と提案するのである。結局没にはなるけれど。

このセリフで、「或る夜の出来事」を観ている人なら、有名な“ジェリコの壁”(二つのベッドの間にロープを張り、毛布で壁を作る事)のシーンを即座に思い出すだろう。このセリフからも、エドワーズ監督、明らかに「或る夜の出来事」にオマージュを捧げている事が分かる。

結末は、…二転三転しながらも二人は身分の壁を乗り越えて結ばれる。

この結末を知っていれば、恐らくは本作におけるコールダーとサマンサの恋も、障害を乗り越えて成就するのではないか、とハッピー・エンドを予測する事も可能である。エドワーズ監督、そこまで考えてたとしたらなかなかしたたかではある。

 
Dogora_2 も一つちなみに、モンスターのデザイン、東宝のSF怪獣映画「宇宙大怪獣ドゴラ」(1964)に登場する宇宙からのモンスターとなんとなく似ている。本作のモンスターは触手で自動車等を持ち上げるのだが、“ドゴラ”も触手で船やら橋やらを持ち上げる。体から光を発している所も共通する。

エドワーズ監督は本作の成功で、ハリウッド版「ゴジラ」に抜擢されるのだが、案外このモンスターの造形で、東宝怪獣映画に詳しい、と思われたのではないだろうか…とふと想像したくなるが、さて、当っているかどうか。

|

« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「この愛のために撃て」 »

コメント

これ、意外と面白かったです。
何となく画面に雰囲気があって、この監督にお金かけさせれば結構いい映画作りそう。
まあハリウッド版の新『ゴジラ』の監督に抜てきという話はどこまで信用できるかと思いますが。
総製作費130万円という話は宣伝半分で、もうちょっとかかっているそうですが、確かにお金はかかってない印象です。
雰囲気はありますが、モンスターはちらちらとしか出てきません。
もうちょっとモンスター見たかったので、その点はSFXだけすごかった『スカイライン-征服-』と2で割れば良かったかも。
ラストはクレジット前の冒頭につながるのだとすると、悲劇的にもとらえる事が可能です。考えオチですね。
私も「或る夜の出来事」は連想しました。

投稿: きさ | 2011年7月31日 (日) 09:50

◆きささん
製作費については、多分最初は1万5,000ドルくらいで作ったのでしょうが、出来上がってみると、初めて全身像が姿を現すラストのモンスターがえらくチャチだったので、この部分だけCG予算を追加して作り直したのではないでしょうか。
前半にチラッと登場するモンスターは、いかにもハリボテでしたものね。
情報では、最終的な製作費は20万ドルだそうです。

冒頭はあまり記憶がないのですが、「或る夜の出来事」つながりから考えても、悲劇的オチはありえないでしょう。考え過ぎ(笑)だと思いますよ。
「ゴジラ」はともかく、次回作は楽しみにしたいですね。

投稿: Kei (管理人) | 2011年8月 1日 (月) 06:05

冒頭の軍隊が宇宙人と遭遇するというシーン、一人がワルキューレの騎行を口ずさんでいるので最後に登場する軍隊だと分かります。
なので悲劇的とも取れます。
このあたりは「クローバーフィールド」を意識しているのではないかと思いますね。

投稿: きさ | 2011年8月 5日 (金) 05:28

ウルトラマンの世界で金を取るんだ。絶句

投稿: 呆 | 2012年1月17日 (火) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/52350835

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンスターズ/地球外生命体」:

» モンスターズ/地球外生命体 [LOVE Cinemas 調布]
本作で手腕を認められ、ハリウッド版新『ゴジラ』の監督に抜擢されたギャレス・エドワーズが約120万円という自主制作映画並みの低予算で作り上げたパニックムービーだ。謎の地球外生命体の繁殖地域となってしまったメキシコ中部を、とある理由で陸路脱出しようとするカップルを描いている。出演はスクート・マクネイリーとホイットニー・エイブル。... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 02:45

» モンスターズ/地球外生命体 [佐藤秀の徒然幻視録]
楽園の黙示録 公式サイト。イギリス映画。原題:MONSTERS。ギャレス・エドワーズ監督、ホイットニー・エイブル、スクート・マクネイリー。製作費は日本円換算(1ドル=80円想定)で120 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 07:08

» モンスターズ/地球外生命体 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
超低予算のパニック映画だが、ロードムービーというスタイルのおかげか、不思議な抒情性がある。映像のクオリティも予想外に高く、拾い物の1本だ。地球外生命体の侵略により、国 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 09:25

» モンスターズ/地球外生命体 [だらだら無気力ブログ]
謎の地球外生命体の増殖によって壊滅的な打撃を受けるメキシコを舞台に、 未曾有の危機を乗り越えようとする人々の奮闘を描くパニック・ムービー。 ハリウッド版の新『ゴジラ』の監督に抜てきされた新生ギャレス・エドワー ズが、総製作費130万円という超低予算で大迫力…... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 02:15

» モンスターズ/地球外生命体 [5125年映画の旅]
地球外で未知の生命体を発見したとNASAが発表。サンプルを積んだ衛星が地球に帰還するが、衛星はメキシコ上空で爆発。その直後から、メキシコに謎の巨大生物が多数出現し、一 ... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 09:53

» モンスターズ/地球外生命体 [スペース・モンキーズの映画メイヘム計画]
★★★★★ 人間のエゴとロマンチシズム 今度はいつ自分が襲われるかわからない状況にありつつも、ここでの生活があるから仕事があるからと街を離れられず、ガスマスクを常備してモンスター出現予報を...... [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 23:37

» 映画『モンスターズ/地球外生命体』を観て [kintyres Diary 新館]
11-48.モンスターズ/地球外生命体■原題:Monsters■製作年・国:2010年、イギリス■上映時間:94分■鑑賞日:8月1日、シアターN渋谷■料金:1,000円□監督・脚本・撮影:ギャレス・エドワーズ□製作:アラン・ニブロ□編集:コリン・グーディ□音楽:ジョン・ホプ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月28日 (水) 23:04

» モンスターズ/地球外生命体 [銀幕大帝α]
MONSTERS/10年/英/94分/SFモンスター・サスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ギャレス・エドワーズ 脚本:ギャレス・エドワーズ 撮影:ギャレス・エドワーズ 出演:スクート・マクネイリー、ホイットニー・エイブル <ストーリー> 地球外生命体のサンプルを...... [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 01:47

» モンスターズ/地球外生命体 (Monsters) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ギャレス・エドワーズ 主演 スクート・マクネイリー 2010年 イギリス映画 94分 SF 採点★★★ ひょんな事から日本にやって来て、ばんばか繁殖した挙句にいつの間にやら主流面してる生き物って、ホント多いですよねぇ。こんな田舎に住んでいる私ですら、日本…... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 10:59

» モンスターズ / 地球外生命体 [いやいやえん]
【概略】 NASAは、太陽系に“地球外生命体”の存在を確認。探査機がサンプルを採取したが、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。その直後から突如出現し始めた地球外生命体の増殖によって、メキシコの半分は危険地帯として隔離された…。6年後、“モンスター”たちの襲撃で大きな被害を受けるメキシコでスクープを狙うカメラマン、コールダーは、上司から怪我をしてしまった社長令嬢のサマンサを、「アメリカとの国境まで送り届けろ」という命令を受ける。 SFパニック・ロマンス 本作の予算130万ドル... [続きを読む]

受信: 2015年10月12日 (月) 10:19

« 「大鹿村騒動記」 | トップページ | 「この愛のために撃て」 »