« 「その夜の侍」 | トップページ | 「アルゴ」 »

2012年12月 2日 (日)

「人生の特等席」

Troublewiththecurve

2012年・アメリカ/マルパソ・カンパニー
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Trouble with the Curve
監督:ロバート・ローレンツ
脚本:ランディ・ブラウン
撮影:トム・スターン
音楽:マルコ・ベルトラミ
製作:クリント・イーストウッド、ロバート・ローレンツ、ミシェル・ワイズラー

2008年の監督兼任作「グラン・トリノ」以来4年ぶりとなる、クリント・イーストウッド主演作。監督をしない出演のみの作品としては「ザ・シークレット・サービス」(93)以来19年ぶりとなる。監督は「マディソン郡の橋」(1995)以来、17年に亘り助監督、プロデューサーとしてイーストウッド監督を補佐して来たロバート・ローレンツで、これが監督デビュー作となる。

メジャー・リーグ、アトランタ・ブレーブスの伝説的なスカウトマンとして知られるガス(クリント・イーストウッド)は、年齢による視力の衰えを隠せず、加えてパソコンもまったく使えない為、引退の危機にあった。それを心配した、ガスの親友で球団幹部のピート(ジョン・グッドマン)は、ガスの娘で敏腕弁護士として活躍しているミッキー(エイミー・アダムス)に、ドラフト会議前の最後の視察旅行に同行して欲しいと頼む。永年、父との確執を抱えていたミッキーは悩むが、渋々ながらも父の元に向かうこととなる…。

実に気持ちのいい映画である。心がなごみ、あったかい気持ちで映画館を後に出来る。

「グラン・トリノ」で引退したかと思われていたイーストウッドが、久しぶりにスクリーンに戻って来た。…それだけでもまず嬉しい。観る前から心ウキウキしていた。小林信彦さんも言っていたが、イーストウッド映画を観られる、という事が映画ファンの幸せである。

加えて、最近のイーストウッド映画は、「ミスティック・リバー」にしろ「ミリオンダラー・ベイビー」にしろ「グラン・トリノ」にしろ、暗いイメージの作品が多いし(画面からして暗い)、ややハッピー・エンディングな「インビクタス/負けざる者たち」「ヒア・アフター」にしても、アパルトヘイト死後の世界、といった、やはり明るいとは言えないテーマを抱えていた。

ところが本作は、明るくてユーモラスで、最後には万事うまく解決する、古き時代のハリウッド映画のようなタッチの作品に仕上がっている。
こんなハッピーな気持ちになれるイーストウッド映画は何年ぶりだろうか。それだけでも気分がいい。

イーストウッドは今年82歳になる。さすがに、首周りは弛み、顔も深いシワが刻まれ、すっかり老人である。高倉健も同い年くらいで、共にかつて大ファンだったスーパースターの老いた姿を見るのは辛いものがある。

本作では、冒頭から、小便はなかなか出ないは、歩けばテーブルに蹴つまづくは、車を運転すればガレージを壊しまくるはと、情けない(ややデフォルメされた?)老いぼれぶりを晒す。さらには視力も衰え、はっきり物が見えなくなっている。

球団からも、高齢に加え、パソコンも使えないようではと引退もほのめかされる。

だが、それでもガスは、まだまだ自分の経験とカンは衰えていないとばかりに、ドラフトの目玉とされる高校生スラッガー、ボー・ジェントリー(ジョー・マッシンギル)の実力が本物かどうかを確かめる為、ノースキャロライナへと向かう。
この見立てが外れたら、間違いなく解雇が待っている。言わば背水の陣である。

そこで、ピートの計らいで、一人娘のミッキーが手助けの為に父の元へ向かう。

そうして、この映画は、老いた男の意地を賭けた最後の勝負と、疎遠だった父と娘がやがて絆を取り戻して行く、2つの物語がクロスし、最後はとても幸せな結末に至る事となるのである。

 
特に楽しいのが、「これからの野球はデータ主義だ」とばかりに、パソコンを駆使して選手の適正を判断する若いスカウトマンが太鼓判を押したボーを、ガスが自分の耳で「カーブに弱点がある」事を見抜き、結果的に、ガスの経験とカンが正しかった事が証明されるラストである。
それをサポートしたのが、ミッキーだった、というオチもうまい。

いくらコンピュータが進歩しても、最後にモノをいうのは、長い人生を生きた人間の経験と感性である、というテーマが小気味良い。

あるいは、昨年公開された「マネーボール」に対するイーストウッド流の皮肉なのかも知れない。

…そう言えば今年は、ハイテクで攻めて来るエイリアンに対する思わぬ伏兵となったのが、退役軍人である老人たちだったという「バトルシップ」(ピーター・バーグ監督)も公開されている。
“老人をあなどるな”というのが今年のハリウッドの傾向なのか(笑)。

 
映画の原題、"Trouble with the Curve"もなかなかよく考えられており、奥が深い。

これは直接的には、「カーブに難がある」という、ボーのバッターとしての弱点を指すのだが、同時に、「人生の曲り角における困難」という意味も含まれている。

ガス自身も、引退か否か、という曲り角に立たされるし、ミッキーもまた、敏腕弁護士としてのキャリアを取るか、父を取るか、の重要な岐路に立たされる。

さらには、ガスという男の性格と、歩んで来た道の事も指している。
ガスの性格はとにかく一本気で頑固一徹。野球で言えばストレート一本、つまり“曲がった事は大嫌い”という意味も含んでいると言える。

ラストで、ミッキーは父と和解し、そればかりか将来を嘱望された弁護士の仕事を捨て、父の仕事(スカウトマン)を引き継ぐ決心をする。父の生き方を見習おうとするわけで、ちょっとジンとなるいい幕切れである。
ここでミッキーが、事務所と連絡を取っていた携帯をポイとゴミ箱に捨てるシーンで、イーストウッドの出世作「ダーティ ハリー」のラスト、警察のバッジを捨てるシーンを思い出したら立派なイーストウッド・ファンである。

そう思えば、他にもいくつかイーストウッド映画との類似点を見つけ出す事も出来る。

一人暮らしの頑固一徹な老人、というキャラクターは、「グラン・トリノ」とも共通するし、娘との間に確執があって長く別れている、という設定は「ミリオンダラー・ベイビー」と同じである。
一匹狼の仕事師で、いつも旅をしている、という主人公も、イーストウッド作品にはよく登場している(「センチメンタル・アドベンチャー」等)。

中盤で、ミッキーに男がちょっかいをかけようとするのを見るや、ガスが老人と思えぬ俊敏さでビール瓶を叩き割り、「俺の娘に手を出すな!」と凄むシーンも、いかにもイーストウッドらしい動きで、ここも楽しい。

 
父を嫌いだったはずの娘が、いつの間にか凄く細かい野球の知識を知っていたり、ミッキーの泊まっていたモーテルのまん前で、たまたまピッチング練習をしていた剛速球のピッチャー、リゴ・サンチェスを見つける等、ややご都合主義な部分もある。

だが、夢のような物語が展開するのが映画の面白さである。特に野球映画には、「フィールド・オブ・ドリームス」にしろ、「ナチュラル」にしろ、夢のような素敵なドラマが多い。
この映画は、懸命に頑張るガスとミッキーに、野球の神様が微笑んでくれた、と見てもいいだろう。

イーストウッド・ファンには絶対に楽しめるし、古いハリウッド映画が好きな方にはお奨めの、爽やかな気分に浸れる快作である。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 

(付記)
個人的な事になるけれど、私の父も頑固一徹で、歳を取っても仕事をやり続け、「まだまだお前たちの世話にはならん」と意固地を通していた。
でもそう言いながら、車を運転すれば角でこすって傷だらけにする等、この映画のガスと同じような失敗もよくしていた。(あ、原題にはひょっとしたら“角で車をぶつける”という意味も含まれてるか(笑))

そんなわけで、本作を観ていて、亡き父を思い出してちょっぴり涙が出てしまった。点数が甘いのはそのせいもある。ご容赦。

|

« 「その夜の侍」 | トップページ | 「アルゴ」 »

コメント

お久し振りです。
私も一人娘がいるので40年後を
タブらせて鑑賞してみたいです。
山形県の鶴岡まちなかキネマと
イオンシネマ三川で上映未定ですが
気長に待つことにします。

投稿: ぱたた | 2012年12月 4日 (火) 09:26

この映画は試写で見ました。
イーストウッドの役はほとんど「グラン・トリノ」でしたね。
“You Are My Sunshine”のシーンは思わずほろり。
娘役のエイミー・アダムスは私は「魔法にかけられて」が印象的でした。
ジャスティン・ティンバーレイクはライバル球団のスカウトで父と娘の仲を取り持つ儲け役。
イーストウッドの友人役で「アルゴ」でも良かったジョン・グッドマン、スカウト仲間でちょっと懐かしいエド・ローターも出演しています。
お話はうまく行き過ぎる所もありますが、なかなかよく出来ていました。
キャスティングがいいですね。
個人的にはラストはもうちょっとビターでも良かったかな。

投稿: きさ | 2012年12月 4日 (火) 22:45

解説者・浜村純氏によると、球場でピーナッツ売りをしていた少年の投げるピーナッツが凄いと言っていたので、てっきりその少年が投手となって新人スラッガーにカーブを投げると思ったんですが、違うのかな?

投稿: sakai | 2012年12月 6日 (木) 18:39

◆ぱたたさん
ええっ、こんな話題作が、そちらでは上映未定なんですか。
お奨め作なので、なんとか早く公開されればいいですね。


◆きささん
そうそう、“You Are My Sunshine”、うまく使われてますね。妻との思い出の曲なのでしょうか。
ラストは、意見が分かれるでしょうが、いい気分で観客が映画館を後に出来るように、という製作者の思いやりが込められているのではと思います。たまにはそんな映画もいいんじゃないでしょうか。


◆sakaiさん
そうですよ。あのピーナツ売りの少年が、ラストでカーブを投げるピッチャー(リゴ)です。
ちゃんとラストへの伏線になっているのですね。
あそこで、スラッガーのボーが、リゴに対し見下したような態度を取るのですが、ラストでリゴが、その生意気なボーの鼻っぱしらをへし折る事で、観客も胸がスッキリするのですね。うまい作り方です。ちょっとボーが可哀想ですが(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2012年12月 7日 (金) 01:03

やばいっすよね・・・

家の家具に足をぶつけるわ 車運転したら 自宅のガレージにぶつけるわ 料理作れば 黒コゲだわ あげく スカウト先でも 事故するわ・・・

 ジョングッドマン演じた球団のスカウト主任の人が娘に そばにいてやってほしいと忠告して 正解でしたね。

 もう これじゃあ スカウトどころか 一人暮らしも もうムリですよ。

あの性格の悪い指名一位のスラッガーくん・・・けちょんけちょんでしたね。

でも まったく将来性がないわけでもないので ランク落として マイナーリーグや 一般企業で開催してる 職業クラブチーム からスタートしたら いいんじゃないかな。 んで 見込みが出てきたら 推薦状書いて送ってメジャーのテストへ・・・とか。

投稿: zebra | 2014年9月 7日 (日) 23:33

◆zebraさん
まあ多分、あのラストでガスは引退し、娘のミッキーが父の世話をする事になるでしょうからめでたしでしょう。

>あの性格の悪い指名一位のスラッガーくん・・・けちょんけちょんでしたね。
ま、マイナーリーグでなら務まるレベルでしょうから、ヘコたれずに頑張れよ、と言っておきましょう。
ただ、あの曲がった性格をまず直さなければダメでしょう。
あ、そうか。原題、"Trouble with the Curve"にはもう一つ、“曲がった性格が災いの元”という意味も含まれているのかも(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2014年9月23日 (火) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/56240563

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生の特等席」:

» 「人生の特等席」うん、イイ邦題ですね。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[人生の特等席] ブログ村キーワード  俳優 クリント・イーストウッド 復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)。「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。  ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 00:29

» 人生の特等席/TROUBLE WITH THE CURVE [いい加減社長の映画日記]
クリント・イーストウッド主演ということで、ちょっと楽しみにしていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。 伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱って...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 00:54

» 人生の特等席 [象のロケット]
ガス・ロベルは、経験と勘に頼った昔ながらのスタイルを貫くメジャーリーグのスカウトマン。 そんな彼を、球団は今季でお払い箱にしようとしていた。 視力が衰え、目がかすみ始めた彼の最後のスカウトの旅に手を貸したのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきた一人娘のミッキーだった。 有能な弁護士である彼女にとって、今休暇を取ることは昇進のチャンスを潰しかねないものだった…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 10:19

» 『人生の特等席』 [ラムの大通り]
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どんな...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 23:10

» 「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる [はらやんの映画徒然草]
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve [続きを読む]

受信: 2012年12月 4日 (火) 19:25

» 映画「人生の特等席」タイトルが立派すぎる、もっとしみじみした映画 [soramove]
映画「人生の特等席」★★★★ クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、 ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、 ロバート・パトリック、マシュー・リラード出演 ロバート・ロレンツ 監督、 111分、2012年11月23日より全国にて公開 2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ (原題/原作:TROUBLE WITH THE CURVE) 人気ブログランキングへ">>... [続きを読む]

受信: 2012年12月 5日 (水) 07:08

» 人生の特等席(2012)☆★TROUBLE WITH THE CURVE [銅版画制作の日々]
 スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る。 好き度:+5点=75点 MOVIX京都にて鑑賞。 グラン・トリノが俳優として最後の作品となると思っていたイーストウッドおじさん。何と4年ぶりに俳優としてスクリーンに戻ってきたのでした。但し自らの監督作品ではあ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月 6日 (木) 23:14

» 人生の特等席 [あーうぃ だにぇっと]
人生の特等席@スペースFS汐留 [続きを読む]

受信: 2012年12月 7日 (金) 05:48

» 映画「人生の特等席」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な... [続きを読む]

受信: 2012年12月 8日 (土) 22:20

» 人生の特等席 [映画的・絵画的・音楽的]
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...... [続きを読む]

受信: 2012年12月14日 (金) 05:42

» 映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 01:25

» 『人生の特等席』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席」□監督 ロバート・ローレンツ□脚本 ランディ・ブラウン□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロバ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 09:08

» 映画『人生の特等席』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
とても人気の高かった試写会。 いっぱい応募したんですが、見事全部ハズレ~   でも、有難い事にまたゆうりさんが誘って下さ [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 21:18

» 野球と娘と向き合いながら、 [笑う社会人の生活]
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...... [続きを読む]

受信: 2012年12月27日 (木) 18:34

» 映画『人生の特等席』を観て [kintyres Diary 新館]
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆エイミー...... [続きを読む]

受信: 2013年3月21日 (木) 23:17

» 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... [続きを読む]

受信: 2013年4月26日 (金) 07:42

» 人生の特等席 [いやいやえん]
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよくある話かもー。エイミー・アダムスさんが娘役です。 ガスは年齢のこともあり、スカウトに必要な視力も衰えてきた。球団は彼の後任を探し始めるが、ガスとは30年来の友人の計らいで、疎遠の一人娘ミッキーを呼び付ける。弁護士として人生を成功させた彼女だが... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 09:34

» 人生の特等席 [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード 【あらすじ】  イーストウッド演じるガスは将来の名野球選手を発掘する長年の名スカ...... [続きを読む]

受信: 2013年7月20日 (土) 12:37

» 人生の特等席 [LIFE ‘O’ THE PARTY]
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰って [続きを読む]

受信: 2013年9月19日 (木) 17:11

» 人生の特等席 [のほほん便り]
原題は、「Trouble with The Curve」… 物語中、野球のカーブと、親子関係の誤解や屈折が、うまくかけられてます。いかにもアメリカ映画らしい、安心して見られる、後味、爽快。ほっこりした気持ちになれる、ハッピーエンドの映画でした。嫌な奴には、ちゃんと、お仕置きだべぇ?!とくに、誤解しあってた父娘が、あるきっかけ、和解していくのは、見ていて、ジーーン。ご都合主義な部分は、御愛嬌な、映画マジック。私は好きでした。見て得した気分になる作品でした。    (解説)2008年の監督・主演作「グラ... [続きを読む]

受信: 2014年5月30日 (金) 15:10

» 人生の特等席 [映画に耽溺]
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~…... [続きを読む]

受信: 2014年12月21日 (日) 11:10

« 「その夜の侍」 | トップページ | 「アルゴ」 »