« 「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 「東京家族」 »

2013年1月27日 (日)

「LOOPER/ルーパー」

Looper

2012年・アメリカ/配給:ギャガ、ポニーキャニオン
原題:Looper
監督:ライアン・ジョンソン
脚本:ライアン・ジョンソン
製作:ラム・バーグマン、ジェームズ・D・スターン
製作総指揮:ダグラス・E・ハンセン、ジュリー・ゴールドスタイン、ピーター・シュレッセル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ダン・ミンツ

30年後の未来からやってきた自分自身と対峙する殺し屋の姿を描くタイムトラベルSFアクション。監督は「BRICK ブリック」(2005)で注目された新鋭ライアン・ジョンソン。主演はブルース・ウィリスと、「BRICK ブリック」でもジョンソン監督とコンビを組んだジョセフ・ゴードン=レヴィット。

西暦2074年の世界では、タイムマシンが開発されていたが、その使用は法律で固く禁じられていた。しかし、犯罪組織はタイムマシンを利用し、消したい標的をタイムマシンで30年前の2044年に送り込み、そこにいる“ルーパー”と呼ばれるプロの処刑人に、ターゲットの暗殺と死体処理を実行させていた。凄腕ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はある日、いつものようにターゲットを待ち受けていたが、未来から送られてきた標的は30年後の自分自身(ブルース・ウィリス)だった。

タイム・トラベルをテーマとしたSFも、いろんな作品が登場して、そろそろ食傷気味の感がある。
しかし、捻りようによってはまだまだネタは転がっている、と思わせる、異色のSFが登場した。

未来からやって来た男が、自分自身の未来の姿で、そのターゲットの処刑に失敗したら殺される、という設定がなんとも皮肉である。
なぜなら、若い自分(以下ヤング・ジョー)が殺されれば、未来のジョー(以下オールド・ジョー)は存在しなくなるわけだから。

物語は、まるでドッペルゲンガーのような2人のジョーの対立、その人生にどう結末をつけるか、というサスペンスを孕んで進行して行く。

(以下ネタバレあり。注意)
オールド・ジョーは、2074年の世界で、最愛の伴侶を殺された為、その元凶である悪の帝王、レインメイカーとなる少年シドを殺そうとしているのだが、ヤング・ジョーはそのシドの母親サラ(エミリー・ブラント)に好意を抱き、シドを守ろうとする。同一人物でありながら、目的はまったく異なっているのが何ともシニカル。最後の結末[ヤング・ジョーの自死]も、まったく予想外。

この結末に、私は最初、違和感があった。何故そんな事をする必要があったのか。シドを守る為という理由だけでは弱いのではないか。

だが、「ルーパー」というタイトルを付けた意味を考えているうち、納得がいった。
“タイムマシンを使った無限ループ”…これが作品のテーマだからである。

ルーパーの掟は、ある時期が来ると、30年後の自分自身が送られて来て、それを殺せばルーパーの仕事から解放され、莫大な報酬を元手に30年間の何不自由ない人生を送れる、というものである。
だが、30年経ったら、組織の手で30年前に送られ、そこで過去の自分(ヤング・ジョー)に殺される運命となる。
30年後の自分を殺したヤング・ジョーは、そこからまた30年の短い人生を送った後、30年前に送られ、またまた過去の自分に殺され、また30年が経って……
…と、まさに堂々巡り。永久に無限ループを繰り返すわけである。

オールド・ジョーがとった掟破り(ヤング・ジョーに殺されずに逃げる)は、この無限ループに一石を投じた事となる。
だが、愛する者を奪った復讐であるとは言え、まだ幼い子供を非情に殺そうとするオールド・ジョーの行動に、ヤング・ジョーは激しい怒りを覚える。だがそれは未来の自分自身の姿なのである。

ヤング・ジョーは、すっかり人間が変わってしまった未来の自分の姿に、人生の空しさを感じてしまったのだろう。例え生きながらえても、30年の余生しかなく、その果てはこのオールド・ジョーである。そして、サラと出会い、愛を知り、彼女とシドを守り抜く事に人生の目的を見出したのだろう。

そこで[自分が死ねば、オールド・ジョーも存在しなくなり、ゆえにサラを悲しませる事もなくなる。そして何より、果てしない無限ループは確実に閉じられる事になる、とヤング・ジョーは考えたのだろう]

ヤング・ジョーの武器が、射程の短いラッパ銃と称するものである事がここでの伏線になっているのがうまい。

ジョーの自己犠牲的献身を知ったサラは、シドに対しても、より愛情を持って育てて行く事だろう。もしかしたら、それによってシドの心にも変化が生じる可能性もある。未来を良い方向に導くのは、殺伐とした暴力ではなく、愛の力であるというのがこの作品のテーマではないだろうか。

SFとして見れば、穴は多いし、突っ込みどころも多い。
だがこの物語を、時の流れとは何なのか、人間の運命は変えられないものなのか、という、ある種の哲学性を持ったシニカルな寓話と考えれば、これはなかなかに考えさせられる作品なのである。タッチとしては、ダンカン・ジョーンズ監督の「ミッション:8ミニッツ」にやや近いと言えるだろう。辻褄の合わなさは無視して、原案・脚本も担当したライアン・ジョンソンが描こうとしたものについて、じっくり考えてみるのも悪くはない。この監督は、次回作も是非注目しておきたい。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

(で、お楽しみはココからだ)

タイムトラベルをテーマにした映画は多数あるが、その中でもベストに挙げられるのが、以下の3本であろう。

(1)30年前の若き父母に出会い、あるいは30年後の自分の未来の姿に出会い、うっかり歴史が変わってしまう事態を引き起こし、それをどう修正するか、ハラハラドキドキの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ(1985~1990)。
(2)未来からやって来た殺し屋から、未来の人類の救世主を守る、人類の存亡を賭けたハード・バイオレンス「ターミネーター」(1984)、「同2」(1991)。
(3)全人類の約99パーセントが死滅した死のウイルスが蔓延した理由を探る為に、過去の時代にタイムスリップさせられた男が辿る数奇な運命を描いた「12モンキーズ」(1995)。

で、本作にはそれらの作品に対するオマージュもうまく盛り込まれているようだ。

タイムスリップするのが30年前の過去、という点は「バック・トゥ-」と同じトラベル期間だし、歴史を塗り替える為、過去にタイムスリップして、子供時代のターゲットを抹殺しようとする展開は「ターミネーター」まんまである。
ヤング・ジョーが愛する事になる女性の名前が、「ターミネーター」の救世主、ジョン・コナーの母と同じ、サラであるのも、意識しての事だろう。
ちなみに、「12モンキーズ」過去に送られた男を演じたのがブルース・ウィリスで、男が射殺される所を見ていた少年が [実は過去の自分]だったというオチもある。

あと、サラの息子の名前、シドは、「ブレード・ランナー」等でお馴染みのSFメカニカル・デザイナーの大御所、シド・ミードからいただいている気がする。シド・ミードが手掛けた作品には「タイム・コップ」、レイ・ブラッドベリ原作の「サウンド・オブ・サンダー」等、タイムトラベルをテーマにしたSF作品がいくつかあるのである。
その「サウンド・オブ・サンダー」に、「ブラック・ダリア」等で知られる女優、ジェレミマ・ルーパーが出演しているのは、全くの偶然である。

 

|

« 「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 「東京家族」 »

コメント

こんばんは~。
そういえば、シドのママは、シドを呼ぶ時に「モンキー」と言ってましたが、ここも「12モンキーズ」からでしょうか?私はシドの名前はセックス・ピストルズからかな~と思ってました。

投稿: aq99 | 2013年1月28日 (月) 22:36

結構ツッコミ所の多いハナシでした。
後半は、え、そうなるの?というかなり意外な展開でした。
いきなりスティーブン・キングみたいになるんですよね。
タイムスリップものとしては相当無理がありますが、SFアクションとしてはそれなりに面白かったです。
未来社会の描き方がいいかげんなのは「TIME/タイム」を連想しました。

投稿: きさ | 2013年1月30日 (水) 22:27

未来の自分と対面するんですね。
本当にそのようなことがあったら私はどうしちゃうかなぁと思ってしまいました。

投稿: starfield | 2013年2月 1日 (金) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/56641843

この記事へのトラックバック一覧です: 「LOOPER/ルーパー」:

» LOOPER/ルーパー〜裏ターミネーター? [佐藤秀の徒然幻視録]
シュレーディンガーの猫と観測問題 公式サイト。原題:LOOPER。ライアン・ジョンソン監督、ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント、パイパー・ペ ... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 00:18

» LOOPER ルーパー / LOOPER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今年のトロント映画祭でオープニング上映! ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが同一人物ということでも話題 未来からタイムマシンで送られて来るターゲットとなる未来の犯罪者を抹殺...... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 00:21

» LOOPER/ルーパー/LOOPER [いい加減社長の映画日記]
ブルース・ウィリスって、ここんとこ作品が続くなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 タイトラベルが可能となった未来、犯罪組織は法によって禁じられたタイムマシンで消したい人間を30年前の2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる処刑人のもとに送って...... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 05:08

» 「LOOPER/ルーパー」☆眉毛に見とれるな! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ブルース・ウィリスの演技を繰り返し見て観察したに違いない。 彼の仕草をまんまコピーしたジョセフ・ゴードン=レヴィットの仕事は賞賛に値する。 無理やり黒く描いてしまった眉毛以外は・・・・・... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 08:41

» LOOPER/ルーパー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Looper -Ltd-今の自分と未来の自分が出会う前代未聞のSFタイムトラベルの秀作「LOOPER/ルーパー」。最大の見所は無気力な主人公の心の成長だった。近未来。開発されたタイムマシンの ... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 09:24

» LOOPER/ルーパー [Akira's VOICE]
未来は明るくあるべき!   [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 10:04

» LOOPER ルーパー : マトリック臭的な [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 明日は、いよいよ成人式ですね。新たに成人になられる方、おめでとうございます。あなた方も、これから日本を支える側の人間になりますね。まあ、肩の力は抜いて頑張って下さい [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 14:40

» 「LOOPER/ルーパー」 なんとかバランスをとったかな [はらやんの映画徒然草]
タイムトラベルものというのは、今までも幾多の作品が作られて、いくつものアイデアが [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 19:26

» LOOPER/ルーパー [だらだら無気力ブログ!]
面白かったものの、ちょっとイマイチ。 [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 19:46

» LOOPER/ルーパー [象のロケット]
2072年。 タイムトラベルは禁止されているが、闇の世界では大活躍していた。 犯罪組織は消したい人物を30年前に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる請負人に殺させて証拠隠滅を図っている。 ある日、ルーパーの青年ジョーの前に現れたターゲットは、なんと未来の自分だった! ターゲットを殺さなければルーパー本人が殺されてしまう。 隙を見て逃げ出した未来の自分を、必死で追うジョーだったが…。 SFアクション。 ≪標的:30年後の自分≫... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 21:55

» 『LOOPER/ルーパー』 町山さんの1位 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
ネタバレありなので注意 お〜、人はこうして薄毛になっていき、ついにはハゲるのか! 昨年夏、一年ぶりに会った友人の毛が薄くなってて、かわいそやなと思ったけど、最近、自分も髪洗った後、鏡に写る頭頂部がヒジョーに寂しく思えてきて、 ジョセフ・ゴードン=レヴィッ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月28日 (月) 22:33

» 『LOOPER/ルーパー』 [ラムの大通り]
(原題:Looper) ---- 2013年最初の映画は『LOOPER/ルーパー』。 これってスゴい話題作。 ずいぶん前に観たのに、 なぜいまごろ? 「うん。 正直言うと、 途中でどうなっているのか 頭が混乱するシーンが出てくるんだ。 そこを深く考えずにすませば、 かつてないほど画期...... [続きを読む]

受信: 2013年1月29日 (火) 00:37

» LOOPER [映画の話でコーヒーブレイク]
公開して間がないというのに、ブルース・ウィリス主演の「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の方に 世の注目は集まっているようですが、巷の評判が良いようなので見てきました。 映画館の予告編で、どうも近未来のタイムトラベルものってことだけしか知らなかったので 「ポー...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 2日 (土) 00:04

» ルーパー [映画的・絵画的・音楽的]
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 4日 (月) 21:45

» 映画:「LOOPER/ルーパー」~劇場で [David the smart ass]
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 5日 (火) 10:34

» LOOPER タイムパラドックスをこんな風に使うなんて! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=9】 東京では成人式並みに積雪すると言われていたが、たいしたことなかった、よかったよ〜。 ところで今住んでいる部屋には、歩いて行こうと思えば行ける距離に、波乗りが出来るビーチがあり、そして歩いて行けるところにシネコンがある。 駅前にはフィットネスクラ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 7日 (木) 11:37

» 現在 VS 未来 [笑う社会人の生活]
12日のことですが、 映画「LOOPER/ルーパー」を鑑賞しました。 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは 何と30年後の自分で・・・ ルーパーの設定の面白さ! このアイデアは新しく や...... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 22:22

» ルーパー ◆ LOOPER [■■たんたんたぬきの映画箱]
毎年のことながら、年末年始は仕事に追われて劇場から遠ざかってしまう。本意ではないのだが、生きるためには仕方ない。悔しいので、この間はなるべく新作の告知などは見ないようにしているが、一月も終わりに近づき、やっと物色出来た頃に食指が動いたのがこれだった。 新旧のスターが並び立つ痛快SFアクション作品・・・と思って臨んだら、いささか趣が違った。なかなか考えさせられるテーマが仕込まれていて、とても楽しめた。 タイトルや宣伝コピーから推察できるように、2044年タイムリープが実現している世界が舞台になっていて... [続きを読む]

受信: 2013年6月 8日 (土) 08:12

» LOOPER/ルーパー [いやいやえん]
ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。 ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違った…。 タイムマシンが開発されていた近未来、その使用は禁じられ犯罪組織のみが利用していた。そりゃそうだろうなー、でも処刑以外にもっと有効な使い道があるんじゃない?って思ったりも。どうせ犯罪組織なんだしさ! 序盤はこの「設定」の説明。ほとんど単独行動のヤングとオールドのジョー。ジョセフの顔を... [続きを読む]

受信: 2013年7月12日 (金) 09:37

» LOOPER/ルーパー [映画大好きだった^^まとめ]
1 : 名無シネマ@上映中 : 2012/11/08(木) 16:17:51.64 ID:1338oHHx2013年1月12日(土)公開監督・脚本 ライアン・ジョンソン出演 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット ブルース・ウィリス エミリー ... [続きを読む]

受信: 2014年6月19日 (木) 14:41

« 「レ・ミゼラブル」 | トップページ | 「東京家族」 »