« 「蠢動-しゅんどう-」 | トップページ | 「42 世界を変えた男」 »

2013年11月24日 (日)

「ペコロスの母に会いに行く」

Pekorosmother

2013年・日本
配給:東風
監督:森﨑 東
原作:岡野雄一
脚本:阿久根知昭
撮影:浜田 毅
企画:井之原尊
プロデューサー:村岡克彦
主題歌: 一青窈

認知症の母親とその息子のおかしくも切ない日常を綴った岡野雄一の同名エッセイ漫画を、「ニワトリはハダシだ」(2003)以来10年ぶりとなる森﨑東監督が映画化。出演は「川の底からこんにちは」の岩松了、映画出演は「二百三高地」(1980)以来となる赤木春恵、その他加瀬亮、竹中直人等。原田知世と原田貴和子が約20年ぶりに姉妹共演も果たしている。

長崎生まれの団塊世代、岡野ゆういち(岩松了)は、離婚して子連れで故郷の長崎に戻り、広告会社に勤務するも、漫画を描いたり音楽活動をしたりと趣味にうつつを抜かし、仕事に身が入らない。そんなゆういちの母・みつえ(赤木春恵)が認知症になり、予測できないみつえの行動にゆういちは神経をすり減らす。思い悩んだゆういちはみつえを老人介護施設のグループホームに入所させるが、そこにはさまざまな認知症の老人たちがいた。やがてみつえは症状が進み、ゆういちの顔も分からなくなって行く…。

認知症の老人が登場するドラマはこれまでもいくつか作られているが、正直心が重い。私の家族も直面している問題でもあり、観ててやり切れなくなって来る。今年もミヒャエル・ハネケ監督の「愛、アムール」という映画が公開されており、秀作ではあるがあまりに絶望的な結末には心が沈んだ。

だが、さすが「喜劇・女生きてます」等の庶民の哀歓を骨太に描く人情喜劇を作って来た森﨑東監督、本作はなんと笑いと涙に溢れた、心温まる明るいヒューマン・コメディに仕上がっていた。これは本年を代表する日本映画の秀作である。

原作漫画自体が、丸みのある線でほのぼのとしたタッチなのだが、映画もその雰囲気を引継ぎ、認知症の老人が引き起こす騒動をユーモラスに描いて暗さを感じさせない。

認知症は、ネガティブに考えれば辛い症状だが、映画ではそれを逆手に取って、笑えるエピソードに転化している。
オレオレ詐欺の電話があっても、受話器を外してるうちに電話の内容を忘れてしまって被害を逃れる辺りは頬が緩むし、駐車場で息子の帰りを待つみつえの顔がテールライトに赤く照らされ、ゆういちが伝承妖怪の夜声八丁と勘違いして悲鳴を上げるシーンには大笑いした。

そして何より、主人公であるゆういちの生き方がポジティブであるのがいい。仕事の合間に、楽器を鳴らして自作の下ネタ満載のコミカルな歌を歌い、認知症の母との生活を隠す事なくマンガに描き、母に自分を認知してもらう為に堂々とハゲ頭を差し出す…。

原作者の岡野氏自身がそうした性格なのであろうが(主人公の名前が原作者と同一である事からしても、マンガに描かれているのはほとんど事実なのだろう)、この生き方・行動には感動した。

人間、生きて行く中で、辛い事や悲しい事があったり、絶望的な事態に直面する事もある。
だが、泣いていたって物事は解決しない。ポジティブに、前向きに生きていれば、開ける道だってあるのだ。

映画の中で、竹中直人扮する本田が、自分のハゲを恥ずかしがってカツラを被っているのだが、それを知ったゆういちは、自分のハゲを見せる事によって母ともコミュニケーションが取れ、グループホームの本田の母からも、先生と慕われている事を本田に告げる。
そのゆういちに感化され、本田はカツラを捨て、母にハゲ頭を示し、やがて親子のコミュニケーションは回復に向かう。

我々自身も、彼の生き方に学ぶ事は多い。

同時にこのテーマは、逆境にあっても、社会の底辺にあっても、たくましく、ふてぶてしく、おおらかに生きて行く庶民をコミカルに、エネルギッシュに描いて来た一連の森﨑監督作品とも共通するものがある。
そういう意味では、本作もまぎれもなく森﨑東監督作品なのである。

 
だが映画が描くのはそれだけではない。

物語は、認知症の現在を描きつつ、やがてみつえの過去…子供の頃から現在に至る、波乱に満ちた生涯のエピソードも描いて行く。

戦前の地方の例に洩れず、10人兄弟の長女として生まれて生活に苦労し、畑仕事で破れた弟や妹たちの服を繕い、長崎の原爆のキノコ雲を目撃し、戦後は結婚した相手が酒乱で暴力を振るわれ、それでも息子のゆういちを育て上げ、幼馴染のちえこ(原田知世)との遊郭での再会、そして別れ…。

認知症は、最近の事はほとんど記憶に残らず、やがては息子の顔も忘れる時も来る。
だが反面、昔の事は鮮明に覚えている場合がある。そして、良い想い出のみが残っている事もある。
(同じく認知症老人を描いたスペイン映画「しわ」でも、過去の素敵な想い出をいつまでも忘れずに生きる老婦人が登場していた)

みつえの過去が回想として描かれるのは、単にみつえの人生を辿るという意味以上に、認知症の人には、今を忘れても、過去の記憶はまだ忘れてはおらず、その想い出に浸る時間はまだ残されている、という現実とリンクしているとも言えるのである。

従って、回想シーンは、実はみつえの今の心象風景である、とも言えるのだ。

そうした、みつえの過去の記憶が蘇える、長崎ランタンフェスティバルでの、眼鏡橋上での幻想的再会シーン、
このシーンでは号泣してしまった。なんと美しく、せつなく、感動的である事か。

みつえは、これからも、美しい想い出を心の片隅に残し、生きて行くのだろう。

ラストでポツリとゆういちがつぶやく「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」のセリフにもまた泣けた。

そう、我々だって歳を取れば、みつえのような老後を送らざるを得ないかも知れない。
でも、悪い事ばかり考えても仕方がない。前向きに、ポジティブに、そして美しい想い出を心に強く刻み込んで、そして生きて行くべきではないだろうか。

森﨑東監督、当年86歳、まったく衰えを見せない演出ぶりにも感動した。89歳の赤木春恵さんの、ギネスに乗る最高齢初主演ともども、元気な老人パワーにこちらも元気をもらった。お二人に深く感謝したい。

認知症老人を抱える人や、老境にさしかかった人は、必見の素敵な作品である。
いや、それ以外の多くの人にも是非観て欲しい、これは素敵な人生賛歌、人間賛歌の物語なのである。     (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

|

« 「蠢動-しゅんどう-」 | トップページ | 「42 世界を変えた男」 »

コメント

お久しぶりです。と言いつつ、ずっと拝読はしていたので私自身は、あまりその感覚がないのですが…コメントは、本当に本当にご無沙汰でしたので…。ここ1ケ月くらい更新されていなかったので、お体の調子でも崩されたのかな…と心配しておりました。が、今日のアップ拝読し、安心しました。『ペコロス』私は今年のベストです。うちも79の父が数年前から認知症ですが、今年に入ってから急激に進行(悪化)し、老々介護の母は半狂乱になるし、一人っ子の私は仕事をしつつ、それを全て受けて疲労困憊の毎日でした。そんな中で観たこの作品には、本当に救われました。『恍惚の人』をはじめ、認知症やその介護の壮絶な面が取り上げられた作品は多々あれど、こんなにあたたかな眼差しの明るい作品はなかったように思います。自らの境遇が前提にありますから、一作品として冷静に鑑賞し評価できているかは判りませんが、とにかく今年の我が1位です。先日、原作者の岡野さんが御母さんにペコロス頭を叩かせてコミュニケーションをとっているユーモラスな動画も拝見しましたが(タイトルが「リハビリ用はげ頭」というのも笑ってしまいましたが)、私も岡野さんの爪の垢でも煎じて飲まなければ、と心底思いました。森﨑監督の演出は、老いて凝り固まるどころか、ますます柔軟で軽やかになっておられるようで、驚嘆しております。

投稿: ぴよ | 2013年11月24日 (日) 21:31

◆ぴよさん
ご心配かけてすみません。体は問題ないのですが、仕事が立て込んだのと、ぴよさんと同じく母の介護の件とで何かと忙しく、文章を書く時間が取れませんでした。
本作のペコロスのお母さん、私の母の姿とダブって、私も冷静に評価出来ません。でも傑作である事は間違いないです。「はじまりのみち」とどっちを1位にするか、ベストテン選考では悩んでます。ほとんど同率1位です。
偶然か、どちらも老いた母を懸命に世話する息子の物語で、どちらにも加瀬亮が出演してますね。
今年は認知症を扱った映画では、本文でも取り上げた「しわ」もほのぼのとした味わいの心温まる作品です。DVDが出たら是非ご覧になってください。
お互い、ポジティブな気持ちで頑張りましょう。書き込みありがとうございました。

投稿: Kei(管理人) | 2013年11月24日 (日) 23:02

記事を読んでて、映画を思い出してウルっと来てしまった。あの眼鏡橋で集ってるシーンを見て、『異人たちとの夏』を思い出しました。あの映画では夏が過ぎて異人たちは去って行きましたが、この映画では冬が来て、異人たちが戻って来るみたいでもあります。

投稿: ふじき78 | 2013年11月27日 (水) 07:53

あの橋のシーン、やはり泣かれましたか。
認知症の介護の話と思って見ていたら、
きっちり、ひとりの“女性”史になっている。
そして、その向こうに“この国”がある。
もう、たまりません。
今年の邦画の個人的ベスト…かも?

投稿: えい | 2013年12月 1日 (日) 18:39

◆ふじき78さん
「異人たちとの夏」、私も大好きな作品です。あの作品でも泣けましたね。

>この映画では冬が来て、異人たちが戻って来るみたいでもあります。
そう言えばあのランタンフェスティバルは1月でしたね。
あの幻想的な美しい風物は、亡き人がこの世に現れる背景にピッタリなのかも知れませんね。


◆えいさん
>ひとりの“女性”史…
言い得てると思いますね。さすが多くの“女”シリーズを監督して来た森崎東さんならではの作品でした。

あのラストに現れる人たちは、本来はみつえにとっては悲しい、嫌な想い出にまつわる人たちばかりなんですね。
でも、あの橋の上ではみんなみつえと、とても幸せそうに再会を喜んでいました。
嫌な事は忘れて、美しい想い出だけがよみがえる…
「ボケるとも悪かことばかりじゃなかかもな」―この言葉通りなのだと思いますね。
それを思って、私の母の事も思い出して、泣いてしまったのです。
私も、今年一番、心が震えた作品に出会えました。

投稿: Kei(管理人) | 2013年12月 5日 (木) 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/58636268

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペコロスの母に会いに行く」:

» ペコロスの母に会いに行く [佐藤秀の徒然幻視録]
認知症と幽玄の世界 公式サイト。岡野雄一原作、森崎東監督。岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人、大和田健介、松本若菜、原田知世、宇崎竜童、温水洋一、穂積隆信 ... [続きを読む]

受信: 2013年11月24日 (日) 18:49

» [映画]「ペコロスの母に会いに行く」(森崎東監督作品) [タニプロダクション]
新宿武蔵野館 座席位置 最前列中央 評点・・・☆☆☆☆ ダンゼン優秀! 以下、facebookより転載。 過日、森啗東監督『ペコロスの母に会いに行く』観賞。ダンゼン優秀!久しぶりに秀逸な喜活劇を堪能。赤木春恵氏は89歳で映画初主演で、森啗東監督は今日で... [続きを読む]

受信: 2013年11月24日 (日) 22:56

» ペコロスの母に会いに行く [象のロケット]
離婚後、長崎で息子まさき、認知症の母ちゃん・みつえと三人で暮らしている岡野ゆういちは、趣味の漫画や音楽にうつつを抜かすダメサラリーマン。 みつえを一人で家に置いておくことが危なくなってきたため、悩みながらもゆういちはグループホームに預けることを決心する。 みつえの記憶は少しずつ過去へ遡り、少女時代や新婚時代へ戻っているようだったが…。 ヒューマンドラマ。 ≪ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん≫... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 10:48

» ショートレビュー「ペコロスの母に会いに行く・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
この愛しき、禿げちゃびん。 期待以上の素晴らしい作品だった。 観終わってすぐに書店に直行し、原作漫画を購入。 長崎在住の岡野雄一によるエッセイ漫画は、元々自費出版されたものだそうだが、ネットや口コミで評判を呼びやがてベストセラーに。 描かれているのは、認知症の母親と男やもめの団塊の世代の息子との、ユーモラスだが切ない黄昏の日々。 やがて浮かび上がって来るのは、山あり谷ありの母の...... [続きを読む]

受信: 2013年11月25日 (月) 15:00

» 『ペコロスの母に会いに行く』 [ラムの大通り]
----あれれ。これって 今日観たばかりの映画だよね。 こんなに早く喋るの、珍しくニャい? 「そうだね。 それは、この作品が ぼくにとって喋りやすいタイプの映画というところもあるだろうね」 ----でも監督が森崎東。 『ニワトリはハダシだ』、喋るのずいぶん苦戦してい...... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 00:13

» 「ペコロスの母に会いに行く」 [大吉!]
離婚して故郷の長崎に戻ったゆういちは、ちいさな玉ねぎ“ペコロス”のようなハゲ頭のサラリーマンで、漫画を描いたり、音楽活動をしている。彼は、父の死をきっかけに認知症を発症した母の面倒を見ていた。やがてゆういちの手に負えなくなった母を、断腸の思いで介護施設に預ける事に。苦労した子供時代や夫との生活となど、過去へと意識がさかのぼっている母の様子を見て、ゆういちの胸にある思いが去来する。...... [続きを読む]

受信: 2013年11月26日 (火) 23:22

» 映画・ペコロスの母に会いに行く [読書と映画とガーデニング]
2013年 日本 認知症の母・みつえとバツイチ、ハゲちゃびんの息子・ゆういちが繰り広げるおかしくも切ない日常を描いたほっこり系ハートウォーミング介護喜劇映画 原作は、長崎在住の漫画家・岡野雄一が自身の経験をもとに描いたエッセイ漫画「ペコロスの母に会...... [続きを読む]

受信: 2013年11月27日 (水) 08:14

» 『ペコロスの母に会いに行く』をUCT豊洲6で観てハゲ濃度に笑うふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★笑って泣いてちゃんとしちょるばい】 認知症の母とハゲの息子の、 それなりに幸せなゆるめの生活を描く。 「認知症になる」ことが必ずしも不幸でないと ... [続きを読む]

受信: 2013年11月27日 (水) 19:00

» ペコロスの母に会いに行く [花ごよみ]
漫画家・岡野雄一の、 4コマ漫画を実写化。 「ペコロスの母に会いに行く」 「ペコロスの玉手箱」が原作。 「ペコロス」とはちいさな玉ねぎ ゆういちの光る頭のことを 玉ねぎになぞらえて 「ペコロス」と言っています。 漫画家・岡野雄一の、 認知症の母との日常と ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月27日 (水) 21:28

» 映画「ペコロスの母に会いに行く」を観ました!!(2013-17) [馬球1964]
映画「ペコロスの母に会いに行く」を観ました!! [続きを読む]

受信: 2013年11月29日 (金) 07:26

» 『42 ~世界を変えた男~』で注目すべきは人種差別問題ではない [映画のブログ]
 『42(フォーティーツー) ~世界を変えた男~』は奥深い思索を感動的なドラマで包み、上質なエンターテインメントに仕上げた素晴らしい映画である。  本作が描くのは、実在の野球選手ジャッキー・ロビンソンだ。  白人だけで構成されていた大リーグに、初の黒人選手として飛び込んだジャッキーは、野球ファンからも対戦チームからもチームメイトさえからも中傷され憎まれ、嫌がらせを受ける。  とうぜ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 02:23

» 『ペコロスの母に会いに行く』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ペコロスの母に会いに行く」□監督 森崎 東□原作 岡野雄一□キャスト 岩松 了、赤木春恵、原田貴和子、大和田健介、竹中直人、加瀬 亮、      温水洋一、原田知世、根岸季衣、佐々木すみ江、正司照枝、島かおり、長内美那子■鑑賞日...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 15:28

» ペコロスの母に会いに行く [映画的・絵画的・音楽的]
 『ペコロスの母に会いに行く』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)本作は、ペコロス(小さなタマネギ)という愛称の主人公・雄一(岩松了)が、10年前に認知症を発症した母親・みつえ(赤木春恵)を介護する様子を描き出した作品です。  舞台は長崎。主人公の...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 4日 (水) 21:13

» 赤木春恵、岩松了主演、森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』"母ちゃん、おいたい、ゆういちばい" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
漫画家・岡野雄一が、自分が経験したことをヒントに描いたエッセイコミックを実写化した『ペコロスの母に会いに行く』森崎 東監督による素晴らしき傑作。出演は赤木春恵、岩松了、原田貴和子、加瀬亮、他物語・長崎... [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 23:58

» 赤木春恵、岩松了主演、森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』"母ちゃん、おいたい、ゆういちばい" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
漫画家・岡野雄一が、自分が経験したことをヒントに描いたエッセイコミックを実写化した『ペコロスの母に会いに行く』森崎 東監督による素晴らしき傑作。出演は赤木春恵、岩松了、原田貴和子、加瀬亮、他物語・長崎... [続きを読む]

受信: 2013年12月18日 (水) 00:45

» 映画「ペコロスの母に会いに行く」”原田”トークショー終了しました! [雑談シネマコミュニケーター・プラザ]
昨日、映画「ペコロスの母に会いに行く」 盛り上げ上映IN十三シアターセブン 好評の内、無事に終了致しました。 「原田おさむさん」に主演級(笑)の舞台挨拶をしていただき 映画に個人投資(special thanks to)の 黒瀬匡順さんにも登壇してい...... [続きを読む]

受信: 2014年2月12日 (水) 14:37

» ペコロスの母に会いに行く [とりあえず、コメントです]
漫画家の岡野雄一著の同名エッセイコミックを映画化した家族のドラマです。 車椅子の老婦人が禿げ頭に手を乗せている写真が印象的で気になっていたので、 原作未読&予備知識無しのままチャレンジしてみました。 母の送った厳しい人生を見つめながらも、じわじわと心が温かくなるような物語が綴られていました。 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月13日 (木) 12:44

« 「蠢動-しゅんどう-」 | トップページ | 「42 世界を変えた男」 »