« 「パッション」 (ブライアン・デ・パルマ監督) | トップページ | 「蠢動-しゅんどう-」 »

2013年10月24日 (木)

「凶悪」

Kyouaku 2013年・日本
配給:日活
監督:白石和彌
原作:宮本太一
脚本:高橋泉、白石和彌
音楽:安川午朗

死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、警察を動かしたという実話に基づくベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)の映画化。主演は若手の実力派、山田孝之に、ピエール瀧、リリー・フランキーという異色の顔合わせ。監督は故・若松孝二監督に師事したという、「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の新進・白石和彌。

ある日、雑誌社に拘置所の死刑囚から手紙が届く。自分にはまだ誰にも言っていない余罪の殺人事件がある。ついてはこれを告白するので、記事にして、自分の共犯者を告発して欲しい、という内容。雑誌ジャーナリストの藤井(山田孝之)は早速拘置所に出向き、その差出人、死刑囚の須藤(ピエール瀧)と面会する。須藤は、死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる首謀者がおり、自分以上に悪辣と思われる人間が塀の外側でのうのうと社会生活を送っているのが許せないのだという。半信半疑ながらも取材を進めていく中で、次第に藤井は、須藤の告発は本物に違いないとの確信を深めて行き、そしてついに「先生」と呼ばれる男・木村(リリー・フランキー)にたどり着く…。

これが、実際にあった事件である事に驚く。事実は小説より寄なりという言葉を思い出した。
2005年、新潮社発行の雑誌「新潮45」の記者、宮本太一氏が死刑囚の告発を聞いて、丹念な調査の末、「新潮45」にレポートを発表し、これが元で闇に埋もれていた事件が明るみに出て、「先生」と呼ばれる犯人逮捕へとつながった、犯罪史上極めて特異な事件であった。

後に、この記事を本に纏めたものが「凶悪 ある死刑囚の告発」というタイトルで新潮社から刊行され、本作はこれを元に、監督の白石和彌と高橋泉が脚本を書き上げ、映画化したものである。

(以下ネタバレあり、注意)
特に興味を惹くのは、「先生」と呼ばれる男・木村の存在である。見た目は柔和な感じで、「先生」というくらい、周囲からは信頼されている人物のようである。

が、実際は、目的の為に平然と人を殺す、鬼畜である。須藤もヤクザだから元々凶悪な性格なのだが、木村が絞殺した老人の死体の始末を木村に依頼され、須藤が焼却炉で焼く辺りは、木村の狂気に煽られ、さらに凶暴性を増幅して行った可能性もある。

本職の俳優ではないピエール瀧と、リリー・フランキーが、この凶悪二人組を、これまでの善人的イメージをかなぐり捨てる快(怪?)演。このキャスティング、二人から狂気の演技を引き出した白石監督の演技指導、共に絶妙である。

最も衝撃だったのが、借金を重ねた老人が手に余った家族が、木村に殺害を依頼するくだり。
切羽詰まったにせよ、夫であり親である肉親を金の為に殺すのである。それも、一人だけならまだしも、一家全員である。
悪人が悪いのは当然だが、普通の生活を営んでいた人間ですら凶悪事件に手を染めてしまう現実に、暗澹とならざるを得ない。

それを含めた、木村が関わった3件の事件が、いずれも表に出なかったという事実も不可解である。よほど木村の隠蔽工作が巧妙だったのか、警察が怠慢だったのか。
こういう事件は、まだまだ闇に隠されているのかも知れない。

 
ところで、映画では「明潮24」となっている雑誌の記者である藤井が、須藤と面会した事から事件にのめり込んで行くのだが、原作における藤井のモデルである宮本太一氏は、「フォーカス」「週刊新潮」で辣腕ぶりを発揮したやり手の記者で、死刑囚の告発を聞いて、昼間は仕事をきちんとこなし、夜間や休みの日を利用し、寝る間も惜しんで事件の取材を続け、女性編集長が体調を心配するほどの頑張りぶりだったという。
(この努力が評価され、のちに「新潮45」の編集長に就任した)。

藤井という男をこの原作通りに描けば、主人公はジャーナリストの鏡のような、正義のスーパーヒーローという事になるだろう。それはそれで一昔前のアメリカ映画(例えば「大統領の陰謀」など)が描いた様な、痛快なドラマになっただろうが、監督はそれでは満足しなかったようだ。

「展開があまりに完璧すぎて、これをドラマにするにはどうしたらいいか、ずっと悩ましいところでした」 「そこで映画では、完璧な主人公にはしたくないという気持ちが強く働いた」と白石監督は語っている(「新潮45」10月号より)。

そこで白石監督は脚本家の高橋泉氏と相談の上、原作から変更し、藤井を、認知症の母の介護から逃れたい為に事件に没入して行く、やや自分勝手な人物に造形した。仕事の方も取材にかこつけサボっているようにも描いた。

証拠探しの為、雨の日、目を血走らせ穴を掘り続ける藤井は、自身もまた狂気に取り憑かれたかのようだ。

ラストで木村に面会した藤井は、「俺を一番殺したがっているのは、お前だよ」と指差され、愕然となる所で映画は終わる。

一人の人間を死刑にする(=殺す)為に、家族も犠牲にし、とことん追い詰めて行く藤井も、根底では木村と同類の人間ではないのか…即ち、どんな人間も、心の奥にデモーニッシュな悪意を内在しているのではないか、というテーマは重く心に響く。これこそ監督が描きたかったものなのだろう。

こうした改変を行った事で、本作は原作以上に、奥の深い力作に仕上がったと言える。

反面、原作に感動した読者、あるいは原作者の宮本氏からは反感、反撥を食いそうな改変でもあり、極めてリスキーな作り方でもある。

だが、映画を見た宮本太一氏は、自分自身も気付かなかった、心の内に狂気を抱えていた事に気付かされ、監督の視点に感心したという。
妻・洋子(池脇千鶴)が言う、「楽しかったんでしょ。こんな狂った事件、必死で追いかけて。あなたは楽しくて楽しくて仕方がなかったのよ」というセリフに、心の内を見透かされたようで、重く心に響いたという(前掲「新潮45」10月号)。

原作者から、こうした言葉をかけられただけでも、この映画が高い完成度を持った力作である事が分かる。
(それにしても宮本太一という人、心の広い、本当に尊敬に値する人だなと改めて思った。映画を観て、誤解する人がいない事を望みたい)

白石監督、さすが若松孝二に師事しただけの事はある。今後の活躍が期待出来る有望な新人監督の誕生に拍手を送りたい。 (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

原作本(新潮文庫)

|

« 「パッション」 (ブライアン・デ・パルマ監督) | トップページ | 「蠢動-しゅんどう-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/58448691

この記事へのトラックバック一覧です: 「凶悪」:

» 凶悪 [だらだら無気力ブログ!]
人間誰もが凶悪になり得る怖い映画。 [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 01:45

» 劇場鑑賞「凶悪」 [日々“是”精進! ver.F]
凶悪事件、露呈… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309210001/ 【送料無料】シナリオ 2013年 10月号 [雑誌]価格:930円(税込、送料込) 【送料無料】凶悪 [ 新潮45編集部 ]価格:580円(税込、送料込) ... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 05:37

» 凶悪 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
雑誌編集者が警察も感知していない事件を死刑囚の告発をもとに取材で暴き出したノンフィクションの映画化だ。カメレオン俳優リリー・フランキーの控えめでなにげない演技がすばらしい。山田孝之演じる取材者の家族の介護問題も交えて進む脚本は今の日本の高齢化社会の問題を... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 07:03

» 『凶悪』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「凶悪」 □監督 白石和彌□脚本 高橋泉、白石和彌□キャスト 山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、       白川和子、吉村実子■鑑賞日 9月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 07:45

» 凶悪 [映画的・絵画的・音楽的]
 『凶悪』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、実話(注1)に基づいたフィクション。  主人公の藤井(山田孝之)は、大手出版社が刊行している雑誌の記者です。  あるとき、会社に死刑囚から手紙が届き、雑誌の編集長から調査するように言われます。  そこ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 08:37

» 凶悪〜今そこにある認知症 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。新潮45編集部原作、白石和彌監督、山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥、斉藤悠、米村亮太朗、松岡依都美、ジジ・ぶ ... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 08:42

» 凶悪 [象のロケット]
スクープ雑誌「明朝24」編集部に届いた死刑囚・須藤からの手紙には、驚愕の内容が記されていた。 元ヤクザの須藤は死刑判決を受けた事件の他に3つの殺人にかかわっており、その全てを記事にすることで、のうのうと生きている首謀者“先生”を追い詰めたいというのだ。 若きジャーナリスト藤井は、闇に埋もれた凶悪事件の真相を追うのだが…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2013年10月26日 (土) 19:48

» [映画『凶悪』を観た(短評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
           ☆かなり凶悪で面白かった。  ピエール瀧演じる死刑囚が、殺害について、自分等に指示を出していて、だが、のうのうと娑婆で暮らしている男を許せないと、獄中からジャーナリストへ告発することから物語が始まる。  陰で殺人の糸を引く男をリリ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 01:00

» 凶悪 [to Heart]
知るべき闇は、 真実の先にある。 製作年度 2013年 上映時間 128分  映倫 R15+ 原作 新潮45編集部編 監督 白石和彌 出演 山田孝之/ピエール瀧/リリー・フランキー/池脇千鶴/小林且弥/斉藤悠/白川和子/吉村実子 モデルとなったのは実在の殺人事件。その真相を暴くととも...... [続きを読む]

受信: 2013年10月27日 (日) 01:24

» 凶悪 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:128分 監督:白石和彌  ノンフィクション「凶悪-ある死刑囚の告発-」を映画化した衝撃作である。ジャーナリスト・藤井修一は、死刑囚・須藤純次の告白を受けて、おぞましい事件の数々を追って奔走する。 須藤が余罪の数... [続きを読む]

受信: 2013年10月28日 (月) 10:39

» [映画]「凶悪」(白石和彌監督作品) [タニプロダクション]
新宿ピカデリー 座席位置 真ん中やや左寄り 評点・・・☆☆☆☆ ダンゼン優秀! 簡潔に。 私企画の映画オフ会で団体で観ました。 若松孝二の弟子が描いた本年屈指の傑作。 脚本の出来の良さと、ピエール瀧、リリー・フランキー両氏に尽きる。 山田孝之氏演じる記者が執着... [続きを読む]

受信: 2013年10月29日 (火) 01:29

» 『凶悪』 本当に怖いのは…… [映画のブログ]
 実にいきいきとして楽しそうなのだ、リリー・フランキーさんが。本作では人殺しに興じるリリー・フランキーさんの嬉々とした笑顔が見られる。  男気いっぱいでせっせと人を殺すピエール瀧さんも頼もしい。  『凶悪』は、この二人が演じる極悪人の非道ぶりをこれでもかと描いた作品だ。  もとよりピエール瀧さんは外見が怖そうだ。  電気グルーヴの他のメンバーが小さいわけではなかろうが、ピエール瀧...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 09:01

» 凶悪 [いやいやえん]
人間はどこまで悪になれるのかとか考えていくときりがないですが、禍々しい悪というものはあるものです。 先生と呼ばれて、殺人の快楽と貧困ビジネスの利潤を両立させている木村、先生のために殺人・死体処理をしていた須藤とその舎弟たち。唯一、事件を追うあまり、自らの家庭の問題(認知症の母の介護)から目をそらす藤井の存在が、人間味があるというか。 実際にあった事のフィクションという事で、少々白々しく見えてしまうのも確かなのですが、藤井が木村の家の曇ったガラス窓をこすって中を覗くシーンから、回想のような... [続きを読む]

受信: 2014年4月14日 (月) 09:30

» 凶悪 : ピエール瀧の演技に脱帽! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 本日18時から、シーズン2位を決める大切な試合があります。そう、無能な首脳陣と無力なベテラン人を若手が支える広島カープの最終戦です。何とか、勝って欲しいものですが、 [続きを読む]

受信: 2014年10月 5日 (日) 16:04

» 凶悪 [Subterranean サブタレイニアン]
監督 白石和彌 主演 山田孝之 2013年 日本映画 128分 サスペンス 採点★★★ “犯罪に巻き込まれない為には犯罪者のテリトリーに身を置かない”ってのをモットーにしているので、これといった犯罪に巻き込まれたこともなければ、それっぽい知り合いもいない私。な…... [続きを読む]

受信: 2015年11月 2日 (月) 16:01

« 「パッション」 (ブライアン・デ・パルマ監督) | トップページ | 「蠢動-しゅんどう-」 »