« 「ランゴ」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »

2011年11月24日 (木)

「恋の罪」

Guiltyofromance2011年・日本/配給:日活
監督:園 子温
脚本:園 子温
製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫
企画:國實瑞惠
プロデューサー:千葉善紀、飯塚信弘

「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、十数年前に東京のラブホテル街で実際に起きた殺人事件をベースに描く問題作。水野美紀、冨樫真、神楽坂恵の3人の女優がそれぞれに体当たりの熱演で魅せる。

どしゃぶりの雨の日、渋谷区円山町にある廃アパートで女性の凄惨な変死体が発見される。事件を担当する事となった刑事の和子(水野美紀)は、被害者の身元を調べるうちに、大学のエリート助教授・美津子(冨樫真)と、人気小説家・菊池由紀夫(津田寛治)の妻いずみ(神楽坂恵)という2人の女性の存在にたどり着く…。

いつもながら、園子温監督の作品は目まいがするほど過激で強烈だ。前作「冷たい熱帯魚」では殺人、人体解体というグロテスクな描写に圧倒されたが、本作ではエロティシズムが全面展開、3女優がヘア丸出しで過激なセックスシーンに挑んでいる。しかしそこで描かれるのは、女という存在の心の闇と謎、人間という生き物の不可思議さである。

映画のモデルとなっているのは、「東電OL殺人事件」として知られる、1997年に起きた殺人事件であるが、舞台が渋谷区円山町のラブホテル街である事と、被害者が昼間はエリート、夜は売春婦という二重の生活を送っていた、という点以外に共通性はなく、後は園監督が自由に物語を膨らませている。

(以下ネタバレあり)
中心となるのは、すべてである。売れっ子小説家の貞淑な妻いずみは、一見幸せそうだが、心は何か満たされていない。外に出てアルバイトを始め、次にAV撮影の仕事に誘われ、身も心も大胆になり自己を解きほぐして行く。

昼間は大学で文学の講義をする美津子は、夜はデリヘルで売春行為という二重生活を送っており、彼女がこの物語で一番不可解な人間である。
いずみは、ふとしたきっかけで美津子と出会い、その強烈な生き様に惹かれ、美津子と共に売春稼業にも手を染めて行く。

殺人事件を捜査する刑事・和子も女性であり、女性の視点からこの猟奇事件を追って行く。

そして後半に登場する美津子の母・志津(大方斐紗子)がまた強烈な存在感を示す。
穏やかな物腰ながら、ネチネチと美津子を責め、美津子も「クソババァ、早く死ねよ!!」とやり返す。それを平然と受け流し、傲然と構える志津は、まさに妖怪婆あである。

互いに、憎しみ合いながらも、それでも簡単には離れられない。男の場合と異なり、女は“”として、自らの体(母体)から分身の如く生命を産み出した強みがある。血の絆は断ち切ろうとて断ち切れないのである。

登場人物たちは、それぞれに表の顔と、それとは別の裏の顔を持っている。象徴的かつ一番エクセントリックなのは、エリート大学助教授と売春婦という、まるで両極にあるかのような顔を持つ美津子であるが、いずみもまた貞淑な妻という表の顔の下に、やがて淫乱な堕天使という裏の顔を獲得して行く。
刑事の和子も、裏では不倫に溺れているし、表の顔は売れっ子小説家であるいずみの夫ですらも、やがては売春婦を買う裏の顔が暴露されて行く。

人間とは、かくも複雑で、表向きは平常に見えても、仮面の下に得体の知れない魔性を抱えた、悲しい存在なのである。

 
ところでもう一つ、本作は園監督の前作「冷たい熱帯魚」とは、表裏一体の関係があるように見える。

前作の村田(でんでん)も、表の顔は温厚で人望のある経営者であるが、裏の顔はおぞましい狂気の殺人者である。本作の美津子の二面性とも似通っている。

その村田に、いつの間にか魅入られたように近づいて行き、その片棒を担がされる社本(吹越満)は、本作でのいずみの立場と共通するものがある。
村田は社本に、「お前はまるで昔の俺だ」と言い、怖気づく社本に「そんな弱気でどうする!」と叱咤するのだが、これも美津子の「おまえはわたしのとこまで堕ちてこい!」といずみに投げかけるセリフとの共通性を感じる。

さらに、これは私が前作の評で書いた事だが、村田が狂気の殺人鬼となった要因には、彼の父親の影響があるのではないかと感じたのだが、本作ではまさに、美津子の狂気の原因が、彼女の母にあった事が明示されている。

前作では、子による父殺しがメタファーとして隠されていると感じたが、本作では[母による子殺し]という、まるで前作の逆パターンが展開される。

ラストが、共に“ナイフによる自殺”で物語が閉じられるのも、偶然ではないだろう。両作品をじっくり見比べてみるのも面白いかも知れない。

ただ、エンドロールにおける和子の行動は、やや蛇足に感じる。本作のテーマとは乖離しているように思う。ない方が前記ラストシーンの余韻も残り、すっきりまとまったのではないか。そこがやや残念。

ともあれ、これはいかにも園子温らしい、強烈な毒が充満したまさに園子温ワールド。受け付けない人もいるかも知れないが、園ワールドに魅入られた人にはこの毒気がたまらない。毒を食らわば皿まで。とことん付き合わせていただこう。

それにしても、1月公開の「冷たい熱帯魚」で幕を開け、「恋の罪」が11月から年末にかけて公開されている2011年。まさに今年は園子温で明け暮れた1年、と言えるのではないか。来年は東北大震災も絡む「ヒミズ」が待機している。ますます園子温から目が離せない。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ランゴ」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »

コメント

聞いた話では、海外版DVDは最初の水野美紀のシーンがカットされてて、ラストも神楽坂恵のラストで終わってるそうです。

投稿: タニプロ | 2011年12月26日 (月) 00:44

◆タニプロさん
いつも情報ありがとうございます。

なるほど、最初の水野美紀のファック・シーンと、エンディングの水野美紀がゴミ収集車を追いかけるシーン、
どちらも、私はいらないのではないか、と感じたシーンですが、ひょっとしたら監督も時間が経ってから、不要だと思い直したのかも知れませんね。

DVDを出す際には、海外版も別バージョンとして特典で付けて欲しいですね。
2種類のどちらが面白いか、見比べるのも一興かと思います。監督、是非採用を。

投稿: Kei(管理人) | 2011年12月31日 (土) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53327424

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋の罪」:

» [映画『恋の罪』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆バイトで疲れた後に見たのだが、その力強い演出に、二時間半、夢中で見た。  ストレスが溜まる展開かと思いきや、普通に面白かった。  ・・・生真面目過ぎる夫(序盤から変な夫だったが…)との生活に、人生の希望を描く上でも、性的な欲求にしても満たされぬ思いを感...... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 06:27

» 恋の罪 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英題:Guilty of Romance。園子温監督、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 08:37

» 恋の罪 / Guilty of Romance [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 以前観たんだけどまだレビュー書いてない「自殺サークル」「エクステ」、 実際の事件を基に脚本が自身の手で脚本が書かれた「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」に続き、 1990年代に渋谷区円山町ラブホテル街で実...... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 09:29

» 恋の罪 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
堕ちていく女の恍惚と狂気を描く「恋の罪」は、実在の殺人事件にインスパイアされた物語。鬼才・園子温監督は、徹底した女目線にこだわっている。どしゃぶりの雨の日、渋谷区円山 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 09:31

» 恋の罪 [LOVE Cinemas 調布]
『冷たい熱帯魚』の園子温監督が1990年に起きた東電OL殺人事件にインスパイアされて制作した衝撃と官能の問題作だ。主人公となる3人の女性に先ごろ園監督との結婚が発表された神楽坂恵、『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真らをキャスティング。三者三様の表の顔と裏の顔をそれぞれの女優が見せる正に体当たりの演技に注目だ。... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 14:12

» 恋の罪(2011) [銅版画制作の日々]
 ようこそ、愛の地獄へ! 評価:+5点=85点 園子温ワールド全開!やっぱり期待通り凄かった。かなりきわどい作品ではありますが。。。。。 私的には好みです 冷たい熱帯魚は色で例えると灰色でしたが、こちらは色で例えるとやっぱり赤色かピンクかな。で、底知れ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 22:30

» No.282 恋の罪 [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 1日 (木) 22:48

» 恋の罪 [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 園子温監督の映画を劇場で観るのはこれが初。 解説 新作を発表するごとに注目を集める『冷たい熱帯魚』の園子温監督が、1990年代 に実際に起きた殺人事件に触発されて撮り上げたサスペンスドラマ。 それぞれ立場の違う3人の女性たちが織り成す光と影を... [続きを読む]

受信: 2011年12月30日 (金) 21:12

» 恋の罪 [映画的・絵画的・音楽的]
 昨年のことになりますが、『恋の罪』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この作品は、『冷たい熱帯魚』の園子温監督の手になる昨年2作目のもので、今度もどんな目覚ましい展開の映像を見せてくれるのかと、大きな期待をもって映画館に行ってきましたが、期待に違わ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 18:39

» 「恋の罪」性と生 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
1997年に渋谷円山町のラブホテル街で実際に起きた「東電OL殺人事件」からインスパイアされたオリジナル・ストーリーを衝撃的な作風で人気の園子温監督が映像化。 公開中の「ヒミズ」が期待度高いので、今のうちに観ておかなくちゃと思って・・・・... [続きを読む]

受信: 2012年1月16日 (月) 23:35

» 映画『恋の罪』を観て [kintyres Diary 新館]
12-4.恋の罪■英題:Guilty Of Romance■配給:日活■製作年・国:2011年、日本■上映時間:144分■観賞日:1月9日、新宿武蔵野館(新宿)■入場料:1,800円□監督・脚本:園子温□撮影:谷川創平□照明:金子康博□編集:伊藤潤一◆水野美紀(吉田和子)◆神楽坂恵(菊...... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 10:44

» 恋の罪 [いやいやえん]
園子温監督作品。これは女性の性、欲望を描いた作品でした。 男とは違って女には期限がある。「女」として見られる期限だ。心と体の乾きを感じている女性たち。堕ちていく女の恍惚と狂気が、ねっとりと絡みつく。実に淫靡で見終わった後の脱力感、そして安堵感が大きい。 奔放な美津子に惹かれ、困惑しつつもその世界に足を踏み入れる事になるいずみ、事件を追う和子、この3人の背景にあるものも、一種の孤独だ。でも孤独は男のためだけれど、性は男のためではない。女の性には自虐性と快楽が眠っている。 言葉には体がとも... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 13:11

» 恐ろしきは女の欲望 『恋の罪』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:園子温出演:水野美紀、冨樫真、神楽坂恵日本映画 2011年 ・・・・・・ 8点 [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 20:54

» 恋の罪(2011-094) [単館系]
今回個人的に最寄りのシネコンで恋の罪が上映されることが わかってそこで見ようと思っていたのだが・・・ 昨日、プリンタが壊れていたことがわかり東川口のヤマダ電機 でプリンタを注文し、まだ時間がある...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 22:39

« 「ランゴ」 | トップページ | 「ミッション:8ミニッツ」 »