« 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 | トップページ | 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 »

2014年4月 1日 (火)

「LIFE!」

Secretlifeofwaltermitty

2013年・アメリカ/サミュエル・ゴールドウィン=ニューライン・シネマ
配給:20世紀フォックス映画
原題:The Secret Life of Walter Mitty
監督:ベン・スティラー
原作:ジェームズ・サーバー
原案:スティーブ・コンラッド
脚本:スティーブ・コンラッド
撮影:スチュアート・ドライバーグ
製作:サミュエル・ゴールドウィン・Jr.、ジョン・ゴールドウィン、スチュアート・コーンフェルド、ベン・スティラー
製作総指揮:ゴア・バービンスキー、メイヤー・ゴットリーブ、G・マック・ブラウン

ジェームズ・サーバーの短編小説で、1947年にもダニー・ケイ主演で映画化された"The Secret Life of Walter Mitty"(邦題「虹を掴む男」)の2度目の映画化。監督・主演は「ナイト・ミュージアム」、監督作は「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」以来となるベン・スティラー。 

グラフ誌「LIFE」の写真管理者であるウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、何ひとつ変わりばえのない日々を繰り返している。不器用かつ人付き合いも下手な性格で、密かに熱烈な想いを寄せている経理部の同僚シェリル・メルホフ(クリスティン・ウィグ)に話しかけることもままならない。そんな彼の唯一の楽しみは、むなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想をすることだった。ある日、ウォルターはLIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付く。見つからなければクビが待っている。ウォルターは、写真を撮った伝説のカメラマン、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)を探すため、人生を変える波乱万丈の旅に出る。

ダニー・ケイ主演の「虹を掴む男」(ノーマン・Z・マクロード監督)のリメイク、と言われているが、主人公ウォルター・ミティが時々空想の世界に浸る、という点が共通するだけで、お話はまったく違う。あっちの作品は、雑誌社の校正係である主人公がひょんな事から宝石が絡む事件に巻き込まれ、悪漢一味から逃げ回るドタバタ・コメディである。主演のダニー・ケイが物語とは関係なく、お得意の一人芸(物まねや、舌を猛烈に速く動かしてクラシック音楽等を口まねでやって見せたり、まあタモリとジム・キャリーを足したような(笑)芸だ)を延々をやったり、他愛ないっちゃ他愛ない作品である。

そんなわけだから、「虹を掴む男」とはほとんど別の作品だと考えた方が正しい。
その唯一の共通項である空想癖すらも、本作においては物語が進むにつれて次第に登場しなくなって行き、後半ではまったく空想する事もなくなる。

じゃ原作権を得る必要もなかったんじゃないか、とも言えるのだが、以下の2つの点で原作の要素が重要な意味を持つ。それは、
①主人公が空想世界に浸る理由、②タイトルにある"SECRET LIFE"の意味する所、である。

ウォルターは、性格的に気が弱く引っ込み思案、どちらかと言うと“引き篭りオタク”に近い。好意を寄せるシェリルに想いを伝える事も出来ず、仕事場も雑誌社の地下の写真保管室という、あまり人と接する機会もない場所である。膨大な量の写真を黙々と管理する仕事自体が引き篭り的、逃避的である。

そのウォルターが唯一、自由奔放に想いを叶える場所が、“空想の世界”である。その中で彼は、勇敢なヒーローとなって犬を助けたり、嫌な上司とアメコミばりの大アクションを展開したり、シェリルに想いを堂々と伝えたりする。悪く言えば、現実から逃避し、空想の世界に逃げ込んでいるわけである(これが"SECRET LIFE"という事だ)。

そんな、何とも情けない主人公だが、ある時、「LIFE」の最終号の表紙に掲載する写真のネガが行方不明となり、リストラ担当上司からその写真を出せとしつこく迫られる。写真が見つからなければクビである。彼は窮地に立たされる。

思い余ったウォルターは、写真を撮影した伝説のカメラマン、ショーンを探す旅に出発する。

ここからは、俄然、外の世界=現実世界における旅が始まる。雄大なグリーンランドや、アイスランド、さらにはアフガニスタンやヒマラヤへと、まさに世界を股に掛けての冒険の旅である。

この旅を通して、ウォルターは勇気を奮い起こす事、自分の足で現実を見つめる事、思いを実現する為には進んで行動する事、の大切さを学んで行くのである。そうなれば、逃避世界である空想に浸る必要もなくなる。グリーンランドで空想の中のシェリルに歌で勇気づけられた以降は、まったく空想をしなくなるのも当然なのである。

外の世界で、ウォルターはいろんな人とも出会い、いろんな人々の人生を見て、自らの人生を見つめ直す。"SECRET LIFE"ではなく、"REAL LIFE"を生きる事となるのである。

そしてようやくヒマラヤで、ウォルターはショーンを探し当てる。ショーンに聞いて、探していたネガは、実はすぐ身近にあった事を知る。
長い旅の末に、“探していた幸福は身近な所にあった”という「青い鳥」や「オズの魔法使い」のテーマをちょっと思い出した。

そして最後に明らかになる、「LIFE」誌最終号の表紙の写真、これにはジーンと来てしまった。
さまざまな、世界的に有名な出来事や人物が表紙を飾っていた「LIFE」誌。その最後を飾ったのは、地味だけれど実は重要な仕事の写真…その仕事に報いようとするショーンの粋な計らいに感動した。

どんな地味な仕事だって、裏方の仕事だって、それも大切な人生(LIFE)である事に間違いはない。

雑誌のタイトルが「LIFE」であるのは象徴的である。その意味では、邦題をずばり「LIFE!」としたのは秀逸。原題よりずっと味がある。

ジェームズ・サーバーの原作はごく短い短編なのだが、そこからこれだけ奥の深い物語を紡ぎ出した原案・脚本のスティーブ・コンラッド、及び監督、ベン・スティラーの仕事は素晴らしい。最初の映画化作品「虹を掴む男」よりもずっと上出来の作品と言っていい。

役者では、伝説のカメラマンを演じるショーン・ペンが風格ある名演。あとウォルターの母親役のシャーリー・マクレーンもさすがの存在感を見せる。

ベン・スティラー、監督としても円熟して来た気がする。次回作が楽しみである。   (採点=★★★★☆

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 
(さて、お楽しみはココからだ)

本作のプロデューサーの中に、サミュエル・ゴールドウィン・Jr.の名前がある。

名前を見れば分かる通り、古い映画ファンにはお馴染みの、戦前から活躍していた大物プロデューサー、サミュエル・ゴールドウィンの息子である。

親父さんのサミュエル・ゴールドウィンがプロデュースした代表作には、「孔雀夫人」(1936)、「嵐が丘」(39)、「偽りの花園」(41・いずれもウィリアム・ワイラー監督)、「ステラ・ダラス」(37・キング・ヴィダー監督)、「打撃王」(42・サム・ウッド監督)等々、映画史に残る名作が並ぶ。

戦前には「ゴールドウィン・ピクチャーズ」を創設し、後に1924年、同社とメトロ映画、やはり大物プロデューサーのルイス・B・メイヤー率いるプロダクションの3社が合併して大手のMGM映画(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)が設立される契機ともなった(本人は設立前にゴールドウィン・ピクチャーズを離脱)。

そんな偉大な父親の跡を継いで、ゴールドウィン・ジュニアも製作者となったが、親父さんに比べてプロデュース作はいまいちこれといった作品はない。B級っぽいアクション映画や軽い青春もの程度で、2003年のピーター・ウィアー監督「マスター・アンド・コマンダー」が目立つ程度である。

やや注目されたのが1990年の「ステラ」(ジョン・アーマン監督)と96年のペニー・マーシャル監督「天使の贈り物」くらいなのだが、この2本、共に親父さんが製作した上掲の「ステラ・ダラス」、及び1947年のヘンリー・コスター監督「気まぐれ天使」のそれぞれリメイクである。

そして上に挙げた、本作の最初の映画化作品である「虹を掴む男」も実は親父さん、サミュエル・ゴールドウィンの製作作品なのである。

つまりはゴールドウィン・ジュニア、親父さんが製作した名作を3度にわたってリメイクした事になる。ちょっとした記録だが、そんな親の遺産を食い潰すような真似は、比較されるだけ損でやめた方がいいのにと思う。

しかし3度目の正直、上に書いたように本作の出来は、「虹を掴む男」を凌ぐ、見応えある作品に仕上がっている。これでちょっぴり、親父さんの鼻を明かした、と言えなくもない。

そのゴールドウィン・ジュニアも、当年で88歳!。父と同じ夢を追い求め、晩年に至ってようやくちょっとだけ追いつけたと言えるのかも知れない。その夢は、本作に共同プロデューサーとしてクレジットされている息子のジョン・ゴールドウィン(つまりはゴールドウィン・シニアの)に引き継がれて行くのだろう。まだこれといった作品はないが、この孫の今後の活動にも注目しておきたい。

                         
      サントラ盤
      
      
DVD「虹を掴む男」
      

 

DVD「ステラ」(1990)
      
オリジナル「ステラ・ダラス」
      

|

« 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 | トップページ | 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 »

コメント

これ、見ました。
原作も読み、ダニー・ケイ主演の旧作も昔見ていますが、本作は確かにまるっきり違う映画ですね。
面白かったです。
前半の夢想シーンよりもデビッド・ボウイの「スぺイス・オデッセイ」の鳴り響くヘリコプターのシーンからの冒険がいいですね。
ベン・スティラーは良かったです。ヒロインのクリステン・ウィグもいい感じ。
ショーン・ペンのカメラマン役も印象的でした。
久々に見た主人公の母親役のシャーリー・マクレーンも老けましたが、良かったです。
邦題の「LIFE!」は秀逸だと思いました。

投稿: きさ | 2014年4月 3日 (木) 23:39

◆きささん
お書きのように、「スペース・オデッセイ」を聴いてヘリコプターに飛び乗るシーン以降(つまり夢想しなくなる)からが面白くなるのですね。
前半の夢想は、あえて荒唐無稽でバカバカしいものにしてあるが故に、そんなくだらない夢を見てるより、現実に向き合う事が大切だ、というテーマがより強調されている気がします。

投稿: Kei(管理人) | 2014年4月 6日 (日) 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59395231

この記事へのトラックバック一覧です: 「LIFE!」:

» LIFE!〜ひとりインセプション 5の3乗 [佐藤秀の徒然幻視録]
デジタル化と夢想する時間の問題 公式サイト。原題:The Secret Life of Walter Mitty。ジェームズ・サーバー原作、ベン・スティラー監督・主演。クリステン・ウィグ、ショーン・ペン、シャ ... [続きを読む]

受信: 2014年4月 1日 (火) 23:40

» 試写会「LIFE!」 [日々“是”精進!]
「LIFE!」の試写会に行ってきました字幕版です。ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニー・ケイ主演の名作コメディ「虹を掴む男」を、ベン・スティラーの監督・主演でリメ... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 06:04

» 試写会「LIFE!」 [日々“是”精進! ver.F]
人生って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/ 【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別) [CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WALTER MIT...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 06:04

» 『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで、現代的になっている。  雑誌そのものを手に取ったことはなくても、『LIFE』の名を知る人は多いだろう。マンガ家...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 07:17

» 『LIFE!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショーン...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 08:25

» LIFE! [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ベン・スティーラーが製作・監督・主演と大活躍して、映画の醍醐味を十二分に魅せてくれた。特殊効果に大金をかけて映画を作らなくても物語がよければ、観客を感動させることができる。すばらしい映画だった。... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 14:45

» 『LIFE!』 [ラムの大通り]
(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 19:06

» 「LIFE!」 ちょっとした新しいこと [はらやんの映画徒然草]
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 20:27

» LIFE! [だらだら無気力ブログ!]
ラストと景色は良かった。 [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 21:23

» LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY [我想一個人映画美的女人blog]
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 2日 (水) 21:33

» LIFE! [象のロケット]
長い歴史を持つ雑誌LIFE誌の廃刊が決まり、社員は新しいボスが断行するリストラに怯えていた。 そんな時、写真管理部門で働く空想好きな男ウォルター・ミティは、最終号表紙の写真のネガが見つからないことに気づく。 撮影したカメラマンのショーンは世界放浪中で、どこにいるのかもわからない。 クビを恐れたウォルターは、ショーンを探す旅に出ることに。 それは想像を絶する大冒険だった…。 ヒューマンドラマ。 ≪生きてる間に、生まれ変わろう。≫... [続きを読む]

受信: 2014年4月 4日 (金) 16:50

» LIFE! [映画的・絵画的・音楽的]
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 4日 (金) 21:41

» LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty [勝手に映画評]
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 6日 (日) 09:42

» [映画][☆☆☆★★]「LIFE!」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 1947年に公開されたダニー・ケイ主演の映画「虹を掴む男」を、「ナイトミュージアム」のベン・スティラー監督・製作・主演でリメイク。フォトブラフ雑誌「LIFE」編集部のネガ管理人として働く平凡な中年男が、ある出来事をきっかけに世界を巡り、自分を見つめ直す... [続きを読む]

受信: 2014年4月 7日 (月) 19:36

» 「LIFE!」一歩踏み出す勇気、そして映画的な創造世界 [soramove]
「LIFE!」★★★★☆ ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、 ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン出演 ベン・スティラー監督、 115分 2014年3月19日公開 2013,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「雑誌『L... [続きを読む]

受信: 2014年4月 8日 (火) 14:39

» 人生の真髄~『LIFE!』 [真紅のthinkingdays]
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られてきた最終号の 表紙ネガが失われていることに気付いたウォルターは、ショーンを探して...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 1日 (木) 11:13

» 空想が現実に勝るとき [笑う社会人の生活]
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...... [続きを読む]

受信: 2014年6月25日 (水) 00:13

» LIFE! [銀幕大帝α]
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 02:34

» LIFE!/ライフ [いやいやえん]
下記全部に○がつく私、主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。  ○ 毎日毎日同じ生活を繰り返していますか?  ○ 仕事で大きな失敗をしたことがありますか?  ○ 空想することはありますか?  ○ 大切な誰かのために、夢を諦めたことがありますか?  ○ 変わりたいと思っていますか? BGMがぐっとくる。心癒され勇気がもらえる作品... [続きを読む]

受信: 2014年8月14日 (木) 09:49

« 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」 | トップページ | 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 »