« テレビドラマ「半沢直樹」 | トップページ | 「地獄でなぜ悪い」 »

2013年10月 3日 (木)

「そして父になる」

Likefartherlikeson

2013年・日本/フジテレビ=アミューズ
配給:ギャガ
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
参考文献:奥野修司著「ねじれた絆~赤ちゃん取り違え事件の17年」
撮影:瀧本幹也
製作:亀山千広、畠中達郎、依田巽

息子が、出生時に病院で取り違えられた別の子供だった事を知らされた2つの家族が、それぞれに苦悩し葛藤する姿を描いたヒューマンドラマ。監督は「誰も知らない」「奇跡」等、子供を描く作品に定評がある是枝裕和。福山雅治と尾野真千子、リリー・フランキーと真木よう子がそれぞれの夫婦を演じる。第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞を受賞した。またスティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスによるハリウッドリメイクも決定している。

大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻のみどり(尾野真千子)と息子と暮らす野々宮良多(福山雅治)は、ある日病院からの電話で、6歳になる息子の慶多(二宮慶多)が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。良多、みどり、それに取り違えの起こった相手方の斎木夫妻は、それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、病院側のアドバイスもあって、二組の家族は子供の交換を決断する。そして野々宮家と斎木家は少しずつ交流を深めて行き、やがて二人の子供は互いに相手の家で暮らす事になるのだが…。

これは難しいテーマである。6年も、実際の親子と共に信じて暮らして来たのに、ある日突然、「実は間違いでした」と言われた互いの家族は、これからどうすれば良いのか。
取り替えれば済む、というものではない。人間には“感情”がある。そしてそれまで親子として過ごして来た、取り戻せない“時間”がある。

血が繋がっていれば、それで親子なのか。親と子の絆は、血よりも、長い時間一緒に暮らしてきた心の繋がりの方が強固である場合だってある。

(以下多少ネタバレとなります、注意)
取り違え、とは関係ないが、実の子ではない子供を、本当の子供同然にかわいがり育てるうちに情が移り、離れ難くなる、というお話は実は映画創世記の頃から既に多数作られている。

有名なのは、1925年製作のチャップリン監督・主演の「キッド」。捨て子を拾い、成り行きから仕方なく育てるうちに、次第に本当の子供のように愛情を注ぐようになり、実の親が見つかっても互いに離れたくない、と抵抗する。結局最後はまた一緒に暮らす、というやや甘いオチとなる

日本でも、バンツマ主演「狐の呉れた赤ん坊」(1945)、とか、小津安二郎監督「長屋紳士録」(1947)とか、同じようなお話の映画が結構作られている。基本的には「キッド」のバリエーションであるが。

成島出監督の秀作「八日目の蝉」(2011)では、女が誘拐して来た子供を育てながら旅をするうち、二人の間に深い親子愛が生まれて行き、4歳になった子供がようやく実の親の元に戻っても、親と子の間が何となくギスギスしてしまい、とうとう子が大人になっても、親子の関係が修復出来ないままとなる。

昔から、「生みの親より育ての親」という言葉があるように、血が繋がっている場合よりも、他人であっても深い愛情をもって育てた親の方が親子の絆はより深い、というのが定説のようになっている。

となれば、物語の落としどころはほぼ見えて来る。6年間、という一緒に暮らした歳月は、親子にとってかけがえのない、心に深く刻まれた時間なのだから。

 
だが本作は、むしろ違う所にポイントを置いている。それがタイトルの意味する所である。

この映画に登場する2組の夫婦は、ことごとく対照的である。

野々宮家は、大手建設会社に勤め、都心の高級マンションに住み、子供にピアノを習わせ、お受験にも熱心、いわゆるセレブな暮らしぶりである。
一方の斎木家は、地方都市で小さな電器店を細々と経営し、生活は豊かでなく、つつましい庶民的な暮らしをしている。

世間的な分類で言えば、野々宮家は勝ち組、斎木家は負け組、という事になる。

物語は、主に野々宮家をメインとして進んで行く。そして最初のうちは、相手の主人、斎木雄大(リリー・フランキー)が、いきなり病院からいくら慰謝料を取れるかと言う話しをする辺りに象徴されるように、ガサツで教養もない人物である事が印象付けられる。雄大のラフな関西弁の喋りもさらにその印象を強くする。
こうした事から、良多は斎木家にあまり良い印象を持たない。ああいう家で育てられる子供は可哀想で、我が家の子供の方が幸福だ、と内心思っているかのようだ。

だから両家が交流を重ねるうちに、良多はついうっかり、二人とも引き取りたい、金ならいくらでも出す、と言ってしまう。無論斎木家は怒り出す。

この辺りから、両家の優位性は微妙に変化し、反対方向に傾き出す。
良多のエリート意識、セレブ臭が鼻につき出し、そうして見ると一見幸福そうな野々宮家が、家族同士、真に心が通じ合っていないのではないかと思えて来る。夫婦の会話にも、棘が目立つようになる。
良多の仕事が多忙で、家族間の(特に子供との)コミュニケションが少ない事が、じわじわとボディブローのように効いて来る。

反対に、大家族で賑やかな斎木家は、生活は豊かではないけれど、家族の心はしっかりと繋がっているようだ。
個人商店の電器店だから、父親は常に店先にいる事もあって、家族が共に過ごす時間が多い。子供が外から帰るといつも両親が「お帰り」と迎えてくれる。庶民的で、アットホームな温かさがある。

どちらの家庭が、本当に幸福なのか。家族とはどうあるべきなのか。考えさせられ、観客も一緒になって、その答を探す事となる。

小さなエピソードを積み重ねて、それぞれの家族の心の変化を追った脚本が秀逸である。

 
やがて両家は、双方の子供を交換し、血の繋がった親子の暮らしが始まる。

野々宮家で暮らすようになった実の子、琉晴と、野々宮夫妻との間に流れる、何とも言えないギクシャク感というか空気感が絶妙である。琉晴役の黄升炫クンが出色の好演。

実にうまいと思ったのが、琉晴が窓の外の凧揚げ風景を見て、ふと元の家に帰りたくなり、だまって野々宮家を抜け出し、斎木家に帰ってしまうシーン。
“凧揚げ”は、家族と楽しく過ごした時間の象徴である。野々宮家にそれが欠けている事を、琉晴の無言の行動が辛辣に露わにする。これは痛い。

他にも、ラスト間際で良多が息子の気持ちを思い知るきっかけとなる一眼デジタルカメラといい、小道具の使い方が絶妙である。

これが、デジタルカメラであるからこそ効果的なのである。昔のフィルム方式なら、フィルムを全部使い終わった後、写真店でプリントしてもらわないと写っているものが分からない。フィルムが余ってたら、そのまま放っておく場合が多い。気分的にも、現像に出そうという余裕もないだろう。
デジカメだから、いつでもモニター画面で写したものを見れる。これがうまく生かされている。

ラストは、上で予想通りの展開となるが、ここでも演出がうまい。
斎木家にやって来た良多を見て、慶多は逃げ出す。追っかける良多。
この二人が、植込みを隔てて並ぶ道を併走する。道はなかなか交わらないが、やがて合流地点で良多は慶多を抱きしめる。
二人の心が、ここでやっと一つになった事を象徴する。
タイトル通り、良多は、本当の「父になる」のである。慶多がけなげで泣かされる。

その後、この2組の家族がどうなったかは描かれていない。これが正しい、という答などない。観た人がそれぞれ、自分ならどうするか、考えればいいのである。親子で観て、話し合うのもいいだろう。

家族はどうあるべきなのか、親と子は、それぞれどう向き合うべきなのか。さまざまな事を深く考えさせてくれる、静かな余韻を残す秀作である。     (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

|

« テレビドラマ「半沢直樹」 | トップページ | 「地獄でなぜ悪い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/58316330

この記事へのトラックバック一覧です: 「そして父になる」:

» [映画]「そして父になる」(是枝裕和監督作品) [タニプロダクション]
ユナイテッドシネマとしまえん 座席位置 前方中央 評点・・・☆☆☆★★★ 以下、Facebookより転載 80館での上映ながら初週興行ベストテンにぶっこんだ傑作『凶悪』とセットの観賞をオススメします。どっちもピエール瀧、リリー・フランキー両氏が出演してるから。 『そし... [続きを読む]

受信: 2013年10月 4日 (金) 01:50

» 劇場鑑賞「そして父になる」 [日々“是”精進! ver.F]
本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父になる オリジナル・サウンドトラッ...価格:2,52...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 05:33

» 劇場鑑賞「そして父になる」 [日々“是”精進!]
「そして父になる」の先行上映を鑑賞してきました是枝裕和監督が福山雅治を主演に迎えて贈る感動の家族ドラマ。ある日突然、6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 05:33

» そして父になる [象のロケット]
都内の大手建設会社に勤務する野々宮良多と妻みどりの一人息子・慶多と、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大と妻ゆかりの長男・琉晴(りゅうせい)が、出産時に取り違えられていたことが判明する。 病院側の説明では100%の親が血を優先するとのこと。 顔合わせから徐々に付き合いを深めていった両家は、ついに息子たちを“交換”することにしたのだが…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 07:29

» そして父になる〜心の格差社会 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。英題:Like Father, Like Son。是枝裕和監督、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升荽、風吹ジュン、樹木希林、夏八木勲、高橋和也、中村ゆ ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 09:12

» そして父になる [Akira's VOICE]
家族は一日にして成らず。   [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 10:13

» 『そして父になる』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシネマズ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 12:19

» そして父になる [だらだら無気力ブログ!]
見応えあって考えさせられる一本 [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 18:07

» そして父になる : 父親とは不器用なもんですよね [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、久々の30度超え。全くもって、おデブさんには辛い世の中になってきたもんです。そんな中、消費増税が発表されますが、その後の経済の流れ、格差問題、どのようになって [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 20:26

» そして父になる・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供に愛を注げるのか、家族にとって本当に大切なものとは何だろうと問いかける。 選ぶべきは血か、それとも共有した時間か。 実際に同年代の子...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 5日 (土) 20:51

» そして父になる [にきログ]
こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね 是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね いやぁ面白かったです この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね あらすじ 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたこ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 03:14

» 映画「そして父になる」 [FREE TIME]
話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 18:43

» 『そして父になる』 血か情か? [映画のブログ]
 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』に著している。  だが、映画の公開時点で42歳になる彼女たちには、今の生活がありこれからの人生もあ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 19:48

» そして父になる [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
是枝裕和監督・脚本で、赤ちゃんを産んだ病院で取り間違えられた二組の夫婦の物語を映画化した。カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞したので小難しい内容かと思ったら、子供達の自然なふるまいでとても親近感を抱く内容だった。本当にいい映画を見たというのが、周囲の観客... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 20:07

» そして父になる 子が父を育てるんだな~(実体験として) [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育て...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 6日 (日) 20:57

» そして父になる [とりあえず、コメントです]
世界の映画祭で話題になった是枝裕和監督&福山雅治主演のヒューマンドラマです。 是枝監督作品はいつも見応えがあるので、今作も楽しみにしていました。 何気ない日常を綴りながら、子を想う親の愛をじっくりと映し出している作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年10月 7日 (月) 00:02

» 『そして父になる』 [ラムの大通り]
----この映画って、 カンヌ国際映画祭審査員受賞の話題作だよね。 監督は是枝裕和だっけ? 『誰も知らない』『奇跡』など、 子どもの演出には定評があるけど、 こんども父と子の話? 「さすがフォーン。 よく知っているね。 長年、パートナーを務めてきただけのことはあ...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 8日 (火) 22:31

» 映画「そして父になる」そうだ親も親になっていくんだ [soramove]
映画「そして父になる」★★★★ 福山雅治、尾野真千子、真木よう子 リリー・フランキー、二宮慶多 黄升、風吹ジュン、國村隼 樹木希林、夏八木勲出演 是枝裕和監督、 138分、2013年9月20日より全国公開 2013、ギャガ (原題/原作:そして父になる) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞作品 「カン... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 07:08

» そして父になる [映画的・絵画的・音楽的]
 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。  映画の始...... [続きを読む]

受信: 2013年10月10日 (木) 20:48

» 子の心、親知らず~『そして父になる』 [真紅のthinkingdays]
 大手ゼネコンに勤務し、都内の高級マンションに住む野々宮良多(福山雅治) は、いわゆる 「勝ち組」 のエリートサラリーマン。妻みどり(尾野真千子)、一 人息子の慶多(二宮慶多)と、平穏な暮らしを営んでいた。 お受験に成功した 慶多の小学校入学直前、ある知らせが一家にもたらされる。  カンヌ国際映画祭において審査員賞を受賞、絶賛を浴びた話題作。日常に即 した家族関係を描き続け...... [続きを読む]

受信: 2013年10月14日 (月) 18:48

» そして父になる [タケヤと愉快な仲間達]
【監督・脚本】是枝裕和 【出演】福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲 【解説】 『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や...... [続きを読む]

受信: 2013年10月20日 (日) 06:55

» 血か時か、そして [笑う社会人の生活]
27日のことですが、映画「そして父になる」を鑑賞しました。 学歴、仕事、良き家庭 いわいる勝ち組の良多。 順風満帆な人生を歩んできた、ある日 6年間育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明して・・・ 子の取り違え問題 血の繋がりか過...... [続きを読む]

受信: 2013年10月25日 (金) 22:42

» 「そして父になる」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
ジャイアンツの先発・菅野智之投手は好投した(5回と3分の1を投げて1失点。)が、如何せん投げ合った相手が悪かった。今季、レギュラー・シーズンでは「24勝0敗1セーヴ」と、1つも負けていない田中将大投手だったから。 取り敢えず1点は取れたのだから、「手...... [続きを読む]

受信: 2013年10月28日 (月) 01:20

» そして父になる [単館系]
そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で 他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。 映画館で幾度か予告を見て気になった作品。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月15日 (金) 22:56

» さよなら渓谷 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
さよなら渓谷 13:日本 ◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」 ◆主演:真木よう子、大西信満、鈴木杏、井浦新、新井浩文、木下ほうか、三浦誠己、薬袋いづみ、池内万作、木野花、鶴田真由、大森南朋 ◆STORY◆緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し...... [続きを読む]

受信: 2013年11月24日 (日) 21:09

» 「そして父になる」 [ここなつ映画レビュー]
2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品はいつも、心して観なければならない、精神的にハードな作品が多く、取り上げている題材とあいまって、覚悟のいる鑑賞となる事は始めから判っていた。案の定、とてもヘビーな作品だった。いや、実はそうとは言い切れない。観客が感情移入をし過ぎないようむしろ淡々... [続きを読む]

受信: 2014年1月20日 (月) 16:11

» 『そして父になる』(映画)ー泣くか笑うか、はたまた呪いを解くか、どう転んでも絶景が広がる [マンガデシネ]
 是枝監督週間を締めくくる作品である。これは監督自身が挨拶に訪れた上映会にて鑑賞してきた。それゆえに観る側にも自然と力が入る。そんな緊張感を持って映画を観るのも、悪 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月27日 (月) 20:11

« テレビドラマ「半沢直樹」 | トップページ | 「地獄でなぜ悪い」 »