« 「ペコロスの母に会いに行く」 | トップページ | 「飛べ!ダコタ」 »

2013年11月28日 (木)

「42 世界を変えた男」

42

2013年・アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:42
監督:ブライアン・ヘルゲランド
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
製作:トーマス・タル
製作総指揮:ディック・クック、ジョン・ジャシュニ、ジェイソン・クラーク

史上初の黒人メジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの不屈の人生を、ブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)のジェネラル・マネージャー、ブランチ・リッキーとの交流を軸に描いた感動ドラマ。脚本・監督は「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」等の傑作を書いた脚本家であり、「ペイバック」「ROCK YOU!」等で監督としても実績のあるブライアン・ヘルゲランド。

1947年、ブルックリン・ドジャースのゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、ニグロリーグで活躍する黒人青年ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)に目をつけ、周囲の反対を押し切って彼とメジャー契約を結ぶ。だが黒人がまだ差別されていたこの時代、初の黒人メジャー・リーガーとなったロビンソンはファンやマスコミ、チームメイトからも誹謗中傷を浴びせられる。それでも、リッキーの励ましとアドバイスを受け、屈辱にも耐え、ひたむきにプレーに徹するロンビンソンの姿は、やがて人々の心も変えて行く…。

ジャッキー・ロビンソンが黒人初のメジャー・リーガーであり、後の黒人メジャー・リーガー輩出の起爆剤となった事はよく知られている。

その背景には、アメリカ社会に蔓延していた、根強い黒人差別があった。彼が登場するまでは、どんなに実力があっても、黒人はメジャー・リーガーにはなれなかった(注1)

その黒人差別がいかに酷いものだったかは、話には聞いてはいたが、やはり目で見ると、そのインパクトは強烈である。
相手チーム監督の、聞くに耐えないヤジは、観ているこっちまで、こいつを殴り倒してやりたいと思ってしまうほどだ(笑)。

それでも、ジャッキーに目をかけてくれた恩人・リッキーの教えを守り、さまざまな迫害にも耐え、実力で白人たちを見返して行く。そんなひたむきな姿に、次第にチームメイトの中にも彼の味方が増えて行き、やがてはチームメイトからも、ヤジを飛ばしていた白人観客からも尊敬を勝ち取って行く。

そして、優勝を懸けた試合で、ジャッキーが見事にホームランを打つ辺りは、王道ながらも素直に感動し、泣けた。

映画は、そこに至るまでの2年間ほどに絞って描いており、その後は字幕で示されるだけである。
この無駄のない展開もうまい。

脚本家として、いくつかの名作を書いて来たブライアン・ヘルゲランドだけあって、話の運び方はさすがである。
監督としても数作があるが、監督作としては本作がこれまでの最高の出来である。

ハリソン・フォードの、抑えた渋い演技にも感動した。もはや名優の域に達したと言ってもいい。

 
しかし、この映画で私が一番心を打たれたのは、リッキーがジャッキーに言う「やり返すよりも、やり返さない勇気が必要だ」のセリフである。

「半沢直樹」でも有名になった「やられたらやり返せ」は、普段でもよく耳にする。
子供が学校で苛められた親は、大抵子供に「やられたら、やり返してやれ」とけしかける。

アメリカという国自体が、歴史においても常にやられたらやり返して来た国である。

第二次大戦でも、日本軍に真珠湾攻撃をされたら、リメンバー・パール・ハーバーを合言葉に、日本に対してまさに倍返しの報復を行った。原爆まで使って日本を焦土にしてしまった。

9.11テロに対しても、徹底した報復を実行した。

だが、その憎悪の連鎖が、戦争の泥沼化を招き、紛争も、テロもなくならず、アメリカ帰還兵の多くはP.T.S.Dに悩まされる事となった。
武力でやり返せば解決する時代ではなくなって来たのである。

クリント・イーストウッド監督は、その現状を痛烈に批判した傑作「グラン・トリノ」を発表した。
この作品でイーストウッド監督は、まさしく“やり返さない勇気”を痛切に描ききり、多くの感動を呼んだ(詳細は拙映画評参照)。

本作が、今の時代に作られた意義は、そういう意味からも大きい。

ブランチ・リッキーが残した功績は、黒人にメジャー・リーグの門戸を開いた事も大きいが、この21世紀の今の時代にこそ、その精神が大きな意味を持っている事を改めて痛感する。本当に偉大な人である。
ジャッキー・ロビンソンは無論だが、ブランチ・リッキーをこそ、歴史に残る偉人としてもっと評価すべきではないだろうか。

ちなみに、ブライアン・ヘルゲランドは、クリント・イーストウッド監督の秀作「ブラッド・ワーク」「ミスティック・リバー」の2本の脚本を書いている。これも不思議な縁である。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 
(注1)

Satchel_paige凄い例がある。野球ファンなら知ってるだろうが、サチェル・ペイジという投手はニグロ・リーグで大活躍し、約2500試合に登板、2000勝以上をあげ、うち完封勝利は350以上、ノーヒットノーラン55試合というとてつもない記録を残している(半ば伝説に近いという説もある)。球速は、スピードガンがない時代なので定かではないが、見た人の多くが170km/hを超えていたと証言している。それでもメジャー・リーグには上がれなかった。
ジャッキーの活躍でメジャー・リーグの「カラーライン」が破られ、やっと黒人にもメジャー・リーグへの門戸が開放された時、サチェルは40歳になっていた。1948年、遅まきながら彼は42歳でメジャーのインディアンズに入団したが、年齢の衰えはいかんともしがたく、メジャー通算成績は28勝31敗に終わった。
もっと早くメジャーに入っておれば、もの凄い成績を残した事だろう。残念である。(参考文献:Wikipedia及び佐山和夫著「史上最高の投手はだれか」より)

|

« 「ペコロスの母に会いに行く」 | トップページ | 「飛べ!ダコタ」 »

コメント

これはいい映画でした。
ハリソン・フォードが良かったですね。
脚本を読んで監督に出たいと直訴したとか。
この映画の公開に合わせてジャッキー・ロビンソンの奥さんレイチェルさんが来日していたそうです。
91才で健在!
http://weblog.hochi.co.jp/hiruma/2013/10/post-dc73.html

投稿: きさ | 2013年11月30日 (土) 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/58662484

この記事へのトラックバック一覧です: 「42 世界を変えた男」:

» ショートレビュー「42 世界を変えた男・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
先駆者の茨道。 130年を超えるメジャーリーグの歴史で、初のアフリカ系選手となったジャッキー・ロビンソンの苦闘を描く骨太の野球ドラマだ。 舞台となるのは1940年代後半、今よりは遥かに人種差別の激しかった時代。 人々の不条理な意識という目に見えない壁に立ち向かった男の物語は、今なお時代を超えて私たちの胸を熱くする。 情報量が多いのでややダイジェスト感はあるが、時代や社会背景は丁寧...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 00:27

» 『42 ~世界を変えた男~』で注目すべきは人種差別問題ではない [映画のブログ]
 『42(フォーティーツー) ~世界を変えた男~』は奥深い思索を感動的なドラマで包み、上質なエンターテインメントに仕上げた素晴らしい映画である。  本作が描くのは、実在の野球選手ジャッキー・ロビンソンだ。  白人だけで構成されていた大リーグに、初の黒人選手として飛び込んだジャッキーは、野球ファンからも対戦チームからもチームメイトさえからも中傷され憎まれ、嫌がらせを受ける。  とうぜ...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 01:50

» 劇場鑑賞「42 世界を変えた男」 [日々“是”精進! ver.F]
野球が、したいだけ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311030002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送料無料】ジャッキー・ロビンソン [ 近藤隆夫 ]価格:1,5...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 05:43

» 42〜世界を変えた男〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
ふたりはシンパシィ 感じてた♪ 公式サイト。ブライアン・ヘルゲランド監督、チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ ... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 10:02

» 『ペコロスの母に会いに行く』をUCT豊洲6で観てハゲ濃度に笑うふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★笑って泣いてちゃんとしちょるばい】 認知症の母とハゲの息子の、 それなりに幸せなゆるめの生活を描く。 「認知症になる」ことが必ずしも不幸でないと ... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 11:03

» 『42 世界を変えた男』 [ラムの大通り]
(原題:42 The Jackie Robinson Story ) ----この映画、 観る前はあまり気乗りじゃなかったのに、 帰ってきたらまるで別人になったみたいに大プッシュしていたよね。 「うん。 キービジュアルでは 黒人の大リーガー選手が一歩前に。 その後ろで背広姿の白人が なにや...... [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 14:33

» 42〜世界を変えた男〜 [だらだら無気力ブログ!]
ハリウッドのメジャーリーグ物って見応えあるわ〜。 [続きを読む]

受信: 2013年11月30日 (土) 23:54

» 映画:42 世界を変えた男 ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない、を再確認。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない(という認識) 「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」、コメディでは「メジャーリーグ」、最近では「マネーボール」「人生の特等席」などなど傑作ぞろい。 というのは、アメリカから生まれた中で最も歴史ある...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 04:01

» 映画・42 世界を変えた男 [読書と映画とガーデニング]
原題 422013年 アメリカ 1947年、ひとりのメジャーリーガーが誕生する彼の名はジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)当時、白人だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中で、たったひとりの、そして初めての黒人選手だそんな彼を待っ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 11:17

» 『42 〜世界を変えた男〜』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「42 〜世界を変えた男〜」 □監督・脚本 ブライアン・ヘルゲランド□キャスト チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー        クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 1日 (日) 15:34

» 映画「42~世界を変えた男~」全球団の永久欠番 [soramove]
映画「42~世界を変えた男~」★★★★ チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、 ニコール・べハーリー、クリストファー・メローニ  アンドレ・ホランド出演 ブライアン・ヘルゲランド監督 128分、2013年11月1日より公開 2013,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画 (原題/原作:42) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 2日 (月) 07:56

» 42 世界を変えた男 [象のロケット]
1947年、アメリカ。 大リーグの野球球団ブルックリン・ドジャーズのオーナー、ブランチ・リッキーは、周囲の反対を押し切って黒人のジャッキー・ロビンソンと契約する。 背番号は「42」。 彼は当時、白人選手だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中でたった一人の、そして初めての黒人選手だった。 チームメイトはジャッキーを拒否する嘆願書を作り、野球ファンからは脅迫状が山のように届くのだが…。 実在のメジャーリーガーの物語。... [続きを読む]

受信: 2013年12月 3日 (火) 10:46

» 42~世界を変えた男~ [ケントのたそがれ劇場]
★★★★ 製作:2013年米国 上映時間:128分 監督:ブライアン・ヘルゲランド  黒人で初めてメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマである。当時メジャーリーグは白人の世界だったため、様々な偏見や差別に合って嫌な思いをすることになるが... [続きを読む]

受信: 2013年12月 3日 (火) 17:46

» 42 世界を変えた男 [映画的・絵画的・音楽的]
 『42 世界を変えた男』を丸の内ピカデリーで見ました。 (1)評判がよさそうなので、公開終了間際でしたが映画館に行ってきました。  本作は、アメリカのメジャーリーグで最初の黒人選手となったジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を描いたもので...... [続きを読む]

受信: 2013年12月20日 (金) 07:04

» その人が変えた野球 [笑う社会人の生活]
5日のことですが、 映画「42 〜世界を変えた男〜」を鑑賞しました。 黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの物語 いわいる伝記モノで、一生ではなく メジャーリーガーになっていく部分を描いていて 人種の壁、差別というものを乗り越え 実力で成功してい...... [続きを読む]

受信: 2014年1月25日 (土) 16:52

« 「ペコロスの母に会いに行く」 | トップページ | 「飛べ!ダコタ」 »