« 追悼 バート・シュナイダー | トップページ | 「キツツキと雨」 »

2012年2月15日 (水)

「J・エドガー」

Jedgar2011年・アメリカ/配給:ワーナー
原題:J. Edgar
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
製作:クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ
製作総指揮:ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ

FBI(アメリカ連邦捜査局)の初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の半生を、クリント・イーストウッド監督とレオナルド・ディカプリオの初タッグで描く人間ドラマ。脚本は「ミルク」でアカデミー脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラック。

 
1924年、FBIの前身である捜査局BOIの長官に任命されたJ・エドガー・フバー(レオナルド・ディカプリオ)は、図書館蔵書検索システムや、それにヒントを得た指紋照合等、近代的な手法を導入すると共に、州を越えた広域捜査を展開して揺ぎない地位を築き、35年にFBIへと改称した後も、72年に他界するまで8人の大統領に仕え、実に48年間に渡ってFBI長官として君臨した。

映画は、何故彼が、アメリカの巨大司法・捜査機関FBIに長きにわたって君臨出来たのか、その謎に包まれた私生活と併せて容赦なく暴いて行く。

過去と現在を巧みに行き来しつつ、また実際に起きた様々な事件と、その私生活も取り混ぜつつ、次第にその謎が明らかになって行く重層的な展開はスリリングで見ごたえがある。

彼(J・エドガー)のやり方は、実にダーティである。特権を利用して、明らかに違法な手段まで講じて政官財の大物たちの弱みや秘密を探り、それを極秘ファイルにして散らつかせ、大統領ですら手だし出来ない絶対権力を手に入れて行く。

さすがに副長官であり、公私に亘るパートナーでもあるトルソン(アーミー・ハマー)は「それは違法では」と注意するのだが、J・エドガーは「国家保全の為には法を曲げる事も必要だ」と平然と言い放つ。

この彼の信念は、ある意味、イーストウッドが永年にわたって演じて来たヒーロー「ダーティ・ハリー」のやり方とも相通じるものがある。
ハリーは、正義を貫く為には、法律の手順を踏まずにどんどん違法捜査もやってのける。そうしないとみすみす悪人を取り逃がしてしまう、という信念を持っている。その為停職を食らおうと、それでもおかまいなしに犯人を追いつめて行く。

こうした法を無視した正義は、アメリカ映画にしばしば登場する。西部劇では、保安官は頼りにならぬとばかりに自らの手で悪人を倒すヒーローがよく登場するし、ハリーと同様、無茶苦茶な違法捜査をするはみだし刑事もいる。

やはりイーストウッドが監督・主演した「許されざる者」でも、ジーン・ハックマン演じる保安官は、正義を守る為に絶対的権力を敷いて、町に君臨していた。
この保安官のキャラクターは、なんとJ・エドガーと似ている事か。

だがこの作品の重要なポイントは、かつては“正義を守る為に違法も辞さない”事を是としていたダーティ・ハリー=イーストウッドが、ここでは、“おまえの言う正義は、単なる自己正当化だ”とばかりに、この保安官を断罪し、打ち倒してしまう点である。

アメリカが意気軒昂だった時代は、アメリカは世界の警察として世界中に君臨していた。従ってダーティ・ハリーの正義も正しかった。

だが、ベトナム戦争の敗北を通じてその正義は揺らぎ始め、やがて「許されざる者」においてイーストウッドは、“正義の為と称する暴力は、果して絶対的に正しいのか”と疑問を投げかけた。…これは、自身が築き上げてきた正義のヒーロー像の、自らによる否定に他ならない。

近作「グラン・トリノ」において、イーストウッド扮する主人公は、昔ながらに暴力で悪を屈服させる手法を取った結果、さらに憎悪の連鎖を呼んだ事を激しく悔悟する。目には目を、はもはや正義ではない、とする視点は、圧倒的戦力で枢軸国家をねじ伏せるアメリカの正義の戦争に対する批判にも繋がっている(この点については「グラン・トリノ」評も参照)。

こうして見て来ると、本作もまた、まぎれもなくイーストウッドがここ数年描いて来た、“正義とは何なのか”というテーマの集大成的作品に他ならないのである。

 
もう一つ、この作品に内包されたテーマ、それは、“権力の座についた人間は、それをなかなか手放さない”という点である。手放す事を恐れてもいる。

エジプトのムバラク、リビアのカダフィ等の例に見るように、独裁者は何十年にも亙ってその座に居座り続ける。過去においてもほとんど例外はない。もしその座から降りる時は、自分の身が危うくなる、と本能的に嗅ぎ取っているかのようである。…実際、ルーマニアのチャウシェスク元大統領の例を見ても、独裁者の末路は悲惨で哀れである。カダフィも例に漏れなかった。だから余計権力の座からは降りられないのである。

権力者はまた孤独でもある。表向きは絶対権力者として振舞っているが、内面は孤独で心寂しき、哀しい存在である事もこの映画は容赦なく描く。彼が本当に心を許していたのは、ゲイであるトルソン、そして母(ジュディ・デンチ)くらいしかいなかった。40年に亙って仕えた秘書ヘレン・ギャンディ(ナオミ・ワッツ)にすら本心は見せなかった。それ故、母を失った時、彼は孤独に苛まれ、母の服を身にまとって喪失感を埋めようとするのである。

 
アメリカ国民にとっては、FBIは長い間、正義の代名詞であった。共産主義テロから国を守り、ギャングを撲滅し、憎むべき犯罪者を捕まえて絞首台に送って来た。―その頂点にいたのがJ・エドガー・フーバーであった。

その伝説的人物の、隠された実体をさらけ出す事によって、イーストウッドは、アメリカ国民が信じ続けて来た、正義の欺瞞をも暴き、また権力の座に居座り続ける独裁者のエゴイズムをも痛烈に批判しているのではないだろうか。

本作が21世紀の今の時点で作られた意味も、そこにあるのではないかと思う。

 
それにしてもイーストウッド監督は凄い。80歳を越えても、精力的に映画を撮り続けているだけでなく、ブレずに一貫して自らのテーマを語り続けている。本作ではさらに、これまで描かなかったゲイやマザコン描写にも堂々取組み、新境地を開拓している。本当に感服する。

「インビクタス」「ヒア アフター」では、ちょっと毛色の変ったジャンルに取り組む余裕も見せていたイーストウッドだが、本作はゼロ年代に作って来た、奥深いテーマを持った骨太の人間ドラマに再び回帰して来たようだ。これからも、ますますイーストウッド映画から目が離せない。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)
この映画を観て思い起こすのは、天才オーソン・ウェルズ監督が1941年、弱冠25歳の時に発表した映画「市民ケーン」である。

Citizenkane1_3新聞王と呼ばれ、巨万の富を得、政財界にも顔を利かせ、巨大な帝国を築き上げた男・ケーン(ウェルズ)が死ぬ。やがて、さまざまな人たちの回想を通じて、その謎に包まれた生涯が明らかになって行く…という話で、独善的で近寄り難い主人公のキャラクターは無論の事、“強大な力と名声を得たカリスマ的人物の生涯を、さまざまな角度から光を当て、時系列を巧みにシャッフルしつつ描き、次第に人物像を解明して行く”という物語構成まで本作とよく似ている。

Citizenkane2_2 主人公を演じる俳優が、20歳代から晩年の死に至るまで、特殊メイクで一人で演じ分けている、という点、さらに監督が、強烈な個性を持った名俳優でもあるという点まで、両作の共通点は多い。
よく見れば、晩年期の老けメイクまでよく似ている(右)。

おそらくイーストウッド監督は、「市民ケーン」をある程度は意識して作ったのではないだろうか。

ちなみに、「市民ケーン」はアカデミー賞では9部門でノミネートされたものの、受賞したのは脚本賞のみで、興行的にも惨敗した(現在ではこの作品は、映画史上の最高傑作として評価が定着している)。

ウェルズは本作のみならず、以後もアカデミー賞(監督・俳優賞とも)とは無縁だった。どうもアカデミー協会からは嫌われていたらしいが、イーストウッドも「グラン・トリノ」は無冠、本作も秀作であるにも関わらずノミネートは一切なし(熱演のディカプリオすら主演賞ノミネートなし)…と、そういう所まで似ているのも何かの縁だろうか。

|

« 追悼 バート・シュナイダー | トップページ | 「キツツキと雨」 »

コメント

すごい!よく研究されているブログですね:-)勉強になりました。

投稿: いちご | 2012年9月25日 (火) 01:41

◆いちごさん、ようこそ

お褒めに預かり、ありがとうございます。

そちらのブログも見せていただきましたが、なかなか丁寧に詳しく書かれていますね。参考になりました。
これからもよろしく。また時々お書き込みください。

投稿: Kei(管理人) | 2012年10月14日 (日) 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/53986970

この記事へのトラックバック一覧です: 「J・エドガー」:

» J・エドガー/J. Edgar [LOVE Cinemas 調布]
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナオミ・ワッツ、アーミー・ハマーらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 02:19

» J・エドガー/J. Edgar [いい加減社長の映画日記]
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 05:09

» 『J・エドガー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘリマ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 08:25

» J・エドガー [佐藤秀の徒然幻視録]
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 08:51

» 映画レビュー「J・エドガー」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 10:03

» J・エドガー [象のロケット]
20代でFBI前身組織の長となった男フーバーには、常に黒い疑惑やスキャンダラスな噂がつきまとう。 国家を守ると言う大義名分によって、大統領をはじめとする要人たちの秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに彼が行った正義とは何だったのか…。 実話に基づくFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生。... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 11:35

» J・エドガー [Akira's VOICE]
その男,葛藤につき。   [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 13:54

» J・エドガー / J. EDGAR [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 20:48

» 『J・エドガー』 [ラムの大通り]
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半...... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 23:45

» 「J.エドガー」フーバー長官の秘密 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 09:08

» J・エドガー(2011)☆★J. EDGAR [銅版画制作の日々]
 だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。デカプリオ&イーストウッド監督初のコラボが実現! 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 これは事前にジョン・エドガー・フーヴァーなる人物について知っておくべきでした。まだ未見の方、その方が良いと思いま...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 21:48

» 映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語 [soramove]
「J.エドガー」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、 ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、 リー・トンプソン、ジュディ・デンチ出演 クリント・イーストウッド 監督、 137分、2012年1月28日公開 2011,アメリカ, ワーナー・ブラザース (原題:J. Edgar ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 07:34

» 「J・エドガー」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
ディカプリオ、がんばるの巻。 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの一代記をぼてぼての老けメイクまでしてがんばる。 有名人の一代記としては、ハワード・ヒューズを描いた「アビエイター」があったけど、それに勝るとも劣らない熱演。 「アビエイター」でも、...... [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 21:47

» J・エドガー [映画的・絵画的・音楽的]
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 06:21

» J・エドガー [hikodj's blog]
昨日観たJ・エドガーという映画の感想。シワクチャヨボヨボのジジイ同士のラブラブ食卓が最高に衝撃的な作品でした!面白かったですよ! [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 12:04

» [映画]J・エドガー [タニプロダクション]
新宿ピカデリー 点数・・・☆☆☆☆ クリント・イーストウッド監督の最新作 傑作! またイーストウッド監督がこういうゴリゴリとした反骨精神むきだしの作品をみせてくれたことも嬉しいけど、まさかこんなに濃厚な恋愛映画になってるとは予想もしてなかったなあ。 しかし今... [続きを読む]

受信: 2012年3月 4日 (日) 17:52

» ■映画『J・エドガー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
50年にわたりアメリカの秘密を握り続けた、FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画『J・エドガー』。 クリント・イーストウッド監督は、アメリカ大統領たちすらも恐れた男を、強烈な母の呪縛のもと、本当の自分を偽り“男として”パワーをもつことにこだわ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 23:34

» J・エドガー [我が頭に巣くう映画達]
33点 2011年のアメリカ映画で、 監督はクリント・イーストウッド、 主演はレオナルド・ディカプリオです。 FBIの初代長官である、ジョン・エドガー・フーバーの 生涯を描いた作品です。 う~ん...... [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 18:23

» 映画『J・エドガー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ・ワッツ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 18:59

» J.エドガー [ここなつ映画レビュー]
ジョン・エドガー・フーヴァー。1895年生まれ。アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官。就任当時のカルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで、8代の大統領に仕える。彼の持つ情報量は莫大であり、アメリカ合衆国のスキャンダルを主とした秘部を全て取り仕切っていたと言っても過言ではない。1972年に亡くなった後、その秘密資料は秘書のヘレン・ギャンディによって処分された。 彼の回想録を執筆するにあたって、年老いた(それでも現役)J.エドガーの口述を元に、物語は展開する。 地味だがしっかりとした骨... [続きを読む]

受信: 2012年6月 1日 (金) 17:43

» J・エドガー [いやいやえん]
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物をレオナルド・ディカプリオさんが演じています。 護国信念の先にあるものは、手段を選ばない非情さもあわせもつ曲者。右腕でもあったトルソンとの関係など、彼の人生は、切なさだけでは括れない哀しみとなって描かれる。 老年期から始まり過去の回想と... [続きを読む]

受信: 2012年6月 8日 (金) 09:43

» 猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点 [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 12:49

» 【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...... [続きを読む]

受信: 2013年4月29日 (月) 21:24

« 追悼 バート・シュナイダー | トップページ | 「キツツキと雨」 »