« 「ハミングバード」 | トップページ | 「マレフィセント」 »

2014年7月 4日 (金)

「超高速!参勤交代」

Highspeedsankinkoutai2014年・日本
配給:松竹
監督:本木克英
脚本:土橋章宏
撮影:江原祥二
音楽:周防義和
企画:深澤 宏

新人脚本家の登竜門、第37回城戸賞に入選した土橋章宏の脚本を映画化した、江戸幕府から無理難題を突き付けられた弱小藩の抵抗と奇策を描いた痛快コメディ・アクション時代劇。監督は「釣りバカ日誌11~13」「鴨川ホルモー」等の本木克英。主演は「アフタースクール」の佐々木蔵之介、「ヤッターマン」の深田恭子、その他伊原剛志、西村雅彦、陣内孝則、市川猿之助等の実力派俳優が顔を揃える。

元文元年春、磐城国の湯長谷藩藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は、参勤交代から帰ったばかりの所、徳川八代将軍吉宗(市川猿之助)の治める江戸幕府から突然、通常8日かかる道のりの参勤交代を5日以内に行うよう命じられる。湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の策略によるものだった。わずか1万5千石の小藩にとって、ただでさえ蓄えも人手もない上に強行日程。だが従わなければ藩はお取り潰しとなる。この危機を打開すべく、政醇は知恵者の家老・相馬兼嗣(西村雅彦)に対策を講じさせ、戸隠流の抜け忍・雲隠段蔵(伊原剛志)の助けも借りて、奇想天外な超高速参勤交代作戦を実行に移した。だが途中、信祝が放った刺客に襲われ…。              

城戸賞受賞の土橋章宏の脚本は、キネマ旬報2012年1月下旬号に掲載されており、私も読んだが面白かった。ユニークな発想に個性的な登場人物、笑いとサスペンスが絶妙にブレンドされたストーリーも楽しい。入選も納得である。             

が、何よりもこの物語が素敵なのは、私が大好きな、“弱小チームが、とてもかなわない強大軍団に抵抗し、何度もピンチに立たされながらも、仲間が力を合わせ、最後に大逆転勝利する”という、娯楽映画の王道パターンをきっちりとふまえているからである。例えば、黒澤明監督「七人の侍」、周防正行監督「シコふんじゃった。」、ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」等々、このパターンの作品には映画史に残る傑作が目白押しである。
この脚本を映画化すれば、絶対面白い作品になるだろうと期待していたのである。

さて、映画の方の監督は、松竹生え抜きの本木克英。あまりこれといった作品がないのでちょっと心配したけれど、予想以上に頑張っていて、結構楽しめた。やはり脚本が良いからだろう。             

(以下、ネタバレあり注意)
時間と経費を抑える為、一行の人数は藩主政醇を含めてもたったの7人。山中を近道して走り抜け、途中の主要路だけ渡り中間を雇い、なおかつ通り過ぎたら裏道を戻って列の最後尾に付くという方法で人数を水増しする。コマ落し撮影も使ったこれらシーンは場内も笑いの渦。こんなに笑い声が起きる映画上映は何年ぶりだろうか。

佐々木蔵之介扮する藩主・政醇のキャラクターが面白い。農民に優しく、財政難にも拘らず年貢取立ては増やさず、大根の漬物が大好物。近隣の藩が困っていれば藩所有の米を分け与える人徳者。それでいて剣の腕は居合い抜きの達人。しかし子供の頃のトラウマが元で閉所恐怖症という弱点も抱える。こうした設定がすべて伏線になって後で生きて来る辺り、脚本が実に見事である。        

そして藩主以下7人のキャラクターには、「七人の侍」へのオマージュも仕込まれている。なにしろ一行の中には菊千代という名前の猿まで加わっているのだから(笑)。
家来の侍たちも、剣の達人、弓矢、槍の名人、参謀格の知恵者、とそれぞれ特技を持っているし、特に槍の名人・今村清右衛門(六角精児)は丸顔にズングリの体型からして、「七人の侍」における槍の使い手・七郎次(加東大介)とそっくりである。         

物語は老中配下の隠密刺客の襲撃に始まり、一難去ってまた一難、次から次と押し寄せる危機にさまざまな知恵や奇策を使って逃れたり、道案内の雲隠段蔵が中盤で役目を放棄しかけたり、そうかと思うと人の好い政醇が途中の宿場で助けた飯盛り女・お咲(深田恭子)に逆に助けられ、いい仲になったりとまさに波乱万丈で目が離せない。           

そして江戸城まであと少しの所で隠密軍団の待ち伏せに会い、7人対刺客集団との一大チャンバラ活劇となる。これはオリジナル脚本では時間は夜、場所も原っぱという事であまり派手には描かれていないのだが、映画では昼間の町中における壮絶バトルに改変されていて、こちらの方が映画らしい見せ場となっている。           

このシーン、大名たち一行を暗殺せんと立ちはだかる刺客軍団、という構図からして、「十三人の刺客」のオマージュにもなっている。人数構成や正義と悪の立ち位置が「十三人-」とは逆転しているのだけれど。

13asassinそう考えると、気のせいか、藩主・政醇の顔が、「十三人の刺客」(1963年・工藤栄一監督版の方)における狙われる藩主・松平斉韶役の菅貫太郎(右)とそっくりに見えるのがまた面白い。           

最後はパターン通りに正義が勝って万事めでたし。良く出来たウエルメイドなエンタティンメントの快作であった。        

 
 

オリジナル脚本と読み比べると、映画化に際し、かなりの改変が行われている。    

オリジナルでは、お咲は拷問された末に無残な死を迎えるし、段蔵も壮絶な死に方をするのだが、映画では味方の側は誰も死なない。メッタ刺しにされた七人衆の一人秋山平吾(上地雄輔)ですら、重傷ながらも生きていたし。
これは、コメディである故、変えた方が正解だった。オリジナル通りだと後味が悪くて楽しい気分にはなれなかっただろう。
 

オリジナルで疑問だったのが、刻限に間に合わないと知ると、兄と顔がそっくりな政醇の妹・琴姫に、なんと政醇の身代わりをさせる所。文章ならともかくも、映像では問題ありだろう。
あとオリジナルでは、最後の決闘で段蔵が忍法で巨大な蜘蛛を出現させるくだりが出て来るのだが、いくら忍者でもこれでは荒唐無稽すぎてかえって面白くない。立川文庫じゃないんだから(笑)。
段蔵が実は極端な方向音痴だったり、段蔵の女房や子供も登場したりするのだが、すべてカットされた。これらの改変はいずれも大正解。映画としてスッキリまとまったと思う。    

 
 

そんなわけで、本作は近年久しぶりの楽しい娯楽活劇コメディの王道作品として大いに評価したい…のだが、演出にもう少しシャープさとテンポの緩急があったらもっと傑作になっただろう。惜しい。
例えば、閉所恐怖症の政醇が、うっかり閉所に閉じ込められパニクるさまを、ギャグとして何度か繰り返し登場させたらもっと笑えただろう。映画ではいつの間にか直ってしまっていて、あまり生かされていないのが残念。
これをもし、東宝で一時代を築いたコメディ・アクションの鬼才・岡本喜八が監督していたら、と想像するだけでも楽しい。         

まあこれは私の無いものねだりかも知れない。誰もが笑い、楽しめる本年屈指の、エンタティンメントの快作である事は間違いない。お奨めである。 (採点=★★★★

 ランキングに投票ください → にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ    ブログランキング

 

原作本
       

DVD 工藤栄一監督版
「十三人の刺客」(1963)
    
    

 

DVD 黒沢明「七人の侍」
Blu-ray「七人の侍」
         
 

|

« 「ハミングバード」 | トップページ | 「マレフィセント」 »

コメント

割とお話は乱暴な所がありましたが、色々と盛りだくさんで面白かったです。
主人公の佐々木はじめ西村雅彦、伊原剛志など配役に助けられた所もあるかな。
割とコメディタッチの割にはチャンバラシーンはハードだったりする所にはちょっと違和感もありましたが、笑いあり泣かせる所もありアクションもありと楽しめる映画でした。
脚本はやはり変更されていましたか。
でもその変更の方がいいですね。
もうちょっとギャグは増やした方が良かったかな。
私も岡本喜八監督で見たかったです。

投稿: きさ | 2014年7月 5日 (土) 07:49

◆きささん
岡本喜八監督なら、あと15分は短くしてテンポよく描いたでしょうね。
私も最初は、コメディの割りにハードなアクション・シーンがちょっと違和感があったのですが、考えれば岡本監督の「独立愚連隊」も、トボけたコメディ・タッチながら、クライマックスでは壮絶な戦闘に突入してましたからね。
最近、豪快なチャンバラ映画がなかっただけに、あれはあれでスカッと楽しめたんじゃないでしょうか。

ついでに、「クレヨンしんちゃん アッパレ!戦国大合戦」も、おバカなギャグアニメなのに、ラストでは人がバタバタ死んで行くハードな合戦シーンがあった事を思い出しました。考えたらトンでもない事やってたんですね(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2014年7月 8日 (火) 00:01

> 菊千代
あっ、なるほど。

味方を一人も殺さなかったのは正解ですね。上地君は殺しても良かったけど、深キョンの塗り薬が余ってたんでしょ、きっと。あと、上地君はちょっとウルヴァリンに似てるからどこか血が続いてるのかもしれない。

投稿: ふじき78 | 2014年7月21日 (月) 09:02

◆ふじき78さん
まあ、あるいは、“上地君死す”とかなんとか煽ってファンを呼び込む戦略ではないかと(笑)。

投稿: Kei(管理人) | 2014年7月29日 (火) 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174742/59926894

この記事へのトラックバック一覧です: 「超高速!参勤交代」:

» 超高速!参勤交代 [映画的・絵画的・音楽的]
 『超高速!参勤交代』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)時代劇コメディで面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、1年にわたる江戸での暮らしを終えて故郷の磐城国湯長谷藩に戻ってきた藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)の一行が田舎...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 08:44

» 超高速!参勤交代〜七人の侍オマージュ? [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。本木克英、佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦。磐城の国の弱小藩主 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 08:48

» 『超高速!参勤交代』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「超高速!参勤交代」 □監督 本木克英□脚本 土橋章宏□キャスト 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔■鑑賞日 6月22日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  一...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 08:58

» 超高速!参勤交代 ★★★★ [パピとママ映画のblog]
通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が映画化した。資金も人数もない中、藩と領民を守るため奮闘す...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 11:49

» 劇場鑑賞「超高速!参勤交代」 [日々“是”精進! ver.F]
貧乏でも、幸せな藩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「超高速!参勤交代」オリジナルサウンドトラック [ 周防...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】超高速!参勤交代 [ 土橋...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 14:24

» 超高速!参勤交代 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
脚本が映画のお手本みたいにすばらしく、前半でまいた伏線を物語の進行とともに順番に回収する。大根で始まって大根で終わるという爽快感が味わえる映画だった。ハラハラ・ドキドキあり笑いありの痛快作だ。... [続きを読む]

受信: 2014年7月 5日 (土) 17:08

» 「超高速!参勤交代」  安心して観れる王道の時代劇コメディ [はらやんの映画徒然草]
タイトルだけ観るとちょっとキワモノっぽい感じもしますが、観る人を選ばない王道の時 [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 08:57

» 超高速!参勤交代 [だらだら無気力ブログ!]
くすくす笑えて面白かった。 [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 10:17

» 超高速!参勤交代 [to Heart]
このミッション、 インポッシブル(不可能)です! 製作年度 2014年 上映時間 119分 原作:脚本 土橋章宏 監督 本木克英 音楽 周防義和 主題歌 塩ノ谷早耶香『Like a flower』 出演 佐々木蔵之介/深田恭子/伊原剛志/寺脇康文/上地雄輔/知念侑李/柄本時生/六角精児/市川猿...... [続きを読む]

受信: 2014年7月 6日 (日) 21:07

» 超高速!参勤交代 : 笑って楽しめる娯楽時代劇 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 梅雨ですねぇ。こんな日は、映画館に行くのも悪くないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 超高速!参勤交代 【製作年】 2014年 【製作国】 日 [続きを読む]

受信: 2014年7月 7日 (月) 21:44

» 超高速!参勤交代 [象のロケット]
江戸時代、将軍・徳川吉宗の治世の元文元年(1736年)春。 磐城国(現在の福島県いわき市)1万5千石の小藩・湯長谷(ゆながや)藩は、幕府から突然の参勤交代を言い渡される。 それは湯長谷の金山を我が物にしようとする老中・松平信祝の陰謀であった。 通常なら8日かかるのに期日はあと4日! 急なこととて予算もない! 何とか間に合わせようと、藩主・内藤政醇は、知恵者の家老・相馬兼嗣に命じて作戦を立てるのだが…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2014年7月10日 (木) 00:17

» [映画][☆☆☆★★]「超高速!参勤交代」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 第37回城戸賞を受賞した土橋章宏の脚本を、「すべては君に逢えたから」の本木克英監督、ドラマ「ハンチョウ」シリーズの佐々木蔵之介主演で映画化。 享保20年(1735年)、湯長谷藩(現在の福島県いわき市)藩主・内藤政醇とその家臣達が、一年間の江戸での勤めを終えて帰... [続きを読む]

受信: 2014年7月17日 (木) 18:48

» 『超高速!参勤交代』を丸の内ピカデリー2で観て、蔵之介と深キョンがグーふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★この居心地の良さは異常】   思ったよりコメディー寄りではない。でも、楽しい。 様々な登場人物がただいるだけでアンサンブルになる、 これは極めてホー ... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 09:23

» 「超高速!参勤交代」 [ここなつ映画レビュー]
超高速参勤交代、超面白い!もっとガンガン箱数増やして公開されてもいいのに。出演者がみんな結構地味〜なのが原因か?確かに、佐々木蔵之介初主演の映画となれば、彼をトップに置いて彼以上のメジャーどころを配する訳にはいくまい。だが、逆にこの地味な俳優陣が、「全員野球」のような面白さを醸し出していたのも確か。冒頭のまったりとした展開、気恥ずかしくなるような人物描写に「あちゃー」と思わなかった訳ではない。しかし、予感は全く的中せず、ある意味嬉しい誤算。「タイムスクープハンター」にも似た史実への忠誠。参勤交代の仕... [続きを読む]

受信: 2014年7月25日 (金) 19:26

» 映画「超高速!参勤交代」 [FREE TIME]
映画「超高速!参勤交代」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2014年7月25日 (金) 21:31

» 映画・超高速!参勤交代 [読書と映画とガーデニング]
2014年 日本 享保20年、磐城国の小藩・湯長谷藩の藩士たちは1年にわたる江戸への参勤から故郷へ戻ったばかり お人好しだが民からも藩士からも慕われている藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は久々の故郷でゆっくり出来ると思っていたところ江戸屋敷から、家老・瀬...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 3日 (日) 16:08

» 超高速!参勤交代 [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
超高速!参勤交代 14:日本 ◆監督:本木克英「すべては君に逢えたから」「鴨川ホルモー」 ◆主演:佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、四代目市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦 ◆STORY◆元文元年春、磐城...... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 21:55

» 超高速! 参勤交代 [いやいやえん]
【概略】 幕府から「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す」という無理難題を吹っ掛けられた貧乏小藩の奮闘を描く。 時代劇 八代将軍・徳川吉宗の時代。1万5千石の小藩・磐城国湯長谷藩に存在するという金山略奪を狙い、江戸幕府が無理難題を吹っ掛ける。「5日以内に参勤交代しなければ、藩を取り潰す!」。 参勤交代を終えて戻ったばかりだというのに、理不尽な命令を受ける磐城国の架空の小藩、湯長谷藩主・内藤政醇。その裏には藩が所有する金山を取り上げようとするあくどい老中の企みがあるのですが、... [続きを読む]

受信: 2014年11月15日 (土) 09:35

» 超高速!参勤交代 [のほほん便り]
発想が斬新な楽しい、時代劇コメディでした原作は、「のぼうの城」等、秀逸なオリジナル脚本を輩出する城戸賞を2011年受賞作品、なのだそうお人よしだが民に愛されるトラウマ持ちの殿を佐々木蔵之介ってところからして、画期的、ですよね。宿場町で出会う宿屋の女に深田恭子他、なかなか、キャスティング的にも好みで、楽しく見ることができました。予想外のスマッシュヒットとなり、ブルーリボン作品賞を筆頭に、日本アカデミー賞でも、最優秀脚本賞、優秀監督賞、優秀主演男優賞(佐々木蔵之介)に輝いたのも、納得!     (解説)... [続きを読む]

受信: 2015年9月 9日 (水) 07:08

« 「ハミングバード」 | トップページ | 「マレフィセント」 »