« 「サンブンノイチ」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »

2014年4月29日 (火)

「そこのみにて光輝く」

Sokonominite

2014年・日本
配給:東京テアトル
監督:呉 美保
原作:佐藤泰志
脚本:高田 亮
撮影:近藤龍人
企画:菅原和博
製作:永田守、菅原和博
エグゼクティブプロデューサー:前田紘孝
プロデューサー:星野秀樹

映画化された「海炭市叙景」で知られる作家・佐藤泰志の唯一の長編小説の映画化。監督は「オカンの嫁入り」の呉美保。脚本は「銀の匙    Silver Spoon」の高田亮。主演はこの所出演作が続く綾野剛と、「凶悪」の池脇千鶴、「共喰い」の菅田将暉など。本作はモントリオール世界映画祭・ワールドコンペ部門にも出品された。

函館。ある事故がきっかけで仕事を辞め、ブラブラと過ごしていた佐藤達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で粗暴だが人懐こい青年・大城拓児(菅田将暉)と知り合う。なんとなく気が合った拓児に誘われ、達夫は彼の自宅に案内される。世間から取り残されたような一軒のバラック、そこには寝たきりの父、その世話に追われる母(伊佐山ひろ子)、水商売で一家を支える姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏はそれぞれの身の上を話すうちに、いつしか惹かれあって行く。達夫はやがて仕事に戻る事にし、拓児を誘うのだが、祭りの晩、事件が起こり…。

これは素晴らしい傑作である。本年観た内のこれまでのベスト。おそらく年末のベストテンを賑わすだろう。お奨めである。

 
(以下ストーリーの内容に触れます)
主人公の達夫は、石切り場で働いていたが、事故で部下を死なせた事から、生きる意欲を失ってしまったかのように、自堕落に生きている。
ゴロゴロ寝転がり、酒とタバコとパチンコに明け暮れる毎日。生きていても仕方がないといったような、投げやり感さえ漂う。

そんな彼がパチンコ屋で知り合った拓児は、傷害事件を起こして仮釈放中、父は寝たきり、母と姉の千夏は介護に追われ、生活苦に喘ぐという悲惨な状況にもかかわらず、達夫とは正反対に明るく、元気に生きている。おぞましい家族の内情を隠そうともしない。
知り合ったばかりの達夫の為に、姉の千夏に飯を作らせたりもするくったくのなさである。

千夏は、家計を助ける為、昼は海産工場で週数日のパート勤めをし、夜は体を売っている。家族の為に、必死で生きている。

社会の最底辺にはいるけれど、拓児も千夏も、それぞれに毎日を精一杯働き、生きているのである。

彼らと付き合ううちに、達夫の中に変化が訪れる。それまでは世捨て人のように、世間から離れていた彼は、やがて千夏に心を寄せるようになる。千夏も、達夫に惹かれて行く。
そして、それをきっかけに、達夫は仕事に戻ってみようとも考え始める。もう一度、生きる意欲を取り戻そうとするのである。

だが、二人の前に障害が立ちはだかる。拓児の身元引受人で、仕事の面倒も見ている植木会社の社長・中島(高橋和也)の存在である。
中島は千夏と関係を持っており、腐れ縁のように千夏と離れられない。達夫と千夏が二人でいる所を見て激しく嫉妬する。

中島は、弟の身元引受人である立場を利用し、千夏との関係修復を迫り、暴力的に支配しようとする。
そして祭りの夜、拓児の怒りが爆発する。

  
素晴らしいのが、ラスト間際からエンディングに至るシークェンス。
罪を犯した拓児を探し回った達夫は、自分の家の前で座り込んでいる拓児を見つけ、殴りつける。だがこれは、弟のように思っている拓児に対する愛情表現でもあるのだろう。拳を受けながらも、その気持ちが痛いほど分かる拓児の表情もいい。このシーンでは涙が溢れた。

拓児に代わり、千夏たちの家を守って行こうと決意する達夫の顔は、冒頭とはうって変わって輝いて見える。
最後の、朝陽が差す海岸での達夫と千夏の姿もまた美しい。苦難の道はまだ続くだろうけれど、二人はきっと乗り越えて行くだろう。

タイトル「そこのみにて-」“そこ”とは場所を示す助詞だが、底辺、どん底の“底”ともかけているのかも知れない。社会の最底辺にいようとも、希望を捨てずに生きて行く彼らは、リッチだけれどもドス黒い中島たちよりも、ずっと輝いて見えるのである。

 
呉美保監督の演出は、これが長編3作目とは思えないほどの、骨太で腰の据わった力強さに満ちている。
いい点をいくつか挙げると、自転車、タバコ、等の小道具の使い方がうまいし、冒頭の達夫や、脳梗塞で寝たきりの、拓児たちの父親(田村泰二郎)が最初に登場するシーンが、いずれも足元から舐めるようなパン撮影で、“死んだような人間”を象徴的に表す演出もうまい。

脚本の高田 亮は、2011年の「婚前特急」、本年公開の「銀の匙 Silver Spoon」と、数は少ないがいい仕事をしている。

演技者たちも、綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉の3人がそれぞれ、作品の意図を完璧に理解し、絶妙の力演。佐藤泰志の作品世界に見事に溶け込んでいる。
池脇千鶴は中でも圧倒的な存在感がある。フルヌードでのセックス・シーンもきちんとこなし、悲惨な状況にあっても力強く生きる女性像を見事に体現している。間違いなく本年度の主演女優賞候補となるだろう。
拓児を演じた菅田将暉は、「共喰い」の的確な演技が記憶に新しいが、本作でもいい味を出している。この人も先が楽しみだ。

呉監督は、前作「オカンの嫁入り」 も見事な出来で感心したのだが、本作において日本映画を背負って立つ存在にまで成長したと言える。今後のさらなる飛躍を大いに期待したい。   (採点=★★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

(付記1)
本作の企画・製作を担当した菅原和博氏は、函館で映画館「シネマアイリス」を経営されておられる方である。映画館経営者がプロデューサーをする、というケースは最近では珍しい。なお3年前に作られた、同じ佐藤泰志原作の「海炭市叙景」を製作したのも菅原氏である。地方発の、ちょっとユニークな映画作りだと言える。

映画館運営者でプロデューサー、という例で思い起こせば、葛井欣士郎氏という方が居た。
1960年代後期から10数年ほどに亙って、映画館「アートシアター新宿文化」の総支配人でありながら、ATG創設に関わり、大島渚や篠田正浩、若松孝二らに、いわゆる1千万円映画と呼ばれる、映画史に残る秀作映画を作らせ、一時代を築いた方である。

キネ旬映画評で、モルモット吉田氏が本作を評して、“ATG文芸映画が甦ったかのよう”と書いているが、映画館主発、という映画の作り方まで似ているというのも、不思議な偶然ではある(注:葛井氏は映画館の経営にはタッチしていない)。

(付記2)
呉美保監督は、大阪芸大出身であるが、前記の「海炭市叙景」の監督、熊切和嘉も大阪芸大出身である。函館を舞台にした2本の映画の監督が共に大阪の同じ大学出身というのも面白い。思えば、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘、「舟を編む」の石井裕也も大阪芸大出身で、近年の日本映画を代表する若手監督を次々に輩出するこの大学出身監督は、今後も是非チェックしておきたい。

|

« 「サンブンノイチ」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »

コメント

祝 モントリオール 最優秀監督賞ですね。


ひとつだけ気になって書き込みました。

アートシアター新宿文化は三和興行の持ち館の一つで葛井氏は社員として支配人の立場にありました。
経営者ではありません。
ATGの社長も三和興行の社長が兼任していました。
葛井氏が敏腕プロデューサーであったことは間違いありません。

リスクを個人で背負った菅原氏とは違う気がして書きました。

投稿: こん | 2014年9月 2日 (火) 17:33

◆こんさん、はじめまして
ご指摘ありがとうございました。言われてみれば、その通りでした。葛井さんは新宿文化の総支配人を務めておられましたが、経営者ではありませんね。訂正させていただきました。
映画館支配人=運営担当者という頭がありましたので、つい経営者と思い込んでおりました。実際、経営者で支配人、という方も知っておりましたし。でも、情報は正確でなければいけませんね。反省いたします。
今後も、お気付きの点があればなんなりと。
よろしくお願いいたします。

投稿: Kei(管理人) | 2014年9月 5日 (金) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59554420

この記事へのトラックバック一覧です: 「そこのみにて光輝く」:

» [映画]「そこのみにて光輝く」(呉美保監督作品) [タニプロダクション]
出演 綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平他 テアトル新宿 座席位置 真ん中中央 評点・・・☆☆☆☆ ダンゼン優秀! 以下、Facebookより転載 テアトル新宿で呉美保監督『そこのみにて光輝く』観ました。ダンゼン優秀!良くて、ちょっと泣いた。今年の映画賞... [続きを読む]

受信: 2014年4月29日 (火) 22:48

» そこのみにて光輝く〜反父権宣言 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。佐藤泰志原作、呉美保監督。綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、田村泰二郎。「海炭市叙景」原作者と同じ函館市を舞台に「オカンの嫁入 ... [続きを読む]

受信: 2014年4月29日 (火) 23:03

» 『そこのみにて光輝く』(映画)(2014)ー人、土地、光の総合芸術、小物使いも完璧な映画 [マンガデシネ]
 機会があって『そこのみにて光輝く』の先行上映会を観に行ってきました。まぁ例によって日本映画に疎く、さらに世間にも疎い私は、何も分からず生まれたままの状態での鑑賞と ... [続きを読む]

受信: 2014年5月 7日 (水) 12:29

» そこのみにて光輝く [映画的・絵画的・音楽的]
 『そこのみにて光輝く』をテアトル新宿で見ました。 (1)以前、この映画の原作者・佐藤泰志氏が書いた『海炭市叙景』の映画化作品を見てよかったこともあり、また監督が『オカンの嫁入り』の呉美保氏ということで、映画館に行ってみました。  舞台は、『海炭市叙景』...... [続きを読む]

受信: 2014年5月 9日 (金) 21:04

» そこのみにて光輝く [単館系]
そこのみにて光輝く ユナイテットシネマ浦和 4/19公開 仕事を辞めて何もせずに生活していた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で気が荒いもののフレンドリーな青年、 拓児(菅田将暉)と出会う。 拓児の住むバラックには、寝たきりの父親、かいがいしく世話をする母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)が いた。 達夫と千夏は互いに思い合うようになり、ついに二人は結ばれる。 ところがある日、達夫は千...... [続きを読む]

受信: 2014年5月14日 (水) 22:55

» 身を捧げる~『そこのみにて光輝く』 [真紅のthinkingdays]
 函館、夏。山の事故で心に傷を負った達夫(綾野剛)は、パチンコと酒に明け 暮れる自堕落な日々を送っていた。偶然出会った天真爛漫な青年・拓児(菅田 将暉)に連れられて向かった海辺の家で、達夫は拓児の姉・千夏(池脇千鶴)と 出逢う。  年に一回あるかないか、劇場予告を観て初めて公開を知った映画に、心奪わ れることがある。特に、情報が少ない邦画で。「絶対に、観逃してはならない。観...... [続きを読む]

受信: 2014年5月17日 (土) 10:52

» 『そこのみにて光輝く』 底のみにて見える光 [映画のブログ]
 映画の魅力とは何だろう。  映画の数だけ違う魅力があると思うが、これだけは欠かせないというものは何だろうか。  ストーリーの面白さじゃないことは確かだ。  ストーリーが面白い映画も良いけれど、先の展開が読めてしまう映画でも一向に構わない。小津安二郎監督の映画や『男はつらいよ』シリーズに足を運ぶ観客は、波乱万丈の物語や意表を突いたオチなんて望んでいない。ルイス・ブニュエル監督の『ア...... [続きを読む]

受信: 2014年5月22日 (木) 20:52

« 「サンブンノイチ」 | トップページ | 「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」 »