« 「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」 | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) »

2012年3月12日 (月)

「戦火の馬」

Warhorse2012年・米・ドリームワークス/配給:ディズニー
原題:War Horse
監督:スティーブン・スピルバーグ
原作:マイケル・モーパーゴ
脚本:リー・ホール、リチャード・カーティス
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
製作:スティーブン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ
製作総指揮:フランク・マーシャル、レベル・ゲスト

1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて高い評価を得たマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。主人公アルバート役にイギリスの若手俳優ジェレミー・アーバインが起用された他、英米の実力派の名優が脇を固めている。

イギリス・デボン地方の農家で両親と暮らす少年アルバート(ジェレミー・アーバイン)は、父が買った農耕馬のジョーイを大切に可愛がっていた。だが第一次大戦が勃発し、ジョーイは生活に貧した父によって軍馬を求める英国陸軍大尉に売られ、フランスの戦地へ向かう。ジョーイは戦火の中、さまざまな人の手に渡り、数奇な運命にさらされる事となる。一方アルバートはジョーイに会いたい為に、志願して激戦下のフランスに向かうが…。

戦争は残酷である。愛する者は引き裂かれ、多くの命が奪われて行く。特に第1次大戦中、英国では100万頭の馬が軍に徴用され、6万頭しか生き残れなかったという。

この物語は、ジョーイという一頭の馬に焦点を絞り、ジョーイが過酷な戦場において、戦車に追いかけられたり、鉄条網に引っかかって身動き出来なくなる等、何度も死の淵をさ迷う描写を積み重ねる事によって、戦争の空しさ、悲痛さを訴え、また一方、少年との交流を通して、絆で結ばれた友情の崇高さ、この地上に生きる人間、生き物たちそれぞれの、命の尊さを力強く謳い上げているのである。

とりわけ、少年と馬の交流、という、子供たちが観ても心打たれるストーリーを中心に置く事で、子供たちにも戦争の愚かさをストレートに伝える事も出来るわけで、これは幅広い世代にアピールする反戦映画の秀作になっている。

スピルバーグ監督の演出は、まさに正攻法、ベタではあるけれども、泣かせ、最後に感動させ、しみじみとした余韻を残して物語を締めくくる。まさに映画の王道を行く作り方である。

撮影のヤヌス・カミンスキー、音楽のジョン・ウィリアムズ、編集のマイケル・カーン、そして製作のフランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ、といった、これまでにも長きに亙ってスピルバーグを支えてきた人たちが結集しているのも強みである。特に撮影のカミンスキー、音楽のウィリアムズはここ近年でもベストに近い見事な仕事ぶりである。

 
さらにとりわけ印象深いのは、さまざまな映画的記憶が縦横に散りばめられている点である。

これまでにも、「ジョーズ」を始めとし、「インディー・ジョーンズ」シリーズや「E.T.」等に、過去の名作のオマージュや引用を取り入れて来たスピルバーグであるが、本作にはそれとなく、過去の名作のいいシーンが、本編を邪魔する事もなく、巧みに取り入れられている。

冒頭の、イングランドの農村風景を空撮で捕えたシーン、これはジョン・フォード監督のイギリス・ウェールズ地方を舞台にした「わが谷は緑なりき」やウィリアム・ワイラー監督の「嵐が丘」、近年ではデヴィッド・リーン監督の「ライアンの娘」にまで至る、イギリス独特の風土を丁寧にカメラに収めた名作群を連想させる。

中盤の、イギリス軍騎馬部隊がドイツ軍に奇襲をかけるシーン、ここはやはりジョン・フォード監督の西部劇―特に「捜索者」のラスト間近のクライマックス―における、インディアン部落への奇襲攻撃シーンと構図がそっくりになる。

その後、ドイツ軍の反撃に合って騎馬部隊が全滅するシークェンス、ここでは部隊が銃弾に倒されるシーンを直接見せず、カメラが引くと無数の馬と兵士が死に絶え、横たわっている姿が映し出されるシーンは、明らかに黒澤明監督の「影武者」の引用だろう。

黒澤明とジョン・フォードをこよなく愛するスピルバーグらしいオマージュである。

塹壕の中の長い縦移動シーンは、やはり第一次大戦を舞台としたスタンリー・キューブリック監督の反戦映画の傑作「突撃」を思わせる。

そしてラストシーン、真赤な夕焼け空の下、ジョーイにまたがったアルバートが我が家に帰って来るシーン、この印象的な夕焼け空は、いやでもヴィクター・フレミング監督「風と共に去りぬ」を思い起こさせる。

これらのシーンは、巧みに物語に溶け込んでいる為、前記の名作群を観ていなくても十分映画を楽しめるが、これらの名作を観ている人には余計楽しめる事となるだろう。

どっしりと、楷書のように端正なスピルバーグ演出は、もはや前記に挙げた監督たちと並ぶ、巨匠の風格すら感じられる。本年を代表するだけでなく、スピルバーグ監督作品中でも上位に挙げられる、見事な秀作である。必見。    (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(さて、お楽しみはココからである)
この映画を観て、もう1本、思い出した映画がある。

山本嘉次郎監督の1941年作品「馬」である。

Uma1

冒頭に、馬のセリ市のシーンが登場するし、中盤では仔馬の出産シーンがあり、生れたばかりの仔馬がヨロヨロ立ち上がるシーンもある。

そして物語の中心となるのは、少女(高峰秀子!)と、この仔馬との心の交流である。この少女が、馬が大好きで、冒頭のセリ市で馬をじっと見つめているシーンもある。

最後には、もう一度冒頭と同じようなセリ市のシーンが登場し、少女が丹精込めて育てた馬が軍馬として売られる事となる。

原作者が本作を観ているとは思えないのでこれは偶然だろうが、ここまで似たシーンがあるのも興味深い。

そしてもっと興味深いのは、この作品の完成に深く係わっていたのが、黒澤明だったという点である。

黒澤はこの作品のチーフ助監督で、クレジットでは製作主任となっているが、本作の大部分を占めるロケ撮影については、山本監督は黒澤に任せっきりで、実質的には黒澤が監督に近い状態だった。また、脚本は山本名義であるが、実際は黒澤がかなりの部分を執筆している上に、編集、ダビングなどのポストプロダクション作業も黒澤が担当しており、実質、黒澤の処女作に近い作品とも言える(wikipediaより引用)。

スピルバーグは、映画の撮影前や制作に行き詰まった時には、その都度黒澤の「七人の侍」を繰り返し観るくらいの、大の黒澤明ファンである事は知られており、本作で「影武者」を引用したのもその現れであろうが、スピルバーグが作った“馬”が主人公の映画が、黒澤の実質処女作品と非常によく似ている、というのもこれまた不思議な偶然である。映画の神様が、二人をこうして繋げているのかも知れない。

|

« 「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」 | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) »

コメント

面白かったですが、割とストレートな話でしたね。
原作は82年の作品ですが児童文学だそうなのでそれでクラシックな感じなのかな。
60年代くらいの映画みたいな感じでした。
なるほど、フォードと黒澤ですか。
冒頭の主人公とジョーイのエピソードはちょっと冗長な感じも。
後半は第1次大戦史という感じで、騎兵、機銃、バイクや戦車、毒ガスと
兵器の移り変わりを描く感じもあります。
個人的にはどうせなら飛行船や航空機も出して欲しかったですが、まあ馬が主人公ですからね。
ラストは王道の展開でさすがに盛り上がります。

投稿: きさ | 2012年3月14日 (水) 05:12

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 添え状 | 2012年4月 7日 (土) 15:54

◆きささん
超遅レスですみません。

>冒頭の主人公とジョーイのエピソードはちょっと冗長な感じも。

確かにゆったりとしたペースですが、大ヒットした舞台劇をスピルバーグが見て、映画化を決意した、という経緯ですから、舞台劇的な流れに沿っているものと思われます。
個人差はあるかも知れませんが、私は十分堪能しました。歳のせいかも知れませんが(笑)。あそこを時間をかけて描いているからこそ、ジョーイとアルバートとの深い友情がジンと心に沁みるのですね。


◆添え状さん、ようこそ
お褒めいただき、ありがとうございます。またいろいろ、ご感想お寄せください。

投稿: Kei(管理人) | 2012年4月17日 (火) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/54204068

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦火の馬」:

» 戦火の馬/War Horse [LOVE Cinemas 調布]
マイケル・モーパーゴの手による同名小説を巨匠スティーヴン・スピルバーグが映画化。第一次世界大戦を舞台に、一頭の馬と青年との友情、そしてその馬の辿る数奇な運命を描いた感動物語だ。主人公の少年を映画初出演となるジェレミー・アーヴァインが演じている。共演にエミリー・ワトソン 、デヴィッド・シューリス、 ベネディクト・カンバーバッチら演技派が揃う。... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 00:19

» 戦火の馬 /WAR HORSE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 00:25

» [映画『戦火の馬』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 06:20

» 戦火の馬 [佐藤秀の徒然幻視録]
馬同士の友情物語 公式サイト。原題:War Horse。マイケル・モーパーゴ原作、スティーブン・スピルバーグ監督。ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、デヴィッド・シューリス ... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 09:03

» 戦火の馬 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
戦火の馬 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る馬と少年の絆が奇跡を生む感動作「戦火の馬」。抒情的な田園風景とリアルな戦闘場面の対比が見事だ。イギリスの農村に住む少 ... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 09:35

» 戦火の馬 [Akira's VOICE]
千軍万馬のジョーイが感動を運ぶ!   [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 10:34

» 「戦火の馬」ゆかりの地をたずねて [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
受賞は逃したもののアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品。 ポールは宇宙に帰っちゃったけど、「リアル・スティール」に続いて頑張っているスピルバーグ監督。 スピ監督らしい素直な感動作品は、まるで英国の素朴で美しい田園風景そのものだ。... [続きを読む]

受信: 2012年3月13日 (火) 16:15

» 戦火の馬 というより奇跡の馬だね [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  マイケル・モーパーゴの原作をS・スピルバーグによって映画化された。背景は第ー次世界の英国。小作農の子アルバートと、愛馬ジョーイとのかけがえのない絆を描いたお話である。 序盤はよくある少年と小馬の愛情物語なのだが、戦争が始まり、運悪く嵐により作... [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 15:02

» 映画「戦火の馬」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「戦火の馬」観に行ってきました。イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜... [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 18:31

» 「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない [はらやんの映画徒然草]
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注 [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 21:22

» 戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` [労組書記長社労士のブログ]
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゚...゚;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大戦前夜のイギ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 13:13

» 馬が繋ぐもの [笑う学生の生活]
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 09:18

» 「戦火の馬」:THE 古典 [大江戸時夫の東京温度]
映画『戦火の馬』は、堂々たる「古典(Classic)」です。何の情報もなしで19 [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 23:01

» 映画「戦火の馬」子供向け?おとぎ話のような出来上り [soramove]
「戦火の馬」★★★☆ ジェレミー・アーヴィン、エミリー・ワトソン、 デヴィッド・シューリス、ベネディクト・カンバーバッチ出演 スティーヴン・スピルバーグ監督、 118分、2012年3月2日公開 2012,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題:WAR HORSE ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画製作... [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 07:25

» 『戦火の馬』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
    「クローズアップ現代」に出演された スピルバーグ監督が「『戦争』でなく『希望』を描いた」と 話しておられたのが印 [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 23:22

» 戦火の馬 [映画的・絵画的・音楽的]
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄え...... [続きを読む]

受信: 2012年3月22日 (木) 21:59

» シネトーク105『戦火の馬』●スピルバーグ、久々の会心作なのは間違いない! [ブルーレイ&シネマ一直線]
面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「やっぱり『はやぶさ』の映画を3本も作るこの無意味さ」 シネトーク105 『戦火の馬』 WAR HORSE... [続きを読む]

受信: 2012年3月29日 (木) 08:23

» 【映画】戦火の馬 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp;平日にも関わらず、友人に誘われた勢いを借りて見に行くことにしました!! 見たかったんですが、他の作品を優先しているケースが多いため今に至ります。 この作品はアカデミー賞にノミネートされた作品でスピルバーグ監督作品す^_^ この映画の主役はあくまで馬のジョーイ。 アルバート少年が育ててたのだが、戦争がはじまり、軍馬として売られてしまい、戦争に巻き込まれてあちこちと点々とすることになる。 アルバートはジョーイに会うために戦地におもむくのである。 こんな感じですね... [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 12:29

» 映画『戦火の馬』を観て [kintyres Diary 新館]
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シューリス(ラ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 21:40

» 映画:戦火の馬 [よしなしごと]
 スティーヴン・スピルバーグ監督作品だし予告編もすばらしい。期待に胸をふくらませますが、それだけでなく試写会で見た人みんなが感動している。ただ期待しすぎると裏切られるのも常。期待しつつ期待を押さえるのが苦労した作品、戦火の馬の記事です。... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 00:46

» 戦火の馬 [いやいやえん]
動物ものってそれだけでお涙頂戴だからな〜どうしようかな…と思いつつ借りてみた本作。 冒頭の朝日の昇る田園の美しい事。戦火に巻き込まれた馬ジョーイは軍用として徴収され、第一次世界大戦の戦場を点々とする。持ち主の小作人の息子アルバートもやがて徴兵され、果たして愛馬との再会は果たせるのか…?というドラマ。 馬たちに拍手をしてあげたい。馬たちの自然で繊細な演技力には脱帽、素晴らしかった〜。大迫力の戦争の最中を疾走する勇姿、その躍動感がまさに戦火の馬、素晴らしく良くできていると感じました。とくに、... [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 10:11

« 「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」 | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) »