« 「東京家族」 | トップページ | 「塀の中のジュリアス・シーザー」 »

2013年2月 8日 (金)

「テッド」

Ted

2012年・アメリカ/ユニヴァーサル・ピクチャーズ/配給:東宝東和
原題:Ted
監督:セス・マクファーレン
原案:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルスリー・ワイルド
製作:スコット・ステューバー、セス・マクファーレン、ジョン・ジェイコブス、ジェイソン・クラーク
製作総指揮:ジョナサン・モーン

ぬいぐるみのテディベアが、命を宿した事から巻き起こる騒動を描いたファンタジー・コメディ。監督はコメディアン出身で、全米の人気TVアニメ「Family Guy」の企画・製作にも係わり、これが長編監督デビューとなるセス・マクファーレン。

いじめられっ子の少年ジョンは、両親からクリスマスプレゼントにもらったテディベアのテッドが大好き。ある日星に願いをかけると、翌日奇跡が起きてテッドに魂が宿り、「奇跡のテディベア」としてマスコミの話題にもなるが、ジョンは周囲の雑音とやっかみにもめげず、片時も離れずテッドとの友情を育んでいた。それから27年が過ぎ、ジョン(マーク・ウォールバーグ)はすっかりダメ中年オヤジに成長し、一方のテッドは姿こそ昔と変わらないが、中身はジョンに輪を掛けて不良で下品なエロオヤジになっていた。そんなテッドの存在に我慢ならないジョンの恋人ロリー(ミラ・クニス)は、自分とテッドのどちらを取るかとの選択をジョンに迫り…。

人間誰しも、子供の頃は純粋でイノセントだったはずである。

しかし、人間は必ず成長し、大人になって行く。純真な心も、やがて俗世間にまみれ、セックスもするし快楽も追い求め、中年になれば下品な冗談も言ったり浮気もする、情けないオヤジになってしまう場合もある。…それが世間の実態である。

そうやって大人になるに従って、夢中で遊んだ玩具や人形への愛も醒め、いつかは棄ててしまう事になる。

だが、もし人形に命が宿り、親友になったら、玩具のように棄てるわけには行かなくなる。なんたって人間同士の友情は大人になっても長続きしているものだからである。たとえ悪友であろうとも…。

これが普通の人間の中年男同士の友情話であるなら、よくある話で、笑えても後にはあまり残るのもはない。
だが、外観はとても可愛い、子供の遊び相手である人形であるテッドがそうした情けないオヤジぶりを全開し、大人の自堕落な、負の部分をカリカチュアして行動するからこそミスマッチが生まれ、笑わされると同時に、そんな堕落を生み出した人間という存在への、これは痛烈な批判とアイロニーにもなっているのである。

ちなみに、一昨年公開されたアメリカ映画「宇宙人ポール」も、地球にやって来たエイリアン、ポールが、永年の地球暮らしのうちに、下品なジョークを連発し、タバコもマリワナも吸うなど、テッドの行状と似ているのが興味深い。この作品もまた、人間(地球人)への痛烈な批判精神に満ちていると言える。

無論、随所に盛り込まれたいろんなパロディやらオマージュ、マニアックなゲストの登場(「フラッシュ・ゴードン」のサム・ジョーンズが本人役で出演)など、映画ファンを楽しませてくれるネタも満載で、後半は誘拐されたテッドを追ってのスリリングな追跡劇、最後には泣かせてくれるシーンもあったりで、サービス精神満載の、楽しい快作に仕上がっている。

そうした笑いの中に、大人になるとはどういう事なのか、大人になるにつれて、人は何を得、何を失ってしまうのか、堕落した大人の世界を、これが現実だと子供たちに言えるのか、等、さまざまな事を考えさせてくれる、これは笑った後、ちょっぴり胸が痛くなる大人の寓話なのである。

セス・マクファーレン、デビュー作にしてなかなか奥の深い作品を見事に作り上げた。これが全米でも大ヒットした他、コメディがあまりヒットしない我が国でも興行1位を突っ走っているのが凄い。次はどんな作品を生み出すのか楽しみである。

ただ、町山智浩さんが監修した字幕は、楽しいけれど"くまモン"
や"星一徹"などの置き換えはちょっとやり過ぎ。まああちらのテレビネタなどは、そのまま翻訳しても日本の観客には何のことやらさっぱり分からないという事もあるのだけれど。
    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

(で、お楽しみはココからだ)
魂を持たないはずの人形に、ある日命が宿ったら…、というファンタジーは昔からよくある。有名なのはディズニー・アニメの「ピノキオ」。本作と同じく星に祈れば願いがかなう。主題歌もズバリ「星に願いを」で、今も歌い継がれている名曲である。多分本作にも影響を与えているはず。
これのホラー版が、人形チャッキーが暴れる「チャイルド・プレイ」(1988)。シリーズ化され数本が作られた。

ホラー絡みでいうと、昨年公開されたティム・バートン監督「フランケンウィニー」は、事故で死んだ愛犬にもう一度命を吹き込もうとするというお話で、主人公の少年が犬と深い友情で結ばれていたり、命のない物体となった犬に命が宿る事を熱望するという展開といい、テーマ的には根底の部分で繋がっていると言える。
思い起こせば、バートン自身が語っているように、この映画の製作過程そのものが“命のない人形に命を与える作業”であった訳だから、両作が繋がっているのも当然と言えば当然である。

人形と子供との友情、というテーマでは「トイ・ストーリー」がある。こちらは、少年は気がついていないけど、実は人形たちには生命が宿っている
シリーズ第3作において、少年アンディは17歳になり、人形たちと遊ぶ事もなくなるのだが、一番のお気に入りだったウッディだけはどうしても手放す事が出来ず、引っ越し先に持って行こうとするくだりがある。
このまま大人になっても、アンディはウッディと一緒に暮らすのだろうか、と想像すれば、この2人の関係は本作と大いに似通っている。ある意味本作は、「トイ・ストーリー」のその後を描いたとも言える。

Rotso

ちなみに、おもちゃたちがもぐり込んだ託児施設サニーサイドに君臨するクマのヌイグルミ(ハグベア)・ロッツォは、テッドと風貌がよく似ているうえに、可愛い顔に似合わず人間に対して激しい憎悪を抱いている…といった具合に、その捻じ曲がった根性まで共通しているのが面白い。マクファーレンは、あるいはこちらもヒントにしているのかも知れない。

|

« 「東京家族」 | トップページ | 「塀の中のジュリアス・シーザー」 »

コメント

なかなか面白かったです。
実は映画の日に行ったのですが、30分前に行ったのに満席でした。で翌日出直し。
ヒットしているのに上映館が少ないのですね。女性に受けている感じがしました。
細かい所の映画やTVや時事に関するネタが面白いのですが、そのあたりはアメリカ人ならもっと面白いんでしょうね。
特に映画「フラッシュ・ゴードン」はストーリーにからんで来てなんと主演のサム・ジョーンズが本人役で登場するのにちょっとびっくり。
下ネタやドラッグネタも多いので、そういうのが苦手な人は注意。
色々あって笑わせてハラハラさせて、最後はにっこりさせる楽しい映画でした。

命が宿ったぬいぐるみの話という事で矢崎存美さんの小説「ぶたぶた」シリーズを連想したのですが、矢崎さんこんな感想書いてます。
http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/butabutanikki/2013/01/post-0ddb.html

投稿: きさ | 2013年2月 9日 (土) 07:29

この映画是非観てみたいです。
おやじっぽいのが面白そうですね。

投稿: starfield | 2013年2月10日 (日) 19:58

ヒットしているのは伊達じゃないですよね、面白かったです。フラッシュ・ゴードンは未見(フレッシュ・ゴードンは何故か観ている。)なのですが、関係なく楽しめました。これ、日本でヒットしないわけないですよ。ディズニーシーのダッフィーを例にとるまでもなく、おそらく世界一のテディベア好き、そしてキャラクター、展開、ギャグ、どれを採っても、まさしくアメリカ版「クレヨンしんちゃん」ではないですか。そして今回私のツボだったのが音楽。それも楽曲ではなく音楽全体が、妙に懐かしさを感じさせてくれました。あの全編スピルバーグオマージュのスーパー8でさえ音楽だけは違和感があったのですが、この作品のサントラは70~80年代の雰囲気が良く出ていたような気がします。脚本・テッドの声等いろいろやっているセス・マクファーレン監督、来週のアカデミー賞で司会なんですね。楽しみです。

投稿: オサムシ | 2013年2月16日 (土) 19:16

◆きささん
矢崎存美さんのブログの紹介ありがとうございます。
なかなか楽しい方ですね。一度矢崎さんの小説、読んでみますね。


◆starfieldさん
おやじっぽいだけならいいですが、かなりエロ下ネタ(笑)入ってますのでそのおつもりで。


◆オサムシさん
私は「フラッシュ・ゴードン」も「フレッシュ・ゴードン」どちらも観てます(笑)。
「フラッシュ-」の方は戦前にヒットしたアメコミもので、ジョージ・ルーカスが映画化を熱望したものの権利関係で果たせず、それで「スター・ウォーズ」を考案したといういわくつきの作品です。
「スター・ウォーズ」のヒットで映画化されたものの、あまり面白くなくて、ポルノ・パロディ版の「フレッシュ・ゴードン」の方が面白かった記憶があります。
お書きの通り、音楽も意識的に70年代の雰囲気を出してましたね。とにかく楽しい作品でした。

投稿: Kei(管理人) | 2013年2月24日 (日) 22:45

私は、「お父さんのシーン(三田方は分かりますよね))」が羊たちの沈黙へのオマージュではないかと感じたのですが、どう思われますか?

投稿: ハリー・ライム | 2013年8月 4日 (日) 10:42

◆ハリー・ライムさん
返事が遅れました。申し訳ありません。
うーん、観たのが半年以上前で、記憶があいまいになってますので、ご指摘の「羊たちの沈黙」のオマージュがあったかどうかは記憶にありません。ご免なさい。
ただ、いろんな映画のパロディやオマージュがあちこちに仕込まれてますので、多分ご指摘の通りだと思います。次に観る機会があれば注意してみますね。

それより「羊たちの沈黙」について調べてたら、脚本を書いたのがテッド・タリー、連続誘拐殺人鬼バッファロー・ビル役を演じた俳優がテッド・レヴィンと、なんと“テッド”という名前の人が2人も関わってました。偶然とはいえ面白いですね。

投稿: Kei(管理人) | 2013年9月 8日 (日) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/56725764

この記事へのトラックバック一覧です: 「テッド」:

» テッド〜縫いぐるみの黙示録 [佐藤秀の徒然幻視録]
実は聖書に基づいているぽい 公式サイト。原題:Ted。セス・マクファーレン監督・声。マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、ジョエル・マクヘイル、ジョヴァンニ・リビシ、ジェシ ... [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 15:42

» テッド [Akira's VOICE]
これはアメリカ版の『クレヨンしんちゃん』である!   [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 16:09

» 「テッド」 大人になったのび太だよ〜 [はらやんの映画徒然草]
「フラッシュ!!アァ〜〜」って、なんと「フラッシュ・ゴードン」推し。 「フラッシ [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 19:34

» [映画『テッド』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆予想外にも、<ワーナーマイカル武蔵村山>の、この作品の販売状況を知らせるデジタル表示は、連続して満席満員の「完売」状態であった。  そうなってくると、私は、どうでも良かった作品が、急激に見たくなり、その「完売」表示状況の中、ダメ元で、チケット売り場の...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 23:01

» 『テッド(字幕版)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「テッド」□監督 セス・マクファーレン□脚本 セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルスリー・ワイルド□キャスト マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン、       ジョエル・マクヘイル、ジョバン...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 23:35

» テッド / TED [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 米で人気のコメディアニメ「ファミリー・ガイ」 の原作/脚本家で、数人のキャラの声優も努める セス・マクファーレンが監督、テディの吹替担当。(2013年 アカデミー賞ノミネート発表でホスト) 動いて...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 23:52

» テッド [だらだら無気力ブログ!]
下品ネタ多いけども面白かった。 [続きを読む]

受信: 2013年2月 9日 (土) 23:53

» テッド [象のロケット]
1985年のクリスマス。 8歳の少年ジョンが、両親からプレゼントされたテディベアのぬいぐるみ“テッド”は突然しゃべり始め、ジョンも周囲も大騒ぎ! …それから27年。 レンタカー店で働く35歳のジョンと、可愛らしいルックスのまま毒舌の不良中年グマとなったテッドは、相変わらずいつも一緒だった。 ある日ジョンに、ようやくロリーという彼女ができたのだが…。 コメディ。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 10:11

» 「ted」エロキュート♪ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
映画通ならより楽しめる。 映画のパロディなどが盛りだくさんで、大物俳優もチラリと出てくるのに、もうエロくまの魅力には誰も勝てない。 下品でしょうもない話が満載だけど、ホロリとさせてもくれる。 思わず自分のぬいぐるみに願いをかけちゃうね☆... [続きを読む]

受信: 2013年2月11日 (月) 13:36

» テッド ほんまどうしようもないファッキン熊野郎じゃ〜! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=8】 すごいインパクトのある予告編を見た瞬間に「この映画は絶対に外せない!」と思った、だもんで封切りの日に即鑑賞。  1985年のクリスマス、ボストンに住む8歳の少年ジョンは星に願いをかける。クリスマスプレゼントにもらったクマのぬいぐるみ“テッド”が本当に...... [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 11:10

» 『テッド』 [ラムの大通り]
(原題:http://www.tedisreal.com/site.html) ---- この映画って、全世界興収歴代No.1ニャんだって? 「うん。 “R指定オリジナルコメディ”のただし付きだけどね」 ----オリジナルコメディというのは分かるけど、 そのR指定というのは? 子どもが観られないと意味な...... [続きを読む]

受信: 2013年2月12日 (火) 11:57

» テッド : オッサンになったテディベア物語 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今月は、暇ですなぁ。今日は、仕事もあっという間に終わり。こんな日は映画でも観に行こうってなもんで、私的には待望のこの作品を観てまいりました。 【題名】 テッド 【製 [続きを読む]

受信: 2013年2月13日 (水) 11:05

» 【映画レビュー】テッド(TED)の感想。日本人観客にわかりづらいカメオや元ネタなど解説。 [PATRIK TIMES]
どうもこんにちは。ロシアに墜ちた隕石が地味に不安なパトリックです。 さて今回は現在公開中の映画TEDについてレビューします。自分が観に言った映画館では、女性が約7割以上を占めており、女性人気の高い...... [続きを読む]

受信: 2013年2月16日 (土) 00:52

» テッド [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
テッド 12:米 ◆原題:TED ◆監督:セス・マクファーレン ◆出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン ◆STORY◆1985年のクリスマス、ボストンに住む8歳の少年ジョンは星に願いをかける。クリスマスプレゼントにもらったクマのぬいぐるみ“テッド...... [続きを読む]

受信: 2013年2月19日 (火) 23:13

» 『テッド』 [シネクリシェ2.0]
 まさに抱腹絶倒のコメディ。テディベアが下品なセリフをまきちらすという前評判は聞いていましたが、これほどまでに全編に亘りエロネタ、シモネタが満載の映画とは予想していませんでした。  今年最大級のコメディになりそうです。...... [続きを読む]

受信: 2013年2月20日 (水) 05:19

» テッド [単館系]
テッド、字幕版 ユナイテッド・シネマ浦和 公開日2013/1/18 日曜日に見ようと思ったらレイトショーの時間帯まで全部埋まっちゃってたよ! いじめられっ子からも無視される孤独なジョンは、クリスマスプレ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月20日 (水) 23:02

» テッド [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Ted命が宿ったテディベアと自立できない中年男の友情を描く異色コメディ「テッド」。愛くるしいルックスで中身はオヤジというギャップが最高!1980年代のボストン。孤独な少年ジョン ... [続きを読む]

受信: 2013年2月22日 (金) 09:44

» 映画『テッド』(13外-2) [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
  鑑賞予定は全くなかったのですが たまたま、時間がピッタリだったので なかなか評判がいいと聞いていた 『テッド』(公式 [続きを読む]

受信: 2013年2月25日 (月) 19:57

» 映画「テッド」タブー一切無しのお下品映画が面白い [soramove]
映画「テッド」★★★☆ マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス出演 セス・マクファーレン監督、 106分、2013年1月18日より全国公開 2012,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:TED) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← セス・マクファーレン監督は、 今年のオスカー授賞式の司会を務めた。 「日本でも大ヒットの オバカ映画は... [続きを読む]

受信: 2013年3月12日 (火) 07:42

» テッド [いやいやえん]
うーん?特に可愛いとは思わなかったなあ。そもそもテディベアに興味がないんだな、私。 8歳の男の子ジョンは、両親からテディベアのぬいぐるみをプレゼントされるのだが、何とそのぬいぐるみ・テッドに命が宿りしゃべりかけてきた。こうして、ジョンとテッドは、いつまでも仲良く一緒に暮らしたのだった…だとファンタジーなお話ですが、本作はここからがスタート。 27年の歳月が流れ、35歳になったジョン、可愛い外見とは裏腹に中身はおっさんなテッド、そしてジョンの恋人ロリー。テッドと一緒に自堕落な生活を送るジョ... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 09:17

» 『テッド』 [シネクリシェ2.0]
 まさに抱腹絶倒のコメディ。テディベアが下品なセリフをまきちらすという前評判は聞いていましたが、これほどまでに全編に亘りエロネタ、シモネタが満載の映画とは予想していませんでした。  今年最大級のコメディになりそうです。...... [続きを読む]

受信: 2013年7月29日 (月) 20:48

» テッド [映画に耽溺]
「テッド」。 あのさ観る前にすっげ~~~期待値が上がりすぎちゃってて いざ実際に観たら「・・・・・」って残念な気持ちに・・・ ってこと・・・ありません??? わたくしにとってテッドがまさしくそれで あ~~~あまりにも観る前の期待値が高すぎた。 バカバカバ…... [続きを読む]

受信: 2014年12月22日 (月) 17:09

» テッド (Ted) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 セス・マクファーレン 主演 マーク・ウォールバーグ 2012年 アメリカ映画 106分 コメディ 採点★★★★ 映画に音楽にゲームといった娯楽だけじゃなく、食べ物から飲み物、女性の趣味に至る好きなものほぼほぼ全てが子供の頃から変わっていない私。好きなスポ…... [続きを読む]

受信: 2015年3月11日 (水) 07:41

» テッド ~ オヤジなぬいぐるみ (2013/2/21) [黄昏のシネマハウス]
もう1本のハリウッド作品は、R指定の大ヒットコメディー・・・ 『テッド』・・・ 堅い話は抜きでとても楽チン、たまにはこういうのもいいかもね。 いじめられっ子にさえ無視される、独りぼっちの少年ジョン・・・ クリスマスにもらったテディベアと、本当の友達になれるよう天に祈りを捧げたところ・・・ その祈りが通じ、魂が宿ってしまった “ぬいぐるみ” の<テッド> そして、二人(?)はお互い一生、親友同士であることを誓い合います。 そして、それから27年・・・ 今や35歳にもなっ... [続きを読む]

受信: 2015年4月12日 (日) 23:35

« 「東京家族」 | トップページ | 「塀の中のジュリアス・シーザー」 »