« 2012年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 2011年度・日本インターネット映画大賞 日本映画部門 投票 »

2012年1月 2日 (月)

2011年度・ベスト20 ワースト10発表

 

  本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。

8thdays1位 八日目の蝉
 昨年のベストワン「悪人」に続いて、またも本年度のマイ・ベストワンは“逃避行を続ける犯罪者が主人公”の作品になりました。過去と現在を巧みに往還した奥寺佐渡子さんの脚本、成島出監督の丁寧な演出、小豆島の美しい自然を捕えたカメラ、永作博美の母親になり切った渾身の演技、どれも完璧です。

2位 冷たい熱帯魚
 温和な顔の下に潜む人間の狂気を見事に体現したでんでんの演技が出色。園子温監督の力で押し切る演出にも圧倒されました。園監督は、もはや日本映画の枠を超えた高みに達した感があります。どこまで昇り詰めるか、とことん付き合わせていただきます。

3位 アジョシ
 またまた韓国映画界から、強烈な個性を持った新人監督の登場です。ただのバイオレンスだけでなく、人間同士の心の交流もきちんと描いている点も見事です。それにしても、次々とパワフルな演出力を持った新人監督が登場する韓国映画界を見ていると、日本映画は大丈夫かな、と不安になってしまいます。

4位 英国王のスピーチ
 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュの演技合戦も楽しいけれど、ジョージ6世が難局において、ブレることなく国を率いて行こうと決意するるラストは、今の日本の状況を眺むるに多いに考えさせられます。それを差引いても、エンタティンメントとしても、人間ドラマとしても、完璧な出来の傑作ですね。

5位 大鹿村騒動記
 今の時代に珍しい、人間群像喜劇の秀作。こういう楽しい映画がもっと作られるべきですね。多くの映画で私たちを楽しませてくれた原田芳雄さん、安らかに…。

6位 ブラック・スワン
 ナタリー・ポートマンが素晴らしい。アロノフスキー演出はどんどん凄くなって来ています。

7位 ダンシング・チャップリン
 チャップリン大好きの私としては、点が甘くなってしまいます。ルイジ・ボニーノのダンスはもはや重要無形文化財ですね。手元において何度も繰り返し見たくなる作品です。

8位 恋の罪
 園子温監督作品がもう1本。1年に2本も、こんなヘヴィな作品が作れる、そのエネルギッシュなパワーにはひたすら平伏。

9位 ヒア・アフター
 80歳を超えても、常に新しいジャンルに挑戦し、軽々水準作を作ってしまうクリント・イーストウッド監督、やはり凄い。正月の新作も楽しみです。

10位 トゥルー・グリット
 コーエン兄弟もまた、新しいジャンルに挑戦し続ける異才ですね。オリジナルも好きですが、本作はそれを超えましたね。賛美歌「主の御手に頼る日は」がいつまでも耳に残ります。

11位 海炭市叙景
 熊切和嘉監督は、本作で見事一流監督の仲間入りを果たしましたね。厳しく、優しく人間の営みを見守る視線に泣かされました。今の時代に、作られるべくして作られた秀作です。

12位 わたしを離さないで
 批評にも書きましたが、東北大震災を経過した今の時代に、原作者が打ち出そうとしたテーマを、今一度じっくり見直す必要がありそうです。奥は深いと思います。

13位 探偵はBARにいる
 こちらは楽しい探偵映画の快作。大泉洋を、初めていい役者だと思いました(笑)。「カリオストロの城」を意識した橋本一演出も快調。パート2も楽しみです。

14位 塔の上のラプンツェル
 この所ディズニー・アニメが好調です。テンポ、ギャグ、笑い、そして感動、と、まさにこれぞディズニー・アニメ。製作総指揮を担当したジョン・ラセターの功績は大ですね。ランタンが宙に舞うシーンの美しさは筆舌に尽くしがたい。

15位 リアル・スティール
 スピルバーグ率いるドリームワークス作品ですが、配給はこちらもディズニー。父と子のが次第に回復すると同時に、失った栄光と夢を取り戻して行くプロセスが丁寧に描かれた、SFでありながらも古典的な王道物語になっているのがいいですね。期せずして昨年の漢字“絆”を象徴する秀作です。

16位 マイ・バック・ページ
 1970年代の、反体制運動が瓦解して行った時代の空気をきちんと捉えた力作です。原作の不足点を絶妙に補った向井康介の脚本の見事さが光ります。

17位 宇宙人ポール
 イギリス人の目から、アメリカをシニカルに辛辣に描きつつも、見事なスピルバーグ・オマージュ作品になっているのが秀逸。ユルいコメディなのに、最後は泣けます。ある意味スゴい作品です。

18位 ミッション:8ミニッツ
 こちらもイギリス出身のダンカン・ジョーンズ監督の、SFであり、時間サスペンスであり、かつ奇跡のファンタジー的味わいも併せ持つ、不思議な魅力を持った作品です。

19位 僕たちは世界を変えることができない。But, We wanna build a school in Cambodia
 ボランティア活動を通して、主人公が世界を知り、世の中の不条理を知り、また自分自身をも見つめ直し、人間的に成長して行く、爽やかな味わいの力作です。深作健太監督もまた本作を体験して、大きく成長した事でしょう。深作監督が今後どのような映画作りをして行くのか、その先にも大いに興味が湧いて来ます。

20位 カリーナの林檎~チェルノブイリの森
 題名からも想像されるように、チェルノブイリ原発事故をテーマにした作品。今関あきよし監督が、「少女カリーナに捧ぐ」として2004年に一度完成させたものの、自身のトラブル等で公開の目処が立たずにいた作品を再編集し、ようやく2011年に劇場公開となったものですが、期せずして福島原発事故が起き、タイムリーな作品になってしまいました。
映画の前半では、のどかな田舎の村で少女カリーナがおばあさんと暮らす、平和な日常が描かれるのですが、実はその地域は原発周辺の居住禁止区域に近い事が分かって来ます。母も被曝して倒れ、原発を憎むカリーナは最後に一人、まるでナウシカのように、チェルノブイリの森の中に入って行きます…。原発事故が、いかに人間の幸福を、子供の未来を奪って行くか、という重いテーマを、声高にでなく、少女のあどけない日常生活を淡々と描く事によって静かに訴える演出が見事に成功しています。最後は涙が止りませんでした。是非多くの人に見てもらいたいと思います。

 

…さて、以上がベスト20ですが、例によってまだまだ入れたい作品が目白押しですので、もう10本、ベスト30まで紹介しておきます。

21位 1枚のハガキ   もっと上位にしたかったけれど。「裸の島」オマージュは余計でした。
22位 ツリー・オブ・ライフ  愛着ある作品ですけど、洩れてしまいました。
23位 マネーボール
24位 この愛のために撃て
25位 ゴーストライター
26位 猿の惑星:創世記(ジェネシス)
27位 エッセンシャル・キリング
28位 スマグラー おまえの未来を運べ
29位 イリュージョニスト
30位 サンザシの樹の下で

・・・・・・・・・・・・・・

さてお次は、恒例となった、楽しいおバカB級映画を集めた、「愛すべきB級映画大賞」ベストテンです。久しぶりに10本が集まりました。

1位 ムカデ人間
2位 宇宙人ポール
3位 スーパー!
4位 ピラニア 3D
5位 ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える
6位 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇
7位 電人ザボーガー
8位 スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団
9位 アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!
10位 ガリバー旅行記

栄えある1位は、「ムカデ人間」に決定。まさしく究極のバカ映画! 続編も待機しているようで、これも楽しみ。2位はベスト20に入れたほどの傑作ですが、でもこっちにも入れたくなっちゃう愛すべき作品です。3、4位も文句なし。5位は昨年度のここでのベストワンの続編。インパクトは薄れたけど、やっぱり楽しい。

・・・・・・・・・・・・・

最後に、こちらは腹が立つ駄作群「ワーストテン」の発表です。

1位 セカンド・バージン  全然物語が進展しない。これでも映画か!!
2位 ランウェイ☆ビート  詳しくは作品評参照。
3位 さや侍         
前2作よりはマシだけど、グダグダ感は相変わらず。
4位 源氏物語 千年の謎  
10年前のワースト「千年の恋/ひかる源氏物語」と同じ事やってるよ。
5位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~  中途半端。もっとギャグと笑いを入れろよ。
6位 シャンハイ   
期待したのに、退屈で眠くなった。
7位 一命       これも作品評参照。橋本忍脚本の凄さを実感。
8位 トランスフォーマー ダークサイド・ムーン 
そろそろハナについて来た。
9位 GANTZ PERFECT ANSWER  1作目はまあまあだったのに…。アンサーになってないでしょ。
10位 アントキノイノチ   
 いい題材なのに生かしきれてない。ダジャレみたいな題名も減点。
次点 スカイライン-征服-  で、結局何を描きたかった?

詳しくは、HPの方で書きます。(注)

てことで、今年もよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(注)
(1月7日付記)
HPにベスト20、ワーストテンの詳細をアップしました。


|

« 2012年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 2011年度・日本インターネット映画大賞 日本映画部門 投票 »

コメント

あれ?「マイ・バック・ページ」と「ゴーストライター」が意外と下・・・ちなみに今年からキネ旬東京読者の会に入りました(自分が一番年下)。「マイ・バック・ページ」を絶賛したんですが、他の方からは散々でした・・・(あの時代を知らない甘さが見える。みたいな)

知らないもん。今の世代に物語る映画ですよ!と反論してきました(笑)。

読者の会では「ゴーストライター」と「八日目の蝉」が人気集めてた感じです。特に「ゴーストライター」は絶賛の嵐。

ちなみに僕のワーストは「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」と「ブンミおじさんの森」です。前者は、誘拐の話なのに子供の描き方がメチャクチャ!後者はナマズがしゃべってたことしか覚えてません。

ちなみに「ブンミ」を観に行ったとき評論家の樋口泰人氏がトークしてたんですが、彼曰く「今日来てるほとんどの人が寝ると思いますが、寝て良いんです!この映画は」と言ってました。

管理人さんのワーストテン、ひとつも見てません。

投稿: タニプロ | 2012年1月 3日 (火) 00:18

あけましておめでとうございます。
トップ10中6本が私と同じですね。
いいえ映画体験を共有出来るのはそれだけで嬉しい物です。
ワーストの1位も納得です(笑
今年もよろしくお願いします。

投稿: ノラネコ | 2012年1月 5日 (木) 23:45

ブロガーが選ぶ映画ベスト10、完成しました。
一年に一度この時期だけのお付き合いとなりますが、今年もよろしくお願いします。

投稿: aq99 | 2012年1月 7日 (土) 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53637531

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年度・ベスト20 ワースト10発表:

» [映画][映画総括]2011年洋画ベストテン [タニプロダクション]
1.塔の上のラプンツェル 自分の人生においても忘れられない映画になるはず。震災後、映画を観る気も起きず、観ても気持ちが晴れることが無かった時、これを観て、映画館の帰り道涙が止まらなかった。「誰かが必ずキミを待っている」 そういう映画だった。あのとき思った。... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 22:15

» [映画総括][映画]2011年映画ベストテン [タニプロダクション]
邦画・洋画全て含めて。 1「塔の上のラプンツェル」 2「ハラがコレなんで」 3「八日目の蝉」 4「マイ・バック・ページ」 5「エッセンシャル・キリング」 6「ゴーストライター」 7「モテキ」 8「アジョシ」 9「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 22:17

» 2011年、フォーンと無人島に行くならこの10本(ネタバレ編) [ラムの大通り]
----8年目を迎えた「フォーンとの映画おしゃべり」。 あれ、今年は“ネタバレ”だって…。 どういうこと? 「ツイッターを覗くと、 みんな、ベスト10をやっているじゃない。 それで改めて考えちゃったんだ。 自分の好きな、あるいはおススメの映画って、 どういう基準だろ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 2日 (月) 23:11

» 2011年Nakajiの映画ランキング [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
今年もいよいよ終わりですね〜掃除もひと段落したのでランキングにとりかかってみました。さてさて、Nakajiの2011年に劇場でみた映画は、アジョシが2回を入れてちょっ ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 00:01

» 2011年シネマ・ベスト10 [シネマ・ワンダーランド]
2011年に公開されたシネマ・ベスト10は下記の通り。今年は昨年に比べると、全体的に低調だったように思う。巨匠オリバー・ストーンの「ウォールストリート」にしても、名匠ラッセ・ハルストレム監督の「「ザ・ホークス」、鬼才リドリー・スコットの「ロビン・フット」にしても不発に終わった感じは否めない。そんな中、善戦したのは「英国王のスピーチ」だった。また、スピルバーグの企画力と組んだクリント・イーストウッドの演出力が光っていた。来年には、どのようないい映画、感動できる映画に巡り合えるか期待し...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 00:25

» 2011年 マイ・シネマ・ランキング! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 だあ~!全然更新出来ぬまま、間もなく年越し(>__<)、情けない限りです。スミマセンm(_ _)m。 ランキングの方は、例年通り吾輩が『良かった!』と思った映画を、日本映画・外国映画それぞれ5本ずつ選んで... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 01:00

» THE BEST CINEMAS CHOFU 2011 日本編 [LOVE Cinemas 調布]
昨年に引き続き当ブログが選ぶ「THE BEST CINEMAS 調布」。まずは日本編。総じて言うと今年は昨年に比べるとかなり低調だったように思います。ただそんな中でもこれは!と思う作品は必ずあるはず。言うまでもありませんがこのベストは私自身が感じたもので異論反論は一切受け付けませんので悪しからず(笑) ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 01:17

» 2011年の映画ベストテン and more. [Akira's VOICE]
ベスト&ワースト,他いろいろ! [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 10:16

» 2011年映画観賞総括 [タナウツネット雑記ブログ]
色々あった2011年も、あと数時間を残すのみとなりました。映画業界では、震災の影響もあってか、今年の年間興行収益が去年の8割にまで落ち込む公算が大なのだとか↓http://megalodo... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 14:22

» 2011☆ベスト&ワースト映画 /2011 BESTWORST MOVIE☆ [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今年で14年目となりました 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、面白かったもの、好きというのを重視  対象となる...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 20:17

» 2011総括マイベスト映画レビュー [オールマイティにコメンテート]
2011年もいよいよ8日あまりとなってしまいました。 映画はあと1作品鑑賞予定があるので 2011年度全ての作品ではありませんが、 今年もいち早く総括に入りたいと ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 22:03

» [あいさつ]ブログにて、新年のご挨拶。 [タニプロダクション]
今年は、年賀状とかも出す気持ちがわかなかったです。礼儀として、送ってくれた人だけに返しました。 震災・原発事故・・・2011年はあまりにも悲しいことが多過ぎました。 見知らぬ誰かを想いこれほどたくさんの涙を流した一年は、今まで無かった。 自分はこれまで多くのこ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 00:17

» 2011年 年間ベスト [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
今年もいよいよ今日で最後。 やり残したことも色々あれど、締めくくりのベスト10はやはりしないとね・・・ [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 00:19

» [新年! <ナカデミー賞 2012’> 実はホモ、男優にも目配せ! (中編)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すいません、またも酔っ払ってしまいまして、完結できなくて、中編とします・・・。    ◇  ・・・さて、幼女と少女は置いといて、今年の<助演男優賞>の発表です^^  この、素晴らしい野郎です^^      伊勢谷友介!!  『あしたのジョー』で、やっぱ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 07:26

» 2011年度 年間ベスト&ワースト [Subterranean サブタレイニアン]
さてさて毎年恒例の年間ランキング。年明け早々に去年の事を振り返る、なんとも後ろ向きな感じもしないでもないですが、都合の悪いことは忘れたがる私の脳内活性には良いのかと。 で、昨年度の総記事数が326本。映画レビューが229本で、その内私が初めて観た作品ってのが12…... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 16:07

» 2011年ベスト10&ワースト10&more... [銀幕大帝α]
2011年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『キック・アス』(レンタル開始日:2011-03-04) 2位:『告白』(レンタル開始日:2011-01-14) 3位:『ビー・デビル』(レンタル開始日:2011-10-05) 4位...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 21:19

» 映画:2011年のまとめです [よしなしごと]
 今年の新作映画鑑賞実績は111本の予定です。予定というのはこの後2本見に行こうかなぁと考えているからです。111本だと約3.3日に1本の計算ですねぇ。忙しいなりによく見に行きました。そのおかげで記事にする時間がなく、まだ見たけど記事にしていないのが12本も溜まってしまっています。このお正月休みに全部はけるかなぁ。無理だろうなぁ。  さて今年も2011年に見た映画のタイトルと評価、トラックバック(TB)を頂いた数と、アクセス数(PV)を一覧にしてみました。... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 00:22

» 明けましておめでとうございます [映画的・絵画的・音楽的]
 明けましておめでとうございます (1)やや冷たい風が吹いていたものの、東京地方はまずまずの晴天続きで、比較的落ち着いたお正月でした。  とはいえ、昨年の東日本大震災の被災地や福島原発事故にかかわる地域においては、例年にない大層厳しいお正月になったことと思...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 08:09

» 2011 unforgettable movies [ノラネコの呑んで観るシネマ]
様々な意味で、激動の年となった2011年。 年明けから始まった中東の革命、東日本大震災と原発事故、欧州の金融危機、北の将軍サマの突然の死と、正に波乱万丈な一年だった。 変化を求める人々の願いは行動と...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 5日 (木) 20:29

» 2011年のベスト 2 [笑う学生の生活]
さてさて 2012年となりましたが まだ 2011年のベストを書いてないので・・・ 今回は映画編です 独断と偏見で 自分の好みと評価とのバランスで 第1位 「ゴーストライター」      極上のサスペンスを堪能      ポランスキーの技が光り ユアン・マクレガーの...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 18:58

» 2011年ブロガーが選んだ映画ベスト10 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
年に一度のブログの更新時期が来ました。 鑑賞本数が年々減っていき、失敗チョイスが多かった2011年、私自身のベスト10は、なんとなく幼稚なベスト10となってしまいました。 2011年は、どの映画が面白かったんやろか? 8回目(2010年、2009年、2008年、2007年、2006年...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 18:19

» 2011年・映画館で観た映画・好きな順 [或る日の出来事]
昨年(2011年)の劇場観賞映画すべての、個人的に好きな順の順位発表! [続きを読む]

受信: 2012年1月 8日 (日) 10:28

» 2011年のまとめ・日本インターネット映画大賞 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
新年とっくに明けてますが、ようやく去年のまとめが完成。今年もゆる〜く、お願いします (●- -)(●_ _)ペコリ2011年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月12日 (木) 21:48

» 2010年ベストシネマ15(邦画編) [京の昼寝〜♪]
2010年ベストシネマ15(邦画編)    昨年は年間97本(邦画56本、洋画41本)の映画を劇場で鑑賞しました〜 残念ながら100本達成にあと3本でしたが(笑) あちこち出掛けながらの100本はなかなか難しいものですが、 真夏や真冬の時期にまとめて観...... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 12:54

» 2011年ベストシネマ15(洋画編) [京の昼寝〜♪]
2011年ベストシネマ15(洋画編)    昨年同様、洋画は邦画に比べると鑑賞本数は少なかったです。 本当に観たいと思う洋画が少なくなりましたねぇ・・・   昨年のアカデミー賞の受賞うどおり、やはり『英国王のスピーチ』や『ブラック・スワン』はすばらし...... [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 08:55

» ■2011年、独断と偏見で選ぶ映画10作 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いよいよ2011年も終わります。 この1年間、たくさんの映画を観させていただきました。 とは言っても、気になる作品で見逃しているものも多いのですが…。 とは言うものの、私が今年観て来た映画の中から、好きだった映画を10作ほど選んでみたいと思います。 選出基準は、... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 17:50

« 2012年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 2011年度・日本インターネット映画大賞 日本映画部門 投票 »