« 「アジアの純真」 | トップページ | 「宇宙人ポール」 »

2011年12月24日 (土)

「リアル・スティール」

Realsteel12011年・米/ドリームワークス=配給:ディズニー
原題:Real Steel
監督:ショーン・レビ
原作:リチャード・マシスン "Steel"
ストーリー:ダン・ギルロイ、ジェレミー・レビン
脚本:ジョン・ゲイティンズ
製作:ドン・マーフィ、スーザン・モントフォード、ショーン・レビ
製作総指揮:ジャック・ラプケ、ロバート・ゼメキス、スティーブン・スピルバーグ、スティーブ・スターキー、ジョシュ・マクラグレン、メアリー・マクラグレン 

スピルバーグの出世作「激突!」の脚本や「アイ・アム・レジェンド」等の原作者として知られるリチャード・マシスンが1956年に発表した短編小説『四角い墓場』の映画化。製作総指揮にはS・スピルバーグに加え、ロバート・ゼメキスも参加する豪華布陣。監督は「ナイトミュージアム」のショーン・レビ。

西暦2020年、リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。かつては将来を嘱望されたボクサー、チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)も、今はロボット格闘技のオペレーターとして食いつなぐしがない日々。そんなある日、離婚のため離れて暮らしていた11歳の息子マックス(ダコタ・ゴヨ)を預かることになり、慣れない父子の共同生活が始まる。そんな折、ロボット部品調達で忍び込んだ廃棄場で、マックスが見つけた旧式ロボット“ATOM”を持ち帰った事から、2人の運命が大きく変わって行く。

いかにもスピルバーグらしい、SF的設定の中に、かつては一流ボクサーだった男の、夢への再挑戦、親子の絆といった古典的なストーリーを絡ませ、最後に感動のクライマックスを用意する、エンタティンメントの王道的作品である。

 
ボクシングものは、昔から感動する名作が多い。古くは1931年のキング・ヴィダー監督「チャンプ」があり、“かつてはチャンピオンだったが今は落ちぶれしがない生活を送る中年男が、息子に励まされ、再びリングに上がることを決意する”という内容からして本作にインスピレーションを与えている事は明白。後に'79年にはフランコ・ゼフレッリ監督、ジョン・ボイト主演でリメイクされている。

その他でも、ロバート・ワイズ監督、ポール・ニューマン主演の「傷だらけの栄光」(56)は、実在のボクサー、ロッキー・グラジアノの伝記であり、後のシルヴェスター・スタローン脚本・主演「ロッキー」の主人公の名前にも引用された名作である。いずれも、どん底からはい上がり、最後は栄光を目指しての迫力あるタイトル・マッチがクライマックスとなる。

我が日本にも、「あしたのジョー」がある。本作のクライマックスで、倒れたATOMにマックスがかける言葉「立て!立つんだ!」で、「あしたのジョー」を思い出した人も多いだろう(笑)。

こういった具合に、ハングリー・スポーツであるボクシング映画は、元々感動する要素が多い。そこに子供を持ってくれば感動は倍加するわけで、SFでなくても十分映画として成り立つ。

本作が面白いのは、チャーリーが、自分が失ったボクシングの夢の再生をロボットに託すわけで、これはチャーリーの復活の物語であると同時に、一度は棄てられたロボット・ATOMの復活・再生の物語でもあるわけなのである。

クライマックスの試合では、シャドー機能を活用して、まるでチャーリー自身が試合をしているような気分にさせてくれる。うまい設定である。

最初は疎遠でギクシャクしていた父と息子が、やがて共同でATOMを復活させ、勝利を重ねるプロセスで、親子の絆を回復して行く展開もまさに親子ものの王道。

実の父と子ではないけれど、共同生活を送るうちに、本物の親子のような絆を深めて行くという話も、チャップリンの「キッド」をはじめ、わが日本でも、丸根賛太郎監督、バンツマ主演の「狐の呉れた赤ん坊」(1945)などがあり、いずれも泣ける名作揃いである。
本作は、そうした作品からもいろいろとインスパイアされているようだ。

そんな、泣かせと感動の要素が巧みにブレンドされているのだから、面白いのは当然である。ショーン・レビ監督の演出もツボを心得、ウエルメイドなエンタティンメントの快作に仕上げている。

今年はスピルバーグ製作のSF大作が数本公開されたが(「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」「スーパーエイト」「カウボーイ&エイリアン」等)、本作が一番成功しており、興奮し、感動させてくれる。お奨めである。

日本人は大人しいけれど、アメリカ人ならきっと、クライマックスでは足踏み鳴らし、自分がチャーリーになった気分でシャドー・ボクシングの真似をしつつ「そこだ、やれ!」と叫び大喜びするだろう。

 
…だがね、よく考えると、西部劇、ボクシングものというのは、それ自体が一つのジャンルだったはずである。それが「カウボーイ&エイリアン」といい、SFと合体しないと、もはやジャンルとして成立しない時代になってしまったのだろうか。

さらに、王道コメディの第一人者、矢口史靖までもが、ロボットものコメディ「ロボジー」を監督している。

王道ジャンルがこうもロボットものに侵食されて来ているのは、なんだか複雑な心境である。ロボットが世界を侵略するのは、「ターミネーター」の映画の中だけの話であって欲しいと望むのは考え過ぎだろうか。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(という所で、お楽しみはココからだ)

本作は、ご承知のように、ロボットの名前が“アトム”である所からして、「鉄腕アトム」へのオマージュになっているのは明白である。

だが私の観るところ、実はもう一つのロボットものの名作、「鉄人28号」へのオマージュも隠されているのではないかと思う。

Realsteel2 チャーリーが買った、胴体に「超悪男子」と漢字で書かれた日本製ロボット、ノイジー・ボーイは、丸みを帯びたフォルムに、ダークブルーの胴体カラーといい、鉄人28号とそっくりなデザインである(右参照)。

さらに、ロボットを動かすのはリモコン操縦機なのだが、これもまた「鉄人28号」そのままである。鉄腕アトムは人工知能で、自分で考えて行動するが、鉄人は人間が操縦する通りにしか動けない。本作のロボットたちは、その点では鉄人28号に近い。

そう考えれば、最後に戦う相手、ゼウスのデザインも、鉄人のライバル、ブラック・オックスとどことなく似ている気がしたのは私だけだろうか。

Tetujin28
ところで、「鉄腕アトム」と「鉄人28号」とは不思議な縁があって、どちらも昭和30年代初め、「少年」という同じ雑誌に並んで連載されていた。

さらに昭和34年、「鉄腕アトム」の実写ドラマがテレビで放映開始されると、その翌年には「鉄人28号」も実写ドラマ化。ちなみにどちらも同じ製作会社(松崎プロダクション)が製作した。

が、どちらもあまりにチープな作りにファンは失笑し、次には怒った(笑)。鉄人28号に至ってはドラム管に手足を生やしたような、コントかと思えるふざけたデザインであった(笑)。ちなみに身長も人間サイズ。

次に昭和38年、「鉄腕アトム」が虫プロ製作でアニメ化され、テレビ放映されると、これまた同年、「鉄人28号」も追っかけてテレビアニメ化。スポンサーはどちらも製菓会社(明治製菓と江崎グリコ)であった。

こんな具合に、「鉄腕アトム」と「鉄人28号」は不思議とライバルというか、同時期に同じようなスタイルでしのぎを削っていたのである。

日本が、ロボットもので世界の先陣を切って来たのは、この2本の傑作が、互いにいろんなメディアにおいてパイオニアとなって来たからに他ならない。アメリカ映画が両者に等しくオマージュを捧げているのも、故に当然なのである。

|

« 「アジアの純真」 | トップページ | 「宇宙人ポール」 »

コメント

父子ものかあ、、というのであまり見る気がなかったのですが、評判いいので見てみました。
とても面白かったです。
原作はマシスンなんですね。
ヒュー・ジャックマンはやはりいいです。
最初のダメな所もうまいし、だんだん立ち直っていく所もいいです。
子役ダコタくんもうまくて可愛いです。
ロボットのATOMも最初はともかくキュートに見えてきます。
ロボットの名前がATOMと分かった時にちょっとほろりとしました。
途中もいいですが、特に最後の対決は燃えますね。
恥ずかしながらラストは泣いてしまいました。
ヒロインのエヴァンジェリン・リリーもいいです。
ちょっと木村佳乃に似てます。

投稿: きさ | 2011年12月24日 (土) 08:22

突然で申しわけありません。現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/19(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2011年12月28日 (水) 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53554310

この記事へのトラックバック一覧です: 「リアル・スティール」:

» 『リアル・スティール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「リアル・スティール」 □監督 ショーン・レビ □脚本 ジョン・ゲイティンズ□原作 リチャード・マシスン □キャスト ヒュー・ジャックマン、エバンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、      ケビン・デュランド...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 08:50

» 映画レビュー「リアル・スティール」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
リアル・スティール-オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆近未来のボクシング界を舞台に父と子の絆を描く娯楽アクション「リアル・スティール」。古典的なストーリーに安 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 09:32

» リアル・スティール [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:REAL STEEL。スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス製作、ショーン・レヴィ監督。ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、ケヴ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 09:36

» リアル・スティール / REAL STEEL [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click リチャード・マシスンの同名の短編小説「四角い墓場」をもとに、s.スピルバーグR.ゼメキス製作 「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィがメガホンをとったSF。 この監督のアシュトンtimes;ブリタ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 09:49

» リアル・スティール [Akira's VOICE]
ハートウォーミングアクション!   [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 10:19

» 映画「リアル・スティール」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「リアル・スティール」観に行ってきました。人間に変わり、ロボットがボクシングの試合を担うようになった近未来を舞台に、1体のロボットとの出会いから変わっていく父と子の... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 11:42

» リアル・スティール(2011)■◆REAL STEEL [銅版画制作の日々]
 「リアル・スティール」――。それは、親子の絆が生み出す、ldquo;本当の強さrdquo;。 評価:rarr;70点 MOVX京都にて鑑賞。 いやあ何も考えず、楽しむ映画って感じで、これはこれでなかなか面白かったと思います。ボクシングやプロレス等の格闘技...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 21:43

» リアル・スティール [だらだら無気力ブログ!]
王道な展開ながらもとても良い作品。 [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 22:59

» 「リアル・スティール」 全部入り [はらやんの映画徒然草]
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23:14

» No.287 リアル・スティール [気ままな映画生活]
【ストーリー】 ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23:26

» リアル・スティール [LOVE Cinemas 調布]
2020年、ロボット・ボクシングが全盛の時代。元プロボクサーの父親と幼い頃に捨てられた息子が、廃棄されていた旧型ロボットATOMを通じて親子の絆を取り戻してゆく感動の物語だ。主演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマンと子役のエヴァンジェリン・リリー。監督は『ナイト ミュージアム2』のショーン・レヴィが務め、製作総指揮にはロバート・ゼメキスが参加している。... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 23:46

» 「リアル・スティール」安定した感動 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
このところ低迷しているスピルバーグだけに、予告から見ても親子愛を描いた感動作に仕上げようとしたかんじが、正直ちょっと気になっていた。 ところが!そんな心配は全くなし。 やっぱり大御所。 飽きずに展開するストーリー、見せ場も感動もわざとらしくなく・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 00:53

» リアル・スティール [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
シュガー・レイ・レナードがボクシングの監修をしていて、ロボットの動きはモーションキャプチャーだという。ある意味狼男のヒュー・ジャックマンが情けない男性を見事に演じていて、子役のダコタ・ゴヨもすばらしい。ボクシングをテーマにした感動作だった。... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 17:21

» 映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@FC2]
映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格...... [続きを読む]

受信: 2011年12月27日 (火) 17:12

» 映画「リアル・スティール(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog@Seesaa]
映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格闘技で応援しちゃいました。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問く…... [続きを読む]

受信: 2011年12月27日 (火) 17:12

» シネトーク92『リアル・スティール』●熱くて泣ける映画、久しぶりかもね [ブルーレイ&シネマ一直線]
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「ネタバレしてるのに“ネタバレ注意”と書いてない映画記事がムカツく」 シネトーク92 『リアル・スティール』 REAL STEEL... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 04:22

» 「リアル・スティール」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 リチャード・マシソン原作の短編小説「四角い墓場」を、「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィ監督、「ウルヴァリン」のヒュー・ジャックマン主演で映画化。  近未来、ロボットボクシングの隆盛により戦う場所を奪われた男と、10年ぶりの再会を果たしたその息子が、捨... [続きを読む]

受信: 2011年12月28日 (水) 19:17

» 「リアル・スティール」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
これは、もう誰が観たって「ロッキー」のロボット格闘技版。 愛する相手がエイドリアンじゃなくて、息子だけどね。 父子でおんぼろロボットを再生させ、ロボット格闘技で勝利を目指す物語。 父親も、息子も、そしてロボットもみんな負け犬の側にいる。この二人と一台が...... [続きを読む]

受信: 2011年12月29日 (木) 23:37

» 『リアル・スティール』 [ラムの大通り]
※ネタバレもありますが、もう公開から3週間経っているので…。 (原題:Real Steel) ----これって、今年のラスト・ピクチャー・ショーって 決めていた映画だよね。 だから、ギリギリになって…。 フォーンも一緒に行ったけど、泣けたよね。 「巧い映画だよね。 よどみ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 1日 (日) 20:42

» おじさんシネマ(リアル・スティール) [おじさん(Age.56)日記By宙虫]
リアル・スティール 2011年も押し詰まった。 12月になって映画に一本も行っていなかった。 ふと用事を済ませて時間が空いたから映画に行こうとシネコンへ。 ちょうど時間が合ったのがこの映画だ。 今年の映画はこれで終わりということになる。 さして期待はしていなかったが、そういう気楽さからかかなり面白い映画だった。 一応、対戦型ロボットが登場するので、SF映画なのだろうが。 歩行型ロボットが実際には存在する現在、さほどSFという感覚を持つ必要もないものだろう。 ロボット以外は...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23:55

» リアル・スティール [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
リアル・スティール'11:米◆原題:REAL STEEL◆監督:ショーン・レヴィ「ナイト ミュージアム2」◆出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・ ... [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 15:04

» リアルスティール [食はすべての源なり。]
リアルスティール ★★★★★(★満点!) 人間の代わり、高性能のロボットが死闘を繰り広げる時代 夢に破れた元ボクサーの父と、息子がであったのは、 ゴミ置き場に捨てられた旧式ロボットATOMだった。 ATOMのシャドー機能を利用して、ATOMは無敗ロボットゼウスに挑戦状をつきつけるが・・・。 いや~。うるっと来ちゃいましたよ 息子のマックス君が、まっすぐでブレなくて、ステキなキャラでした。 頑固だけど最後まで突き通す。 あんなまっすぐな瞳で訴えられたら、お父さんも折れちゃうよね。。。 お父... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 18:07

» 「リアル・スティール」 [或る日の出来事]
今年一発目の映画。 今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。 [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 20:03

» 映画『リアル・スティール』を観て [kintyres Diary 新館]
11-84.リアル・スティール■原題:Real Steel■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■料金:1,000円■鑑賞日:12月14日、TOHOシネマズ渋谷□監督・製作:ショーン・レヴィ□脚本:ジョン・ゲイティンズ□原案:リチャード・マシス...... [続きを読む]

受信: 2012年1月28日 (土) 16:08

» ■映画『リアル・スティール』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。 でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい! 子ども、生意気で可愛い!! ヒュー・ジャックマン、やっぱりカッコいい!!!」と、かなり興奮。... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 00:22

» 映画:リアル・スティール [よしなしごと]
 原作はアイ・アム・レジェンドのリチャード・マシスン、監督はナイトミュージアムシリーズのショーン・レヴィ。さらに製作総指揮にロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグらが参加。こんなメンバーがタッグを組んだらどうなるか?  予告編を見るとそんなにおもしろいようには見えないんだけど、すこぶる評判のいいリアル・スティールを見てきました。... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 12:17

» リアル・スティール [いやいやえん]
ボクシング映画に間違いはないという言葉がありますが、これもそれにあたるかな。話そのものには目新しい事は特にありません。 ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと思う。 元ボクサーの父親が、息子と向き合い絆を深めていくという展開、ロボットにボクシングを教える姿、やっぱり感動しちゃったよ〜。また息子役のダコタ・ゴヨ君が演技達者で可愛いんだ。 リング上で戦うロボットたちの動きも格好良くて、ついつい応援に... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 09:35

« 「アジアの純真」 | トップページ | 「宇宙人ポール」 »