« 「私の映画史―石上三登志映画論集成 」 | トップページ | 「ミッドナイト・イン・パリ」 »

2012年5月29日 (火)

「メン・イン・ブラック3」

Mib32012年・アメリカ/製作:コロムビア=アンブリン
配給:東宝東和
原題:Men in Black III
監督:バリー・ソネンフェルド
原作:ローウェル・カニンガム
脚本:イータン・コーエン
音楽:ダニー・エルフマン
特殊メイク:リック・ベイカー
製作:ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、G・マック・ブラウン

地球に生息する異星人を監視する極秘組織「MIB」のエージェントの活躍を描く人気SFアクション・コメディのシリーズ第3作。主演のウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ、製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督バリー・ソネンフェルドはいずれも前2作から引続き参加。

エージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)のコンビは今日もエイリアンたちを監視し、その暴走を取り締まるべく奔走していた。その頃、Kが40年前に捕らえ、月の刑務所に収監されていた凶悪エイリアン、ボリス(ジェマイン・クレメント)が脱獄し、Kに復讐すべく地球にやって来ていた。Kの様子がおかしくなったある日の翌日、Kの姿は消え、JはMIBの上司から、「Kは40年前に亡くなった」と聞かされる。同じ頃、エイリアンの侵略が一斉に始まり、地球は未曽有の危機に陥る。JはKの、そして地球の危機を救う為、40年前の世界にタイムスリップを試みる…。

1作目、2作目とも観ているはずなのだが、ニューラライザーで記憶を消されたかのごとく(笑)、まったく内容は覚えていない(てか、あのペンライト様のスティックがニューラライザーてことも忘れてた)。
そのくらい前作の印象が薄かったので、あんまり期待しないで観たのだが、これがなんと予想を裏切る面白さ。多分シリーズ中最良の出来ではないか。最後はちょっぴり泣ける感動のシーンも用意されている。

(以下ネタバレがあります。注意)
今回は、悪玉ボリスが過去に行って歴史を変えてしまった為に、現在が大変な事になってしまい、それを修正すべくJも過去にタイムスリップし、Kを救おうとする…というタイムスリップ・ネタなのだが、このプロット、よく思い出せばタイムトラベルSFの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2」(ロバート・ゼメキス監督)とそっくりである。ま、同作も本作も、共にS・スピルバーグ製作総指揮、製作会社もスピルバーグ率いるアンブリン・エンタティンメントなのだから、「バック・トゥ-」のキャッチコピーに倣えば“スピルバーグがまたやった”という事なのである(笑)。

そう考えれば、他にも共通点は多い。本作では、タイムスリップする為には猛スピードで落下する事が条件なのだが、「バック-」もデロリアンを猛スピードで走らせることが必要だった。本作では、悪人によって歴史が変えられ、Kは過去に死んだ事になるのだが、「バック-」でも歴史が変わった事でマーティの父は死んだ事になっていたし、本作のクライマックスではアポロ11号の発射台の上でのぶら下がりサスペンスがあるが、「バック-」のクライマックスでも、マーティは敵の車にぶら下がってハラハラドキドキの大アクションを展開していた。

また、本作では1969年に飛んだJが、その時代の風俗、ファッション、音楽などのカルチャーに出会うシーンを丹念に描いているが、こうした描き方も、1955年の風俗や音楽をじっくり見せた「バック-」(特に1作目)と共通するものがある。

 
…とまあ、いろいろとお楽しみは多いが、本作の面白さは、むしろ本筋のストーリー展開の方にこそある。

要約すれば、“世界征服を企む悪のボスに対して、政府のエージェントが戦いを挑み、大アクションの末に遂に悪を倒し世界の危機は回避される”という物語なのだが、これはまさにスタンダードな冒険活劇―中でも、007に代表される、スパイ・アクションもの―の王道パターンである。

“エージェント”という言葉自体、“諜報員”とも訳されているように、スパイを指す用語である('70年代にTVで流行ったスパイ・アクション「秘密諜報員」の原題は"Secret Agent Man"である)。悪玉のボリスが、他のエイリアンと違って人間と同じ体型をしているのも、この物語がエイリアンものというより、スパイ・アクションに近い事を示している。

そう言えば、007第1作「ドクター・ノオ」は、“ケープカナベラル基地から発射されるロケットの弾道を狂わす電波を発信する、敵の要塞に潜入するボンドの活躍”を描いた物語だった。
ちなみに、本作のクライマックスの舞台となる、アポロ11の打上げ基地、ケネディ宇宙センターは、なんとそのケープカナベラル基地の隣に併設されているのである。
(思えば、007シリーズには、この第1作の他にも、第5作「007は二度死ぬ」、第11作「ムーンレイカー」と、宇宙ロケットやスペース・シャトルがよく登場するのである)

ついでに、宿敵ドクター・ノオもボリスと同じく、片腕の先を失っている

Jの本名が、007のボンドと同じ“ジェームズ”であるのも、そう考えればもう偶然とは言えない気がする。

こうした、娯楽活劇の王道パターンをきっちり踏まえている上に、さらにタイムスリップ・ネタも巧みにちりばめているのだから、面白くならない訳がない。

さらに素晴らしいのは、最後[Kをかばってボリスの犠牲になった黒人警備責任者が、実はJの父親だと分かり、父が亡くなった事を知らない子供のJに、若いKが励ましの言葉をかけるシーン。]ここは泣ける。1、2作目はどちらかと言うとおバカ・コメディ・レベルだったが、本作はスリリングなジェットコースター的展開と、感動出来る人情ドラマの要素が加わり、ぐっと作品的厚みが増している。さまざまな伏線も巧みに網羅した脚本(イータン・コーエン)の見事さが光る。

タイムトラベルSFと、スパイ・アクションが好きな方には特にお奨めの、思わぬ拾い物の快作である。   (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

ところで、タイムトラベルものには、どうしてもタイム・パラドックスに関する突っ込みどころが生じてしまうのは仕方のないところであるが、ブロガーの間でいろいろ突っ込まれている点について、私なりの解答をしておきたいと思う(あくまで個人的な考えである点は先にお断りしておく)。

まず、ラストにおいて“父親を殺されたJは、もう一度過去に戻って、父親を救う事を考えなかったのか”という点。

確かにそういう方法も取れなくはないが、そうすりゃせっかくの感動がぶち壊しになってしまう(笑)。
それと問題なのは、父親を死なせない未来が出来てしまうと、“歴史を変えてしまう”事になる。その結果、子供のJとKも出会う事がなくなり、JがMIBに入る事もなくなってしまうのではないか。
些細な事はともかくとして、“歴史は変えてはならない”というのがタイムスリップの鉄則であるのだから、父の死は運命として受け入れざるを得ないのである。
もっとも、“エネルギー量の問題もあって、タイムスリップは現在に帰るのも含めて3回しか出来ない”とでも脚本に追加しておいてたら疑問に思う事もなかったのだけれど。

なら、ボリスを殺してしまう事も、歴史を変えた事にはならないのか、という疑問も残るが、思い切り善意に解釈してしまうと、ボリスを生かしても、一生刑務所に閉じ込められる事になり、その存在は無いに等しい、と考えられなくもない(ちょっとこじつけっぽいかな(笑))。まあボリスを生かした事によって、過去の歴史が変わるという災厄がもたらされたのだから、歴史を変えない為にはボリスを殺すのが正解、とも言える訳なのだが。

ま、元々コメディだし、今回は感動的にまとめられたいいお話になっていたわけだから、突っ込みどころはあれど、武士の情けで見逃してあげるのが映画ファンの心意気、ということで…。 

|

« 「私の映画史―石上三登志映画論集成 」 | トップページ | 「ミッドナイト・イン・パリ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/54831580

この記事へのトラックバック一覧です: 「メン・イン・ブラック3」:

» メン・イン・ブラック3/Men in Black III [LOVE Cinemas 調布]
地球にいるエイリアンの監視を任務にする政府の極秘機関“MIB”のエージェントたちがエイリアン相手に奮闘する姿を描いたSFコメディシリーズの第3弾。出演はお馴染みのウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ。それに今回は若かりしエージェントKとしてジョシュ・ブローリンが加わった。監督も変わらずバリー・ソネンフェルドに製作総指揮をスティーヴン・スピルバーグが務める。... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 00:58

» メン・イン・ブラック3/MEN IN BLACK III [いい加減社長の映画日記]
まぁ、定番でしょ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 月面のルナマックス銀河系刑務所から、凶悪犯のアニマル・ボリスが脱獄し、地球に逃亡した。 超極秘機関“MIB”のエージェント“J”とエージェント“K”は、ボリスが関係する犯罪の捜査を始める。 しかしある日...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 04:55

» [映画『メン・イン・ブラック3 3D』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆体調が悪いので、短く・・・。    ◇  ・・・「おやっ?」と思ってしまうような映画作品には、それが「故意」なのか「過失」なのかの問題があろう。  私にとって、昨夜観た『ファミリー・ツリー』にしても、『幸せの教室』にしても、『TIME』『ツーリスト』『...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 06:29

» メン・イン・ブラック3 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Men in Black 3クチコミを見る黒服のエージェントコンビが10年ぶりに復活したシリーズ第3弾「メン・イン・ブラック3」。JとKの意外な関係に感動する。人類に紛れて地球に生息するエイ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 08:49

» メン・イン・ブラック3 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原作→都市伝説、原題:Men In Black 3。バリー・ソネンフェルド監督。ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン、アリス・イヴ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 09:26

» メン・イン・ブラック3 [Akira's VOICE]
エンディングシーン必見!!!   [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 10:51

» メン・イン・ブラック3 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
エイリアンが同居する地球で秩序を守るMIBのエージェントJとKのコンビが活躍するSFコメディだ。今回はKが突然消失して、過去にJがタイムスリップする。Kがぶっきらぼうな理由からJがMIBに入った理由まで説明されている。まかれた伏せんがすべて回収されていく。傑作だと思う... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 14:55

» 『メン・イン・ブラック3』 [ラムの大通り]
(原題:Men in Black III) ----この映画、10年ぶりの新作ニャんだって。 ひとり増えているみたいだけど…。 今回からペアじゃないってこと? 「う〜ん。 これは言っちゃってもいいんだろうな。 フォーンも知っているように、 この映画は“J”(ウィル・スミス)と“K”(ト...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 19:01

» メン・イン・ブラック3/MEN IN BLACK III 3D 字幕 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>秘密組織MIB所属のエージェント J(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、 日々異星人の取り締まり追われていた。 長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査を...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 06:42

» 映画「MIB3/メン・イン・ブラック3」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「MIB3/メン・イン・ブラック3」観に行ってきました。 ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビが主演を担うSFアクションコメディシリーズ第3弾。 1作目が1997年、2作目が2002年公開ですから、ずいぶんとまあ息の長いシリーズですね(^^;;)。 人気シリーズということもあり、私も1作目... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 23:23

» MIB3  (2012 東宝東和) [事務職員へのこの1冊]
ふたつ、考え方があると思う。 ・トミー・リー・ジョーンズとジョシュ・ブローリンの [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 18:46

» メン・イン・ブラック3 [充実した毎日を送るための独り言]
・映画 メン・イン・ブラック3 (5月25日より公開 ウィル・スミス・トミー・リー・ジョーンズ出演) ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズ主演で、地球に生息する異星人を監視する極秘組織「MIB」のエージョントの活躍を描く人気SFアクションコメディのシリ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 00:23

» メン・イン・ブラック3 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  久し振りのシリーズ復活だが、今回は従来の作品とはだいぶ創り方が異なっていたので、ほとんどマンネリ感もなく楽しくストーリーにのめり込むことが出来た。また大ベテランのトミー・リー・ジョーンズ(エージェント K)が、年をとり過ぎてアクションをこなせな... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 11:36

» 「メン・イン・ブラック3」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
  バリー・ソネンフェルド監督、トミー・リー・ジョーンズ×ウィル・スミス主演の人気SFアクションシリーズ第三弾。  脱獄した凶悪宇宙人によって歴史が改ざんされ、捜査官Kが40年前に殉死した事に。捜査官JはKと地球の危機を救うため、1969年7月15日にタイムスリップする。... [続きを読む]

受信: 2012年6月 8日 (金) 19:07

» 映画「メン・イン・ブラック3」なんだ、感動作だった! [soramove]
「メン・イン・ブラック3」★★★★ ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、 ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン出演 バリー・ソネンフェルド監督、 105分、2012年5月25公開 2011,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:MEN IN BLACK 3) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「10年ぶりの新作って何か理由が... [続きを読む]

受信: 2012年6月 8日 (金) 21:25

» メン・イン・ブラック3 [だらだら無気力ブログ!]
面白くて楽しめた。個人的には今作よりも前作、前々作の方が好きかな。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 23:27

» 【映画】MIB3 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp;結構、2から空いてしまいましたが、シリーズ3作目 ■あらすじ秘密組織MIB所属のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、日々異星人の取り締まり追われていた。長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査をいぶかしんだJは直接そのことを彼に問いただす。だが、本人は全然聞く耳を持たず何の情報提供もしてくれない。次の日、本部でJはKを捜していたが40年以上も前に死亡していたと聞き……。エージェントJとKのコンビがエイリアン達と 闘う物... [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 23:41

» 映画『メン イン ブラック3』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
家の者の送迎の都合で、2,3時間を出先で潰す必要ができ 「ポイントも貯まってるし、映画でも観ながら待ってますっ!」 喜ん [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 19:38

» 映画「メン・イン・ブラック3」 [FREE TIME]
7月1日のファーストデーに、映画「メン・イン・ブラック3」をしました。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 19:29

» 映画:メン・イン・ブラック3 [よしなしごと]
 前作から10年。劇場で見た人は少ないかも知れないけれどテレビの力は偉大だね。3作目がこんなに人気作品になるとは思わなかった…。と言うわけで5月に見たメン・イン・ブラック3の記事です。... [続きを読む]

受信: 2012年9月 9日 (日) 10:18

» 映画『MIB3(メン・イン・ブラック3)3D』を観て [kintyres Diary 新館]
12-45.MIB3(メン・イン・ブラック3)3D■原題:Men In Black 3■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:バリー・ソネンフェルド◆ウィル・スミス(エージェントJ)◆トミー・リー・ジョーンズ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月28日 (日) 09:41

» メン・イン・ブラック3 : JとKの原点を見た [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は雨ですが、涼しいなぁ。でも、明日からは気温がぐーんと上昇するみたいなので、デブの私にはつらくなります。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名 [続きを読む]

受信: 2012年11月 4日 (日) 11:32

» メン・イン・ブラック3 (Men in Black 3) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 バリー・ソネンフェルド 主演 ウィル・スミス 2012年 アメリカ/アラブ首長国連邦映画 106分 SF 採点★★★ “地球に潜入している宇宙人”っていうと、真っ先に浮かぶのがアダムスキーが遭遇したとかいう金星美女。子供の頃読んだUFO関連本には必ず載っ…... [続きを読む]

受信: 2012年11月22日 (木) 13:38

» 【映画】メン・イン・ブラック3…もう9月ですか…ヤッツケ映画観賞記録(10) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
台風が温帯低気圧に変わって特に被害も無かったので、ホッとしているピロEKです。 で、もう9月なんですねぇ…今月でブログも8周年を迎えるんですなぁ…早い。特にこの2年ぐらい、日々に追われ本当に時間の経過が早い気がします 近況は… 先日…2013年8月29日(木曜日)、...... [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 01:22

« 「私の映画史―石上三登志映画論集成 」 | トップページ | 「ミッドナイト・イン・パリ」 »