« 「あぜ道のダンディ」 | トップページ | 原田芳雄さん 追悼 »

2011年7月14日 (木)

「アリス・クリードの失踪」

Alicecreed2009年・イギリス/配給:ロングライド
原題:The Disappearance of Alice Creed
監督・脚本:J・ブレイクソン
製作:エイドリアン・スタージェス
製作総指揮:スティーヴ・クリスチャン、マーク・サミュエルソン

誘拐事件をテーマとしたサスペンスの傑作。監督のJ・ブレイクソンは、当年34歳。高校時代から短編映画を撮り続けては映画祭に出品し、脚本家としても活躍していたが、自ら書き上げた本作の脚本で長編監督デビューを果たし、各地の映画祭で絶賛された。

富豪の父親をもつ20代の女性アリス・クリード(ジェマ・アータートン)は、2人組の男、ヴィック(エディ・マーサン)とダニー(マーティン・コムストン)に誘拐され密室に閉じ込められる。男たちは多額の身代金を手に入れようと企むが、ふとした事から、完璧だったはずの計画がほころび始める。

たった3人しか登場人物がいないが、巧みに張られた伏線、小道具の見事な使い方、物語は二転三転、まったく先が読めない展開…と、まず緻密に構築された脚本の見事さに唸る。

演出も冒頭から快テンポ。全くセリフがなく、短いカッティングで、二人の男が誘拐の為の道具、部屋を周到に準備して行くシークェンスが積み重ねられる。これだけで、観客はこれから何が起きるのか、興味津々となる。

(以下ネタバレあり。注意)
二人の男のキャラクター設定もうまい。中年のヴィックは、その沈着・スピーディで手際良い行動からして、相当修羅場をくぐって来た事が分かるし、計画を立てたのもほとんどがこの男である事が一目瞭然。一方、若いダニーはどことなく落ち着きがなく、不安を覗かせて、こうした犯罪に慣れていない様子。完全にヴィックがリーダーで、ダニーは命令に従っているだけの手下という関係である。

従って、ミスをするのもダニーの方で、うっかりアリスに後ろを見せた為に逆襲されるハメとなる。

が、面白いのはここからで、実は[ダニーはアリスの恋人だった事が判る。これ以降、当初は全くに被害者だったはずのアリスが、ダニーと手を握り、2人で如何にしてヴィックを出し抜くか、という主客の転倒が起きる]。

見事なのは、ここでアリスが発射し床に転がったピストルの薬莢、壁にめり込んだ弾丸、そして警察に連絡しようとしてアリスがポケットに入れた携帯、等のちょっとしたアイテムが、すべて後のサスペンスに繋がって行く展開のうまさである。

さらにうまいのが、ヴィックとダニーが、実は[ゲイの関係]であった事が分かるシーン。

これがまた、新たな謎を生むわけで、[アリスとも恋人だったダニーは、いったいノーマルなのか本当のゲイなのか。ヴィックを騙す為にゲイのふりをしていたのか、あるいは本当は女に興味はないが、金を手に入れる為にアリスに近づいたのか…]、つまりは、ダニーが本当に騙そうとしている相手は、ヴィックなのか、アリスなのか、観客にはまったく分からなくなって来るのである。

やがて、壁の弾丸、アリスが持っていた携帯から、ヴィックはダニーに騙されていた事を知る。
ここから以降は、互いに疑心暗鬼、3人が3人、それぞれに相手を疑い、騙し、裏切り、首尾よく手に入れた200万ポンド(約2億6千万円)は、いったい誰の手に渡るのか、息もつかせぬハラハラ、ドキドキの展開となる。

これから後は映画を観てのお楽しみ、結末は書かないが、エンディングも秀逸。そして、最後にようやく、タイトルの意味も判る事となる。見事なサスペンスの傑作だ。

 
これがイギリス映画である事も注目である。

イギリス・サスペンス映画と言えば、アメリカ映画とは一味違う、キッチュで少し毒があって、どことなく洒落ているのが特徴である。

古くは、「マダムと泥棒」(1955)という、完全犯罪がちょっとした事から破綻して、最後に全員が自滅するブラックな犯罪コメディの快作がある。

また、ダニー・ボイル監督のデビュー作「シャロウ・グレイブ」(1994)は、大金をめぐって3人の男女の人間関係が崩れて行くサスペンスである。
低予算に、よく練られた脚本、気鋭の新人のデビュー作、と、本作との共通点は多い。

なにしろ、イギリスと言えば、傑作「第三の男」を生んだ国である。

本作は、そうしたイギリス犯罪映画の伝統も、うまく引き継いでいると言えよう。    (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さらに、お楽しみはまだある)
全体として感じるのは、ジョエル&イーサンのコーエン兄弟作品と共通するテイストである。

人間の欲と愛憎がからみ、二点三転する物語展開は、「ブラッド・シンプル」を思わせるし、誘拐事件と、金に絡む騙し合い、殺し合いは「ファーゴ」を思わせる。

ちょっとした小道具を、うまく利用してサスペンスに繋げる語り口も、「ブラッド・シンプル」における、置き忘れたライターの使い方を想起させてくれる。

ちなみに、コーエン兄弟作品「レディ・キラーズ」は、前掲のイギリス映画「マダムと泥棒」のリメイクである、という点も見逃せない。

Millerscrossing また、深い森の中で、ヴィックがダニーに拳銃を突きつけるシーンの絵柄は、コーエン兄弟の代表作「ミラーズ・クロッシング」の有名なシーン(右写真)と構図がそっくりだったりする。

ブレイクソン監督は、コーエン兄弟のファンであるのかも知れない。
が、コーエン兄弟自身が、「レディ・キラーズ」リメイクの例を見ても、イギリス犯罪映画をこよなく愛している気配を感じる。両者が互いを引き付け合うのは、むしろ当然なのかも知れない。

|

« 「あぜ道のダンディ」 | トップページ | 原田芳雄さん 追悼 »

コメント

こんにちは。
伏字だらけですね(笑)。
でも、本当にこの映画は、
そのオモシロさを語りづらい。
でも、コーエン兄弟の影響はあきらか。
とりわけ『ミラーズ・クロッシング』への目くばせには、
ニヤリとせざるをえませんでした。

投稿: えい | 2011年7月19日 (火) 18:49

ラスト、アリスは本人の意思で、「失踪」
した、ということでしょうか?

投稿: しまのうち | 2012年1月15日 (日) 23:33

◆しまのうちさん

>アリスは本人の意思で、「失踪」した、ということでしょうか?

自分で車運転して去って行きましたし、その通りでしょうね。
ちなみに辞書で引くと「失踪」は「行方をくらますこと。また、行方が知れないこと」
とあります。
うまいタイトルですね。

投稿: Kei(管理人) | 2012年1月24日 (火) 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/52201729

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリス・クリードの失踪」:

» アリス・クリードの失踪 [映画的・絵画的・音楽的]
 『アリス・クリードの失踪』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)この映画は、巷での評判が大層いいので見に行ってきましたが、実際にも大変よくできた作品だなと思いました。  映画については、少しでもストーリーに触れると、見ていない人にとっては面...... [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 04:12

» アリス・クリードの失踪 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
アリス・クリードの失踪 - 映画ポスター - 11 x 17登場人物はわずか3人だが、濃密なドラマが展開し、脚本の上手さが光る1本。冒頭の、スピーディーな誘拐準備のシークエンスからグッ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 09:02

» アリス・クリードの失踪 [佐藤秀の徒然幻視録]
アリス・イン・クラインの壺 公式サイト。イギリス映画。原題:The Disappearance of Alice Creed。ジェイ・ブレイクソン監督、ジェマ・アータートン、マーティン・コムストン、エディ・マー ... [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 11:07

» アリス・クリードの失踪 [LOVE Cinemas 調布]
『ディセント2』の脚本家、J・ブレイクソンの初監督作品。ある日1人の若い女性が誘拐された…。犯人2人組と女性、三者三様の思惑が交錯し、物語は意外な結末を迎える。誘拐されるヒロインを『007/慰めの報酬』のジェマ・アータートン、誘拐犯を『シャーロック・ホームズ』のエディ・マーサンと『明日へのチケット』のマーティン・コムストンが演じる。... [続きを読む]

受信: 2011年7月14日 (木) 23:46

» アリス・クリードの失踪 [象のロケット]
刑務所で知り合った青年ダニーと中年男ヴィックは、富豪の娘アリス・クリードを誘拐した。 2人は彼女を用意したアパートに監禁し、怯えて命乞いする様子の動画を父親にメール送信し、身代金200万ポンドを要求する。 しかし、ヴィックの外出中にアリスは必死の反撃を開始。 不意を突かれた見張り役のダニーは覆面を取り、アリスに驚愕の告白をするのだが…。 クライム・サスペンス。 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 04:35

» アリス・クリ―ドの失踪◆THE DISAPPEARANCE OF ALICE CREED [銅版画制作の日々]
 ここには3人と、1発の銃弾、そしてldquo;嘘rdquo;が散らばっている。 この日は、「共喰山」も鑑賞しました。最初は「アリス・クリ―ドの失踪」。京都シネマにて。 アリス・クリ―ド役にはジェマ・ア―タートン。実はこの人あんまり好きな女優さんじゃあなか...... [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 10:34

» 『アリス・クリードの失踪』 [ラムの大通り]
(原題:The Disappearance of Alice Creed) 「う〜ん。 ツイッターで噂は知っていたけど、 確かにこれはオモシロい。 だけど、喋りにくい映画…。 一言で言えば、その魅力、それは 全編ネタバレ厳禁映画」 ----どういうこと? 「そのオモシロさについて少しでも喋ると...... [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 20:11

» 「アリス・クリードの失踪」 愛と嘘と疑心暗鬼 [はらやんの映画徒然草]
いやいや、圧巻でした。 ミニマムな作りながらも、全編まったくたるむことなく、最後 [続きを読む]

受信: 2011年7月16日 (土) 09:18

» アリス・クリードの失踪 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  二人の男がホームセンターで大工道具、壁紙、カーペットなどを買いこみ、べッドや壁を改造しているようなシーンから始まる。それはある女を拉致して監禁するための準備であった。  監禁された女は大金持ちの一人娘であるアリスで、誘拐犯の二人組は、刑務所で知... [続きを読む]

受信: 2011年7月16日 (土) 10:55

» 映画「アリス・クリードの失踪」意外な展開の密室劇 [soramove]
「アリス・クリードの失踪」★★★☆ ジェマ・アータートン、マーティン・コムストン、 エディ・マーサン 出演 J・ブレイクソン 監督 101分 、2011年6月11日, 2009,イギリス,ロングライド (原作:原題:THE DISAPPEARANCE OF ALICE CREED)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「富豪の娘アリス・グリードは 二人組の男に誘拐され、監禁... [続きを読む]

受信: 2011年7月18日 (月) 11:52

» 『アリス・クリードの失踪』 [・*・ etoile ・*・]
'11.07.15 『アリス・クリードの失踪』@ヒューマントラストシネマ有楽町 これ気になってた。7月1日から実施された15%節電計画にともない、日替わりでフロア毎に17時退社を実施。残務処理担当の居残当番を残し、日次業務が終了していなくても、全員17時に退社するというもの。せっかくの早帰りを無駄にするのはもったいないので、映画見て帰ろうと思い立つ。調べてみたらちょうどいい時間。ってことで、行ってきた♪ *ネタバレありです! 「ダニーとヴィックの2人は、綿密な計画を立て、富豪の娘アリス・ク... [続きを読む]

受信: 2011年7月25日 (月) 02:07

» アリス・クリードの失踪 まとめ [映画まとめてみました]
アリス・クリードの失踪 詳細   公開日:2011年06月11日   製作国:イギリス   配 給:ロングライド   上映時間:101分 アリス・クリードの失踪 公式サイト   映画『アリス・クリードの失踪』公式サイト アリス・クリードの失踪 あらすじ・ストーリー 刑務所…... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 15:10

» 映画:アリス・クリードの失踪 [よしなしごと]
 行ったことのある映画館でやってないし、気にはなるけどスルーでいいか。と思っていたアリス・クリードの失踪見てきました。今年60本目ですね。普通なら、気になる映画にすら入らない映画だと思うのですが、公式ツイッターのアイコンで主役の女性がかわいらしく見えたので…。でも実際は、微妙でしたね。。。結構有名な女優さんなのにね。  ところで、ヒューマントラストシネマ有楽町という初めての映画館だったんですが、EPOSカードを持っていけば割引になったのに・・・。正規料金で見る羽目に。ちゃんと...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 13:19

» アリス・クリードの失踪 (The Disappearance of Alice Creed) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 J・ブレイクソン 主演 ジェマ・アータートン 2009年 イギリス映画 101分 サスペンス 採点★★★ “犯罪映画”って、計画の緻密さや犯行の手際良さ、追手をかいくぐる機転の良さなど、それ自体がメインのテーマじゃなくても、犯行がしっかり描かれていると俄…... [続きを読む]

受信: 2012年1月21日 (土) 13:22

» アリス・クリードの失踪 [いやいやえん]
誘拐される女と、誘拐犯の男2人。冒頭からテンポ良い画さばき、相当用意周到な計画のよう。出てくるのは3人のみ。だからこそ、ある意味でこの3人の関係性をうっすら〜と感じ取れるものではありました。 誘拐監禁されたアリスは、まず裸にされるのですが襲われるのではなく写真をとるため。口にはピンポン玉。主犯格の男ヴィックと若い男ダニーは、ムショ仲間らしい。また、アリスとダニーが二人きりになると、この二人が恋人同士だった事がわかります。やっぱりな! この3人の距離感の絶妙なバランス配分がいい。何が起こる... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 08:56

« 「あぜ道のダンディ」 | トップページ | 原田芳雄さん 追悼 »