« 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 | トップページ | 「そこのみにて光輝く」 »

2014年4月22日 (火)

「サンブンノイチ」

Sanbunnoichi

2013年・日本/吉本興業
配給:KADOKAWA
監督:品川ヒロシ
原作:木下半太
脚本:品川ヒロシ
撮影:相馬大輔
音楽:樫原伸彦
プロデューサー:水上繁雄、仲良平、千綿英久

映画化された「悪夢のエレベーター」などで知られる木下半太の同名クライム・サスペンス小説の映画化。銀行強盗で得た大金を巡って二転三転する目まぐるしい展開に目が離せない。監督は、「ドロップ」「漫才ギャング」と好調の品川ヒロシ。主演は「カイジ 人生逆転ゲーム」の藤原竜也、他吉本興業のお笑い芸人が多数参集し、その他に中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆、哀川翔ら豪華俳優陣が脇を固める。

人生の一発逆転をかけて銀行強盗を成功させた、キャバクラ「ハニーバニー」店長のシュウ(藤原竜也)、ボーイのコジ(田中聖)、常連客の健さん(小杉竜一)。手にした1億6000万の大金は3人で山分けするはずだったが、それぞれが自分の取り分を少しでも増やそうと駆け引きを始める。さらに元女優のキャバクラ嬢茉莉亜(中島美嘉)や「ハニーバニー」オーナーの破魔(窪塚洋介)、闇の金貸し婆さん・渋柿(池畑慎之介☆)など、さまざまな人物がその金を狙って現れる…。

品川ヒロシは、漫才コンビのお笑い芸人である上に、小説も書き、その自作小説の2本(「ドロップ」「漫才ギャング」)を自らのメガホンで映画化し、いずれも見事な佳作に仕上げていた。

多分、吉本のお笑い芸人の中では最も才能豊かで、映画監督にも向いていると思う。当ブログの「漫才ギャング」評で私は、「将来は北野武をも上回る、日本映画を代表する一流監督になれる資格は十分である」と賛辞を送った。今もその気持ちは変わらない。

で、監督3作目となる本作は、前2作と違って、初めて他人の原作を元に、自ら脚色を行った作品である。
また、「ドロップ」は自伝的な青春もの、「漫才ギャング」は自らの本職であるお笑いの世界を舞台にと、どちらも自分の歩んで来た分野が題材になっていたが、本作ではそうした自家薬籠中の世界とも離れ、全くのフィクション=犯罪サスペンスを描いている。おそらくは本人も意欲満々で、前作までの余技的映画作りから脱却して、本格的なプロの映画監督の道を歩み始めた、とも言えるだろう。

 
(ここから作品内容に触れます。注意)
原作は、単なる銀行強盗犯罪ドラマに留まらず、さまざまな駆け引き、仕掛け、どんでん返しが網羅され、先が読めないスリリングな展開で、さらに原作者の好みなのだろう、映画ネタも随所に盛り込まれ、映画ファンなら余計楽しめるものになっている。

自身も無類の映画ファンであろう(前2作からも推測できる)品川ヒロシが、この原作を映画化したいと望んだのもよく分かる。

かくて、出来上がった作品は、原作をほぼ忠実になぞりながらも、品川監督の前2作のテイスト、演出テクニックを存分に生かした、ウエルメイドで楽しいクライム・エンタティンメントに仕上がっていた。お見事である。

 
物語はいきなり、銀行強盗を成功させた3人が、彼らが勤務するキャバクラに立てこもっているシーンから始まる。
ここで、金の山分けや今後の逃走先等について会話したり、外の様子を覗きに行ったりしながら、合間に銀行強盗までに至る過去の経過が何度かインサートされ、次第に3人のキャラクター、銀行強盗の背景が明らかになって行く。この辺りもテンポよく進むので小気味良い。

映像的には、前2作でも使われていた、ハイスピードとコマ落しをミックスした独特の不思議な映像処理が本作でも効果的に使われている。もはや品川作品のトレードマークと言ってもいい。

登場人物たちの会話が、漫才のボケとツッコミよろしくハイテンポのノリで交わされるのは、さすが漫才出身監督ならでは。
狭い空間を舞台に、会話の応酬で物語が進む展開は、1幕ものの舞台劇的味わいもある。

やがて、分け前の配分をめぐっての仲間割れ、金を狙う悪い奴らも参入しての奪い合い、と話はめまぐるしく進むのだが、ここから後は未見の方の為にこれ以上は書かない。が、巧妙な仕掛けがあちこちに配され、そう来たか、と感心させられる。原作もいいのだが、脚本もよく練り上げられている。また原作にもある、いろんな映画からの引用も原作以上にあちこちに散りばめられ、多くの映画を観て来た映画ファンである程余計楽しめるだろう。

そして、隠しネタとしては、クエンティン・タランティーノ作品へのオマージュが仕込まれている点もチェックポイントだろう。

まず、強盗のプロセスを省略し、アジトに立て篭もった一味がやがて仲間割れに至る、という展開、時間軸が縦横に行き来する演出、…これらすべて、タランティーノの出世作「レザボア・ドッグス」(1991)からの引用である。

行きつけのパブの名前が“トラボル太”(無論、「パルプ・フィクション」でタラが復活させた男)であったり、会話の中で、タランティーノ脚本作である「トゥルー・ロマンス」(監督・トニー・スコット)に関する話題について延々と喋ったりする。

映画ネタであれこれお喋りする、というのもタランティーノ作品では定番である。

後半のドンデン返しがちょっとしつこいくらいなので、ここらが人によっては評価が分かれる所かも知れないが、私的には十分楽しめた。日本映画で、ここまでやってくれたら文句なしである。

それでもちょっとだけ欲を言うなら、ラストはもう一ひねりして、爽快なハッピーエンドで締めくくって欲しかったとは思う。そこだけ0.5点マイナス。

品川ヒロシ監督、私の見込んだ通り、着実に一流監督への道を歩んでいる。次回作がますます楽しみになって来た。     (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    

|

« 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 | トップページ | 「そこのみにて光輝く」 »

コメント

「サンブンノイチ」、ドラマして見れば確かに面白い。でも、映画としては余りにも雑味が多いと思いませんか?映画へのうんちくが、少しうっとうしのですが。

投稿: 牧村利光 | 2014年5月 3日 (土) 04:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59515167

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンブンノイチ」:

» [映画]「サンブンノイチ」(品川ヒロシ監督作品) [タニプロダクション]
出演 藤原竜也、田中聖、小杉竜一、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆他 ユナイテッドシネマとしまえん 座席位置 前方中央 評点・・・☆☆☆★★ 漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD] 出版社/メーカー: よしもとアール・アンド・シー 発売日: 2011/08/23 メデ... [続きを読む]

受信: 2014年4月23日 (水) 02:20

» サンブンノイチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『サンブンノイチ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ドロップ』、次いで『漫才ギャング』と見てきた品川ヒロシ監督の第3作目の作品ということで映画館に行ってきました。  今回の作品は、これまでの2作がオリジナル物だったのに対し、原作物〔木下半太氏の小説(...... [続きを読む]

受信: 2014年4月24日 (木) 05:50

» サンブンノイチ〜低予算映画パロディ? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。木下半太原作、品川ヒロシ監督。藤原竜也、田中聖、小杉竜一、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介、木村了、赤羽健一、壇蜜、ぼんちおさむ、河本準一、哀川翔。監督の品 ... [続きを読む]

受信: 2014年4月24日 (木) 07:01

» サンブンノイチ [花ごよみ]
原作は映画化もされた 「悪夢のエレベーター」の木下半太。 監督は品川ヒロシ。 にっちもさっちもいかなくなってしまった 3人の男たちが銀行強盗を遂行。 3人の男たちには 藤原竜也、田中聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)。 そのお金を奪おうとする人物には窪塚洋...... [続きを読む]

受信: 2014年4月24日 (木) 23:23

» サンブンノイチ [だらだら無気力ブログ!]
某先輩お笑い芸人監督の映画よりも大変面白かった。 [続きを読む]

受信: 2014年4月25日 (金) 00:07

» [映画『サンブンノイチ』を観た(寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆非常に面白かった。  が!  この作品の原作者は、映画では、『悪夢のエレベーター』が先にあって、  どちらも、人生崖っぷちの野郎どもが、一発逆転を狙って起こす犯罪に絡むどんでん返しな展開の数々の物語であり、  『悪夢の・・・』で充分満腹で、これを何度...... [続きを読む]

受信: 2014年4月27日 (日) 07:15

» サンブンノイチ [象のロケット]
人生の一発逆転を賭けて銀行強盗を成功させた、川崎の仲見世通りにあるキャバクラ“ハニーバニー”雇われ店長のシュウ、ボーイのコジ、常連客の健さんの3人。 手に入れた1億6千万円もの大金は3分の1ずつ分ける約束だったが、なんと内輪もめが勃発! 更に、キャバ嬢まりあ、ハニーバニーのオーナー破魔翔、金貸し老婆・渋柿多見子ら、大金を裏で狙う者たちまで現われた…。 果たして大金は誰の手に…? サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2014年4月28日 (月) 11:37

» 『サンブンノイチ』をトーホーシネマズ日本橋2で観て、嫌いじゃないよふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★予告がつまらなくて残念。あと、話を追うとつまらないと思う】 変な役者が変な演技をしてる映画が好きなのだ。 という事で、変な役者の変な演技がけっこう ... [続きを読む]

受信: 2014年5月 9日 (金) 21:04

» サンブンノイチ [銀幕大帝α]
2013年 日本 119分 アクション/犯罪/コメディ PG12 劇場公開(2014/04/01) 監督: 品川ヒロシ 『Zアイランド』 原作: 木下半太『サンブンノイチ』 脚本: 品川ヒロシ 出演: 藤原竜也:シュウ(清原修造) 田中聖:コジ(小島一徳) 小杉竜一:健さん(金...... [続きを読む]

受信: 2015年10月 3日 (土) 14:00

« 「アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー」 | トップページ | 「そこのみにて光輝く」 »