« 2013年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 「LOOPER/ルーパー」 »

2013年1月19日 (土)

「レ・ミゼラブル」

Lesmiserables

2012年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル
配給 東宝東和
原題:Les Miserables
監督:トム・フーパー
原作:ビクトル・ユーゴー
作:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・シェーンベルク
脚本:ウィリアム・ニコルソン、アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・シェーンベルク、ハーバート・クレッツマー
作詞:ハーバート・クレッツマー
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワード、キャメロン・マッキントッシュ

ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、1985年にロンドンのウエストエンドで初演、その後ニューヨークのブロードウェイでロングランヒットを記録し、日本ほか世界43カ国でも上演され、いずれも大ヒットとなった名作ミュージカルを、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイら豪華キャストで映画化。監督は「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞を受賞したトム・フーパー。 

パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後、生活に困り再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心し、過去を捨て、やがて市長にまで上り詰めた。そんな折り、運命的な出会いを果たした女性ファンテーヌ(アン・ハサウェイ)から愛娘コゼットを託されたバルジャンは、執念深いジャベール警部(ラッセル・クロウ)の追跡を逃れ、コゼットと共にパリへと逃亡する。コゼットは美しく成長するが、そんな中、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起し、やがて誰もが激動の時代の波に飲まれていく…。

ユーゴーの原作は、我が国では「ああ無情」と題されてロングセラーになり、私も子供の頃読んでいる。また覚えているのは、「少女コゼット」というタイトルのコミックにもなり、これも読んだ事がある。フランス文学としては最もポピュラーな作品である。

そしてロンドン発のミュージカルも話題となり、日本でも東宝が製作し、帝劇でのロングラン公演は大成功となった。

残念ながら機会がなくて、舞台のミュージカルは未見のまま。映画化を心待ちにしていた。

映画は、期待にたがわぬ素晴らしい出来。さすが本家イギリスの製作である。トム・フーパーの演出も奇を衒わず正攻法。堂々たる貫禄で、俳優たちが実際に歌うミュージカル・ナンバーで綴る、運命に翻弄されるジャン・バルジャン、コゼットの愛と生、多彩な登場人物が入り乱れ、革命という激動の歴史のうねりの中で、懸命に生きる人たちの怒りと悲しみ、そして感動の結末に至るまでの波乱万丈の物語に酔いしれた。

ミュージカルと言っても、ほぼすべてのセリフが歌で表現されるオペラに近い音楽劇である。過去の映画では、「シェルブールの雨傘」「ジーザス・クライスト・スーパースター」等もこの形式のミュージカルだった。どちらも私が大好きな作品で、何度も繰り返し観ている。
ミュージカル好きな人なら堪能出来る力作である。ただ、役者がずっと歌ってるので、ミュージカルに慣れない人にはシンドいかも知れない。

 
さて、思い起こしてみると、ミュージカル・ナンバーの多くが、実は歌う本人たちのモノローグ=即ち悩み、絶望し、苦悩する心の内面の吐露=が多い事に気が付いた。ファンテーヌが歌う「夢やぶれて」を始め、ジャン・バルジャンも、ジャベール警部ですらも、誰も周りにいない場所で、自らの心の叫びを歌うナンバーが多い。

これがミュージカルでない、普通のドラマ作品であるなら、誰もいない所で、自分の心に浮かぶ思いを声に出して喋ったりしてたらヘンである。演劇にしろ、映画にしろ、基本は会話劇である。自分の思いは、聞いてくれる相手に向かって喋る事によって伝える場合が多い。よって話し相手がいない時には、登場人物の思いが観客に十分伝わらない時もある。

その点、小説は、登場人物の心の内面も文章で表現出来るという利点がある。「彼は思った。云々…」とか、一人称の場合特に「私は考えた…」、等の表現が小説にはよく登場する。小説は面白かったのに、映画になると面白くなくなったりするのは、こうしたハンディが映画にはあるせいかも知れない。

そう言えば、前述のミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」でも、冒頭にユダが誰もいない山頂で自らの苦悩を歌う「彼らの心は天国に」をはじめ、マリアが歌う「私はイエスが分からない」、捕らえられる直前のキリストが一人絶唱する「ゲッセマネの園」等、心の中の思いを訴えるナンバーが多かった。
ミュージカルはそういう点を見ても、“主人公たちの、内なる心情の吐露”を表現するのに向いているのかも知れない。

そうそう、MGMミュージカルの大傑作、ジーン・ケリー主演の「雨に唄えば」でも、一番楽しい傑作ナンバーは言うまでもなく、雨の中、ケリーが一人で恋の喜びを爆発させ、歌い踊る“シンギン・イン・ザ・レイン”であった。

小説「レ・ミゼラブル」がミュージカルになり、大成功を収めたのは、そうしたミュージカルの利点を作者たち(ブーブリルとシェーンベルク)がよく分かっており、その手法を最大限に生かしたからこそなのだろう。

フーパー監督の意向で、歌う場面では、通常使われるアフレコでなく、出演者たちに実際に歌わせ、同時録音している。舞台では当たり前の方法なのだが、本作ではこれが思った以上に成功してる。あたかも劇場での舞台公演を鑑賞しているかのような臨場感があり、感動がより伝わって来る。
今後ミュージカル映画を作る時にも、出来ればこの方法は踏襲して欲しいものである。

原作ファンも、舞台ミュージカル・ファンも、そして映画ファンも誰もが満足出来る、見事な秀作である。必見。  (採点=★★★★☆
 

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

|

« 2013年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 「LOOPER/ルーパー」 »

コメント

「おくりびと」が外国語映画賞を獲得した時のアカデミー賞司会は、ヒュー・ジャックマン。そしてアン・ハサウエイやアマンダ・セイフライドが一緒に歌い踊り(正確にはアンは単独で少し、アマンダはマンマ・ミア・コンビVSハイスクール・ミュージカルコンビだったですが)、最後に「ミュージカル万歳!」と叫んだ放送を見たときから、ぜひこの3人共演でミュージカル映画が出来ないかなと漠然と思っていたのですが、まさか「レミゼラブル」で実現するなんて。と、外界の私が思っていた以上に、この3人はミュージカル映画で実力を発揮することを熱望していたんだと思います、特に前者2人は(アマンダはすでに経験済。「親愛なるきみへ」でも歌っている!)。それが画面からはっきりわかるくらいの素敵な演技と歌でした。特にアンは、画面に登場してから5分~10分で過去の話をされても普通の映画だと???ですが、あの歌力で、観客皆を映画の世界に引き込んだと思います。

投稿: オサムシ | 2013年1月21日 (月) 22:34

その「おくりびと」ロケ地の山形県庄内地方在住です。
滅多にミュージカルは観ませんが、
本作は最初の歌から琴線にふれ感激しました。
同時録音で息遣いや衣装の擦れる音等が混じり、
舞台のような臨場感が伝わりましたね。
ヨメも「もう1回観たい」とハマったようです。
近年ない大満足な1本です!

投稿: ぱたた | 2013年1月22日 (火) 11:36

◆オサムシさん
>ヒュー・ジャックマン、そしてアン・ハサウエイやアマンダ・セイフライドが一緒に歌い踊り…
そりゃ楽しそうですね。アカデミー授賞式は毎回録画保存してますので、今度観てみます(どこにしまったか探さないと(笑))。
そう言えば、アカデミー授賞式では毎回ミュージカル的な歌い踊るアトラクションがあって、これを見るのも楽しみの一つ。いずれ、これらを繋いでアカデミー授賞式版「ザッツ・エンタティンメント」を作るのが夢だったりします。いつのことやら…。


◆ぱたたさん
最近はミュージカル映画に面白いものがなかったので欲求不満気味でした(「NINE」もつまらなかったですしね)。本作は久しぶりのアタリですね。DVDが出たら手元に置きたいですね。

投稿: Kei(管理人) | 2013年1月23日 (水) 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/56579857

この記事へのトラックバック一覧です: 「レ・ミゼラブル」:

» 「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる [はらやんの映画徒然草]
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 07:23

» 映画「レ・ミゼラブル」そして映画で蘇る [soramove]
映画「レ・ミゼラブル」★★★★ アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、 ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、 エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター出演 トム・フーパー監督、 158分、2012年12月21日より全国順次公開 2012,イギリス,東宝東和 (原題/原作:LES MISERABLES ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 08:57

» 「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 09:42

» レ・ミゼラブル [Akira's VOICE]
感動で満たされた!   [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 10:12

» レ・ミゼラブル(2012) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド ... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 10:41

» レ・ミゼラブル / Les Miserables [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、 言わずと知れた大ヒットミュージカルを 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化 舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキン...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 11:01

» 映画レビュー「レ・ミゼラブル」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 11:24

» レ・ミゼラブル [だらだら無気力ブログ!]
素晴らしかった!! [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 12:45

» レ・ミゼラブル [象のロケット]
1815年、フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役していた男ジャン・バルジャンは、司教の好意に触れ、善良な人間に生まれ変わることを誓う。 …1823年、マドレーヌと名を変えた彼は事業家として成功し、人望ある市長となっていた。 警官ジャベールに逃亡中のバルジャンではないかと疑われ、潔く告白することを決意するが、彼には孤児の少女コゼットを強欲な里親から救うという、行き倒れの娼婦との約束が残されていた…。 ミュージカル。... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 01:16

» 映画「レ・ミゼラブル」 [ペガサス・ブログ版]
上映中の「レ・ミゼラブル」,連休の真ん中に観ました.実に素晴らしい作品です.スピリチャルな要素,ヒューマニズム,革命精神などなど,いろんな内容が織り込まれたずしりと来る作品でした.ずっと前,ミュージカルではありませんが,同じタイトルのリーアム・ニーソン主演の映画がありましたが,革命のエピソードの印象は残っていません.やはり時代背景,たとえば昨年来の「オキュパイ運動」などが,この映画の作り手にも影響したのでしょうか.応援のクリック歓迎 座席は半分以上埋まっていたように思います.また映画のパンフレッ... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 21:47

» ミュージカルで締める! [笑う社会人の生活]
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...... [続きを読む]

受信: 2013年1月22日 (火) 22:30

» 『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ [映画のブログ]
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...... [続きを読む]

受信: 2013年1月23日 (水) 00:21

» [洋画] ついに観た!「レ・ミゼラブル」 [窓の向こうに]
なかなか行きそびれていたのだが、ようやく観に行くことが出来た。レイトショーを観に行って、開始時刻の1時間半ぐらい前にチケットを買ったのだが既にかなり席が埋まっていた。そして実際に劇場へ入ったら前方の数列を除いてほぼ満席状態。日本公開が12月21日だからもう一... [続きを読む]

受信: 2013年1月27日 (日) 18:29

» レ・ミゼラブル 文句なしっ! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸...... [続きを読む]

受信: 2013年1月30日 (水) 13:02

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年2月10日 (日) 09:39

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年2月20日 (水) 05:19

» レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 レ・ミゼラブル 【製作年】 2012年 [続きを読む]

受信: 2013年2月20日 (水) 10:02

» 映画:レ・ミゼラブル [よしなしごと]
 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。... [続きを読む]

受信: 2013年4月12日 (金) 00:22

» 『レ・ミゼラブル』 [シネクリシェ2.0]
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 6日 (月) 07:52

» 映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 [kintyres Diary 新館]
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆アン・ハサ...... [続きを読む]

受信: 2013年5月 7日 (火) 23:15

» レ・ミゼラブル [いやいやえん]
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手いのは知っていた)。古典名作なのであらすじは多くの方が知っているとは思います。 ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役、仮釈放されたものの教会で再び盗みを働いてしまう。しかしその罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生ま... [続きを読む]

受信: 2013年6月22日 (土) 09:55

« 2013年度・鑑賞作品一覧 | トップページ | 「LOOPER/ルーパー」 »