« 「恋の罪」 | トップページ | 「アジアの純真」 »

2011年11月28日 (月)

「ミッション:8ミニッツ」

Sourcecode2011年・アメリカ/配給: ディズニー
原題: Source Code
監督: ダンカン・ジョーンズ
脚本: ベン・リプリー
製作: マーク・ゴードン、フィリップ・ルスレ、ジョーダン・ウィン
製作総指揮: ホーク・コッチ、ジェブ・ブロディ、ファブリス・ジャンフェルミ 

デビュー作「月に囚われた男」で注目を集めた、イギリス出身のダンカン・ジョーンズ監督の第2作。彼のハリウッド進出第1作でもある。主演は「ブロークバック・マウンテン」「ゾディアック」のジェイク・ギレンホール。

列車の中で目を覚ました、コルター・スティーブンス(ジェイク・ギレンホール)は、見知らぬ女性クリスティーナ(ミッシェル・モナハン)から親しげに話しかけられ当惑する。数分後、突然列車内で大爆発が起きるが、気が付くと狭いコックピットの中におり、やがてモニターに現れた米軍特殊機関のグッドウィン大尉(ヴェラ・ファーミガ)が、驚くべき事実を告げる。今朝、テロによる列車爆破事件が起きたが、軍の開発したソース・コードと呼ばれる特殊装置を使えば、列車に乗り合わせたある犠牲者の、事件発生8分前の意識に入り込み、その人物になりすませるのだという。コルターは8分のタイムリミットの内に犯人を見つけ出し、第2のテロを防止するという困難な任務を遂行する事となるが、その裏にはさらに驚くべき真実が隠されていた…。

前作もユニークなSF作品の佳作であったが、本作も謎が幾重にも絡められ、SFともファンタジーとも区分しにくい、一筋縄では行かない作品である。“映画通ほどダマされる”とキャッチコピーにあるが、確かに、“あの映画で見たのと同じネタだな”と思っていると、実はそれとは違う方向に進んで行く、と言う点では当っているだろう。

 
(以下ネタバレあり。未見の方は読まないでください)

“大規模なテロ事件が起き、政府の開発した極秘装置を使って、過去の時間帯に遡って事件を探索する”というストーリーを見ると、2007年に公開されたデンゼル・ワシントン主演「デジャブ」を思い出してしまう。前に観たような作品だな、と考えてしまう点ではまさに“デジャブ”だ(笑)。

「デジャブ」では、4日以内であればどんな時間帯にも、どんな場所にも行けたのに対し、こちらの場合は、時間は爆破直前の8分間、場所は列車の中だけ、と極めて限定されている。その代わりに、何度でもリセットして8分間を繰り返す事が出来る。

コルターは、運命の8分間において、何度か失敗を繰り返しながらも、次第に犯人に近づいて行く。

よく考えると、1回目から既に犯人を特定する伏線が巧妙に仕掛けられている(ヒントは札入れ)。うまい脚本である。

8分間を何度も繰り返すうちにコルターは座席に向かい合っている女性、クリスティーナに次第に好意を寄せて行くようになる。

コルターの尽力でやっと犯人を見つける事が出来、第2のテロを未然に防ぐ事には成功するのだが、最初の列車爆破事件は既に行われており、従ってクリスティーナは事故で死んでしまっている。コルターが見る8分間の世界は、あくまで“コンピュータ内の仮想現実”(言わば「マトリックス」のような世界)であり、過去の現実は変えることは出来ない。

だが、クリスティーナを愛してしまったコルターは、グッドウィン大尉に頼み込み、8分間の仮想現実世界の中で、爆破そのものを阻止する、という掟破りの行動を取ろうとする。

8分間の中では、コルターはどんな行動でも取れる、のであれば、爆破を阻止してしまったら、どんな事が起きるのだろうか。

ここで、物語はまったく意外な方向に進んで行く。

8分間におけるコルターの行動によって、本来判らなかったはずの犯人の特定という現実世界の歴史も変えてしまった、のは確かなのだが、映画は、最後の8分間でコルターが爆破を阻止したので、現実世界でも列車爆破はなかった事になってしまうのである。

つまりは、いつの間にか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように、“過去の歴史を変えたので、現在の状況も変わってしまう”事となるのである。あの8分間は仮想現実ではなく、“タイムマシンで行った過去の世界”だという事になってしまっているのである。

そう思えば、「デジャブ」でも最初は過去の世界を覗き見ていただけなのに、後半は過去の歴史を変えて、本当は死んでしまっている女性の命を救おうとする、本作ともよく似た展開となる。あっちも結構掟破りであった(笑)。

こうした、途中から別の方向に作品世界を捻じ曲げてしまう展開は、ヘタな監督にかかれば開いた口が塞がらないトンデモSFになってしまう所(悪い例が「フォーガットン」(笑))なのだが、ダンカン・ジョーンズ監督は、クリスティーナに寄せるコルターのひたむきな思いを丁寧に描く事によって、むしろ“運命だと諦めてはいけない。自分の信念に従い行動すれば、自ずと運命は切り拓けるものである”という、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」以来お馴染みの、最近では「アジャストメント」にも登場したパターンの、奇跡のファンタジー系作品として成功させているのである。

ラスト(シカゴ駅のシーン)はいろんな解釈が出来るだろう。現実のコルターは[事故で肉体を損壊し、ポッドの中でしか生きられない体]なので、クリスティーナと幸せそうにモニュメントを見つめるコルターの姿は、仮想現実…つまりは夢の中の世界でしかないのだ、と見る事も出来る。この世界では、クリスティーナは死んでいるし、コルターの将来も悲惨である。

もう一つの解釈は、8分間の中で彼が乗り移った“ショーン・フェントレス”という名の男の脳内に、そのままコルターの意識が住み付き、爆破事件を回避した後もコルターはずっとショーンとして、パラレルなもう一つの世界でクリスティーナと幸福に暮らす、というハッピーエンディングである。

後者の方は、本当はあり得ない展開なのだが、悲惨な前者よりは、後者の方がずっと望ましい幸福な未来である。…そうあって欲しい、という願望が生んだ、これは例えばジョージ・シートン監督の「三十四丁目の奇蹟」(1947)以来、アメリカ映画に脈々として受け継がれて来た、願望が奇跡を巻き起こす幸福のファンタジーの1本、と解釈すべきなのだろう。

 
上に挙げたように、この映画はいくつもの過去の素敵な映画を思い起こさせてくれる。そういう意味ではこれは、“映画通ほどダマされる”のではなく、“映画通ほど素敵な気分に浸れる”作品なのである。いや、コピーに従うなら、“映画通ほど、嘘と分かってて、ダマされてあげる”作品と言うべきなのかも知れない。

ダンカン・ジョーンズ監督、もはやデヴィッド・ボウイの息子なんて肩書は不要、立派な一流監督の仲間入りである。次作がますます楽しみである。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「恋の罪」 | トップページ | 「アジアの純真」 »

コメント

こんにちは☆
TBありがとうございました。
うっかりして違うページをTBしてしまい、申し訳ないです。
お手数ですが削除のほうよろしくお願いいたします。
これからもよろしくお願いします~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2011年11月28日 (月) 08:38

◆ノルウェーまだ~むさん

了解しました。こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: Kei(管理人) | 2011年11月29日 (火) 01:07

こんばんは。

こちらを読んで気づいたのですが、
いつの間にか“現実世界で爆破が起こっていないことになっている”、
このことに言及されたレビューがあまり見当たりません。
それだけ、
あのラストはキツネにつままれた感じだった…ということでしょうか?
過去を変えるという点では、
『デジャヴ』もそうでしたが、
こちらの方が一枚上手。
あれよあれよという間にコトが進行。
観る者を煙に巻く展開で、考えている余地がなかったです。
あっ、それが映画通ほどダマされる…の意味か…。

投稿: えい | 2011年12月 4日 (日) 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53352350

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッション:8ミニッツ」:

» 「ミッション:8ミニッツ」斬新!! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
今月面白い映画が目白押し・・・と思っていたら、これもなかなか面白い♪ ラストは大きな?マークが出るけど、斬新なアイデアと、先の見えないハラハラ感で、そんな違和感吹っ飛んじゃう!! ネタばれ完璧NGレビュー、果たしてどうやって書こう・・・・?... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 08:36

» ミッション:8ミニッツ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Source Code [Blu-ray]時間のループの果てにある思いがけない秘密と切ないラストに驚く「ミッション:8ミニッツ」。ダンカン・ジョーンズ監督のセンスが活きたSF映画だ。シカゴで乗客 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 09:16

» ミッション:8ミニッツ〜最後は16ミニッツ? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Source Code。ダンカン・ジョーンズ監督、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト。何気にか日本映画「GANTZ」を彷彿 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 12:02

» 映画 「ミッション:8ミニッツ」 [ようこそMr.G]
映画 「ミッション:8ミニッツ」 [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 13:53

» ミッション:8ミニッツ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
列車爆破事件の犯人を突き止めるために、軍の施設から爆弾で死亡する男性の意識に入り込むというとんでもないお話だ。ジェイク・ギレンホール演じる主人公はアフガニスタンで大怪我を負い、シカゴの列車内に転送される。8分しか爆死前の意識に留まれないので、何回も繰り返す... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 16:34

» ミッション:8ミニッツ(2011)◆◇SOURCE CODE [銅版画制作の日々]
警告:このラスト、映画通ほどダマされる。 評価:rarr;70点 騙されはしませんでしたが、、、、(笑) 「月に囚われた男」の監督 ダンカン・ジョーンズの長編第2作目。確かにこれ前作が好きだとこれも気に入る作品かもしれません。 私も決して嫌いな作品では...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 16:41

» ミッション:8ミニッツ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
列車爆破事件の乗客の死の8分前に潜入して爆破犯を突き止める極秘任務を受けた男が、ミッションの謎に迫っていくサスペンス・アクション。監督は「月に囚われた男」が高評価を受け ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 17:09

» 「ミッション:8ミニッツ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズ監督2作目は、爆破テロ発生までの8分間を繰り返し、電車内に潜伏する犯人を捜し出すミッションを与えられた男の活躍と悲哀を描く、サスペンススリラー。    果たして「映画通ほど騙される」とのキャッチコピーほど騙されたか... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 18:48

» No.265 ミッション:8ミニッツ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 デビュー作「月に囚われた男」が評判となったダンカン・ジョーンズ監督の第2作。シカゴで乗客全てが死亡する列車爆破事件が発生。犯人捜索のため政府が遂行する極 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 20:40

» ミッション:8ミニッツ [だらだら無気力ブログ!]
ダマされるというか、よく解らん・・・。 [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 21:18

» 『ミッション:8ミニッツ』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注意:鑑賞予定の方は、ご覧になってからお読みください。 ミッション:8ミニッツ (原題:Source Code) ----これも、もっともらしい英語のタイトルを日本で付けたってパターンだよね。 「8分間のミッション」って、どういうこと? 「これはね。 シカゴ郊外...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 22:58

» 「ミッション:8ミニッツ」 量子論的な世界 [はらやんの映画徒然草]
<ネタバレありありなので注意です> スティーヴンス大尉はある時目覚めると、電車の [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 23:38

» 『ミッション:8ミニッツ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ミッション:8ミニッツ」□監督 ダンカン・ジョーンズ □脚本 ベン・リプリー □キャスト ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト■鑑賞日 11月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■c...... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 08:44

» [映画『ミッション:8ミニッツ』を観た(スマン、短信だ)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは、きっちりとよく出来た良作だ。  惜しむらくは、非常に「大人の物語」として完成しているので、「若さゆえの突出」が少なく、展開に、それ程に燃えてこない点だろうか?  ・・・サンフランシスコで、爆弾テロによる大規模な列車事故が起こる。  そのテロは...... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 20:29

» ミッション:8ミニッツ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ミッション:8ミニッツ'11:米◆原題:SOURCE CODE◆監督:ダンカン・ジョーンズ「月に囚われた男」◆出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー ... [続きを読む]

受信: 2011年12月 5日 (月) 16:32

» ミッション:8ミニッツ [食はすべての源なり。]
ミッション:8ミニッツ ★★★★☆(★4つ) 「乗客全員死亡」のシカゴ列車爆破事件― 犠牲者の〈死ぬ8分前〉に入り込み、爆破を阻止せよ!だがその極秘ミッションには、 禁断の真実が隠されていた…?! このラスト、映画通ほど騙される・・・ って何に騙されたのか分からなかった 助けるっていう意味はステキだったと思いますけどね。...... [続きを読む]

受信: 2011年12月12日 (月) 13:42

» ■映画『ミッション:8ミニッツ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。 既に死んでしまっている人間の死の直前8分間の意識の中に入り込むことができるというプログラム“ソース... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 00:43

» 映画:ミッション:8ミニッツ [よしなしごと]
 「映画通ほど騙される」というキャッチフレーズ。映画通の方はみんな「どこが?」って感じで、映画通ほどこのキャッチフレーズに騙されてしまったようですね。と言うわけでミッション:8ミニッツ。... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 13:31

» ミッション:8ミニッツ [いやいやえん]
毎回異なる8分間、それぞれ事態も変って行くのがとってもスリリングに描かれてました。「月に囚われた男」の監督さんの2作目になるSFサスペンスもの。94分と短いですが内容は濃かった。パラレルな展開は混乱を生みますが、ここはあまり深く考えないのがいいのかも。 要は8分間を繰り返すことで、爆弾の隠し場所や犯人を捜し出すというものですが、それは何度でも繰り返し可能なのでした。パズルを組み合わせるみたいにあっちこっち色々考える事はありますが、ひとまず犯人逮捕で主人公の任務は終了になるはずだったのですが... [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 10:17

« 「恋の罪」 | トップページ | 「アジアの純真」 »