« 「クロワッサンで朝食を」 | トップページ | 映画「立候補」 »

2013年8月28日 (水)

「タイピスト!」

Typist

2012年・フランス
配給:ギャガ
原題:Populaire
監督:レジス・ロワンサル
脚本:レジス・ロワンサル、ダニエル・プレスリー、 ロマン・コンパン
撮影:ギョーム・シフマン
製作:アラン・アタル

1950年代フランスを舞台に、タイプライター早打ち世界大会に挑む女の子の奮闘を描くロマンティック・コメディ。脚本・監督は本作が長編映画デビューとなるレジス・ロワンサル。主演は「ルパン」「ハートブレイカー」等のロマン・デュリスと「ある子供」のデボラ・フワンソワ。2013年セザール賞新人監督作品賞など5部門にノミネートされた他、本年のフランス映画祭では観客賞を獲得している。

フランス・ノルマンディーの田舎に住むローズ(デボラ・フワンソワ)は、小さな雑貨店を営む父親から、お見合い結婚を強いられそうになる。自分の人生を自力で切り開きたいと望むローズは、故郷を飛び出し、あこがれの秘書を目指し都会へ。ある保険会社の面接で、人差し指だけでタイプを早打ちしてみせたところ、首尾よく採用。だが雇い主のルイ(ロマン・デュリス)の狙いはタイプライター早打ち世界選手権にローズを出場させ、優勝させる事だった。ルイの特訓によりローズはめきめき上達し、地区大会を次々勝ち上がって行くが、一方でローズはルイへの恋心を芽生えさせて行く…。

お話は単純で分かり易く、まあ要するにバーナード・ショー原作の「ピグマリオン」、及び同作をミュージカル化した「マイ・フェア・レディ」タイピスト版と考えればいいだろう。

ある女性の潜在能力に着目した男が、この女性を猛特訓して一流に仕立て上げ、見事成功するが、やがて二人の間に愛が芽生え…というお話の流れや、田舎娘が次第に洗練されて美しくなって行ったり、さらにこのプロジェクトが成功するかどうかで、友人と賭けを行ったり、と「マイ・フェアレディ」と似ている点は多い。

時代設定が1950年代という事もあって、全体におおらかで明るく、冒頭のクレジット・タイトルもカラフルなアニメーションでレトロな味わいがある。それでいて、タイプライターコンテストの模様はカット繋ぎもテンポよく、猛烈な早打ちの競い合いがまさに真剣勝負、あたかもスポーツの試合を見ているかの様で、スリリングで手に汗握ってしまうといった具合にまさに緩急自在。

(以下ややネタバレあり注意)
ルイが鬼コーチとなって、体力を付ける為ランニングをさせ、自転車で併走したりする場面はまるで昔の「エースをねらえ」なんかのスポ根劇画を思わせてニヤリとさせられる。

そうして地区大会、全国大会と勝ち上がって行くにつれてローズは有名になって行き、とうとう最後はニューヨークで開催される世界大会に出場する事となり、これがラストのクライマックスとなる。

で、お定まりの通り、ルイとローズの間に恋が芽生えたり、二人の関係がギクシャクしてルイが姿を消してしまったり、最終決戦では凄い強敵に苦戦を強いられたりと、まさにこの手のエンタティンメント作品の王道パターンが展開する。

特に後半のストーリーは、まるで加山雄三主演の「若大将」シリーズ男女逆転バージョンであるのが笑えるやら楽しいやら。
恋仲になったものの些細な事でケンカ別れ。決勝戦では強敵にあわや負けそうになったり、そこへ恋人が駆けつけ、元気を取り戻した主人公は最後の勝負で大逆転勝利…といった具合。監督は「若大将」シリーズをひょっとしたら観ているのでは?(笑)。

 
最初は都会に出る事に猛反対していたローズの父親が、ラスト近くになると陰ながら応援する方に回るのも、ほぼ予想通り。
で、この父親が差し入れたある物(冒頭画面に登場している)が、最後の勝負にうまく生かされているのも効果的。

まさにパターン通りのベタな展開で、ストーリーはほぼ予測がつき、その通りに進むのだけれど、私はエンタティンメントはそれでいいと思う。お話はルーティンでも、華やかな美男美女の恋模様や、色とりどりの衣裳や、当時の風俗を再現した映像など、細部にいろいろ工夫を凝らして、2時間足らずの間、観客を楽しませてくれればいいのである。

最後の対決シーンでは、カメラも二人の周りをぐるりと回ったり、演出もいろいろと凝ってて飽きさせない。

ローズを演じたデボラ・フワンソワは、この映画の為に本物のコーチをつけて6か月間毎日3時間特訓したそうで、タイプの早打ちシーンはその成果が見事に現れている。

ちなみに、本作のプロデューサーは、大ヒットした「オーケストラ!」のアラン・アタルである。娯楽映画のツボを心得ているようである。配給会社(どちらもギャガ)も意識したのか、邦題もよく似たタッチである(笑)。

レジス・ロワンサル監督は新人ながら、自他共に認めるシネフィルだそうで、よく観ると細部にいろんな映画のオマージュが盛り込まれていて、それらを見つけるのも映画ファンのお楽しみである(後述)。そういう点では、古くからの映画ファンである程余計楽しめる、1粒で二度美味しい、これはウエルメイドなエンタティンメントの佳作であると言える。ロワンサル監督の次回作も楽しみに待ちたい。    (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

(では、お楽しみはココからだ)
メインタイトルがカラフルなアニメで、これでまず楽しませてくれるが、映画ファンなら、名タイトル・デザイナー、ソウル・バスが担当したビリー・ワイルダー監督の「七年目の浮気」(1955・マリリン・モンロー主演)のメイン・タイトルを思い出す事だろう。多分意識的に、ソウル・バス・タッチを真似ている気がする。
ヒロインが、自分の住む町を出て都会に向かい、やがて見違えるほどにファッションが洗練されて行くプロセスも、これもワイルダー監督の「麗しのサブリナ」(1954・ヘップバーン主演)を思い起こしてしまう。
ちなみに、1950年代のヘップバーン主演作にはこの他にも、「昼下りの情事」(1957・ビリー・ワイルダー監督)、「パリの恋人」(1957)と、パリを舞台にしたものが多い。

ローズの部屋に、マリリン・モンローオードリー・ヘップバーンのポートレイトが貼ってあったのも、これらの作品からの引用を示唆しているのだろう。言うまでもなく、「マイ・フェア・レディ」ヘップバーン主演作である。

ルイとローズが初めて体を重ねるシーン、ここでネオンの照明によって、室内が赤くなったり、青くなったりするシーンは、アルフレッド・ヒッチコック監督「めまい」(1958)からの引用だろう。
ちなみにこちらの作品のタイトル・デザイン(アニメ)もやはりソウル・バスだった。

ヒッチコック作品からはもう1作、「マーニー」(1964)からの引用もある。冒頭でヒロイン(ティッピー・ヘドレン)が面接を受けハンサムな会社社長(ショーン・コネリー)に鶴の一声で採用されるし、ヘドレンがタイプライターを打ってるシーンもある。

ロワンサル監督のインタビューを読むと、やはりヒッチコック、ワイルダー監督の大ファンのようで、この人たち以外にも、ダグラス・サーク、ジャック・ドゥミ、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール作品へのオマージュが仕込まれているとの事。もう一度じっくり観直してみたい。

Typist3お終いに、もう一つビリー・ワイルダー作品からの引用らしきシーンの紹介を。
中盤の地区大会において、この会場が思いっきりだだっ広くて、タイプライターを前にして座っている参加者の机がズラッと並んでいるシーン、やはりワイルダー監督の名作「アパートの鍵貸します」(1960)の、無闇に広いオフィスに机が遥か向こうまで並んでいるシーン(右)とよく似ている。ちなみにこちらも、主人公の勤務する会社は保険会社である。
社員全員が黙々とタイプライターのような機械をパンチしているが、これはタイプライターではなく保険の計算機である。

|

« 「クロワッサンで朝食を」 | トップページ | 映画「立候補」 »

コメント

ヒロイン役のデボラ・フランソワがキュートでした。
ヒロインを秘書に雇いタイプ早打ち大会で優勝させようとコーチするロマン・デュリスの陰影のある演技も良かったです。
タイプ大会の対決と恋愛模様のお話もなかなか良く出来ていますが、ファッションなどの映像センスがいいです。
娯楽映画として楽しめる映画でした。
確かにヒッチコックとワイルダーの影響は感じました。
どちらも好きな監督なので良かったです。

投稿: きさ | 2013年8月29日 (木) 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/58084508

この記事へのトラックバック一覧です: 「タイピスト!」:

» タイピスト!〜ヘプバーンをタイプ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フランス映画。原題:Populaire。レジス・ロワンサル監督、デボラ・フランソワ、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ。原題は英語でpopularを意味するタイプライターの商品 ... [続きを読む]

受信: 2013年8月29日 (木) 10:11

» タイピスト! [to Heart]
原題 POPULAIRE 製作年度 2012年 製作国・地域 フランス 上映時間 111分 監督 レジス・ロワンサル 出演 ロマン・デュリス/デボラ・フランソワ/ベレニス・ベジョ/ショーン・ベンソン/ 田舎から都会へ出てきたローズ・バンフィルは、ルイ・エシャールの経営する保険会...... [続きを読む]

受信: 2013年8月29日 (木) 22:48

» タイピスト! [象のロケット]
1950年代、フランス。 都会暮らしに憧れて田舎から出て来た若い女性ローズは、保険会社の経営者ルイの秘書(兼、たった一人の従業員)に採用される。 しかし一週間の試用雇用中に、不器用で何の役にも立たないことが判明してしまう。 しかし、ローズのタイプの早打ち能力に目をつけたルイは、“タイプライター早打ち大会”に出場すれば、クビにしないと話をもちかける。 その日から、鬼コーチ・ルイの大特訓が始まったのだが…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2013年8月30日 (金) 01:38

» 映画・タイピスト! [読書と映画とガーデニング]
原題 Populaire 2012年 フランス 1958年 ノルマンディーの片田舎で父親の経営する雑貨店を手伝うローズ・パンフィル(デボラ・フランソワ) このまま田舎で一生を終えたくないと考えた彼女は街の保険会社社長ルイ(ロマン・デュリス)の秘書に応募 1本指ながら...... [続きを読む]

受信: 2013年8月30日 (金) 22:03

» タイピスト! [映画的・絵画的・音楽的]
 『タイピスト!』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)本作はアメリカ映画だとばかり思って映画館に出かけたのですが、実のところはフランス映画でした。  フランスの田舎で暮らすローズ(デボラ・フランソワ)は、都会に出て保険会社の社長ルイ(ロマン...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 06:19

» 『タイピスト!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「タイピスト!」□監督 レジス・ロワンサル □キャスト ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ、ベレニス・ベジョ、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 8月24日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 08:18

» タイピスト! [映画の話でコーヒーブレイク]
この映画、前々から見たかったんです〜。 先週末、やっと封切り。早速、行ってきました。 期待に違わぬ面白さ!カラフルでポップでキュート。 ほんわかラブコメかと思ったら…何と!スポ根ラブコメでした 「アイスポッケー」は「氷上の格闘技」。 「バスケットボール」は...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 13:36

» 映画「タイピスト!」タイピングの世界大会! [soramove]
映画「タイピスト!」★★★★ ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ ベレニス・ベジョ、ミュウ=ミュウ ショーン・ベンソン、メラニー・ベルニエ出演 スティーヴン・ソダーバーグ監督、 111分、2013年8月17日より全国公開 2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ (原題/原作:POPULAIRE ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 07:11

» 『タイピスト!』 金髪の理由 [映画のブログ]
 「『麗しのサブリナ』、『昼下がりの情事』、『パリの恋人』、『マイ・フェア・レディ』を見て参考にするように。」  『タイピスト!』の公式サイトによれば、レジス・ロワンサル監督は主演のデボラ・フラ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 6日 (金) 22:21

» [映画『タイピスト!』を観た(傑作!)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
      ☆先日の自衛隊の総合火力演習は、美少女アニメ『ガールズ&パンツァー』ファンの観覧応募が多く、プラチナチケットになったようだ。  その『ガールズ&パンツァー』は、「戦車道」と言う架空の競技にまい進する女学生の物語で、やっていることは架空の競技...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 8日 (日) 11:09

» ショートレビュー「タイピスト!・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
タイプバーが綴る恋。 1950年代のフランスを舞台に、タイプライターの早打ちコンテストに挑むヒロインの恋と挑戦を描いた、オシャレで軽妙なロマンチック・コメディ。 てっきり完全なフィクションだと思っ...... [続きを読む]

受信: 2013年9月 8日 (日) 19:24

» タイピスト! [にきログ]
さて、こちらはフランス映画で評判が高かった作品 系統としては一人の女性の成功物語ですね フランス映画ですが話のすじとしては王道スポ根ラブコメで安心してみることが出来る作品ですね 明るく楽しく見...... [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 23:45

» 世界最速のマドモワゼル~『タイピスト!』 [真紅のthinkingdays]
 POPULAIRE  1959年、ノルマンディー地方の田舎町。雑貨店の娘、ローズ・バンフィル (デボラ・フランソワ)は憧れの 「秘書」 になるべく、保険会社の面接に臨 む。オーナーのルイ・エシャール(ロマン・デュリス)はローズの持つタイピン グの才能を見抜き、採用するのだが・・・。  「古き良き時代」、50’Sの雰囲気を再現、マドモワゼルの恋と...... [続きを読む]

受信: 2013年10月24日 (木) 07:31

» タイピスト! [タケヤと愉快な仲間達]
監督:レジス・ロワンサル 出演:デボラ・フランソワ、ロマン・デュリス、ベレニス・ベジョ、ショーン・ベンソン 【解説】 1950年代フランスを舞台に、タイプの早打ち以外には取りえのないヒロインが、タイプ早打ち世界大会優勝を目指して奮闘するラブコメディー。監督...... [続きを読む]

受信: 2013年11月17日 (日) 21:54

» タイピスト! [いやいやえん]
とてもチャーミングな映画でした。田舎者の天然娘がレディへと成長していくスポ根映画でもあります。 ヒロインはデボラ・フランソワさん、キュートなファッションやオシャレなインテリアや髪型でとっても可愛い。ロマン・デュリスさんは「ハートブレイカー」での嘘泣きの演技(笑える!)とは違う印象を残しますね。なんか痩せた? タイプの才能を見抜いた保険屋のルイは秘書としてローズを雇う代わりにタイプ大会の優勝を望む。ルイの家で生活する事になり、特訓を重ね…。 1本指打法から10本指への矯正、難解な文学書の... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 08:45

« 「クロワッサンで朝食を」 | トップページ | 映画「立候補」 »