« 「東京難民」 | トップページ | 「LIFE!」 »

2014年3月23日 (日)

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

Nebrasca

2013年・アメリカ
配給:ロングライド
原題:Nebraska
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:ボブ・ネルソン
撮影:フェドン・パパマイケル

頑固者の父親と、そんな父とは距離を置いて生きてきた息子が、旅を通して心を通わせる姿を描いたハートフルなロードムービー。監督は「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」で2度のアカデミー最優秀脚色賞を受賞したアレクサンダー・ペイン。主演のブルース・ダーンが2013年・第66回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した。

モンタナ州に暮らす老人ウディ(ブルース・ダーン)の元に、100万ドルの賞金が当たったという、明らかに胡散臭い手紙が届く。ウディはそれを信じ込み、妻や周囲の声にも耳を貸さず、遠く離れたネブラスカまで賞金を貰いに行くと言って聞かない。息子のデイビッド(ウィル・フォーテ)は、そんな父を放ってもおけず、無駄骨と分かりつつも父を車に乗せてネブラスカ州を目指す。その道中、二人はウディの生まれ故郷に立ち寄るが、そこでもひと騒動が起こり…。

最近では珍しいモノクロ映画である。撮影は「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」でもペイン監督とコンビを組んだ名手フェドン・パパマイケル。どことなくうら寂しい田舎町や、途中の旅の荒涼とした風景を描くのには、モノクロ映像がふさわしい。

冒頭、高速道路をトボトボ歩いていたウディが、パトカーに呼び止められる。賞金を受け取りに行くつもりなのだが、このシーンからして、ウディが認知症の初期ではないかと思わせる(正常なら歩いては遠すぎるのでバスに乗るだろう)。ちょっと目を離すとまた歩き出すので家族は危なくて仕方がない。元々、大酒飲みで頑固で自分勝手な性格だったらしく、息子たちも距離を置いていたようだが、そこにさらに困った問題が起きた事となる。

息子のデヴィッドは、「これはインチキだよ」と説得するのだが、ウディは貰えるものと完全に思い込んでおり、誰が何と言おうと、ネブラスカ行きの決心を変えようとしない。人の意見を聞くような性格ではない事がよく分かる

これはほっとけない、と思ったデヴィッドは、最近恋人に振られた事もあり、気分転換のつもりで、親父を車に乗せて二人でネブラスカに向かう。

この旅を通して、サブタイトル通りに、父と息子の二人の間の距離が縮まって行く

途中、モーテルでウディが転んで頭にケガをしたり、入れ歯を落としてしまったりするのだが、こんな父の姿を見て、デヴィッドは父の老い先もあまり長くはないと感じ取り、最後くらいは親孝行をしてやろうと思ったのかも知れない。

目的地の手前には、ウディの生まれ故郷がある。二人はそこに寄り、すっかり荒れ果てた生家を見、昔の知り合いや親戚たちとも久しぶりに再会する。
懐かしく接してくれたり、快く思っていない親戚たちもいたり。
そして、ウディが「100万ドルが当たった」と喋ったものだから、たちまち友人や親戚たちが賞金を分けろと言い出し、ひと騒動が起こってしまう。

最後はデヴィッドが、父にちょっとしたプレゼントをして、我が家に向かう所で終わるのだが、親子の心がしっかり繋がり合ったこのラストが、とても爽やかな余韻を残す。

個人的にも、先年亡くなった私の父を思い出してジーンとしてしまった。

 
ウディを演じたブルース・ダーンがとてもいい。頑固で偏屈な老人役が見事にハマっている。カンヌ映画祭男優賞、アカデミー主演男優賞ノミネートも納得である(注)

彼の妻役を演じたジューン・スキップも快(怪?)演。84歳にしてアカデミー賞助演女優賞に史上最高齢ノミネートというのも凄い。

アレクサンダー・ペイン監督、本当にロード・ムービーが好きなようだ。「アバウト・シュミット」でも老人(ジャック・ニコルソン)の旅を描いていたし。
その意味では、ペイン監督の集大成的作品とも言えるだろう。
 (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

(注) 知らない人もいるだろうから、ブルース・ダーンについて少々。
デビュー当時はロジャー・コーマン監督の「ワイルド・エンジェル」「白昼の幻想」でピーターフォンダと共演、この頃から個性的な役者だった。ロジャー・コーマン監督には他にも「マシンガン・シティ」(67)、「血まみれギャングママ」(70)と重用されている。彼もコーマン学校の優等卒業生と言えるだろう。そう言えば「コーマン帝国」にも出演していた。「11人のカウボーイ」(1971)ではジョン・ウェインを殺した悪役としても有名になった。

Bluesdernその後はヒッチコック監督「ファミリー・プロット」(76)、ウォルター・ヒル監督「ザ・ドライバー」(78)でも強烈な印象を残している。個人的にお気に入りは、ダグラス・トランブル監督のSF「サイレント・ランニング」(72)における、植物を守って宇宙空間を一人で航行する植物学者役である。久しぶりの主演作を見れて、ファンとしても満足。

 
(さて、お楽しみはココからだ)
本作を観て、よく似た設定の日本映画を思い出した。

小林政広監督の「春との旅」(2010)である。

Harutonotabi偏屈で頑固な老人(仲代達矢)が突然旅に出ると言い出し、それを放っておけずに孫娘(徳永えり)が付き添い、二人で疎遠だった老人の兄弟たちを訪ね歩くというお話である。

息子と孫娘という違いはあるが、両作とも、頑固で自分勝手な性格の老人に、身内の一人が付き添って旅に出るロードムービーで、疎遠になってる親戚の元を訪れるも、結局は大喧嘩になったり、と共通点は多い。

旅を通して、老人と付き添う身内の人間との心の距離が次第に縮まって行く、という展開も同じである。

詳しくは拙批評を読んで欲しいのだが、「春との旅」における老人は、自分の死期が近い事を悟り、姉兄弟たちと最後の別れをする為に旅に出たのではないだろうか、というのが私の独断解釈である。

そう考えると、本作も別の見方をすれば、自分の人生の先行きも長くはない事を悟ったウディが、昔の故郷を訪ね、親戚たちと最後の別れをする為に、旅に出ようと思い立った可能性もある。
それで、たまたま届いた100万ドルの懸賞当選通知を見て、目的地が自分の故郷近くである事を知り、賞金受け取りにかこつけて、故郷帰参と親戚巡りをする旅に出たのではないだろうか。

わざわざ、自分の生家に立ち寄ったり、墓地に寄って墓参りをしたりするのも、そう考えれば納得が行く。

冒頭のおかしな振る舞いも、案外ボケたふりをして、息子が仕方なく付き添うよう仕向けた可能性だってある。この老人、結構食わせ者なのかも知れない(笑)。

 
脚本のボブ・ネルソンが本作の脚本を書いたのは10年前だそうだから、「春との旅」を参考にしたわけではない。
ただ小林政広監督の作品は海外でも高く評価されているので、監督のアレクサンダー・ペインが「春との旅」を見ている可能性はある。

また、ペイン監督は小津安二郎監督を敬愛しているそうだが、「春との旅」も小津作品「東京物語」との共通点が多い。

ついでながら、本作でデヴィッドが運転する車は日本製のスバルレガシィだし、デヴィッドが勤務しているのは日本製の音響機器の販売店である。
敬愛する“日本映画をヒントにした”という目配せなのかも知れない。

|

« 「東京難民」 | トップページ | 「LIFE!」 »

コメント

ああああ、「サイレント・ランニング」の主役の人かあ。凄く無駄な夢想なんですが、今のブルース・ダーンで「サイレント・ランニング」をリメイクしても味があって面白そうな気がする。

日本車に乗ってるのが、言われたことを断れず、大きな発言力を持たないというのは、実に日本人っぽい。アメ車でスピードばかり気にしてる兄弟や、その仲間は逆にアメリカンなのかな。

投稿: ふじき78 | 2014年7月15日 (火) 12:28

◆ふじき78さん
>今のブルース・ダーンで「サイレント・ランニング」をリメイクしても味があって面白そうな気がする。
なるほどね。リメイクというより、続編作っても面白そう。
あれから、40年も宇宙をさまよっていた、なんてね(笑)。

>言われたことを断れず、大きな発言力を持たないというのは、実に日本人っぽい。
ペイン監督は小津安二郎監督のファンだそうですから、デヴィッドのキャラクターに、小津作品における、何事にもおとなしく耐える人たち(「一人息子」など)の心情を反映させているのかも知れませんね。

投稿: Kei(管理人) | 2014年7月20日 (日) 13:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59342390

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」:

» 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」何も得るものが無くても、旅は良いものだ [soramove]
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」★★★★ ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、 ジューン・スキッブ出演 アレクサンダー・ペイン監督、 115分 2014年2月28日公開 ロングライド (原題/原作:NEBRASKA) > 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 17:10

» 映画:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 信じる心が大切。2014年型 ロードムービー!? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アメリカ映画と言えば、定番ジャンルに「ロードムービー」がある。 なんたって広大な国だけに、東西を行き来するだけでいろいろドラマが発生するのだ(笑) これを親子で、というのが今作の特徴。 インチキ宝くじに当たったと信じ込んでしまった父親(ブルース・ダ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 18:15

» ネブラスカ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)これも、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたことから見に行ってきました。  本作は、老齢の父親が100万ドルの賞金に当たったと信じこんでいるために、その賞金の受け取りに、父...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 18:22

» ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [佐藤秀の徒然幻視録]
ミリオンダラー・ファザー 公式サイト。原題:Nebraska。アレクサンダー・ペイン監督、ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデン ... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 18:27

» [映画]「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」アレクサンダー・ペイン [タニプロダクション]
出演 ブルース・ダ―ン、ウィル・フォーテ他 新宿武蔵野館 座席位置 最前列中央 評点・・・☆☆☆★★ 以下、Facebookより転載 アレクサンダー・ペイン監督『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』観ました。100万ドルの賞金が当たったと信じ込んで頑なに賞金を受け取り... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 20:53

» 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 [ラムの大通り]
(原題:Nebraska) ----スゴイ雪だったニャ。 お空の上から見ると、一面真っ白。 「う〜ん。 なにせ、 東京じゃ16年ぶりという大雪だからね。 というわけで、今日はこの映画 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』」 ----えっ、ネブラスカって雪が多いの? 「いや、よく...... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22:26

» アレクサンダー・ペイン監督『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』父と子の"ゆきて帰りし物語" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督による父と子のゆきて帰りし物語『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』主演のブルース・ダーンは... [続きを読む]

受信: 2014年3月23日 (日) 22:52

» 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ゆるゆると心温まる [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
全編モノクロだしー、ゆるそうな映画だしー、こりゃ寝ちゃうかも?と思ったら大間違い。 ゆる~く笑える老おいた父と息子の心に沁みる作品は、今こそ是非とも観たい作品。 [続きを読む]

受信: 2014年3月24日 (月) 17:35

» ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [象のロケット]
アメリカ・モンタナ州ビリングス。 老いた父親ウディが、出版社からの「100万ドルに当選した」というインチキの手紙を信じ、賞金を受け取りに遠く1500km離れたネブラスカ州リンカーンまで歩いて行こうとする途中で警察に保護された。 次男デイビッドは父親にクジがハズレだと納得させるため、一緒に車でネブラスカへ向かうことを決意する。 途中、母ケイトと長男ロスも合流しウディの故郷ホーソーンへ寄ることにしたのだが…。 ロード・ムービー。 モノクロ。... [続きを読む]

受信: 2014年3月26日 (水) 17:43

» ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/Nebraska [我想一個人映画美的女人blog]
ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミニー。 アカデミー賞主要6部門 (作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚本賞/撮影賞)でノミネート中!! 監督は、「アバウト・シュミット」「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」などのアレクサンダー・ペイン。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月27日 (木) 22:55

» ミリオンダラー・ダディ~『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 [真紅のthinkingdays]
 Nebraska  モンタナでAV機器販売店を営む、冴えない中年男デイヴィッド(ウィル・フォ ーテ)は、父ウディ(ブルース・ダーン)とネブラスカを目指してドライヴする。 ウディは100万ドルの懸賞に当選したと思い込み、歩いてでもネブラスカに行 くと言い張るのだ。根負けし、渋々ながら父に寄り添うデイヴィッドだったが・・・。  アレクサンダ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 9日 (水) 21:08

» 映画『ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅』を観て [kintyres Diary 新館]
14-30.ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅■原題:Nebraska■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:115分■料金:1,800円■観賞日:3月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)□監督:アレクサンダー・ペイン◆ブルース・ダーン◆ウィル・フォーテ◆ジューン・ス...... [続きを読む]

受信: 2014年4月21日 (月) 16:52

» 映画・ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [読書と映画とガーデニング]
原題 NEBRASKA2013年 アメリカ 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父親インチキだと知りながらもそっと寄り添う息子愛すべき旅の途上でいつしか心と心がつながれていく 警察からの連絡を受けて、疎遠にしていた父親のウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行...... [続きを読む]

受信: 2014年5月12日 (月) 15:00

» 『ネブラスカ』『旅人は夢を奏でる』をギンレイホールで観て、爺力で勝負だふじき★★★,★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『ネブラスカ』 五つ星評価で【★★★ブルース・ダーンの顔力が凄い】 「ねぶる」=「しゃぶる」、 「スカ」=「糞便」。 いやあ、そんな映画じゃなくてよかった。 老境か ... [続きを読む]

受信: 2014年7月17日 (木) 00:08

» 旅で知る家族の、 [笑う社会人の生活]
4日のことですが、映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を鑑賞しました。 どう見てもインチキな100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ、信じるウディに息子のデイビッドは付き添うことに こうして始まった父と息子の4州をまたぐ車での旅が始まるのだが・...... [続きを読む]

受信: 2014年9月28日 (日) 18:09

» ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [映画に耽溺]
「2015年ですッ!!」 「ですッ!!」 「2015年一番最初の映画に耽溺~!!」 「そして2014年映画の中でわたくし達的にNO.1作品だってことで・・・」 「そうそう」 「これさあ邦題でちょっと損しているんじゃないかってあたし、思うんだけど~」 「またそ…... [続きを読む]

受信: 2015年1月18日 (日) 21:47

» ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [いやいやえん]
【概略】 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父・ウディを見兼ねた息子のデイビッドは、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて旅に出る。 ドラマ 頑固者で少々痴呆気味の父親ウディと、彼の無茶旅に付き合う事になった息子との物語。 全編モノクロなのですが、これが味わいがあってよかった。 ただ、なんかなあ。息子デイビットの献身が、あまりにも優しすぎると言うか普通ここまで出来ないよというのが、一番の感想かもです。 郷里に至って、大金が当たったという「でまかせ」が広まって厄介な事にな... [続きを読む]

受信: 2015年4月11日 (土) 08:13

« 「東京難民」 | トップページ | 「LIFE!」 »