« 天六ユウラク座の閉館に思う | トップページ | 「ももへの手紙」 »

2012年4月19日 (木)

「アーティスト」

Artist_22011年・フランス/配給:ギャガ
原題:The Artist
監督:ミシェル・アザナビシウス
脚本:ミシェル・アザナビシウス
撮影:ギョーム・シフマン
音楽:ルドビック・ブールス
製作:トマ・ラングマン

モノクロ・サイレント、スタンダード・サイズ画面と、クラシックなスタイルで作られたちょっと小粋なラブストーリー。2011年の第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した他、第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。

舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は女優志望のペピー・ミラー(ベレニス・ベジョ)に興味を惹かれ、やがてジョージの助言もあって彼女は徐々に映画女優として頭角を現して行く。折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。ジョージの所属する映画会社・キノグラフは以後全製作作品をトーキーにすると宣言する。無声映画に固執し続けるジョージは非トーキーで自らの監督・主演作を作るが興行的に大失敗、落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がって行く…。

心に沁みる秀作だ。モノクロ・サイレントという、今の時代には受けそうもないハンディをあえて課して、それでいて、どんなカラフルで賑やかな映画よりも楽しめ、観終わってもいい気分になれる。アカデミー賞で作品賞等主要部門を獲得したのも納得出来る。

 
偶然だろうが、本年度のアカデミー作品賞レースを競ったのが「ヒューゴの不思議な発明」と本作と、どちらも昔のサイレント映画にオマージュを捧げた作品であるのが興味深い。
ただ、作品フォーマットはまるで正反対。片やカラー・ワイド、最新のデジタルCGをフル活用したSFX、おまけに3D映像と最先端映像技術のオンパレード、片やモノクロ・スタンダード画面にサイレント、と正に対照的。それぞれに楽しめる良作である。どちらがいいかというのは個人の好みだが、カラー・ワイド画面に慣れた観客は、モノクロ・サイレントは地味で面白くない、と思う方もいるだろう。が、クラシックなモノクロ映画を愛好する古くからの映画ファンなら、間違いなく本作は楽しめるはずである。

 
お話そのものは、特に新味はない。人気絶頂だったスターが、時代に取り残され、落ちぶれ、どん底を味わうが、やがて周囲の善意に支えられ、再起する…というよくあるパターンである。実話やフィクションも含め、昔からその手の映画は多数作られている。
サイレントからトーキーに移る時期を舞台にしたものなら、MGMミュージカル「雨に唄えば」という傑作がある(こちらはカラーで歌もセリフも一杯)。

だが、この映画の秀逸な点は、そのお話を、サイレント映画の利点(と言うか持ち味)を最大限に生かして、それ故に今の時代においてはかえって新鮮な感覚で楽しめる映画になっている点である。

出演者たちのセリフは当然聞こえない(どうしても最小限必要な場合だけ字幕が入るが)。それをカバーする為、俳優たちは身振りや表情、演技で観客に伝えようとする。よって、より演技力が要求される。
そして演出も、さまざまなイメージショットやモンタージュをうまく配して、状況を画で伝えようとする。

例えば、ジョージが落ち目になりかけた頃には、ジョージが階段を下りるシーンが何度か登場し、一方ペピーの方は、溌剌と階段を駆け上がるシーンを挟む事によって、人気の上昇ぶりを象徴させている。
他人から嘲り、笑われているのでは、とジョージが悩むシーンでは、笑う口元がモンタージュされる。

人気がある時のジョージは、白黒のコントラストのはっきりした衣裳を着ているが、落ち目になると服装もグレーがかったものになる。

愛犬(アギー)をパートナーにしたのも正解。イヌは喋れないから、仕草や態度で必死に意思を伝えようとする。その名演技も相まって、ジョージの苦境がより観客に伝わる事となる。

こうした具合に、あらゆる物語の展開を映像で分かり易く表現しているが故に、セリフがまったく無くても、観客は状況が十分に理解出来る。

むしろ、セリフがない分、観客は登場人物が「多分こう喋っているのでは」といろいろと考察し、また色がない分、実際の色はどんな色だろうかと想像したりで、観客自身も映画の中に参加しているとも言えるのである。

昨今の、セリフやCG等による具体的映像イメージが一方的に、洪水のように押し寄せる映画では、観客は受け身一方であるが、本作では観客も能動的に頭を働かせ、不足するセリフや色彩やイメージを脳内で補完する作業を楽しむ事となる。
これはきわめて、刺激的な体験なのである(注1)

トーキーになり、カラーになり、やがて音も立体音響になり、些細な音も耳に入るようになって、情報量は格段に増えたが、その分我々観客は、何か大切なものを失ってしまったのではないだろうか(注2)
これは、物は溢れ、生活は豊かになったが、心の豊かさを失ってしまった現代の状況とも共通するポイントではないかと思う。

 
映画そのものも楽しんだけれど、観終ったあとに、“映画とは何なのか。映画はどこに行こうとしているのか。素朴だった映画の原点に戻って、いま一度考え直すべきでは”
…そんな事まで考えさせてくれた本作は、私にとって、本年もっとも考えさせられた、問題作なのである。    (採点=★★★★★

 
(注1)
アメリカ等諸外国では、サイレント映画の上映館では、まったく音がないのが普通で、たまにステータスの高い映画館では本作の冒頭にもある通り、音楽の生演奏を付加するケースもあった。
一方、日本では活動弁士がいて、声色を使ったり、名調子で状況説明を行う事が多かった。親切ではあるが、上記のように観客がセリフを想像するのもサイレントの楽しみ方、という観点で見れば、余計な事である。もっともこれは、講談や浪曲という、語りの芸が発達した我が国独特の大衆芸能の伝統から生まれた、とも言えるのだが。

(注2)ジョージのように、トーキー化に抵抗した映画人も少なからずいた。例えばチャールズ・チャップリンはトーキー全盛になっても、「街の灯」(1931)、「モダンタイムス」(1936)と、サイレント映画のスタイルを頑なに守り通した(正確には音楽が入ったサウンド版だが)。チャップリンが初めて本格的なトーキー映画を製作したのは、1940年「独裁者」からである。
我が国でも、トーキー化は1931年の「マダムと女房」から始まり、以後ほとんどの映画はトーキーになるが、小津安二郎はそれから後も数年に亙ってサイレント映画を作り続け、ようやくトーキー映画を作ったのは1936年「一人息子」からである。小津はまた、横長のシネマスコープが全盛になっても、スタンダード・サイズにこだわり続け、とうとう死ぬまでシネスコ映画は撮らなかった。

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
(さて、お楽しみはココからだ)

アザナビシウス監督は、本作製作に際し、200本ものサイレント映画を見まくったそうだが、そのせいもあって、至るところに過去のサイレント映画へのオマージュが散りばめられ、古い映画を観て来たコアな映画ファンであるほどより楽しめる作品にもなっている。

ジョージは、サイレント映画の代表的スター、ダグラス・フェアバンクスがモデルになっていると思われる。ジョージの主演した作品の中に、黒マスクのヒーローが活躍するものがあるが、これはフェアバンクスの代表作「奇傑ゾロ」(1920)がネタ元だろう。

Markofzorro_3

ジョージの姓、ヴァレンティンは、これもサイレントの大スター、ルドルフ・ヴァレンティノから拝借したと思しい。

芸の細かい所では、冒頭のメイン・タイトルとそれに続くクレジット・タイトルも、サイレント映画の典型的なスタイルに巧妙に似せてある。

中盤、ペピーがジョージの楽屋で、彼の衣装の袖に自分の腕を通すシーンは、1927年のサイレント映画「第七天国」の中の同様のシーンへのオマージュである。ちなみにこの作品の中には、主人公たちが階段を何階も上がる所を、カメラが外側から追いかける、というこれまた似たシーンも登場する。

ラストで、ジョージとペピーが揃ってタップを踊るシーンは、戦前のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのコンビによるダンス映画を彷彿とさせる。振付もアステア&ロジャースに似せている。その後、ジョージが手を広げてクルリと回る振付はジーン・ケリー風となる。言うまでもなく、ジーン・ケリーは「雨に唄えば」の主演役者である。

|

« 天六ユウラク座の閉館に思う | トップページ | 「ももへの手紙」 »

コメント

山形県の「鶴岡まちなかキネマ」でも
6/2から公開、久々ヨメと鑑賞しました。
R指定で肉感的な作品が増え辟易してましたが
本作は本当に純な物語で後半は泣き通し。
サイレントの台詞を想像する体験は新鮮で
しかも心の琴線に充分触れました!

投稿: ぱたた | 2012年6月 7日 (木) 14:37

◆ぱたたさん
6月からようやく公開ですか。
地方は公開が遅れがちですね。まあ地味な作品ですから、公開されただけでも有難いですね。
>サイレントの台詞を想像する体験は新鮮で
しかも心の琴線に充分触れました!

これは私も全く同感で、言ってみれば、小説を読んで、映像を想像する体験に近いですね。そうした、想像力をかき立てる手法が、人の感性を豊かにするものだと確信しています。
こういう映画が、ジワジワと観客を集めてヒットしてくればと願っています。

投稿: Kei(管理人) | 2012年6月10日 (日) 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/54513928

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティスト」:

» アーティスト/ THE ARTIST [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳...... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 01:00

» アーティスト/The Artist [LOVE Cinemas 調布]
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、主演の俳優も同作品のジャン・デュジャルダン、ヒロインをベレニス・ベジョが演じている。古きよき映画の時代が偲ばれる作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 01:32

» 『アーティスト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミッシ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 08:30

» 映画レビュー「アーティスト」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Artistクチコミを見る◆プチレビュー◆甘く切ないラブストーリー「アーティスト」は、映画愛に満ちた傑作。サイレントを現代に蘇らせた意欲作だ。 【95点】 1927年のハリウッド。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 08:42

» アーティスト 老兵は去るのみ・・・ということではない! [労組書記長社労士のブログ]
【=16 -1-】 今年初めての試写会鑑賞、今年はちっとも当選しないのだ〜(T^T)(そういえば今年は1度当たってたけど試写会の招待状が当日届いてしまってポストから取り出したときにはすでに上映時間を過ぎていた) この映画は、第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞...... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 09:03

» アーティスト [佐藤秀の徒然幻視録]
もしヴァレンティノが若死せずに生き続けていたら 公式サイト。原題:The Artist。ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 09:24

» アーティスト [Akira's VOICE]
人生は悲しいが美しい。   [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 10:12

» アーティスト [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージの楽屋に入って彼の上着に片腕を通した一人抱擁だろう。傑... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 15:13

» 「アーティスト」無声の声 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
モノクロで無声映画。 まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。 [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 17:50

» 「アーティスト」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン&ベレニス・ベジョ主演。1920年代のハリウッドを舞台に、世間から忘れ去られた無声映画のスター男優と、トーキー映画時代のスター女優の深い愛情を描く、ロマンチックラブス... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 19:17

» 映画:バトルシップ Battleship スカッ〜!としたのは明らかにアクションのおかげだけではない。お勧め! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
日本で公開される映画は、だいたいが本国公開から数カ月後。 中身の情報はダダ漏れし、観ているはじから「既視感」に襲われてしまうことも... 最も恵まれて「日米同時公開」がせいぜい。 ところがこの「バトルシップ」、全米公開は5月 18日なのに、日本公開は4月1...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 00:31

» 映画「バトルシップ」浅野忠信 ハリウッド”への思い NHK おはよう日本  一皮むけた浅野忠信、を実感! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
先日感想をアップした映画「バトルシップ」 全米公開よりも、一ヶ月以上早い日本公開がウレシイ。 その感想の締めくくりに書いたのは、 <浅野忠信がカッコいい。 主役とタメはってまっせ (前作「マイティ・ソー」と違い) これで世界的俳優かな? その彼のインタビ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 00:31

» 映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 00:31

» 映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回めに足を運ぶことはそうしない私だが(3ヶ月たったとはいえ) =この特殊なジャンルならでは...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 00:32

» アーティスト(2011)☆☆THE ARTIST [銅版画制作の日々]
 温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采―― 好き度:=80点 すみません!いきなりわんちゃんです。本当に演技が上手いもんでびっくり!このわんちゃんがこの物語のポイントとなってとても素敵な流れを作っていました。 サイレント映画って多分初めてだと思うん...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 01:22

» 今、白黒サイレント映画を! [笑う学生の生活]
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 18:51

» [映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 22:51

» 「アーティスト」 映画の進化 [はらやんの映画徒然草]
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 20:19

» 「アーティスト」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
「雨に唄えば」じゃん。 ・・・言うと思った。すぐにそういう身もふたもない言い方をするから、このブログも凋落の一途を辿っちゃうのよ。 しかも「雨に唄えば」よりヒネリのないストーリー。 だからぁ、そういうひねくれた見方をしちゃダメなの。「シンプルなスト−リーが...... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 20:32

» 『アーティスト』 [シネマな時間に考察を。]
ハリウッドが失った、 art muetな価値観への郷愁と感嘆、温故知新。 映画が映画だった頃、音のないざわめきがあった。 映画が映画だった頃、色のない情感が満ちていた。 美しと麗しのサイレントなモノクロームに何想う。 『アーティスト』 2011年/フランス/101min... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 15:51

» アーティスト [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>> 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していた ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、 新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 04:39

» アーティスト [映画 K'z films 2]
Data 原題 THE ARTIST 監督 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン  ジェームズ・クロムウェル  ペネロープ・アン・ミラー 公開 2012年 4月... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 23:46

» アーティスト [pure\s movie review]
2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給原題:THE ARTISTSTAFF監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウスCASTジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル劇場で観れてよかった。サイレント映画を知らない20代である私が、サイ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 23:04

» アーティスト [ここなつ映画レビュー]
面白かったノデスカ?面白かったノデショウ…。と、何故かおかしな外人になって問いたいような作品。確かに雰囲気があって、テンポがあって、栄光と挫折があって、純愛がある、映画の起承転結は満喫させてくれる話。“パルムドッグ賞”の犬もカワイイ。でも、凡庸なオハナシであることも間違いなくて、これがモノクロじゃなかったら、これがサイレントじゃなかったら、これがパピー役のベレニス・ベジョがチャーミングでなかったら……、はっきり言おう!イマイチの映画だったのでは?実際に寝ている人が結構居た映画館ではありました。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 14:45

» 映画:アーティスト [よしなしごと]
 84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。 [続きを読む]

受信: 2012年8月19日 (日) 21:09

» 映画『アーティスト』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
12-36.アーティスト■原題:The Artist■製作国・年:フランス、2011年■上映時間:101分■字幕:寺尾次郎■観賞日:5月12日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・脚本・編集:ミシェル・アザナヴィシウス◆ジャン・デュジャルダン(ジョージ・ヴァレンティン)◆ベレニ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月 3日 (月) 23:46

» アーティスト ~ いろは匂えど (2012/4/30) [黄昏のシネマハウス]
今年度のアカデミー賞で最多の5部門を受賞。 しかも、それがモノクロでサイレントの作品だという。 今どきモノクロでサイレント・・・! 一体どんなの?と、興味深々で大津アレックスシネマへ… 映画がサイレントからトーキーへと移っていく1930年代を目前にしたハリウッド。 サイレントに固執し、時代について行けず、落ちぶれていく大スターの男… 逆に、彼に見出され、トーキーをチャンスと見て新しい時代の波に乗り、スターダムを駆け上っていく女優の卵… そのふたりの栄光と挫折が交錯する、シンプル... [続きを読む]

受信: 2014年12月 1日 (月) 15:51

« 天六ユウラク座の閉館に思う | トップページ | 「ももへの手紙」 »