« 「人生の特等席」 | トップページ | 「フランケンウィニー」 (2012) »

2012年12月15日 (土)

「アルゴ」

Argo

2012年・米/配給:ワーナー・ブラザース
原題:Argo
監督:ベン・アフレック
製作:グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー
原作:アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン
脚本:クリス・テリオ

イランで実際に起こった、アメリカ大使館人質事件の影で密かに行われた、奇想天外な救出作戦秘話を描くサスペンスドラマ。「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「ザ・タウン」のベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務めた。また、自身も俳優兼監督であるジョージ・クルーニーがプロデューサーとして参加している。

1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人が人質になるが、その混乱の中、6人のアメリカ人が密かに大使館を脱出し、カナダ大使の私邸に身を寄せた。だがそれが見つかれば彼らは元より、人質の命も危険に晒される。そこでCIAで人質救出を専門とするトニー・メンデス(ベン・アフレック)が、彼らの救出作戦に当る事となり、さまざまな策を練った末に、大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようというものだ。ハリウッドの特殊メイクの第一人者、ジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)とプロデューサーのレスター・シーゲル(アラン・アーキン)の協力を得て、着々と準備を進めるが、あと少しという所で、突然本国から作戦中止の指令が入り…

鑑賞してから大分日が経っているが、忙しくてなかなか紹介出来なかった。しかしこれは本年屈指の傑作であり、ベストテン上位に入れたいと思っているので、遅まきながら書かせていただく事とする。

 
とにかく、これが実話であるというのが驚きである。1979年のアメリカ大使館人質事件はニュースでも話題になって、私も覚えているが、こんな救出作戦があったとは知らなかった。…のは当然で、この作戦は長い間機密にされ、ようやく事件発生から実に18年後にやっと公表された。本件のみならず、CIAの暗躍はいつも政治の闇に葬られて来た歴史がある。

ベン・アフレックの演出は、冒頭から実際の大使館占拠事件のニュース・フィルムと、俳優を使った再現映像とを巧みにモンタージュし、一気に緊迫感を高めて行く。再現映像は、アングルも、俳優たちの容貌も、ニュース映像と見分けがつかないほど巧妙に作られている(ニュースの方は、画面両サイドが黒いスタンダード・サイズになるので一応区別出来るが)。

これによって、まるでドキュメンタリーを観ているかのような迫真性が伝わり、本作が事実に基づくノンフィクションである事がより強調される。秀逸な演出である。

救出作戦は、いろんな案が出されるが、どれも成功の確率は低く、決め手を欠いていた。そんな時、自分の息子から電話で、今テレビ放映されていると教えられた映画「最後の猿の惑星」を観たメンデスはひらめく。6人をSF映画の撮影クルーと偽って出国させるというものだ。

で、映画の撮影というアイデアはいいとしても、何故SF映画なのか…。これが作戦のポイントである。

中東地区ロケの映画であるなら、一般的には歴史スペクタクルの「アラビアのロレンス」だとか、アクションなら「ランボー」シリーズのような作品が思い浮かぶ。

だが、現地でロケしたなら、どうしてもアラブ人たちの描き方が微妙となる。「ランボー」なら、おそらくイスラム過激派を敵とする描き方になるし、歴史ドラマにしても、欧米人優位=イスラム差別のようなニュアンスになる。脚本や絵コンテをチェックされたら、イラン革命防衛隊を怒らせかねない。リスクが高いのである。

その点、SF映画なら、敵はエイリアンである。いくらバタバタ殺しても、前記のような心配はない。

その上、1979年と言えば、その2年前に公開された「スター・ウォーズ」が世界的に大ヒット。以後、「未知との遭遇」(77)、「スーパー・マン」(78)、「エイリアン」(79)と、話題のSF映画が続々と作られていた時期である。
さらに「スター・ウォーズ」では、タトウィーン星の砂漠シーンを、チュニジアでロケする等、中東の砂漠風景は、宇宙の果ての惑星描写にピッタリである。イランでロケしたいと言っても違和感はないのである。

そこへもって、「猿の惑星」シリーズで一気に有名になった、特殊メイクアップ・アーチスト、ジョン・チェンバースの名前を出せば、SF映画に多少なりとも関心のある人なら、この撮影隊は本物だとまず信じてくれるだろう。

メンデスがまさかそこまで考慮していたわけではないだろうが、結果的にSF映画を選んだのは大正解であったのである。

イラン革命防衛隊の隊員たちが、メンデスが持参した「アルゴ」の絵コンテを嬉しそうに回し見するシーンが、緊迫感の中にも笑わせてくれるアクセントとなっているのがいい。

そして後半の脱出行、このシークェンスは、いつバレるか、観ているこっちもまさにハラハラドキドキ、次から次と押し寄せる危機に、手に汗握りっぱなしである。

ここらは、サスペンスの巨匠、ヒッチコック監督の「引き裂かれたカーテン」における、東西冷戦下の東ドイツからポール・ニューマンとジュリー・アンドリュース夫妻が決死の脱出を図るサスペンス描写を思い起させる。緊迫した政治状況下の脱出サスペンスという共通項もあり、アフレック監督は多分この作品をかなり参考にしているのではないだろうか。

まあ多少フィクションも交えているのだろうが、この緊迫感に満ちたスリリングな描写は近年のサスペンス映画の中でも出色である。ヒッチコック監督作品に肩を並べた、と言っても過言ではない。

作戦は成功したが、政治的配慮から、この秘密作戦の実態は封印され、大統領から栄誉を称えられてもおかしくないメンデスの功績は表に出る事はなかった、という結末もほろ苦い。見事な一級のサスペンス・エンタティンメントでありながら、単なるハッピー・エンドに終わらず、端無くも政治の非情さ(途中で6人を見殺しにしかねない中止命令が出る辺りもまさに)、恐ろしさをも暗示して深い余韻を残す事に成功している。

 
ベン・アフレックは、我が国では未公開となった「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(2007)で監督デビューを果たしているが、監督第1作とは思えないほど見事な、社会派ミステリー・サスペンスの傑作だった(DVDは発売済)。
続く2作目の「ザ・タウン」(2010)でも非凡な演出力を見せており、1作ごとに着実に監督としての腕を上げている。

本作において、アフレックは一流映画監督の仲間入りを果たしたと言えるだろう。多分来年発表のアカデミー賞でも、作品賞、監督賞他の候補に上がるのは間違いない。

俳優出身の監督では、クリント・イーストウッドという大先輩がいるが、思えばイーストウッドの監督デビュー作も「恐怖のメロディ」というサスペンスだったし、奇しくも、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作者はイーストウッド監督作「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘインである、というのも興味深い。

そういった縁から考えても、ベン・アフレックがイーストウッド監督の後継者になり得る可能性は十分にある。今後の更なる活躍を期待したい。    (採点=★★★★☆
 

 ランキングに投票ください → ブログランキング     にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 
DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」

 
Blu-ray & DVD 「ザ・タウン」

 
DVD ヒッチコック監督「引き裂かれたカーテン」

|

« 「人生の特等席」 | トップページ | 「フランケンウィニー」 (2012) »

コメント

試写で見ました。これは面白い映画でしたね。
実在の人物に似せた配役も見事。演出もうまいです。
最後、無事出国できるかというサスペンスが効いていてハラハラさせますが、実話にしては綱渡りすぎる気もしました。
アラン・アーキンとジョン・グッドマンの脇役もうまいですが、役者は巧い人を揃えていて見せます。
原作を最後の方だけ立ち読みしてみましたが、やはり最後の方のどきどきの展開は脚色ですね。
映画としてはそれでいいのでしょうが。

投稿: きさ | 2012年12月17日 (月) 23:35

突然で申しわけありません。現在2012年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/17(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2012年12月27日 (木) 22:35

私もこの映画を観ましたが、最後のシーンでありハイライトでもある、空港から搭乗するまではハラハラしました。
離陸しているのに革命防衛隊が執拗に追跡してきて緊張感に溢れていましたね。

投稿: kintyre | 2013年2月 9日 (土) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/56326943

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルゴ」:

» [映画『アルゴ』を観た(短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 00:19

» アルゴ/ARGO [いい加減社長の映画日記]
パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。 しかし、この混沌の中6人のア...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 05:27

» アルゴ [あーうぃ だにぇっと]
アルゴ@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 06:12

» 「アルゴ」 国のため、正義のためというより [はらやんの映画徒然草]
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 06:53

» アルゴ / argo [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 08:53

» アルゴ [映画的・絵画的・音楽的]
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、...... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 21:56

» アルゴ [象のロケット]
1979年11月4日。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、革命防衛隊がアメリカ大使館を占拠し52人が人質になってしまう。 一方、6人の大使館員がカナダ大使の私邸へ逃げ込み、身を隠していた。 イラン側に逃亡の事実がバレたら6人は処刑されてしまう。 CIAの救出作戦のエキスパートであるトニー・メンデスは、6人がカナダ人の映画関係者であるということにして、国外へ脱出させる作戦を立てたのだが…。 実話サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 15:50

» 『アルゴ』 [ラムの大通り]
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 23:40

» アルゴ (Argo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…... [続きを読む]

受信: 2012年12月18日 (火) 23:31

» 映画『アルゴ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
全くノーチェックの作品で評判も知らなかったのですが  sakuさんからの強いプッシュで上映状況をチェックしたら 予定して [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 21:16

» 映画『アルゴ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・アフレック◆ベン・アフレック(トニー・メンデス)◆アラン・ラーキン(レスター・...... [続きを読む]

受信: 2013年1月15日 (火) 22:56

» 映画:アルゴ [よしなしごと]
 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。... [続きを読む]

受信: 2013年2月16日 (土) 12:49

» アルゴ : これが実話ベースって…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま [続きを読む]

受信: 2013年3月 3日 (日) 15:36

» アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 5日 (火) 16:51

» 『アルゴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...... [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 12:55

» アルゴ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してから... [続きを読む]

受信: 2013年3月12日 (火) 13:31

» No.346 アルゴ [気ままな映画生活]
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ... [続きを読む]

受信: 2013年4月21日 (日) 22:34

» アルゴ [いやいやえん]
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるトニー・メンデスは、奇想な救出作戦を立案する。それは「アルゴ」という映画を作ることにし、映画関係者に成りすまして関係者に偽装をした6名の米国人と共に、脱出をする計画だった。 事実は小説よりも奇なりといいますが、これがまさにそうですよね。監督... [続きを読む]

受信: 2013年5月 1日 (水) 09:44

» アルゴ [LIFE ‘O’ THE PARTY]
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だか [続きを読む]

受信: 2013年9月15日 (日) 13:05

» アルゴ [映画に耽溺]
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だから事実は映画よりも奇なりッ!なのよ!!」 「はいはい映画のお話なのね?」 「そうそう」 「おかずですッ!」 「ずーこですッ!!」 「2人揃って~~」 「映画に耽溺~~~!!」 「うだるような猛暑…... [続きを読む]

受信: 2014年12月20日 (土) 14:32

« 「人生の特等席」 | トップページ | 「フランケンウィニー」 (2012) »