« 「一命」 | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 »

2011年10月23日 (日)

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

Riseoftheplanetoftheapes2011年・アメリカ/配給:20世紀フォックス
原題: Rise of the Planet of the Apes
監督: ルパート・ワイアット
脚本: リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー
製作: リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー、ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク
製作総指揮: トーマス・M・ハメル

1968年に公開され、大ヒットとなって、その後続編が4本も作られた人気SF映画の、前章とも言うべき新作。監督は英国出身で、長編はこれが2作目となる新鋭ルパート・ワイアット。

製薬会社の研究所に勤める科学者・ウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を開発中に、実験で投与していたチンパンジーの知能が飛躍的に発達していることに気付く。研究成果を発表しようとした矢先、そのチンパンジーが所内で暴れ射殺されてしまう。だがそのチンパンジーは妊娠しており、ウィルは残された赤ん坊チンパンジーを自宅へ連れ帰り、“シーザー”と名付け育てる。3年後、親猿の特殊な遺伝子を受け継いだシーザーは驚くべき知性を有し、すくすくと育っていた。一方、父・チャールズ(ジョン・リスゴー)のアルツハイマー進行に悩むウィルは、研究中止を命ぜられた新薬ALZ112をこっそり家に持ち帰り、父に投与すると、その結果、彼は驚くべき快復を見せる。だが、その新薬には人類の災厄を招く恐るべき副作用が潜んでいた…。

オリジナルの1968年作品は、SF映画史上に残る傑作である。人間と動物との支配関係が逆転した寓話的な設定と、そこから派生するさまざまなアイロニー、文明批判、そして衝撃的な結末。
とりわけ(既に有名であり、DVDのパッケージにもそのラストシーンの絵があるのでネタバレにはならないと思うが)、この惑星が実は地球だった、と言うオチには驚愕した。
実はリアルタイムで観ているのだが、何の予備知識もなく観に行って、あのラストで思わず「ああーっ"」と声を上げそうになった。
本新作のキャッチコピーである“これは人類への警鐘”そのまんまのラストだった。

既に結末が広く知られている現在において、このオリジナルを観る人は不幸である。何も知らないで観る方が確実に楽しめる(も一つ、あのネタバレDVDパッケージは止めて欲しい)。
…さらに言うなら、まだソ連が存在し、核戦争の脅威が根強く潜在しているあの時代(S・キューブリックのポリティカルSF「博士の異常な愛情」が公開されてからまだ4年しか経っていなかった)だからこそ、衝撃は何倍も大きかったわけなのだが。

キューブリックつながりで言うと、同じ1968年に、SF映画史上の大傑作「2001年宇宙の旅」が公開されている。
実は、私は「猿の惑星」を観た直後、同じ日にこの作品を観ている。
猿の映画でショックを受け、茫然自失状態のまま「2001年-」を観て、冒頭にまた猿が出て来たので、まだ続きを観ているのかとうっかり錯覚してしまった(笑)。私の映画歴でも、一生忘れられない日だった。

余談はさておき、本作だが、これもなかなか面白かった。オリジナルには及ばないが、今の時代に作られる意義は充分にある。

(以下、オリジナルも含めてネタバレがあります)
オリジナルを観終わった後、唯一疑問だったのが、“人類が滅びた後、何故猿が知性を得、人間の言葉を喋れるようになったのか”という点であった。

第1作に続くシリーズでは、第3作「新・猿の惑星」で、地球壊滅寸前に脱出したチンパンジー夫婦・コーネリアスとジーラの乗ったロケットがタイムスリップして1973年の地球にたどり着き、その子供・シーザーが第4作「猿の惑星 征服」で猿のリーダーになり、地球を征服する、という展開になる。
確かに、一見、それでシーザーが知性があり、言葉を喋れる理由にはなっているが、よく考えるとこれはおかしい。それだと、コーネリアスたちの祖先は、自分たちだった、という無限ループの自己矛盾に陥る事になる。ニワトリと卵、どっちが先かというのと同じ(笑)である。

本作はその矛盾を解消すべく、猿たちが知性と言葉を得るに至った理由をきちんと描き、同時に人類が滅びた原因についても匂わせる物語になっている。

その理由が、人間の老いと共に広がっている、アルツハイマー症を治す特効薬を開発する為、母猿に新薬を投与し、実験台にした事にある、というのが実に皮肉である。

人類が産み出した、発達したテクノロジーが、却って人類を滅ぼす元凶になった、という物語は、1950年代以降数多く作られた、終末ものSFにその例を見る事が多い。
その多くが、核戦争が起き、放射能が地球上を覆うというパターンで、ロジャー・コーマン監督の「原子怪獣と裸女」(55)など、B級ものが多いが、A級の代表作としては、スタンリー・クレイマー監督の秀作SF「渚にて」(59)がある。
宮崎駿監督のアニメ「未来少年コナン」「風の谷のナウシカ」もその範疇に入れる事が出来るだろう。

小松左京原作の「復活の日」は、生物兵器開発の過程で作られた猛毒ウィルスが世界に蔓延し、人類が絶滅の危機に曝されるという物語で、これ以降、ウィルスが人類滅亡の原因というパターンが多くなる。
本作は、そのウィルス滅亡ものの要素も含んでいる。

さらに、ジェームズ・キャメロン監督の原案・監督による「ターミネーター」シリーズも、“人類の幸福の為に開発されたはずの人工知能スカイネットが核戦争を引き起こし、さらにスカイネット指揮の機械軍によって、人類は滅亡の危機に瀕する”という物語で、よく考えたら、機械軍(ターミネーター)を猿に置き換えたら、本作とパターン的にはそっくりである。

オリジナルの「猿の惑星」も、人類が滅びた原因は核戦争、という事になっていた。

コンピュータがらみで挙げるなら、1970年の「地球爆破作戦」(ジョセフ・サージェント監督)では、国防ミサイル制御システムとして開発されたスーパー・コンピュータが、自我を得て、人類をコントロールするようになる、という展開で、この萌芽は実はあの「2001年宇宙の旅」にも既に見る事が出来る。

本作はそうした、“人類の幸福の為に開発されたはずのハイテクノロジーによって、人類が滅亡の危機に曝される”という、一連のシニカルSF作品の、言わば集大成的な作品である、とも言えるのである。

 
本作がよく出来ていると思えるのは、猿のシーザーが、檻に入れられ、人間による差別、虐待に苦しめられ、知性を得たが故に、その理不尽さに怒り、苦悩し、遂には人間に対し反乱を企てるプロセスが丁寧に描かれている点である。

パフォーマンス・キャプチャーにより、その第一人者であるアンディ・サーキスが演じるシーザーは、表情が実に豊かになり、悩んだり、怒ったり、悲しんだりといった感情表現も、人間のそれとほとんど変わらないほどに見事である。

アイデンティティーを持ったが故にシーザーは、自分勝手で、猿を一段低く見る人間を、次第に許せなくなって行くのである。
そして遂にある日シーザーは仲間たちと共に反乱を起し、人間たちの束縛から逃れ、自由の身になる事を決意し、その計画を実行に移す。

そのプロセスは、まるで奴隷や被差別民たちが自由を求めて反乱を起す、歴史ドラマのメタファーのようである。

映画で例を挙げるなら、旧約聖書の、モーゼの「出エジプト記」を題材とした「十戒」(セシル・B・デミル監督)とか、カーク・ダグラス主演「スパルタカス」等の歴史大作がその代表作だろう。

ちなみに、「十戒」の主演が、「猿の惑星」の主演者でもあるチャールトン・ヘストンであり、「スパルタカス」の監督が「2001年-」のスタンリー・キューブリックである、というのも、不思議な因縁である。ちなみに「スパルタカス」には、ジュリアス・シーザーもちょこっと登場している(笑)のも、偶然にしては出来過ぎている。
思えば、「2001年-」も、“猿がある外的要因(モノリス)によって、知性を得る”というエピソードが発端であった。

 
CGをフル活用した、猿たちと人間たちとの大バトル・シーンも見ものである。この猿たちがすべてCGというのが信じられない。ここはテクノロジーの発達に素直に感動しよう。

ラストは、ウィルと決別し、森に立てこもったシーザーたちの姿で終るが、これは単にサンフランシスコのある地域の猿たちが、人間たちから逃げて自由を得た、というだけに過ぎない。この後、猿たちが地球全土を支配するまでには、まだまだ長い物語が続くものと思われる。続編ではその辺りが描かれるのではないか。期待したい。

 
思えば、この作品が、東日本大震災の起きた同じ年に公開されたのも、不思議な因縁を感じる。

原子力発電は、人類の幸福の為に開発されたハイテクノロジーの象徴だったはずである。
それが一たび事故を起すや、制御不能となり、災厄となって多くの人間に不幸をもたらしている。

高度な科学技術の発達は、本当に我々に幸福をもたらすのか、逆に牙を剥くモンスターにもなり得るのではないか

本作も、原発事故も、その事に深く思い至らせ、人間の驕り、傲慢さに対し、警鐘を鳴らしている点ではまさに共通するのではないか。

多少物足りない所はあれど、そうしたいろいろな事を考えさせてくれた点でも、また、さまざまな映画的記憶をも呼び起こしてくれた点でも、これは大いに評価したい作品である。    
(採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
原作本(ピエール・ブール)

「猿の惑星」DVDボックス 「猿の惑星」ブルーレイ・ボックス

「猿の惑星」第1作DVD 「猿の惑星」第1作ブルーレイ

|

« 「一命」 | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 »

コメント

この映画かなり評判良いのですね。
ですが、CGとロード・オブ・ザ・リングのゴラムを演じたアンディ・サーキスのシーザの演技はいいですが、ちょっと個人的にはお話に乗れなかったかな。
割と話が暗いですし、猿の惑星である必然性も薄いし。
最後のゴールデンブリッジ上でのアクションはかなり凄いですけどね。
主人公役のジェームズ・フランコ、久々のジョン・リスゴーも好演していました。

投稿: きさ | 2011年10月25日 (火) 22:41

ご無沙汰してます。
当初お付合い鑑賞だったおちび(6歳)は
後半からグッと前のめりで愉しんでました。
鶴岡まちなかキネマは過去作を知る
ご年配の夫婦等、混んでいましたよ。

投稿: ぱたた | 2011年11月 2日 (水) 14:57

◆きささん
乗れませんでしたか。まあ人によって受け止め方はいろいろですね。
私は、医学や科学が人間の欲望や願望を追い求め、発達し過ぎれば、却って人類の不幸を招く事になる、というシニカルなテーマに共鳴しました。
前シリーズが“核戦争”という、いかにもあの時代の脅威をテーマにしていたのに対し、本作は今の時代に沿ったテーマで再構築している所が新鮮でしたね。
「猿の惑星」は、原作も前映画シリーズも本作も、それぞれの時代に対する鋭い寓意とアイロニーが常に込められているからこそ人気があるのでしょうね。ティム・バートン作品がいま一つだったのは、アイロニーが希薄だったせいかも知れません。


◆ぱたたさん
お久しぶりです。
ご年配の夫婦が多かったですか。前シリーズのインパクトがいかに強烈だったかが分かりますね。私も未だに鮮明に覚えています。
子供さんにも楽しめたようですね。しかしラストのウィルス蔓延の図、子供さんにはピンと来なかったのでは?(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2011年11月 4日 (金) 01:20

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

1968年に公開された「猿の惑星」が余りにも衝撃的で、未だに忘れられない作品故、どうしても其れと比較してしまいます。「別物」として考えれば、中々面白い作品。でも元祖と比べてしまうと、「粗」も感じないでは無い。

とは言え、続編が楽しみでは在ります。

投稿: giants-55 | 2011年11月13日 (日) 04:21

こちらの映画、結構難解ですね。
普通に観るとただ猿が騒いでいるだけですが、注意深く観ないと気づかないようにわざと作られています。

Apes が賢くなるのと、人類が滅んでいく過程が同時進行なんですね。

エンドロールが始まって直後のNewyork発、光の筋が東京をアタックしたとき、まぁ怖いこと…

投稿: たら~く | 2011年11月25日 (金) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53068842

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」:

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [LOVE Cinemas 調布]
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス・キャプチャーの第一人者アンディー・サーキスが演じている。監督はルパート・ワイアット。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 03:15

» 映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 06:08

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [佐藤秀の徒然幻視録]
始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー、ト ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 08:16

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・フェ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 08:20

» 映画レビュー「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Rise of the Planet of the Apes◆プチレビュー◆ついに明かされた「猿の惑星」の起源。知能を持つ猿シーザーの切なさと人間の愚かさの対比が見事。 【75点】 製薬会社に勤める神経科学者 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 08:51

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 09:44

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Akira's VOICE]
猿にエール!!!   [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 10:19

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
現代の最新医療の成果をふまえた設定が現実的で、無駄なシーンが全くない濃密な内容の傑作が誕生した。進化の過程で猿が人間より優れた結果を生んだのは偶然だと思っていたが、このように科学的裏づけで脚本が書かれて登場する人間だけでなく猿も感情豊かに描かれている。シ... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 19:32

» [映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 21:36

» 猿の惑星 創世記(ジェネシス) [華待月]
最初にこのシリーズを見たときの衝撃 3人の宇宙飛行士がトラブルで不時着した惑星は 猿人が支配する世界で 人類は猿以下の知能しか持って居なかった どうにかして地球に戻ろうとした飛行士が砂漠のかなたに見たのは・・・・信じられないモニュメントの残骸 猿人の祖先は シーザーという一匹の猿  この映画は長い間疑問だった  何故猿が進化して人類が支配されるようになったか  1頭賢くても他のサルまで進化を遂げられるものなのか・・・それが解って納得 長かったなぁ 今までのシリーズの中で一番良かった あら... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22:06

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [だらだら無気力ブログ!]
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。 [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22:07

» 「猿の惑星:ジェネシス」完璧☆猿目線 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
もはや今年のベスト入り決定! [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22:33

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [象のロケット]
サンフランシスコの製薬会社ジェネシスの研究所に勤める若き神経科学者ウィルがアルツハイマー病の新薬を投与した猿(チンパンジー)が驚くべき知能を示した。 しかしその猿は突然暴れ出したために射殺され、新薬プロジェクトも中止になってしまう。 アルツハイマー病を患う父と暮らすウィルは、射殺された猿から生まれた赤ん坊にシーザーと名付け、自宅で密かに育てることにしたのだが…。 SFスリラー。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22:42

» 猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった〜 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23:18

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [ラムの大通り]
(原題:Rise of The Planet of the Apes) ----これ観たの昨日だよね。 スゴく興奮して帰ってきてたけど、 でもリメイクでしょ? 何年か前にもティム・バートンが監督したんじゃなかったっけ。 確かリ・イマジネーションとか言って…。 「いやあ。 こう言ってはバートン...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23:21

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [食はすべての源なり。]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで、ちょっとかわいそうになります。実際に俳優さんが演じて、CGで加工されているそう。 ただ、もっと人間社会が猿に乗っ取られるところまで描くと思っていたので、ちょっと不完全燃焼感が・・・。 呼び方が違ったんだけど、モンキーとAPEだとAPEの方が... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 10:50

» 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 20:52

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
映画が大好きで、此れ迄に数多の作品を見て来た。一番好きな作品は断トツで「風と共に去りぬ」(10数回見ている。)なのだが、SF作品の中では「猿の惑星シリーズ」が一番好き。 1968年から1973年に掛けて公開された「猿の惑星」から「最後の猿の惑星」迄の...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 01:20

» ここから始まる・・・ [笑う学生の生活]
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 20:41

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で敷居の低... [続きを読む]

受信: 2011年11月 6日 (日) 10:08

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ... [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 16:39

» 【映画】猿の惑星 創世記 (ちょいネタバレ) [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画 この映画は猿の惑星を知っていればわかりますが、地球が猿に支配されるきっかけとなった話を描いた作品。 アルツハイマー治療薬を開発し、チンパンジーに投与することで実験をしていた。 その薬にはアルツハイマーを治すばかりか知能を向上させる効果を持っていた。 しかしチンパンジーが大暴れする事件が起きてしまい、実験は頓挫してしまう。 しかし、大暴れしたチンパンジーには理由があった。 子供を生んでおり、守るために暴れたのであった。 ジェームズは最初だけ預かる気でいたが、この子供の知能の高... [続きを読む]

受信: 2011年11月24日 (木) 00:25

» 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て [kintyres Diary 新館]
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット□脚本・...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 17:52

» 映画:猿の惑星:創世記 [よしなしごと]
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしていたのに、正直イマイチでした。そんなわけで今回はリメイクではなく初代猿の惑星以前の地球を描いた作品と言うから期待大です。予告編もおもしろそうだし。と言うわけで今回の記事は猿の惑星:創世記です。... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 01:02

» 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [或る日の出来事]
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。 [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 16:51

» ■映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エゴ”でもあ... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 02:13

» 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [いやいやえん]
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんてもう忘れちゃってるもんで(借りようと思ってたら見つからなかった)改めて第1作となる作品とのことなので、それはそれで良かったのかも知れない。 あとゴリラ!ゴリラが男前! 人間側からすれば、サル達が怖いのなんのって。人間が猿に支配されるという斬... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 11:15

» 猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ…... [続きを読む]

受信: 2012年3月 5日 (月) 12:10

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパンジーが暴れて射殺されたため、その赤ん坊を密かに自宅へ・・・。解説放送映画批評家協会賞視... [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 09:27

» 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパ [続きを読む]

受信: 2012年11月29日 (木) 09:28

» これは 人類への 警鐘「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014年9月 9日 (火) 23:20

« 「一命」 | トップページ | 「カウボーイ&エイリアン」 »