« 「ロボジー」 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 »

2012年1月25日 (水)

「ヒミズ」

Himizu 2011年・日本/配給: ギャガ
監督:園 子温
原作:古谷 実
脚本:園 子温
アクション監督:坂口 拓
製作:依田 巽
エグゼクティブプロデューサー:小竹里美
プロデューサー:梅川治男、山崎雅史 

古谷実原作コミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。園監督にとっては初の原作ものである。主演の染谷将太と二階堂ふみが、共に2011年・第64回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

中学三年生の住田祐一(染谷将太)は、子供に無闇に大きな夢を抱かせようとする教師たちに反発し、ごく普通に生きようと思っていた。だが、祐一の母親(渡辺真起子)が突然愛人と出奔した事から、祐一は生活の為学校を休み、家業の貸しボート屋で働かざるを得なくなる。更に別れた父親(光石研)は闇金から巨額の借金をし、祐一はその借金の取立にも悩まされる事となる。そんな祐一の元に、彼を愛する同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)が積極的に近づいて来てボート屋を手伝おうとする。だがそこに、蒸発していた父親が戻ってきたことで、祐一の運命は大きく狂い始める…。

園子温監督作品に共通する、主人公たちの置かれた環境は、いつもデスペレートで暗い。主人公の祐一は、母は勝手に愛人を作って出て行ってしまうし、父は暴力を振るい、闇金で借金漬け。まったくどうしようもない両親である。

さらに冒頭から、3.11の東日本大震災で破壊された被災地の風景が延々と映し出される。これもまた暗い、悲惨な現実である。

だが、観ているうちに、これはいつもの園子温監督作品とは明らかに異なる要素が含まれている事に気付く。
それは、主人公を温かく見守り、励ます善意の輪の広がりである。

祐一の住む、ボート小屋の周辺には、地震で家を失い、ブルーシートの仮小屋に住んでいる人たちがいる。
彼らは、自分たちが悲惨な目にあっているのにもかかわらず、祐一たちを励まし、支援しようとしている。

震災で経営していた会社も失った夜野(渡辺哲)は、窃盗してまで金を作り、闇金に金を届けて住田家の借金を帳消しにするよう依頼する。

その際に夜野は闇金の社長・金子(でんでん)に言う。「あの子供たちには未来があるんだ。その未来を壊さないでくれ」…
これには感動した。やり方が少々荒っぽいとは言え、園子温監督作品で、他人に無私の善意を施す大人が登場するとは意外であった。

一方で、祐一の同級生である茶沢も、一途に祐一に愛を寄せる。これも、無償の献身である。

愚かでどうしようもない父を殺した祐一は、絶望にさいなまれ、悪い奴を殺して自分も死のうとするのだが、こうした周囲の善意に支えられ、次第に生きる勇気を取り戻して行く。

ラストで、自首してもう一度やり直そうと、希望に向かって走り出した祐一に茶沢は「頑張れ!住田!」と声をかけ、彼の後を走って追いかけて行く。

このラストには泣けた。ボロボロ泣いてしまった。

 
この映画が、東日本大震災を背景としているのも重要である。

この大震災を、“第2の敗戦”と呼ぶ人もいる。
冒頭を含め、何度も映し出される瓦礫の山は、焦土と化した第二次大戦の敗戦後の姿ともオーバーラップするし、原発事故による放射能の拡散は、広島・長崎の原爆投下とも重なって見える。
そう思えば冒頭近くの、学校の教師が空虚な言葉で生徒たちに語りかける姿は、戦時中は子供たちを「お国の為に」と称して戦地に追いやり、戦後は手のひらを反して民主化を唱え出した無節操な教師たちを連想させる。

戦争を引き起こしたのも、園監督作品に常に登場する、現実に起きた救いようのない陰惨な事件を引き起こすのも大人である。子供を虐待するのも大人である親たちである。

そうした大人たちの醜い現実があっても、それでも子供たちには未来への希望を失わないで欲しい。…そうした、祈りにも似た願望が、本作には満ち溢れている。

それは、震災に打ちひしがれ、はたまた放射能汚染でいつ故郷に帰れるか分からない現状に絶望する人たちに、“希望を失わないで、頑張って”と呼びかける励ましの声でもあるのだろう。

 
主演の染谷将太と二階堂ふみが素晴らしい。迷いながらも必死で出口を模索する祐一役の染谷将太、高いテンションを持続したまま、元気いっぱい、最後まで祐一を引っ張って行く茶沢役の二階堂ふみ、共に快演である。ヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞受賞も納得である。
そうした熱演を引き出した、いつもながらの園監督のパワフルな演出も見事である。

 
またよく見れば、この映画には、これまでの園作品に登場したテーマや名シーンがいくつか再現されている。

親に反撥し迷走する少年と、彼を愛する少女の一途な思いは「愛のむきだし」にも登場したし、若者たちが最後、明日に向かって走り出すシーンも同作や、それ以前の園作品にもしばしば登場している。

窪塚洋介扮するスリが、目にも止らぬ早業でスリ取るシーンは、「愛のむきだし」のユウが早業でほとんど気付かれずに盗撮するシーンを思わせる。

また、父親殺しは、「冷たい熱帯魚」の隠れたテーマでもある。

出演者も、これまでの園監督作品に登場した俳優たちがこぞって参加している。

そうした点からも、本作は園子温作品の集大成的な作品であると言える。

だが、これまでは人間の底知れぬ心の闇を暴き出す、言ってみれば性悪説的な観点が主流を占めていたのが、本作では善意に満ちた人々が登場したり、未来への希望が垣間見えたりと、その作品世界は大きな広がりを見せている。

主人公たちのみならず、園子温監督自身もまた、新しい世界に向けて走り出したのかも知れない。その点でも感動した。是非多くの人に見て欲しい。傑作である。       (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 「ロボジー」 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 »

コメント

こんばんは。
こちらに書かれていることに
ほんとうに心から同意します。
「震災をダシにしてる…」的なレビューに出会うと
とても辛い気持ちになっていましたので
とても嬉しかったです。

投稿: えい | 2012年1月26日 (木) 21:21

関係ない話題、お許しください。

和田誠さんが書かれたポスターです。もうご存知でしたらスルーしてください。

http://twitpic.com/8epyct

Twitterで多くの人が衝撃を受けているようです。僕は見た瞬間に涙が出てしまいました。

投稿: タニプロ | 2012年2月 6日 (月) 21:17

◆えいさん
コメントありがとうございます。

>「震災をダシにしてる…」的なレビュー…

私もそんなのを読んで悲しくなりました。
これまで、時代のひずみや、おぞましい事件に真摯に向き合い、取り組んできた園子温監督だからこそ、震災に向き合わざるを得なかった気持ちが私にはよく理解出来ます(どうでもいいけど、“ひずみ”を並べ替えると“ヒミズ”になると今気付きました(笑))。

それで思い出したのが、山田洋次監督の「男はつらいよ/寅次郎紅の花」で、この中で、阪神大震災直後の、神戸市長田区の被災地の光景が登場していました。
やはり、時代々々の日本と日本人を描き続けて来た山田監督だからこその勇気ある決断で、これを非難する人など当時いなかったと記憶しています(しかもこちらはコメディです)。
園監督を批判する人は、「紅の花」をどう捉えるのでしょうか。聞きたいですね。


◆タニプロさん
情報ありがとうございます。
素晴らしいポスターですね。
クリエイターとして、描きたい気持ちがヒシヒシと伝わって来ます。ピカソの「ゲルニカ」を思い出しました。
でもやはりこれにも、心ないコメント寄せる人いるんですね。情けなくなりました。

投稿: Kei(管理人) | 2012年2月 9日 (木) 03:18

twitterで映画評論家の町山智浩氏が一緒に飲みに行った時のこと話してました。

「被災地で撮影して何が悪い」と言ってたそうです。

ところでヨコハマ映画祭の件ブログに書きました。

http://d.hatena.ne.jp/tanipro/20120209

例の件、本当にありがとうございました。何か機会があれば是非御礼をさせてください。

投稿: タニプロ | 2012年2月12日 (日) 23:23

震災・原発事故に触れた映画として、大変素晴らしい映画を観ました。

金子修介監督最新作「青いソラ白い雲」です。

http://anicot.jp/sorakumo/

目下、オレの本年ダントツベストワンです。

投稿: タニプロ | 2012年4月 2日 (月) 23:24

吉永小百合さんの朗読会、和田誠さんのポスターがあります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000037-spnannex-ent

投稿: タニプロ | 2012年4月16日 (月) 00:57

◆タニプロさん

>「青いソラ白い雲」
金子修介監督は私の敬愛する監督の一人ですので、新作はいつも楽しみにしています。

が、今の所、大阪公開は未定です。公式ページ覗くと、今後の公開予定は岡山のみ。しかも5月の千葉・柏ステーションシアターの上映予定が抹消されてます。
で、同劇場のサイトを訪問すると、なんと、3月31日で閉館したとのこと。
たまたま拙ブログでも、大阪のユウラク座、タナベキネマの閉館を記事にしたばかりです。最近、中小映画館の閉館が多いですね。デジタル上映化の進展は想像以上に深刻な問題のようです。
今回の柏のケースは、「青いソラ-」のような地味な作品をなんとかかけようと努力したけれど力尽きた…という感じで、暗澹たる気にさせられますね。

ともかくも、なんとか「青いソラ-」少しづつでも公開規模を広げていただきたいと切に望みます。

投稿: Kei(管理人) | 2012年4月17日 (火) 23:21

こんな記事がありました。

金子修介監督、新作映画から「放射能」「東京電力」という言葉が排除され、「犬映画」にされた悔しさを語る!

http://www.cinematoday.jp/page/N0041445

投稿: タニプロ | 2012年4月21日 (土) 14:20

ヒミズの住田祐一役だった染谷将太さんは、TBSで放送予定の「木曜ドラマ9スクラップティーチャー教師再生(2008年に日テレで放送された作品のリメイク版)」「金曜ドラマ1リットルの涙(2005年にフジテレビで放送された作品のリメイク版)」にもでるそうです。

投稿: 三崎東岡 | 2013年12月 3日 (火) 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53826295

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒミズ」:

» No.298 ヒミズ [気ままな映画生活]
「行け!稲中卓球部」の古谷実が、若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 07:28

» 『ヒミズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川崎■cya...... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 08:11

» 映画レビュー「ヒミズ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
◆プチレビュー◆ヒリヒリする痛みの後に、かすかな希望の灯が見える青春映画「ヒミズ」。主演の若手俳優二人が素晴らしい。 【75点】 15歳の中学生、住田の願いは“普通の大人 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 09:21

» ヒミズ [Akira's VOICE]
住田がんばれ!!!   [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 10:20

» ヒミズ  [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 原作は「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、2001年から2003年にかけヤングマガジン誌上で連載し、ldquo;終わりなき日常rdquo;を生きる若者の閉塞感を容赦なく描ききった超問題作、 ふ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 10:46

» ヒミズ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。古谷実原作、園子温監督。染谷将太、二階堂ふみ、吹越満、でんでん、渡辺哲、 諏訪太朗、川屋せっちん、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、堀部圭亮、黒沢あす ... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 12:16

» ヒミズ [LOVE Cinemas 調布]
『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と問題作を世に送り出している鬼才・園子温監督が古谷実原作の人気漫画を映画化。初の原作ものを送り出してきた。主演は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太と『指輪をはめたい』の二階堂ふみ。2人はベネチア国際映画祭で最優秀新人賞の同時受賞という快挙を成し遂げた。共演にはでんでん、渡辺哲、窪塚洋介らが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 13:56

» 『ヒミズ』 [ラムの大通り]
----この映画、観る前からかなり期待していた映画だよね。 「うん。でも最初は違ったんだ。 このニュースに触れたのは まだ、園子音監督の前作『恋の罪』が 東電OL殺人事件をモチーフにしたと話題になっていた頃。 いまじゃや、“東電”のトの字も出ないけどね。 ところが...... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 21:19

» [書籍][映画]「僕のお父さんは東電の社員です」と「ヒミズ」 [タニプロダクション]
今回のブログはどちらも「現代の大人世代と未来の世代」でまとめました。まあ、以下の本と映画には、そんなに繋がりは無いんだけど。 「僕のお父さんは東電の社員です」 作者: 森達也著+毎日小学生新聞編 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2011/11/25 メディア: 単行本(... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 22:19

» ヒミズ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
東日本大震災の津波で破壊された街並みでのロケーションを行っているので、絶望の淵まで追いやられた若者の再生が現実と重なっている。間違いなく2012年ベスト邦画の一つになるだろう。... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 22:47

» ヒミズ(2011) [銅版画制作の日々]
 「生きろ」と、君が言った。 評価:=80点 「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、ldquo;ヤングマガジンrdquo;で連載していた問題作を、『冷たい熱帯魚』『恋の罪』と野心作を連作する園子温監督が映画化。原作を読んでいないのでどんな...... [続きを読む]

受信: 2012年1月27日 (金) 21:42

» ヒミズ [to Heart]
「生きろ」と、君が言った。 製作年度 2011年 上映時間 129分 映倫 PG12 原作 古谷実 脚本/監督 園子温 音楽 原田智英 出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介 15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑...... [続きを読む]

受信: 2012年1月28日 (土) 23:03

» 初の園子温作品! [笑う学生の生活]
20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。 普通に生きることが夢の中学3年生の祐一 彼のことが好きな同じクラスの景子 この2人に起きる事件・・・ うーん 強烈! パンチの効いた作品といいますか ストーリー展開はどこにいくか わからなく 最後まで見れまし...... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 12:11

» ヒミズ [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> どこにでもいる中学3年生の祐一(染谷将太)の夢は、 成長してごく当たり前のまっとうな大人になること。 一方、同い年の景子(二階堂ふみ)の夢は、自分が愛する人と支え合いながら ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 07:57

» ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 [労組書記長社労士のブログ]
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 10:50

» ヒミズ [食はすべての源なり。]
ヒミズ ★★★☆☆(★3つ) 「生きろ」と、君が言った。 主演の二人染谷将太、二階堂ふみが 第68回ヴェネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞) 「普通万歳」をモットーに生きる住田祐一は、衝動的に父親を殺してしまったことから、 残りの人生を「オマケ人生」と名付け、悪党を殺そうと決めた。 住田も同級生、茶沢景子も親から「お前なんかいらない。死んでほしい... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 13:27

» ヒミズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 04:49

» ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) [単館系]
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 21:35

» ヒミズ [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 こちらには来ないとあきらめていた映画だったが、ネットで観ると 近くの劇場でやっていた。 ずっと観たかった映画である。 解説 『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を 映画化した衝撃作。 ごく平凡な15歳の少年と少女... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 01:06

» 「ヒミズ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
「冷たい熱帯魚」から「恋の罪」のようなドロドロ映画にまで行ってしまった園子温監督が「紀子の食卓」のような家庭映画側に帰ってきた。 両親に逃げられ、ひとり震災後のボート屋を営む少年と彼を慕う少女の物語。 行きつくところまで行って、ちょっと落ち着いた? と...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 21:18

» ヒミズ(映画) [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★“絶望に追い込まれながらも生きようとするパワーそして映画のパワーにやられました”映画は、震災で被災しがれきだらけとなった街で住田が洗濯機の中から見つけたピストルを使って自殺する夢の場面から始まります。ゴミ処理場なのかなと思ったら実際に被災した場所ということでした。この場面は住田の心の状態や、物語が進む中でいかに絶望的な状況であるかを分からせるための伏線にもなっているように感じます。 住田は大きな幸せもなければその分大きな不幸もないという、いたって“普通”であることに憧れます。しかし、母親の失... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 08:39

» 映画:ヒミズ [よしなしごと]
 かなり暗いとは知ってはいたが…。と言うわけで、ヒミズを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 12:30

» ヒミズ [いやいやえん]
古谷実さんの同名コミックを実写映画化。原作は未読ですがかなり暗い内容らしい。当然かなり暗い映画だとは知っていましたが、評判良さそうなので借りてみました、園子温監督ですしね。 しかし私には微妙に合わなかった。ぐっとくるところもあったが手放しで受容できない所もあった。それがラストシーンの希望ともとれる「住田、頑張れ!」のエールである。精神衛生的に落ち込んでいる人には「頑張れ」というのは相手を追い込むだけでよくないと言われています。本当にあれが希望なのかどうか、私にはわかりませんでした。ああ何度... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 09:45

« 「ロボジー」 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 »