« 「新しき世界」 | トップページ | 「東京難民」 »

2014年2月28日 (金)

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」

Kickass2

2013年・英/ユニヴァーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和
原題:Kick-Ass 2
監督:ジェフ・ワドロウ
原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミタ・Jr.
脚本:ジェフ・ワドロウ
製作:マシュー・ボーン、ブラッド・ピット、アダム・ボーリング、タルキン・パック、デビッド・リード

小規模公開でスタートするも、口コミで評判が広まり、全米大ヒットを記録した「キック・アス」のシリーズ第2作。キック・アス=アーロン・ジョンソン、ヒット・ガール=クロエ・グレース・モレッツ、レッド・ミスト=クリストファー・ミンツ=プラッセが前作に引き続き主演し、ストライプス大佐役でジム・キャリーが新たに参加。前作を監督したマシュー・ボーンは製作にまわり、「ネバー・バックダウン」(2008・日本未公開)で監督デビューした新鋭ジェフ・ワドロウ監督がメガホンをとった。

かつてキック・アスとして活躍したデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、ヒーローの姿を捨て、平凡な学園生活を送っていた。一方、ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)も、父の親友マーカスに引き取られ、ヒット・ガールを封印し、普通の女の子として生きるよう勧められていた。しかし、卒業を間近に控え、ヒーローの夢を捨てきれないディヴは、元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)と出会い、彼に触発された事もあって、やがて志を同じくする仲間たちとヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成する。そんな頃、キック・アスに父親を殺されたレッド・ミストは、マザー・ファッカー(クリストファー・ミンツ=プラッセ)と名を改め、悪党軍団を引き連れてディヴへの復讐を開始しようとしていた…。

前作「キック・アス」はマイナー会社の配給により、ミニシアターでひっそり公開されたが、コアな映画ファンから圧倒的な支持を受け、「映画秘宝」誌ではなんとベストワンに選ばれた。勿論本国でも大ヒットとなり、そのおかげで続編となる本作は、めでたくメジャーのユニヴァーサルにより配給され、全国のシネコンで拡大公開される大出世となった。

しかし、うーんなんと言うか、こういうB級テイスト芬々のカルト的作品は、マイナーな立ち位置でこそふさわしいのであって、メジャーになってしまうとかえってつまらなくなってしまうケースが多い。
また、前作はあまり期待していなかったからこそ、拾い物感もあって楽しめたわけで、期待が高まり過ぎてしまうと、その分ハードルが高くなって、気軽に楽しめなくなってしまう事もある。

そんな、期待と不安、相半ばする中で観に行ったのだが…。

 
まあ、一言で言えば、前作ほどのインパクトはないけれど、期待しなければまあまあ面白く観れる、という所ではないだろうか。

(以下ネタバレあり)
前作はとにかく、“スーパーヒーローでも何でもない普通の高校生がヒーローになりたいと奮闘する”というアイデアが秀逸だった。これはコロンブスの卵である。それプラス、小学生(11歳)の少女が大の男たちをボコボコにする、という発想もユニークで痛快だった。
これだけの事を見せられてしまうと、続編はどう頑張っても意外性や新鮮味は薄れてしまうのは仕方のない所である。

そこで本作では、①あれから3年経ってすっかり成長したミンディの学生生活 ②キック・アスが仲間を増やしてヒーロー軍団を結成し、集団で悪と対決する-という2つの要素を新たに盛り込んだ。

前作ではまだおチビちゃんだったクロエ・グレース・モレッツが、3年の間にすっかり大きくなってしまったので、ちょっと青春学園もののタッチも取り入れてみました、という所である。
養父の刑事であるマーカスから、ヒット・ガールを封印する事を誓わされ、普通の女の子として暮らすべきか悩むシーンもあるのだが、その分テンポが緩くなってしまってるのはマイナス・ポイント。
前作の面白さは、ひとえにチビガキが無茶苦茶に暴れるデタラメさ、荒唐無稽さにあったわけで、まあ流れとして分からなくもないが、余計だった気がする。

仲間が増え、ヒーロー軍団を結成するというのも、うまく描けば面白くなると思うのだが、あまり生かされているとは思えない。
結局最後は、キック・アスとヒット・ガールがそれぞれ強敵と1対1の死闘を繰り広げるのがクライマックスとなるわけだから、他のヒーローたちは居なくてもあまり影響はない。

ジム・キャリーが演じたスターズ・アンド・ストライプ大佐も、大して活躍しないうちに早々と引っ込んでしまったのは拍子抜け。最後まで戦わせて欲しかった。もったいない。

 
…とまあ、いろいろ難点を挙げたが、それはあくまで前作と比較しての事、バカバカしい笑いは健在で、アクションはパワーアップしている事もあり、前作を忘れてこれはこれで楽しめばいいのである。以下、本作の見どころをいくつか。

まず笑ったのが、敵の助っ人悪役、その名もマザー・ロシア(笑)。

「ロッキー4/炎の友情」におけるロシア人ボクサー、イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)といい、「007/ロシアより愛をこめて」における殺し屋グラント(ロバート・ショー)といい、ロシア人の悪役はいつもムキムキで図体のデカい、金髪のマッチョと相場が決まっている。よって本作のマザー・ロシアもそのパターン通りである。一度、“ロシア人悪役の系譜”を調べてみるのも面白いかも知れない。
それにしても、パトカー数台壊すシーンは強すぎる。おまえはターミネーターかと突っ込みたくなる(笑)。

父親を殺されたレッド・ミストが悪のヒーローとなって復讐に燃えたり、ディヴの父親が殺されたり、という辺りは「スパイダーマン」(アメイジングじゃなくてトビー・マクガイア主演の方)を思わせたりもする。

その父親の葬儀中、マザー・ファッカー軍団の襲撃を受け、デイヴは拉致されてしまうのだが、その車の屋根にしがみついたヒット・ガールの一大バトル・シーンはこの映画最大の見もの。それまで守勢でやられっぱなしだったディヴやミンディたちが、ここから一気に反転攻勢となるわけで、スカッとする。「レイダース/失われた聖櫃(アーク)」のパロディもちょっと入っているので、同作品を観た人なら余計楽しめる。

そして、下品さは前作よりさらにパワーアップ。秘密兵器ゲ○ゲ○棒には大笑い。

前作ではからきし弱かったディヴは、ミンディに頼んで特訓してもらい、筋肉もつけて多少は強くなっており、これが、ラストでヒット・ガールの手を借りずにマザー・ファッカーとタイマン勝負するクライマックスに繫がる事となる。

あまり深く考えず、頭をカラッポにして、ちょっと大人になったヒット・ガールのアクションを楽しめばいい。とにかく期待し過ぎない事である。
なお、エンド・クレジット後にもお楽しみがあるので、最後まで席をたたないように。    (採点=★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 
(付記)
プロデューサーとして、ブラッド・ピットの名前がある。前作でもクレジットされていたはず。まもなく公開される社会派ドラマ「それでも夜は明ける」にもプロデューサーとして名を連ねており、今後はプロデュース業にも力を入れるのかもしれない。

が、それにしても、まったく傾向の違うこの2つの作品を同時期にプロデュースするとはね。本人はどっちのジャンルに興味があるのだろうか。その方が気になる。

|

« 「新しき世界」 | トップページ | 「東京難民」 »

コメント

それなりに面白く見ましたが、前作と比較するとちょっとね、、
全作は思わぬ拾いものという印象でしたが。
クロエ・グレース・モレッツがきれいになりましたね。
3作目に期待かな。

投稿: きさ | 2014年3月 5日 (水) 07:58

◆きささん
続編はどうでしょうね。本作でもクロエたんが成長してしまって、1作目の魅力が半減してますものね。
次はもっと大人になってますでしょうからね。別のおチビちゃんに役者交代すべきか、でもクロエたんのアクションも見たいし。うーん悩みます(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2014年3月11日 (火) 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59215900

この記事へのトラックバック一覧です: 「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」:

» 劇場鑑賞「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 [日々“是”精進! ver.F]
青春を懸けて、悪と戦う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402220000/ 生活雑貨・ポスター・ポストカード・映画生活雑貨♪キックアス2 キャスト ポスター 映画 ポスタ...価格:1,029円(税込、送料別) 【送料無料】【輸入盤】Kick-Ass 2 (2013)...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 06:47

» 劇場鑑賞「キック・アスジャスティス・フォ... [日々“是”精進!]
「キック・アスジャスティス・フォーエバー」を鑑賞してきました平凡なオタク高校生が謎の殺し屋少女“ヒット・ガール”の助けを借りて素人ヒーロー“キック・アス”として活躍する... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 06:47

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [Akira's VOICE]
落ち着いてしまって痛快が半減してもうた。   [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 09:53

» キック・アス ジャスティス・フォーエバー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。Kick-Ass 2。ジェフ・ワドロウ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー、モリス・チェス ... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 10:34

» 映画:キック・アス/ジャスティス・フォーエバー Kick-Ass 2 続くPART 3への予告編的な、PART 2。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
過激なアクションの切れ味が売りだった前作から、今回はやや内面に踏み込むPART 2。 注目のヒットガールは学生まっただ中で、まるで青春ドラマのような展開。 一方キックアスも、自分お能力のなさ加減に落ち込みつつ、正義のヒーローブームの元祖として、結果的に仲間...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 13:54

» キック・アス ジャスティス・フォーエバー : キック・アス、YOU最高だぜ!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 森喜朗元首相、相変わらずお口がダメダメですなぁ。「英語は敵国語」発言に続き、真央ちゃんに対する無神経発言。誰がこんな人を、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員 [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 17:57

» クロエ・グレース・モレッツ、アーロン・テイラー=ジョンソン主演『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(Kick-Ass 2)』"もしもマスクを捨てたなら" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、ラストに触れています。2010年、マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jrによる同名のコミック及び「Hit-Girl」を原作とした映画「キック・アス」の続編『キック・アス/ジャスティス・フォー... [続きを読む]

受信: 2014年3月 1日 (土) 18:57

» キック・アス ジャスティス・フォーエバー [象のロケット]
なりきりヒーロー“キック・アス”ことデイヴは、卒業を前に本物のスーパーヒーローになろうと決意する。 彼は最強の暗殺者“ヒット・ガール”ことミンディと一緒にトレーニングに励むことに。 一方、キック・アスに父親を殺されたクリスは、悪の化身“マザー・ファッカー”を名乗り、世界各国から凄腕の暗殺者を集め、悪の軍団を結成しようとしていた…。 “常人”ヒーロー・アクション第2弾。 R-15.... [続きを読む]

受信: 2014年3月 2日 (日) 11:31

» キック・アス ジャスティス・フォーエバー/KICK-ASS 2 [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 2匹目のドジョウはいなかった。 ハイ。本作を観る理由☆ 1.前作楽しめた、2.タランティーノが去年のベストに挙げた。 3.ジム・キャリーが出る♪(主演のアーロンは続行)ってことで楽しみにしてました〜 主...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 2日 (日) 17:28

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [だらだら無気力ブログ!]
非常に面白かったけど、前作には劣る。 [続きを読む]

受信: 2014年3月 2日 (日) 21:18

» 『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』に登場しないのは? [映画のブログ]
 続編を作るなら前作よりもスケールアップさせなくちゃ、と作り手の多くは考えるのだろう。  その常套手段の一つが、登場するキャラクターの数を増やすことだ。  ヒーローとして行動しようと孤軍奮闘する少年デイヴを描いた『キック・アス』も、続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』ではヒーロー軍団と悪人軍団の集団戦に発展した。  キック・アスに扮したデイヴは、 スターズ・アンド・スト...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 4日 (火) 23:28

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー  監督/ジェフ・ワドロウ [西京極 紫の館]
【出演】  アーロン・テイラー=ジョンソン  クロエ・グレース・モレッツ  クリストファー・ミンツ=プラッセ  ジム・キャリー 【ストーリー】 キック・アスことデイヴと、ヒット・ガールのミンディは普通の日々を送っていた。ところがそんなある日、デイヴは元ギャ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月 9日 (日) 20:25

» 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」ヒット・ガールはパワーアップ、映画全体は前作に及ばず [soramove]
「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」★★★☆ アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、 ニコラス・ケイジ、ジム・キャリー、 クリストファー・ミンツ=プラッセ出演 ジェフ・ワドロー監督、 103分 2014/2/22公開 2013,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:Kick-Ass 2:Balls to the Wall ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブロ... [続きを読む]

受信: 2014年3月12日 (水) 11:16

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [だらだら無気力ブログ!]
非常に面白かったけど、前作には劣る。 [続きを読む]

受信: 2014年3月24日 (月) 00:43

» キック・アス/ジャスティス・フォーエバー [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー 13:米、イギリス ◆原題:KICK-ASS 2 ◆監督:ジェフ・ワドロウ「ネバー・バックダウン」 ◆主演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ 、クロエ・グレース・モレッツ、ジム・キャリー、モーリ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 3日 (木) 23:28

» 正義よ永遠なれ~『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』 [真紅のthinkingdays]
 KICK-ASS 2  NYに住む普通の高校生・デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)が、街に はびこる悪を退治するヒーロー 「キック・アス/KA」 として活動して3年。 ビッグ・ダディ/BDを亡くした 「ヒット・ガール/HG」 ことミンディ(クロエ・ グレース・モレッツ)は、人知れず鍛錬を続けていた。  前作 『キック・アス』 を観逃して、ずっ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月11日 (金) 19:47

» 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 [ここなつ映画レビュー]
言わずと知れた名作「キック・アス」の続編である。B級にも関わらず、ごっつ名作だった「キック・アス」。アメコミの馬鹿馬鹿しさと童貞男子の切なさとヒット・ガールの可愛さに、メロメロになったものだ。口コミが口コミを呼んでヒット作品となった記憶がある。しかしこの「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」。何なのだろう。単なるB級になってしまった。いや、B級にもならなかったかも。少女が大人になり、ヒット・ガールのアクションがほぼ封印され、あの胸張り裂ける哀しく切ない展開が全くなかったのだから、それも然り。旨... [続きを読む]

受信: 2014年5月29日 (木) 13:06

» キック・アス ジャスティス・フォーエバー [いやいやえん]
監督が違うからかな?なんか印象が変わった。ヒーローに憧れるオタク青年と幼少期からヒーローとして育てられた少女が活躍する「キック・アス」の続編で、キックアスたちの影響で増えたヒーローたちと(元レッド・ミストの)マザー・ファッカー率いる悪党たちが衝突するっつー話。 アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツといった主役の続投は嬉しいものの、ヒットガールもまだ幼い少女だったからこそのあのアクションが燃えたんだわ。 前作のインパクトが強すぎたために続編である本作は少々全体的に... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 09:35

» 軍団化のヒーローたち [笑う社会人の生活]
26日ことですが、映画「 キック・アス ジャスティス・フォーエバー」を鑑賞しました。 デイヴとミンディは普通の日々を送っていたがストライプス大佐の呼びかけによりデイヴらはヒーロー軍団 ジャスティス・フォーエバーを結成。そこへレッド・ミストが父の復讐のため刺...... [続きを読む]

受信: 2014年9月27日 (土) 14:24

« 「新しき世界」 | トップページ | 「東京難民」 »