« 「とある飛空士への追憶」 | トップページ | 「一命」 »

2011年10月13日 (木)

「僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia」

Bokutachihasekai2011年・日本/制作:セントラル・アーツ=配給: 東映
監督:深作健太
原作:葉田甲太
脚本:山岡真介
企画:黒澤満
企画・プロデュース:近藤正岳
プロデューサー:佐藤現、服部紹男

医大生が、カンボジアに学校を建てるため奮闘した実話を、本人が体験記として2008年に自費出版した同名のノンフィクションを映画化。監督は「バトル・ロワイアルⅡ・鎮魂歌」「エクスクロス~魔境伝説」の深作健太。

医大生の田中甲太(向井理)は、友人たちと楽しい大学生活を送っていたが、何か物足りなく感じていた。ある日、海外支援ボランティアのパンフレットの「あなたの150万円の寄付で、カンボジアに学校が建てられます」の文字に目が止まった甲太は、すぐに友人全員に「カンボジアに学校を建てよう!」とメールを送るが、集まったのは級友の矢野(窪田正孝)、芝山(柄本佑)と合コンで知り合った本田(松坂桃李)の3人だけ。それでも彼らはチャリティ・イベント開催での募金集め、カンボジアへのリサーチ・ツァーと行動を起こすが、やがて想像を絶する現実の重さに愕然となる…。

“社会貢献をした人の実話”というのはこれまでも何度か映画化されており、それぞれに感動できるお話である。

だが、それらの物語の主人公は、多くが実物以上に美化されており、“崇高な理念を持った立派な人”のように描かれているのが大半である。その方が、観客が感動するからである。

本作がユニークなのは、主人公甲太は特に強い信念があったわけでもなく、いかにも今どきの大学生らしく、目立たない存在で、口ベタだし、軽いノリで始めたものの、現実の重さに途方に暮れたり、壁にぶち当っては落ち込み、失恋してデリヘル嬢を呼んだりと、およそヒーローとは正反対のヤワな人間である。

これが却って、作品にリアリティを持たせている。どこにでもいる、等身大の普通の人間が奮闘する姿を密着取材した、テレビの報道番組を見ているようである。

現地のガイド役を演じたコー・ブティ氏は、実際に葉田甲太氏を案内した本物のガイドである。そのブティ氏の案内でポル・ポト政権が100万人を虐殺したというキリング・フィールドや、その歴史を保存したツールスレン博物館を甲太たちが訪れるシーンでは、本当に若い俳優たちが衝撃で言葉も出ない様子がカメラに捉えられている。

ブティ氏が、好物の卵も食べられずに死んだ父の話をしているうちに、ポロポロ泣き出し、甲太もたまらず彼を抱き抱えるシーンはこちらも泣けた。これらのシーンはほとんどシナリオなし、リハーサルなしのぶっつけ本番だったという。

過酷な体験を重ねた人の、真実の持つ重みが、圧倒的なリアリティでこちらに迫って来る。

他にも、エイズに冒された女性患者との対面とか、夥しい数の地雷が埋まっている地雷原、その中を走る子供たちの姿など、平和を取り戻したものの、未だ深い傷跡を残すカンボジアの実情に、何度も声を失い、また涙した。

甲太たちが帰国してからの、次々に起きる難題―援助を引き受けてくれたIT企業は刑事告発され、誹謗・中傷でサイトは炎上し、授業には身が入らず単位は落され、サークルも解体寸前に…という展開は、この手の青春奮闘ドラマのお約束パターンである。どこまで実話かは分からないが。

やがて、仲間や周囲の励ましで、甲太は少しづつ元気を取り戻し、どん底から這い上がり、目標に向かって再度突き進む…という展開もやはり青春奮闘ドラマの王道パターンを忠実になぞっており、新味がないと言えばそれまでだが、その分安心して物語に感情移入出来る。

ラストシーンの、カンボジアの子供たちの明るい笑顔が感動的である。…そう言えば、最近観た映画「未来を生きる君たちへ」(スサンネ・ビア監督)も、ラストシーンはアフリカの子供たちの明るい笑顔であった。
この子供たちの未来に希望あれ、と祈らずにはいられない。

 
我々平凡な人間は、いくら理想を掲げても、必死で頑張っても、世界を変えられるものではない。学校と言う入れ物を作ったところで、それだけでは世界は変わらない。タイトル「僕たちは世界を変えることができない」はまさにその通りである。

だが、たとえ一滴の雫でも、池に起した小さな波紋は静かに広がり、それらが共鳴し合えば、大きな波を起す事は出来る。

この映画の主人公のように、平凡な若者が、なんとなく思いつきで始めたボランティアであっても、小さな一滴は、原作を読んだ人たち、映画を観て感動した人たちの中に、きっと波紋を呼び起こすに違いない。そして、“平凡で取り柄のない私たちでも、何か出来るのではないか”と思わせる事が出来たなら、それは大きな意義のある事なのである。

過酷なカンボジアの歴史と現実をドキュメンタルに、克明に捉えつつも、極力暗くならずに、未来への希望を子供たち、若者たちに託し、全体を爽やかで明るい青春ドラマ・タッチにまとめあげた深作健太監督の演出が光る。

 
これまで刑事アクション(「スケバン刑事」)、ホラー・コメディ(「エクスクロス~魔境伝説」)、風俗もの(「完全なる飼育 メイド For You」)と、B級ピクチャーを堅実にこなし、実力をつけて来た深作健太監督にとって、本作はようやく一流監督の仲間入りを果たした、一つの里程標として記憶に残る秀作であると言えるだろう。今後のさらなる飛躍を期待したい。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「とある飛空士への追憶」 | トップページ | 「一命」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/52981511

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia」:

» 僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia. [LOVE Cinemas 調布]
何か物足りない毎日を送っていた大学生が郵便局で見つけたパンフレットで何となくカンボジアに小学校を建てようと決める。彼らが建設に必要な資金150万円を集めるために数々の障害や挫折を経験しながら奔走する姿を描いた青春ストーリーだ。主演は『パラダイス・キス』の向井理。共演に松坂桃李、柄本佑、窪田正孝ら若手俳優が揃う。監督は『バトル・ロワイアル3D』の深作健太。... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 00:09

» 映画「僕たちは世界を変えることができない。」でも主人公たちは確実に変わった [soramove]
「僕たちは世界を変えることができない。」★★★☆ 向井理、松坂桃李、柄本佑、窪田正孝、村川絵梨、 黒川芽似、江口のりこ、黄川田将也、 リリー・フランキー、阿部 寛主演 深作健太 監督 126分、2011年9月23日公開 2011,日本,東映 (原作:原題:僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia. ) 人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「郵便局で見つけた1枚... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 07:38

» 『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「僕たちは世界を変えることができない。」 □監督 深作健太 □脚本 山岡真介□原作 葉田甲太□キャスト 向井理、松坂桃李、柄本 佑、窪田正孝、村川絵梨、リリー・フランキー、阿部 寛■鑑賞日 9月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川...... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 08:11

» 僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)大学生がカンボジアに学校を建設した実話を映画化。説教くさくないところが好ましいし、青春映画 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 09:18

» 僕セカ [佐藤秀の徒然幻視録]
秀逸と思ったタイトルも借用らしい 公式サイト。葉田甲太原作、深作健太監督、向井理、松坂桃李、柄本佑、窪田正孝、村川絵梨、黒川芽以、江口のりこ、黄川田将也、リリー・フラ ... [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 09:45

» 映画 「僕たちは世界を変えることができない」 [ようこそMr.G]
映画 「僕たちは世界を変えることができない」 [続きを読む]

受信: 2011年10月14日 (金) 13:09

» 僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia. [象のロケット]
2005年。 医大に通う大学2年の葉田甲太(コータ)は、郵便局で「150万円の寄付で、カンボジアに屋根のある小学校が建ちます。」という海外支援案内のパンフレットを読み、すぐさま知り合い全員にメールを送信する。 だが集まったのは3人だけ。 コータは小学校建設を目的とする募金プロジェクトを立ち上げ、チャリティイベントを開催。 仲間も少しずつ増え始めるのだが…。 実話に基づく青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年10月15日 (土) 23:50

» 僕たちは世界を変えることができない。 [ ★the tip of the iceberg★]
この作品、どうやら拡大ロードショーでは無いらしい。でも、Yahoo!映画での評価がとても高いです。向井理さんの初の主演映画になる記念すべき作品ですので、軽い気持ちで観に行きましたが、びっくりしました。カンボジアのこと、自分が全くの無知だったことに茫然です。でも... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 01:11

» ■映画『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a 〜』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
今を時めく人気俳優・向井理に加え、イケメンライダー俳優・松坂桃李、そして二人の若手実力派俳優の柄本佑、窪田正孝が登場する青春映画『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』。 なんとなーく面白そうだから、という理由でカン... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23:28

» 僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia. [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.'11:日本◆監督:深作健太「同じ月を見ている」「バトル・ロワイアルII鎮魂歌」◆出演:向井理、松坂桃李、柄本佑 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 17:16

« 「とある飛空士への追憶」 | トップページ | 「一命」 »